CFD

CFDが長期投資に向く理由とは?【レバレッジで高配当利回り】

しいとん
しいとん
CFDの短期トレードは初心者の私には難易度が高そう。大きな損失を出しちゃわないか心配!

かいまる
かいまる
それなら株価指数CFDに長期投資するのはどうだろう。レバレッジをかけたインデックス投資なんだよね。

投資歴20年のかいまるでs。CFDにも投資!FTSE100を長期保有中です。

CFDは原油や大豆などの商品や株価指数など、いろんな商品にレバレッジを効かせて投資できるのが大きな特徴ですよね。

短期間で大きな利益が狙えるけど、高いレバレッジをかけて取引をするとリスクが高くなっちゃいます。

だけど株価指数CFDはレバレッジをかけたインデックス投資と同じこと。なので長期投資で収益をあげることができる可能性が高いんです。

そこで今回は、CFD、特に株価指数に連動するくりっく株365の長期投資で着実に利益を積み上げることができる方法について取り上げます。

実際のFTSE100への長期投資16ヶ月目の実績も公開していますよ!

「CFDで長期投資ってどういうこと?」という人にもわかるように、基本的なことから解説しています!!

株価指数CFDの長期投資で利益をあげるには?

株価指数CFDの長期投資は長期間にわたってCFDを保有し続ける投資方法です。

デイトレードのように取引を頻繁に行う必要がなく、利益を着実に積み上げることができることからわりと人気のある投資法ですね。

具体的に、株価指数CFDでも利益を得る方法は以下の2つ。

  1. キャピタルゲイン
  2. インカムゲイン

クイックに説明するよ。

株価指数CFDのキャピタルゲイン

買値と売値の差を狙う手法ですね。

株価指数CFDは日経平均株価やNYダウなど各国を代表する指数に連動するんですね。

以下は、2015年からの日経平均株価の過去5年のチャートです。16000円から24000円の値幅で動いていることがわかりますね。

チャート画像

なので日経225のような株価指数CFDを、18000円の時に「買」で保有して株価が上がったタイミング(20000円とか)で売れば利益が得られるね。

逆に20000円の時に「売」で保有して、株価が下がったタイミング(18000円とか)で買い戻せば利益が得られます。

株価指数CFDのインカムゲイン

株価指数CFDのインカムゲインは配当金により得られる利益のことだね。

株は、配当権利落ち日までに購入して、保有し続けると配当金がもらえるよね。

これと同じように株価指数CFDも配当金を受け取ることができるんだね。

ただ、レバレッジはざっくりに言えば借金をして大きな取引をすることになるので、各国の金利に対応した金利調整額を払わないとダメなんだよね。

2018年における1枚あたりの配当金と金利調整額の実績(くりっく株365)をまとめると、以下になるよ。

配当金 金利調整額
日経225 40,834円 0円
NYダウ 56,692円 61,425円
独DAX 0円 1,280円
英FTSE100 30,945円 8,729円

なので日経225や英国のFTSEを長期保有すれば利益が得られることになるね。

次に株価指数CFDの特徴を見ていくよ。

株価指数CFDが長期投資に向いている理由とは?

CFD最大の特徴はレバレッジ。リスクが高くなるのに長期投資に向いている理由は、

・株価指数は長期的に値上がりが期待できる

・配当金にもレバレッジ

ということ。

以下、詳細に見ていきます。

株価指数は長期的に右肩上がり

かいまる
かいまる
株価指数CFDは、簡単に言えばレバレッジをかけたインデックス投資なんだ。

最近、”ほったからし投資”として人気のインデックス投資ですが、これは日経平均株価やTOPIX、S&P500などの株価指数に連動するETFや投資信託に投資するものです。

個別株には倒産で株が紙切れになったり、業績悪化による株価急落のようなリスクがありますよね。

インデックス投資は、

インデックス投資のメリット
  1. 株価指数に連動するので個別株の持つリスクがない
  2. 過去の実績から長期的に値上がりする可能性が高い

というメリットがあるんだ。論より証拠で、NYダウの過去10年のチャートを見てみよう。

チャート画像

綺麗な右肩上がりだよね。株価指数CFDは、レバレッジをかけることができるインデックス投資。

しいとん
しいとん
だから株価指数が長期的に値上がりすれば、レバレッジの分、大きな収益が期待できることになるんだ!

過去10年のNYダウのチャートです。10年間でざっくりと2.5倍だから、

  • レバレッジ 2倍で ⇒ 収益  5倍
  • レバレッジ 3倍で ⇒ 収益7.5倍
  • レバレッジ10倍で ⇒ 収益 25倍

となるわけ。

株式の年間期待収益率(年率)は6%〜8%といわれてるから、株価指数CFDであればこの収益にレバレッジをかけることができるってこと。

株価指数が長期的に右肩上がりなのは、あくまでも過去の実績によるもの。投資するタイミングによっては値上がりしない可能性もありえます。

配当金にもレバレッジ

株価指数CFDのレバレッジは、大きな値上がり益を狙うためだけでなく、配当金にもレバレッジを効かせることができるということです。

例えば日経225の場合、

  • 証拠金を40万円で運用
  • 配当金約4万円(2018年実績)
  • 年間配当収益率:10%

となります。

しいとん
しいとん
10%⁉︎ レバレッジ率は約5倍ぐらいだわ。リスクは高くなるけど、その分配当金も5倍になるってことね。

そういうことですね。FTSE100も同じぐらいの配当収益率が得られます。

なので株価指数CFDの長期投資は、値上がり益だけではなくレバレッジに応じて大きな配当リターンも期待できるということです。

もっとも、NYダウは金利調整額が高くなっているのでインカムを狙うという観点からはお勧めできないですね。

>> くりっく株365

株価指数CFD(くりっく株365)の特徴とは

最後に株価指数CFD(くりっく株365)の特徴をまとめるよ。端的にいうと、

・資金効率がよくなる

・「買」で保有すると配当金が得られる

・日経225、独DAX、英FTSEは、保有コストがほとんどかからない

ということ。以下、クイックに見ていきます。

株価指数CFDの特徴①:資金効率が良い

CFDの最大の特徴は、証拠金にレバレッジを効かせて大きな取引ができるということ。

日経225の場合、買いで1枚保有するのに必要な証拠金は、53100円(10月14日現在)となっています。

買いで1枚保有すれば、日経平均株価×100のインデックスを保有すると同じことを意味するので、5万3千円で210万円のポジション(約30倍)をとることができます。

ただし、株価が上昇したときは大きな利益を得られる反面、逆に株価が大きく下落した際には、必要な証拠金を大幅に下回ってしまい、強制決済されることも。

かいまる
かいまる
資金効率を大幅に高めることができる反面、大きな損失を被る場合もあるということ。リスクを取りすぎないことが大事だね。

株価指数CFDの特徴②:買いの保有で配当金が得られる

これは冒頭に説明したとおりだね。

株価指数CFDを「買い」で保有した場合は、株を現物で保有したときと同様に配当金を受け取ることができます。

ただし、レバレッジはざっくりに言えば借金をして大きな取引をすることになるので、各国の金利に対応した金利調整額を払うことになります。

株価指数CFDの特徴③:保有コストがかからない

日経225や独DAXにあてはまることですが、保有コストに相当する金利調整額が0又はほとんどかからないんですよね。

これは日本とドイツの政策金利が現時点でゼロだから。

日経平均やTOPIXに連動するインデックス投資信託では、リーズナブルなものでも運用管理費用が0.3%程度かかります。

なので株価指数CFDの方が保有コストの面で優れていると言えますね。

CFDの長期投資デメリットとは?

メリットだけでなくデメリットにも触れておきます。どんな優れた投資商品や投資手法でも欠点があります。

それはCFD最大の特徴であるレバレッジこそが、CFD長期投資の最大のデメリットでありリスク要因なんですね。

持っているCFDの評価額が必要な証拠金割れしてしまうと、不足を補うために資金を入金することを求められます。それができないと強制的に決済となるんですね。

ただ対策はそれほど難しくありません。証拠金をコントロールすれば良いんです。3倍程度の低いレバレッジで運用し、株価下落である程度レバレッジ比率が高くなってきたら、証拠金を積み増すということです。

株価指数は長期的に右肩上がりなのは歴史が証明していることなので、強制決済にならないよう証拠金の残額だけは注意しましょう。

FTSE100で運用中!16ヶ月の運用実績は?

じゃあ実際に運用してみるとどんな感じなんですかね?

自分はFTSE100に配当目的で長期投資していますので、その実績を公開します。

16ヶ月の運用実績は以下のツイートのとおりで、配当金でしかっりと収益が下支えされていますね。クイックに見ていきましょう。

自分が投資したのは昨年8月なのでFTSE100がちょうど高値圏にあった時期。なので、これまで実績的には厳しい状況でしたが、配当金が+4.5万円と積み上がってきたこともあり、プラス圏まであと一歩のところまできました。

詳細は以下の記事にまとめています。

【CFD】FTSE100 配当目的の運用実績16ヶ月目は−2.89%!株価指数CFDのFTSE100は配当の利回りが高いと聞くけど、実際のところ運用実績はどうなの? CFDの長期投資は儲けることができ...

「株価指数CFDは長期投資向き」まとめ

今回は、株価指数CFDは長期投資に向いているということで、その特徴についてまとめました。

株価指数は長期的に見れば右肩上がり。個別株リスクのないインデックスにレバレッジをかけることで、長期投資により大きなリターンを期待できるということです。

さらに株価指数CFDは、値上がり益だけではなく配当金にもレバレッジをかけることができるんですね。

レバレッジをかけることでリスクも高くなりますが、時間や資金の効率を高めることができます。証拠金を手厚くして、長期投資するというのは投資初心者にも十分にオススメできる投資法と言えます。

初心者には「くりっく株365」をオススメします!

かいまる
かいまる
NYダウや日経平均など、まずは株価指数に連動するCFD”くりっく株365”から始めることをオススメするね!

理由をクイックに説明するよ!

理由①:日経やNYダウも、レバレッジを効かせてほぼ24時間取引可能

くりっく株365では、日米欧で歴史がありパフォーマンスの高い株式指数が取引できます。

また、これがすごいことなんだけど、欧米の指数であっても為替レートを気にすることなく、円建てで取引ができるんだ。

理由②:決済期限一切なし。買いの場合は配当も!

現物株と同じような感覚で、「くりっく株365」も買いポジションを持っている株価指数の構成銘柄に配当が出た場合、配当相当額を受け取ることが出来るんだね。

ただし、『売り』ポジションを持っている場合には、逆に配当相当額を支払うことになるので注意が必要。

また、配当相当額の受払いのほかに、金利相当額の受払いも発生します。

買いポジションを持つ場合は、金利相当額の支払いが必要となり、売りポジションを持つ場合は、金利相当額を受け取ることが出来るんだね。

かいまる
かいまる
特に、買いポジションの配当相当額は、金利の支払額よりも格段に高額となる場合が多く、魅力的だよ!

理由③:マネックス証券なら手数料も業界最安水準で多彩な投資環境!

くりっく株365なら、マネックス証券が手数料も安くて良いですね。

証券総合取引口座には各ストラテジストレポート、J.Pモルガンレポート、マーケットボード、会社四季報、アラートメールなどなど、金融市場全般を知ることが出来るレポートやサービス等を利用できます。

しいとん
しいとん
売買のタイミングを逃さないね!私も口座を開設しています。

 

クラウドバンクなら年率6.99%のリターンを期待できます!
クラウドバンク

ソーシャルレンディングの中でも特に注目されているのがクラウドバンク。株のように値動きがないので相場の動きが気になりません

リターンの高い投資先としてメジャーなのは日本株や米国株。だけど1日に5〜10%下落することも普通にありますよね。

クラウドバンクは、預金のように元本に値動きがありません。銀行預金にほとんど利息がつかない中、投資先として有力な選択肢といえます。

全ファンドの平均実績利回り6.99%で元本回収率100%!

なので、こんな方に特にオススメです。

  • 日々の相場の動きを気にしないで投資したい
  • 銀行の預金金利は低すぎて使えないと感じている
  • 定期預金感覚で高い利回りを得たい

 

詳しくは以下をクリック!

詳細ページ公式ページ