レバレッジ型ETF

【TMF】レバレッジ3倍の米国債券ETF、株価の推移と特徴とは?

TMFはレバレッジ型の債券ETFと聞きましたが、株価の動き(チャート)や特徴について知りたいです。株式のレバレッジ型ETFは値動きが激しいので債券タイプに興味があります。

今回はこういった疑問を持つ方に向けて記事を書きました。

本記事の内容

・20年超米国債ブル3倍ETFのTMFの株価推移と特徴

・レバレッジ型ETFであるTMFの活用法

結論を先に言うと、株と組み合わせてTMFに投資することにより、資金効率を高めた運用を行うことが可能。債券には、株式に比べて値動きがなだらかで、かつ株が下がったときには値上がりするという逆相関の性質があるからですね。

自分は、20年以上投資経験がありますが、資金効率を高めるため、最近ではSPXLなどのレバレッジ型ETFへの投資も積極的に進めています。今回の記事は、この経験も踏まえて書いています。

レバレッジ型 ETFであるTMFの株価と特徴

TMFは米国長期国債(20年超)の3倍の収益を目指すETF

Direxion デイリー20年超米国債ブル3倍ETF(TMF)は、20年を超える米国長期国債の日々の値動きの3倍を目指すレバレッジ型の米国ETFです。

マネックス証券、楽天証券、SBI証券等々の外国株証券口座で利用可能で、NISA口座でも取引することができます。

基本データ
  • 分配金利回り :0.83%
  • デュレーション:54.27年
  • 経費率:1.09%

経費率はちょっと高いですね。20年超の米国長期国債に連動するETFであるiシェアーズ 米国国債 20年超 ETF(TLT)の経費率が0.15%ですから、これと比較すれば高いかもしれません。ただ、レバレッジ商品ということを考えれば妥当なところだと思います。

TMFの株価の動きについて

長期国債は、利回りが高くなるため市場の動きにも反応しやすく値動きが大きくなります。特に3倍のレバレッジをかけたこのTMFは、更に値動きが大きくなり、国債の金利が1%動くだけで54.27%も動くことになります。

国債の残存期間比率

国債の残存期間比率は以下のようになっています。24年以上の国債の保有率が高くなっているのが分かります。なお、全体で100%にならないのは重複があるためと考えられます。

保有率
27~30年 39.44%
24~27年 38.86%
20~24年 24.46%

レバレッジ型ETFであるTMFの株価推移とは?

TMFの株価の推移(長期チャート)

TMF、ダウ工業平均株価、iシェアーズ 米国国債 20年超 ETF(TLT)のパフォーマンスを単純に比較したのが以下のチャートとなります。

‐チャート(過去5年)

赤:TMF 水色:TLT 緑:ダウ

TLTは、債券ETFらしくなだらかな値動きですが、TMFは、2009年4月の設定以降、節目節目で激しく上下しているのが分かります。ダウと遜色ない値動きですね。

特に、2016年中ごろにFRBの政策金利引き上げが本格化した時期に、数カ月で半値近くまで値を下げています。ここ数年金利が良く動いているので、TMFは値動きの安定を求めるETFではないということが分かります。

TMFの短期チャート(3ヶ月)

ちなみに、直近3ヶ月のTMFとTLT、NYダウの比較が以下の図になります。

‐チャート(3ヶ月)

赤:TMF 水色:TLT 緑:ダウ

良くも悪くも指数の3倍の値動きを行うTMFの特徴を良く表しているのではないでしょうか。

2020年2月下旬に新型コロナウイルス拡大懸念から、ダウ平均株価が1週間で3500ドル以上の急落。いわゆる”コロナショック”により株式市場が大暴落となりました。

しかし長期国債の3倍に連動するTMFの株価は大幅に上昇しているのがわかります。株を売って安全資産である債券に資金が流れたためですね。

このように、レバレッジが効いているというのは債券ETFとはいえ短期的に大きく上昇するということです。

TMFの株価とTLTのリターンとの比較とは?

次にTMFのリターンを見ていきましょう。なお、TMFは2009年4月に設定されています。

1年 3年 5年 設定来
TMF -11.05% 2.10% 12.62% 4.82%
TLT -2.07% 2.63% 6.25%

20年超の米国長期国債に連動するETFであるTLTも設定来で、5年間で年率6.25%という債権としては高いリターンを示していますが、その3倍の収益を狙うTMFは年率12.62%と、株式なみの高い年率を示しています。

時間と共に指数から乖離する

TMFは20年超の米国長期国債の3倍の収益を目指すものですが、リターンを見て分かるとおり綺麗に3倍を示していません。あくまでも1日の値動きについて3倍になるようにしているもので、期間が長くなると乖離していきます。

日本取引所グループHPに、レバレッジ型ETFの特徴について解説がありましたので、以下に引用します。 ざっくり言うと、

  • 投資期間が長くなればなるほど、指標と乖離する。
  • レンジ相場になると指標に比べてパフォーマンスが悪くなる。

ということです。

レバレッジ型指標は、相場の下落局面においては原指標よりも大きく下落していきますが、2営業日以上離れた日と比較した場合は、想定した変動率とは異なる下落率となってしまう点、そして、投資期間が長期になればなるほど、原指標の変動率とレバレッジ型指標の変動率の乖離が大きくなる可能性が高まる点に留意が必要となります。

相場の方向感が定まらず、原指標が上昇や下落を相互に繰り返した場合、レバレッジ型指標は複利効果によって、原指標と比較してパフォーマンスが逓減して行くという特性がありますので留意が必要です。

 出典:日本取引所グループHP 

長期投資の視点からTMFをどのように活用するか?

TMF単体では長期保有は不向き

結論から言うと、TMFは単体で長期保有をするには向かない商品と言えます。何故なら、TLTに比べて、分配金利回りが1%以上低く、設定来のパフォーマンスも劣っているからです。

一般的に長期投資目的で債券を保有するメリットは、

  • ポートフォリオの値動きをマイルドにする
  • 安定的な分配金を得る

ということです。

確かに、過去の実績を見ると、FRBによる政策金利が引き上げがあったなか、全体的にはプラス圏内で推移しています。しかし、値動きが株式なみに大きい割には設定来リターンが5%弱ですので、これならS&P500に連動する商品のほうが良い結果が期待できます。

したがって、債券投資に期待されるメリットを考えると、レバレッジ型債券ETFは長期投資に向いていないと言えます。

株と組み合わせることで資金効率を上げる

TMF単体で長期保有はおすすめできませんが、米国の株価指数に連動するVTIやVOOと組み合わせてTMFを活用することは、十分メリットがあるといえます。

というのは、債券は株式の値動きと逆相関の関係がありますから、VTI+TMF又はVOO+TMFで資産全体の値動きを抑えた運用を行い、かつ資金効率を高めることができるからです。

例えば、以下の図はS&P500とTMFの値動きを比較したものですが、厳密には異なっている部分もあるものの、概ねS&P500が上げる局面ではTMFが下がり、下げる局面ではTMFが上がっているんです。

また、債券の値動きは株式に比べて少ないですが、レバレッジ3倍のTMFはS&P500よりも大きく動いていますね。そのため、TMFを活用すれば、少ない数量で資産全体の値動きを効率良く抑えることが可能と言えます。

したがって、TMFは単体で持つのではなく、米国株や米国ETFと組み合わせて、資産全体を低いレバレッジで長期運用するというのが合理的な手法だと考えます。

‐最近2年のチャート

赤:TMF  緑:ダウ平均株価

まとめ

今回はレバレッジETFであるTMFの特徴について紹介するとともに、長期投資の観点からどう考えるかについてまとめました。

資産運用においては、”株式で大きな運用益を狙い、債券は資産全体の値動きをマイルドにしつつインカムを狙っていく”というのが定石ですが、レバレッジETFのTMFはむしろ値上がり益を積極的に狙うタイプのETFと言えるでしょう。

レバレッジがかかっているということもあり、万人におすすめできるETFとは言えませんが、株式と組み合わせて保有することで資金効率が高まり、大きな運用益を狙えるという点で面白いETFです。

最後に1つ。TMFは、米国株ETFになるのでNISA口座で取引可能。SBI、楽天、マネックスと主要なネット証券で売買できます。

それでは。

 

関連記事です。この記事をご覧になった方は、以下の記事も読まれています。

SPXLの特徴についてまとめました。S&P500が右肩上がりならSPXLも大きく株価が上昇することは間違いありません。長期保有はありなのか?

SPXLの株価は10年で18倍!チャートや配当を見ると実は長期投資向き?SPXLの株価の推移(チャート)や特徴を知りたいです。S&P500に連動するレバレッジ型の米国ETFと聞いたけど、インデックスE...

 

ITセクターのレバレッジ3倍ETF TECLです。10年間で70倍にまで株価が高騰していて、米国ETFの中では最も上昇率の高いETFの一つでしょう。その特徴とは?

10年で株価70倍!米国ETF TECLのレバレッジ3倍の破壊力とは? TECLは、米国の情報技術セクターと連動するレバレッジ型ETFと聞いたけど、株価の推移(チャート)と特徴は? TECLは長期投資に...

 

ヘルスケアセクターレバ3倍ETF CUREです。このセクターは訴訟リスクや新薬開発競争があり個別株投資は難しいです。このセクターの3倍に連動するETFの特徴とは?

【CURE】5年で株価2.5倍+配当金も。ヘルスケアレバレッジ型ETFの魅力は?レバレッジ型ETF CUREは、米国ヘルスケアセクターに投資できると聞いたけど、株価の推移と特徴は?配当はどの程度でるの? 今回は...

 

おすすめ記事です。

日本ではアクセスしずらい米国株の情報を日本語で配信するモトリーフール。その情報はエコノミスト誌のような海外メディアからも高い評価を受けています。メリットをまとめました。

モトリーフールが米国株の情報収集におすすめな理由?評判・口コミも紹介。米国株への投資を始めたけど、信頼できる情報をどこから集めたら良いですか?米国株の情報提供で有名なモトリーフールの評判を知りたいです。 ...

 

ウェルスナビの自動運用でほったらかし投資が可能!
WealthNavi

ウェルスナビは「長期・積立・分散」の資産運用を全自動でお任せできる資産運用サービス。手数料は1%のみで、国際分散投資を自動運用します。

▼ロボアドバイザーの自動運用で、時間も手間もかかりません
投資の学習、投資商品の選定、資産配分、運用、リバランス、全てロボアドバイザーにおまかせ。

▼安全資産の債券や金にも投資
株が大幅に暴落した際には、安全資産の債券や金が上昇するのが一般的。リスク許容度に応じてより安全な運用も可能です。

▼国際分散投資を自動運用
約50カ国11,000銘柄以上に国際分散投資を行うことで、世界経済の成長を資産に取り入れます。

▼手数料は預かり資産の1%のみの中立な資産運用
手数料は預かり資産の1%のみ。

▼世界水準の金融アルゴリズムでポートフォリオを構築
ノーベル賞受賞の理論をベースとした世界の富裕層や機関投資家が利用する資産運用アルゴリズムで運用。

詳細は以下をクリック!

詳細ページ公式ページ