【2019 年3月】運用実績公開-レバレッジ長期投資ポートフォリオ




このレバレッジ長期投資では、①現金・債券、②日本株・米国株、③レバレッジ資産の3つの資産によりポートフォリオを形成しています。

債券の分配金や株式の配当金をSPXL、CURE及びCFDなどのレバレッジ資産に再投資することで、ポートフォリオ全体の成長を加速していきます。

基本的には、

  • 現 金・債 券:10%
  • 日本株・米国株:70%
  • レバレッジ資産:20%

の比率で投資し、原則としてボーナス月の6月及び12月にリバランスしていくことにしています。

今回の記事では、レバレッジを効かせたポートフォリオの運用状況を参考にしていただくため、2019年3月末の全保有資産の状況と内訳について確認していきたいと思います。

全保有資産の状況と内訳(2019年3月)

2019年3月末の全保有資産の状況は以下のとおりとなっています。

総パフォーマンス

  • 評 価 額 :13,449,771円 ※1ドル=110.8円
  • 評価損益:  1,277,094円(+10.5%)
分類 銘柄 評価額 損 益
現金・債券 現金(円、ドル)  448,792  ‐
米国債券  734,923  32,383
株式 日本株  4,417,150  665,454
米国株  4,563,671  322,986
楽天VTI  522,645  19,743
eMAXIS 新興国  329,145  -860
レバ資産 SPXL  528,367  135,143
CURE  554,243  90,131
CFD(クリック365)  1,350,835  12,114
 13,449,771  1,277,094

 

概 況

総パフォーマンスは、投資資金に対して+10.5%となっており、堅調です。

米国債券(BLV)は、昨年8月ごろに購入しましたが、最近の米国長期金利の低下により値上がりしています。ただ、債券については、株式に比べてマイルドな値動きと着実な分配金を期待して保有しています。

株式については、堅調ですね。ポートフォリオの7割強を占める日本株・米国株及び株式投信は、ディフェンシブな銘柄に分散投資してリスクを抑制しています。

日本株は2014年ごろから優待目的で、米国株は昨年6月ごろから本格的に購入を進めており、着実に利益がでている状況です。

米国株と日本株の状況については以下の記事に書きました。

【米国株】2019年3月29日。高配当株に買いで先週比+1.82%。

2019年3月31日

【日本株】2019年3月29日。優待株権利落ちで先週比-0.5%。

2019年3月30日

SPXLとCUREは、レバ3倍ETFの威力が発揮されています。昨年末のアップルショックによる株価下落時にうまく買いますことができたので、大きく利幅が乗っている状況です。

レバレッジ資産の状況については以下の記事に書きました。

【資産状況】2019年3月27日。CFDとレバレッジETFの状況は?

2019年3月28日

 

資産内訳

2019年3月末現在のポートフォリオ(PF)です。

  • PFレバレッジ率:1.39倍

 

内訳の概況

内訳は、概ね想定しているポートフォリオ比率となっています。

PFレバレッジ率は1.39となっており、適正な範囲内ですが、もう少し高くしても良いかなと考えています。

今後の方針

これまで確認してきてPFの状況を踏まえ、今後の方針を考えてみました。

各資産間のリバランス

債券、株、レバレッジ資産のレバレッジ長期投資のPFは、概ね想定している資産比率となっています。

したがって、リバランスなどの対応は必要ないと考えており、引き続き、このままホールドしていきます。

資産内の銘柄見直し

日本株に比べて、米国株の方が、総じて高配当であり増配も期待できます。

そのため、期待配当+優待のトータル利回りの高い日本株の一部銘柄を除いて、米国株にシフトする方針です。

資産購入

PFレバレッジが若干低いのと資産分散を図る観点から、タイミングを見計らってFXでドル円を購入する方針です。

購入のタイミングですが、米国FRBの利上げ停止による長期金利が低下により円高が進むと予想されますので、もう少し様子を見たいと考えています。

その他

このブログでは、保有資産の状況を公開することによって、

  • レバレッジ長期投資PFが、期待通りの収益を上げることができるのか
  • S&P500 の株価指数に比べて成長を加速することができるのか

について検証していきます。

今回の2019年3月末の資産状況を起点として原則1月に一回全資産の状況を確認していき、皆さんの資産運用の参考にしていただきたいと考えております。

それでは。

 

最後までご覧いただきありがとうございます。こんな記事も書きました。

2019年2月の総資産の保有状況です。

【資産状況】2019年2月。レバレッジ投資は儲かるのか検証する件。

2019年3月9日
スポンサーリンク
スポンサーリンク





ウェルスナビならロボアドバイザーに資産運用をお任せ!

WealthNavi

ロボアドバイザーとは?

  • 人口知能(AI)が投資家に最適なポートフォリオを提案し、実際の運用まで行います。
  • ノーベル賞を受賞した投資理論をベースとして運用を行います。

ウェルスナビは、忙しい人にこそおすすめ!

  • 投資商品の選定、資産配分、運用、リバランス、全てロボアドバイザーにおまかせ。
  • 適切な資産配分の維持や、為替などのリスクの分散を図る積立投資の継続など合理的な投資行動を実現します。

国際分散投資を自動運用。

  • 約50カ国11,000銘柄以上に国際分散投資を行うことで、世界経済の成長を資産に取り入れます。

手数料は預かり資産の1%のみで、完全に中立な資産運用

世界水準の金融アルゴリズムでポートフォリオを構築。

  • ノーベル賞受賞の理論をベースとした世界の富裕層や機関投資家が利用する資産運用アルゴリズムで運用。

▼もう国や会社に頼れません!まずは”行動”です▼

サラリーマンは投資しないと”生涯労働”になる理由。おすすめの投資法とは?

2019年7月14日


LINEの500円から始めるワンコイン投資

ワンコイン投資

ワンコイン投資なら、

  • 500円から積立投資が始められる!
  • 手間はほとんどありません。LINE Payから自動引き落とし!
  • 運用は全自動。分散投資でリスクをおさえた投資!

そして、今なら運用手数料が完全無料!

LINE Payで500円からのワンコイン投資!その特徴を徹底解説します。

2019年7月6日


くりっく株365による長期運用で着実な資産形成を!

くりっく株365

マネックス証券のくりっく株365なら、

  • 日経225も、欧米の主要株式指数も、レバレッジを効かせてほぼ24時間の取引可能!
  • 長期投資でも大丈夫。買いの場合、配当も受け取れます!
  • マネックス証券なら手数料も業界最安水準で多彩な投資環境もご用意!

マネックス証券は、業界最大手のネット証券!各種レポート、会社四季報、アラートメールなど充実したサービスを受け取れます。

CFDが長期投資に向く理由とは?【レバレッジで高配当利回り】

2019年3月12日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です