外貨MMFのデメリットとは?メリットは高金利、お得な活用法とは。




外貨MMFは、手軽に利用できて金利も高いけれども、どんなデメリットや特徴があるの?証券会社で外貨MMFを活用するメリットはあるの?

このような疑問のある方に向けて、今回は記事を書きました。

今回の記事の内容

・外貨MMFの特徴とデメリット

・外貨MMFのメリット

・外貨MMFの便利な活用法

結論から言うと、外貨MMFは為替リスクなどのデメリットはありますが、それ以上の利点があります。

自分は、10年以上外国資産の運用を行い、金利の高い外貨MMFも活用しているので、その経験を踏まえてこの記事を書いています。

外貨MMFの特徴とデメリットとは

外貨MMFの特徴とは

外貨MMFは、マネー・マーケット・ファンドの略で、米ドルなどの外貨で運用する外貨建ての投資信託のことです。特徴を簡単にまとめると、以下にまとめました。

外貨MMFの特徴

・格付けの高い優良企業の社債や国債などに投資

・為替損益があるので、元本保証はない

・外国株や海外REITと比べれば安全性は高い

・為替差益と金利を狙った取引が可能

・手数料無料

・1000円から取引ができ、積立にも対応

上記のとおり。

日銀のマイナス金利政策の影響により、銀行に預金をしてもほどんど利息がつかないですよね。その点、米ドルや豪ドルなどの外貨MMFを保有することにより、高い金利を享受できるのです。

外貨MMFの種類及び金利は?

外貨MMFにはどのような種類があるか、気になるところだと思います。

買うことができる通貨は、金融機関によって差がありますが、米国ドル、カナダドル、豪州ドル、ニュージーランドドル、南アフリカランド、トルコリラなどがあります。

例として、以下がSBI証券で取り扱いのある商品と金利です。

取扱量が最も多い米ドルで年率約2%となっています。円での預金に比べれば金利は高いですよね。

あと、新興国の南アフリカランドやトルコリラは、それぞれ6%と20%と非常に高金利ですが、その分為替の値動きが激しいハイリスク・ハイリターン商品となります。

なお、信託報酬は運用会社により異なりますが、外貨MMFで表示されている利回りは、信託報酬を差し引いた後のものが表示されています。

外貨MMFのデメリット

外貨MMFは、上記のように非常に魅力的な商品となっていますが、外国資産特有のデメリットがあります。

外貨MMFのデメリット
  • 手数料はかからないがスプレッドがある
  • 為替の影響を受ける
  • 元本割れの可能性がある

上記のとおり。順番に見ていきます。

①手数料はかからないがスプレッドがある

円 ⇒ 外貨、外貨 ⇒ 円にするときにコストがかかります。

すなわち、取引の際には、外貨買値と外貨売値の差であるスプレッドが存在しますので、この差に相当するコストを負担する必要があります。

この手数料は証券会社により異なりますので、できるだけスプレッド幅が狭いところを利用することがおススメです。

②為替の影響を受ける

外貨建てなので、しょうがないですよね。

なので、円安になれば利益になりますが、円高が進めば解約して日本円で受け取るときに損がでることになります。

③元本割れの可能性がある

格付けの高い短期国債や社債を中心に投資をしていますが、投資先が破綻する可能性はゼロではありません。

なので、確率的には非常に低いですが、元本割れの可能性があります。まあ、投資信託ですから、ある程度のリスクは覚悟することが必要です。

外貨MMFのメリット

上記のとおり、外貨MMFのデメリットをまとめましたが、多くのメリットがあります。

外貨MMFのメリット
  • 円預金・外貨預金よりも金利が高い
  • 積立で買い付けができる
  • 証券会社が倒産しても保護される
  • 株や投資信託と損益通算できる

上記のとおり。順番に見ていきます。

円預金・外貨預金よりも金利が高い

外貨MMFの方が、信託報酬を考慮しても金利の面で、預金よりも有利です。

例えば、イオン銀行の場合、

  • 円 預 金:0.001%
  • 外 貨 預 金:1.600%(米ドル1カ月物)

なので、米ドルで2%近い金利である外貨MMFの方が、高い利息を受け取ることができます。

積立で買い付けできる

積立で定期的に買い付けることができます。

なので、ドルコスト平均法により高値の時に少ししか買わず、安値の時に多く買うことができます。

証券会社が倒産しても保護される

他の投資信託同様、証券会社と運用会社がことなりますので、仮に証券会社が破綻したとしても、外貨MMFは保護されることになります。

株や投資信託と損益通算できる

2016年から株と他の投資信託との損益通算ができるようになりました。

特定口座で取引をすれば、証券会社で損益を計算してもらえますし、確定申告の際にメリットがあります。

外貨MMFの便利な活用法

ドル資金の待機先

外貨MMFは、米国株や米国ETFを買い付ける資金の「待機場所」として利用することができます。

例えば、米国株や米国ETFの場合、配当金はドルで受け取ることになります。このドルは、ただ持っているだけでは利息はつきませんが、外貨MMFの場合、直接ドルで投資することができます

なので、以下の図のように同じ外貨で再投資をする場合の待機資金の一時的な投資先として活用するというのが、外貨MMFの有効な活用法と言えます。

ドルで直接外貨MMFに投資すれば、スプレッドを払う必要がないため、コストがかかりません。なので、当面使う予定のないドルをMMFに投資して利息を受け取ることで、資金効率を高めることができます。

出典:SBI証券HPより

FXにはない特徴

FXの方がレバレッジを効かせられる分、より高い金利を受けることができるので、外貨MMFよりも有利だという人もいます(参考記事:FXは外貨預金のように長期投資に向いている)。

確かにそのとおりですが、外貨MMFは、上記のとおりドル資金の待機先として利用できますので、米国株を取引する人にとってみると、利用価値は高いと言えます。

もし、外貨MMFの取引には証券会社の口座開設が必要です。自分も利用しているSBI証券は、米国株取引の手数料も安くて、おススメです。詳しくはコチラ・・・。

GMOクリック証券【FXネオ】口座開設

まとめ

今回は、外貨MMFの特徴とデメリット、メリット及び有効な活用法について述べてきました。

自分も米国株を売却した際には、当面使う予定のない米ドルで、外貨MMFで持つようにしています。

米国の金利が上がってるので、米国株や米国ETF用のドル資金をMMFで待機させておけば、金利を得ることができますからね。

それでは。

スポンサーリンク
スポンサーリンク





ウェルスナビならロボアドバイザーに資産運用をお任せ!

WealthNavi

ロボアドバイザーとは?

  • 人口知能(AI)が投資家に最適なポートフォリオを提案し、実際の運用まで行います。
  • ノーベル賞を受賞した投資理論をベースとして運用を行います。

ウェルスナビは、忙しい人にこそおすすめ!

  • 投資商品の選定、資産配分、運用、リバランス、全てロボアドバイザーにおまかせ。
  • 適切な資産配分の維持や、為替などのリスクの分散を図る積立投資の継続など合理的な投資行動を実現します。

国際分散投資を自動運用。

  • 約50カ国11,000銘柄以上に国際分散投資を行うことで、世界経済の成長を資産に取り入れます。

手数料は預かり資産の1%のみで、完全に中立な資産運用

世界水準の金融アルゴリズムでポートフォリオを構築。

  • ノーベル賞受賞の理論をベースとした世界の富裕層や機関投資家が利用する資産運用アルゴリズムで運用。

▼もう国や会社に頼れません!まずは”行動”です▼

サラリーマンは投資しないと”生涯労働”になる理由。おすすめの投資法とは?

2019年7月14日


LINEの500円から始めるワンコイン投資

ワンコイン投資

ワンコイン投資なら、

  • 500円から積立投資が始められる!
  • 手間はほとんどありません。LINE Payから自動引き落とし!
  • 運用は全自動。分散投資でリスクをおさえた投資!

そして、今なら運用手数料が完全無料!

LINE Payで500円からのワンコイン投資!その特徴を徹底解説します。

2019年7月6日


くりっく株365による長期運用で着実な資産形成を!

くりっく株365

マネックス証券のくりっく株365なら、

  • 日経225も、欧米の主要株式指数も、レバレッジを効かせてほぼ24時間の取引可能!
  • 長期投資でも大丈夫。買いの場合、配当も受け取れます!
  • マネックス証券なら手数料も業界最安水準で多彩な投資環境もご用意!

マネックス証券は、業界最大手のネット証券!各種レポート、会社四季報、アラートメールなど充実したサービスを受け取れます。

CFDが長期投資に向く理由とは?【レバレッジで高配当利回り】

2019年3月12日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です