先週比+126ドル、MO爆下げも全体的に堅調(米国株:2019年4月19日)




米国株をおススメする理由の一つは、先進国の中で唯一の成長国であることです。

例えば、将来の人口推移はかなり高い制度で予想できますが、日本や他の先進国の人口が将来的に減少することが見込まれている中、米国のみが着実に増えていきます。

簡単に言えば、人口が増えるということは、労働力が増え、消費も増えることになるので、米国経済は高い確率で今後も成長し続けることが見込まれます。

そのため、米国株を持つことで、日本経済が中長期的に衰退していくリスクに備えることにもつながるのです。メリットは、以下の記事にまとめてあります。

さて、今回の記事では、実際の運用状況を参考にしていただくため、2019年4月19日(金)現在の米国株の状況を確認していきたいと思います。

米国株の保有状況(2019年4月19日)

米国株の保有状況は以下のとおりとなっています。

先週比(4/12 ⇒ 4/19):

  • 126.17 ドル (+0.26%)
銘柄・株数 増減 変化率
BLV (72) -15.12 -0.23%
KO (112) 82.88 1.58%
MO (84) -183.96 -3.87%
PG (163) 27.72 0.94%
T (84) -27.71 -0.53%
DIS (31) 74.09 1.84%
JNJ (14) 21.56 1.13%
MCD (21) 69.51 1.73%
KHC (39) -4.29 -0.33%
VB (29) -52.2 -1.14%
BLK (9) 104.49 2.56%
MMM (20) 29.2 0.67%
 126.17 0.26%

総パフォーマンス

  • 投資額 : 44,618.22ドル
  • 評価額 : 49,105.53ドル
  • 評価損益:   4,487.31ドル(+10.06%)
銘柄・株数 現在値 評価額 損益
BLV (72) 90.66  6,527.5  185.76
KO (112) 47.48  5,317.8  120.92
MO (84) 54.37  4,567.1  207.48
PG (163) 106.05  2,969.4  653.24
T (84) 32.03  5,220.9  75.09
DIS (31) 132.45  4,106.0  690.68
JNJ (14) 137.52  1,925.3  88.62
MCD (21) 194.91  4,093.1  669.06
KHC (39) 32.96  1,285.4  -413.40
VB (29) 156.01  4,524.3  1,276.87
BLK (9) 465.69  4,191.2  420.39
MMM (20) 218.88  4,377.6  512.60
 49,105.53  4,487.31

 

米国株概況

4月12日から19日の一週間で+0.26%(19日は休場)。前回の+1.70%に引き続き堅調です。

全体の動き

NYダウは、今週一週間で140ドル程度下げ、26,559ドルで引けました。

今週一週間は、米国の景気懸念が後退し、市場予想を上回る小売り売上高や主要企業の好決算を受けて、投資家心理が改善し、買いが優勢となりました。

他方、米国における医療保険制度改革の影響懸念から、医療保険大手のユナイテッド・ヘルス(UNH)が2月から20%以上下げるなど、ケアセクター全体に売りが入りました。

好調だった銘柄

ブラックロック(BLK)が+2.56%と、前回の+2.02%に引き続き堅調です。

BLKは株価の先行指標的な銘柄なので、景気の後退懸念が払しょくされた状況で、買いが入りやすくなっています。

また、ジョンソン・エンド・ジョンソン(JNJ)は、前回比+1.13となりました。2019年1Qの決算で、主力の医薬品部門が予想以上に好調であったことが要因です。

軟調だった銘柄

全般的に保有株が堅調でしたが、アルトリア(MO)が-3.87%と大幅に下げました。

これは、共和党の幹部が、10代の喫煙率が想像以上のペースで増えていることを理由に、喫煙年齢を18歳から21歳にに引き上げる法案提出を検討しているという報道のためです。

この報道を受けて、MOだけでなくフィリップモリスやJTなど、たばこ株全体が安くなっている状況です。

所感

米国株は、主要企業の決算が予想以上に好調であることから、堅調な展開が続いています。

中国の経済指標も持ち直してるし、今のところ決算も無難に通過していることから、夏にかけて株価は一段高になると予想します。

他方、MOは今回大幅安になったこともあり、配当利回りが6%近くまで上がってきました。

たばこ株は、当局の規制強化などににより株価が暴落するのは日常茶飯事ですから、こういう暴落時に投資することで、将来のパフォーマンスを上げることができるんですよね。

いずれにしても、米国株は配当を生み出す主力ですので、引き続き保有株はホールドしていきます。

それでは。

 

最後までご覧いただきありがとうございます。こんな記事も書いてます。

先週4/12の米国株概況です。

【米国株】2019年4月12日。ディズニー爆上げで先週比+1.7%。

2019年4月16日

2019年3月の全保有資産の概況です。

【2019 年3月】運用実績公開-レバレッジ長期投資ポートフォリオ

2019年4月2日
スポンサーリンク
スポンサーリンク





ウェルスナビならロボアドバイザーに資産運用をお任せ!

WealthNavi

ロボアドバイザーとは?

  • 人口知能(AI)が投資家に最適なポートフォリオを提案し、実際の運用まで行います。
  • ノーベル賞を受賞した投資理論をベースとして運用を行います。

ウェルスナビは、忙しい人にこそおすすめ!

  • 投資商品の選定、資産配分、運用、リバランス、全てロボアドバイザーにおまかせ。
  • 適切な資産配分の維持や、為替などのリスクの分散を図る積立投資の継続など合理的な投資行動を実現します。

国際分散投資を自動運用。

  • 約50カ国11,000銘柄以上に国際分散投資を行うことで、世界経済の成長を資産に取り入れます。

手数料は預かり資産の1%のみで、完全に中立な資産運用

世界水準の金融アルゴリズムでポートフォリオを構築。

  • ノーベル賞受賞の理論をベースとした世界の富裕層や機関投資家が利用する資産運用アルゴリズムで運用。

▼もう国や会社に頼れません!まずは”行動”です▼

サラリーマンは投資しないと”生涯労働”になる理由。おすすめの投資法とは?

2019年7月14日


LINEの500円から始めるワンコイン投資

ワンコイン投資

ワンコイン投資なら、

  • 500円から積立投資が始められる!
  • 手間はほとんどありません。LINE Payから自動引き落とし!
  • 運用は全自動。分散投資でリスクをおさえた投資!

そして、今なら運用手数料が完全無料!

LINE Payで500円からのワンコイン投資!その特徴を徹底解説します。

2019年7月6日


くりっく株365による長期運用で着実な資産形成を!

くりっく株365

マネックス証券のくりっく株365なら、

  • 日経225も、欧米の主要株式指数も、レバレッジを効かせてほぼ24時間の取引可能!
  • 長期投資でも大丈夫。買いの場合、配当も受け取れます!
  • マネックス証券なら手数料も業界最安水準で多彩な投資環境もご用意!

マネックス証券は、業界最大手のネット証券!各種レポート、会社四季報、アラートメールなど充実したサービスを受け取れます。

CFDが長期投資に向く理由とは?【レバレッジで高配当利回り】

2019年3月12日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です