米国株

スリーエム(MMM)の株価が大幅下落!60年増配の超優良企業に一体何が…?

スリーエム(MMM)の株価が2019年に入って大幅に下落しています。ここまで株価が急落して、下落傾向が続いている理由はなんですか?MMMの株を持っている者は、実際にどれだけ影響が出たのですか?

今回は、このような疑問を持つ方に向けて記事を書いています。

今回の記事の内容

・スリーエム(MMM)の株価推移は?

・スリーエム(MMM)の株価下落要因とは?

・スリーエム(MMM)の株価下落による影響(実例公開)

スリーエム(MMM)の株価についてだけじゃなく、1日で13%下げた影響が実際のポートフォリオにどんな影響が出たか、実例も公開しちゃいます。

自分は投資歴20年で、米国株を中心に1,000万円以上の資産を運用しています。スリーエム(MMM)も主力銘柄として保有中です。今回は、これらの経験を踏まえて記事を書いています。

スリーエム(MMM)の株価推移は?

スリーエム(MMM)とは?

スリーエム(MMM)は、世界的大企業であり、取り扱うすべての分野において競争力が高い複合企業です。60年以上の増配を続けてきた株主重視の超優良企業です。事務用品のポストイットはあまりにも有名ですよね。

元々は鉱業を祖業とし、そこから派生し化学・電気・素材などに手を広げた会社となっています。その経営範囲は幅広く、製品は6万種類以上、特許も4万件以上保持しています。

国際的な競争力も非常に高く、世界有数の複合企業として有名。多角化経営も非常に上手くいっている企業の1つですね。

スリーエム(MMM)の株価と株価推移は?

株価データ(2019年6月21日現在)を簡単にまとめました。

MMMの株価データ
  • 株 価:173.35ドル
  • P E R:17.95
  • 配当利回り:3.32%
  • 5年増配率:16.4%

最近の株価下落により、配当利回りは3.32%と非常に魅力的な水準まで上がってきましたね。

直近2年の株価推移が以下のチャートです。2018年1月頃までは綺麗に右肩上がりで、わずか1年程度で150ドル近辺から250ドルまで株価を上げていました。

しかし、2018年2月ごろから大幅に株価が下落し、190ドル~200ドル近辺で持ち直していたものの、2019年4月の決算発表を機に、160ドル近辺まで値を下げています。

チャート画像

スリーエム(MMM)の株価下落要因とは?

2018年からの株価下落傾向の要因は?

米国が中国製品に対して関税の引き上げを公表したことから、米中の通商摩擦懸念が広がっており、中国との取引高の大きいMMMの業績に不安が広がったことが要因です。

直近2年間で株価も大幅に上昇していたこともあり、利益確定の売りが出やすい地合いでもありました。

2019年4月の株価急落の要因は?

直接の原因は、2019年4月の決算内容が悪かったことですね。

売上高自体は78億6300万ドルで、前年比5.0%減、純利益は48%増の8億9100万ドルと悪くありませんでした。

しかし、1株利益予想2.49ドルに対し、実績で2.23ドルと大きく下回ったことが嫌気されましたね。これを受けて、2019年12月期の1株利益見通しは9ドル台と従来見通しの10ドル台から引き下げています。

この発表を受けて、スリーエム(MMM)の株価は1日でなんと13%も下落。1銘柄だけでダウを160ドルも押し下げる結果となりました。

スリーエム(MMM)が急落した時点での米国株の保有状況

2019年4月26日現在の米国株の保有状況は以下のとおりとなっています。

スリーエム(MMM)の株価下落が、ポートフォリオ全体のパフォーマンスを押し下げてますね。

一週間で-233ドルとなっています。この週は、米国主要企業の決算発表が予想以上に良かったことから市場全体に投資家の買いが入り、S&P500とナスダックが昨年の高値を更新していました。

先週比(4/19 ⇒ 4/26):

  • ‐233.43ドル (‐0.48%)
週次増減 週次変化率
BLV (72) 64.8 0.99%
SPYD(68)
VB (29) 68.7 1.52%
KO (112) 87.4 1.64%
MO (84) -132.7 -2.91%
PG (163) -5.3 -0.18%
T (84) -220.1 -4.21%
DIS (31) 231.6 5.64%
JNJ (14) 40.2 2.09%
MCD (21) 52.7 1.29%
KHC (39) 3.9 0.30%
BLK (9) 119.6 2.85%
MMM (20) -544.2 -12.43%
 -233.43 -0.48%

総パフォーマンス

  • 投資額 : 47,247.8ドル
  • 評価額 : 51,492.8ドル
  • 評価損益:   4,245.0ドル(+8.98%)
購入額 評価額 損益
BLV (72) 6341.8  6,592.3  250.56
SPYD(68) 2629.6  2,620.7  -8.84
VB (29) 3247.4  4,593.0  1,345.60
KO (112) 5196.8  5,405.1  208.28
MO (84) 4359.6  4,434.4  74.76
PG (163) 2316.2  2,964.1  647.92
T (84) 5145.8  5,000.8  -144.96
DIS (31) 3415.3  4,337.5  922.25
JNJ (14) 1836.7  1,965.5  128.80
MCD (21) 3424.1  4,145.8  721.77
KHC (39) 1698.8  1,289.3  -409.50
BLK (9) 3770.8  4,310.8  540.00
MMM (20) 3865.0  3,833.4  -31.60
 47,247.8  51,492.8  4,245.04

スリーエム(MMM)の株価急落時の米国株概況

米国市場全体の動き

NYダウは、一週間で15ドル程度下げ、26,543ドルで引けました。

今週は、決算を発表した米国主要企業の業績発表のうち7割近くが予想よりも良かったため、米国市場全体に買いが入りやすい展開。S&P500とナスダックは最高値を更新しました。

他方、ダウ構成銘柄であるスリーエム(MMM)やP&G(PG)は、決算内容が想定より悪い、あるいは今後の業績不安が意識されたため、株価が急落してダウを押し下げました。

好調だった銘柄

ブラックロック(BLK)とが+2.85%と、前回の+2.56%に引き続き堅調。ウォルトディズニー(DIS)も+5.64%を大きく値を上げました。

BLKは、引き続き、米国株の先高期待から買われています。

また、DISは米国で11月にサービスが開始されるDisney+への高い期待から買いが入っています。現在、株価は139ドルですが、抵抗ラインだった120ドルを完全にブレークしました。

業績期待も高く、チャート的にも問題ないため、しばらくは株価の上昇が期待できると思います。

軟調だった銘柄

今週は、P&G(PG)やアルトリア(MO)も下げましたが、何と言ってもスリーエム(MMM)の株価下落ですね。

今週発表した決算で、2019年第一四半期の売り上げが予想より悪かったことから13%を超える大幅下落となり、1銘柄だけでダウを160ドル以上も押し下げました。

チャート的にもあまり良くないです。現在、株価は191.67ドルですが、支持線の190ドルを下に抜けそうです。

MMMは決算発表の際、2000人の従業員のリストラを発表しており、今後に期待したいです。

「スリーエム(MMM)の株価推移」まとめ

今回は、スリーエム(MMM)の株価推移、株価急落の要因及び実際の影響の実例について述べてきました。

スリーエム(MMM)は、60年以上増配を続けている超優良企業で投資家の人気も極めて高い銘柄です。

そのような企業でも業績悪化で株価の大幅下落があり得るわけですから、銘柄の分散は本当に大事だということを再認識しました。

他方、米中貿易摩擦の影響で大幅に株価は下がったわけですから、この懸念が払しょくされれば反発することも大いにあり得ること。株価も非常に買いやすい水準まで落ちてきています。

業績は落ちていますが、配当に影響を及ぼすレベルではないと考えており、引き続きホールドしていきたいと考えています。

それでは。

おすすめ記事です。レバレッジの効果の本質は”時間”と”資金”というリターンを得ること。「忙しくて投資に時間を割けない」「投資の効率を高めたい」と考えている方、必見です。

[kanren postid=”867″]

[kanren postid=”688″]

[kanren postid=”54″]

ABOUT ME
kaimaru41
高配当の日本株・米国株の長期投資に、レバレッジETF、FX、CFDを組み合わせて早期のセミリタイアを目指します。