FXやCFDの低レバレッジ長期投資で安定的な不労所得が期待できる件




FXやCFDと聞けば、”高いレバレッジで危険な取引”というイメージを持つ方も多いと思います。

確かにその通りで、FXやCFDに共通していることは証拠金を預けることで、資金の数十倍にあたる大きなを取引ができます。値上がり益を狙った短期売買は、”ゼロサムゲーム”と言われ、継続して利益を上げることは極めて難しいのです。

しかし、FXやCFDは低いレバレッジで長期投資することにより、リスクを抑えて安定的に収益を積み上げることが可能です

それは「買」で保有することにより、FXであればスワップポイントと呼ばれる金利やCFDの場合は配当金に相当する金額を受けとれ、値上がり・値下がりに関係なくインカムを得ることができるからなんです。

FXやCFDは預金とは違いますので、長期投資と言われてもイメージがつかないかもしれません。

そこで今回は、

  • FX、CFDの長期投資がおススメの理由
  • FXやCFDで長期投資する際のコスト
  • FXの長期投資をDMM FXで行った場合

について、述べていきたいと思う。

FX、CFDの長期投資がおススメの理由

FXの投資でスワップポイントを受け取れる

FXでは、日々の値動き以外で利益を出すことができます。

日本よりも金利の高い通貨(米ドル、豪ドル、カナダドル等)を売買する場合、以下の図のように、金利差に相当するスワップポイントを受け取ることができるのです。

スワップポイント(金利差収益)として毎日付与されます

出典:外為ドットコムHP

例えば、米ドルの場合1日あたりスワップポイントが約65円程度ですので、現時点の金利差が1年間続いてロスカットされなかったと仮定すれば2.5万円弱受けとることができます。

なので、証券会社に証拠金25万円預けて長期投資すれば2.5万円のスワップポイントを受けとれるので年率約10%の運用が可能となります。

当然、日々の値動きで損失を抱えたり、強制的に売却される”ロスカット”になる場合もありますが、長期投資することでスワップポイントにより着実に利益を積み上げることができるのです。

なお、米ドルや豪ドルのように金利の高い通貨を「買」で保有する場合はスワップ金利を受け取れますが、逆に「売」で保有する場合は支払わなければならないので注意が必要です。

CFD(クリック365株)の投資で配当金相当額を受け取れる

CFDも日々の値動き以外で利益を得ることができます。

それは、現物株を権利確定日まで保有していれば配当金が支払われるのと同様に、CFDを「買」で保有した場合、配当金相当額を受け取ることができるのです。

例を上げると、2018年の配当金相当額と金利調整額の実績をまとめたものが、以下の表になります。日経225と英FTSEは、各国の金利に対応した金利調整額を考慮しても、十分なインカムゲインとなっています。

2018年の場合であれば日経225は40万円、英FTSEは20万円ほど証拠金を預けて運用した場合、配当利回り年間10%ということになります(ロスカットされなかったと仮定)

当然ながら、日々の値動きで損失を抱えることもありますし、証拠金が足りなくなって強制的に売却される”ロスカット”になる場合がありますが、長期投資により配当金相当額を着実に積み上げることが可能なのです。

配当金相当額   金利調整額
日経225    40,834円     0円
NYダウ    56,692円  ‐61,425円
独DAX       0円   ‐1,280円
英FTSE     30,945円   ‐8,729円

他方、これらのレバレッジ取引には、売買手数料や保有に伴う費用が発生します。また、必要な証拠金を維持できなくなった際には、ロスカットや証券会社によ強制決済が行われる場合があります。これらのコストやルールを知っておくことは、レバレッジ取引を行う上で必須です。

FX、CFDの長期投資のコスト

FXやCFDの売買手数料やスプレッドなどのコストは証券会社によって違いがありますが、業者間の競争が激しいこともあり、かなり低く抑えられています。以下、簡単に見ていきましょう。

売買手数料

FXやCFD(クリック365株)を売買する際に手数料が発生しますが、無料であるか又は非常に低く抑えられています。

例えばFXの取引の場合、DMM FXやGMOクリック証券などの大手業者は取引手数料を無料としています。

CFDの取引の場合は証券会社によって違いがありますが、SBI証券やマネックス証券での取引の場合、1枚あたり153円(税込)となっています。

売買手数料は、業者によって違いがあるので、実際の口座を開設する際には複数の会社を比較することをお勧めします。

スプレッド

FXやCFDは「買」と「売」の額が異なる”スプレッド”が発生しおり、実質的にこのスプレッド幅が取引の際にかかるコストと言えます。例えば、

  • 買:110.1円
  • 売:110.0円

の場合、1万通貨取引するとスプレッドは(110.1-110.0)✕1万=1,000円となります。

スプレッド幅が固定されている場合でも、相場が急騰・急落した場合は、スプレッド幅が広くなるケースがある場合があります。また、新興国通貨や取引の少ない通貨は、主要国通貨に比べてスプレッド幅は広くなります。

このスプレッド幅も、業者によって違いがありますので、口座を開設する際には複数の会社を比較することをお勧めします。

CFD(クリック365株)の場合も、FXと同様「買」と「売」でスプレッドが発生します。この幅は固定されておらず、取引時間や相場の状況、株価指数の種類にもよります。クリック365株で大体のスプレッド幅の目安は、20~50ポイント程度となっていますので1枚当たり2,000円~5,000円となります。

FXの長期投資をDMM FXで行った場合

ここまでFXとCFDが長期投資に向く理由について述べてきましたが、より具体的なイメージをつかんでもらうため、FX口座数が国内で最も多いDMM FXで米ドルを取引したケースを取り上げたいと思います。

DMM FXのスワップポイント(米ドル)

2019年4月の米ドルのスワップポイントの実績は、1日あたり66円~70円となっています。この水準が続くと仮定すれば年間2.5万円程度のスワップポイントの受け取りが可能となります。

例えば証拠金を10000通貨(1枚)あたり25~30万円程度預けて保守的に長期投資すれば、かなり高い利回りでの運用が期待できますね

高いレバレッジを効かせて短期的な値上がり益を狙う取引よりも、スワップポイントを目的とした長期投資の方がリスクを抑えた運用が可能と言えます。

注意:

  1. スワップポイントは日々(365日)発生する2国間の金利差によって変動します。
  2. 日々の値動きで、値上がり益が期待できる反面、損失を抱える場合があります。
  3. 相場の値下がりなどで必要証拠金を下回った場合、強制的に決済される場合があります。

スプレッド幅

DMM FXの場合スプレッド幅は原則固定されていて、米ドルの場合わずか0.3銭です。10000通貨(1枚)あたり30円ですから、長期投資であれば、ほとんど無視できるレベルです。

他の通貨を見てみても、

DMM FXのスプレッド幅
  • ド ル 円 :0.003円(0.3銭)
  • ユ ー ロ 円 :0.005円(0.5銭)
  • 豪 ド ル 円 :0.007円(0.7銭)
  • 南アランド円:0.01円(1.0銭)

と非常に狭くなっています。

DMM FXがおススメの理由

今回、具体例で取り上げたDMM FXですが、FXの長期投資を行う証券会社として非常におススメです。

長期投資におススメの理由
  1. スワップポイントが業界トップクラス
  2. 売買手数料や口座維持手数料がかからない
  3. スプレッド幅の狭さが業界でもトップクラス

正直に言えば、実は大手の証券会社であればサービスに大きな差はありません。ただ、DMM FXの場合はキャンペーンで20,000円のキャッシュバックを受けることができるので、非常にお得感があります。

【DMM FX】入金

まとめ

今回は、FXやCFDが長期投資に向いている理由について、具体例を上げて説明してきました。

FXやCFDは、売買手数料などのコストを考慮したとしても、スワップポイントや配当金相当額を安定的に受け取ることが期待できるため、長期保有に向いているといえます。

値上り益を狙った高レバレッジ・ハイリスクの取引よりも、スワップポイントや配当金相当額を狙った低レバレッジ・低リスクの運用の方が、再現性が高く着実な利益を期待できると言えますね。

それでは。

 

最後までご覧いただきありがとうございます。FXやCFDが長期投資に向いていることについて、以下の記事でもまとめていますので、よろしければ是非。

CFDが長期投資に向く理由とは?【レバレッジで高配当利回り】

2019年3月12日

FXは長期運用で年利10%を狙える!?低レバレッジで初心者でも稼げる方法とは

2019年3月9日

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク





ウェルスナビならロボアドバイザーに資産運用をお任せ!

WealthNavi

ロボアドバイザーとは?

  • 人口知能(AI)が投資家に最適なポートフォリオを提案し、実際の運用まで行います。
  • ノーベル賞を受賞した投資理論をベースとして運用を行います。

ウェルスナビは、忙しい人にこそおすすめ!

  • 投資商品の選定、資産配分、運用、リバランス、全てロボアドバイザーにおまかせ。
  • 適切な資産配分の維持や、為替などのリスクの分散を図る積立投資の継続など合理的な投資行動を実現します。

国際分散投資を自動運用。

  • 約50カ国11,000銘柄以上に国際分散投資を行うことで、世界経済の成長を資産に取り入れます。

手数料は預かり資産の1%のみで、完全に中立な資産運用

世界水準の金融アルゴリズムでポートフォリオを構築。

  • ノーベル賞受賞の理論をベースとした世界の富裕層や機関投資家が利用する資産運用アルゴリズムで運用。

▼もう国や会社に頼れません!まずは”行動”です▼

サラリーマンは投資しないと”生涯労働”になる理由。おすすめの投資法とは?

2019年7月14日


LINEの500円から始めるワンコイン投資

ワンコイン投資

ワンコイン投資なら、

  • 500円から積立投資が始められる!
  • 手間はほとんどありません。LINE Payから自動引き落とし!
  • 運用は全自動。分散投資でリスクをおさえた投資!

そして、今なら運用手数料が完全無料!

LINE Payで500円からのワンコイン投資!その特徴を徹底解説します。

2019年7月6日


くりっく株365による長期運用で着実な資産形成を!

くりっく株365

マネックス証券のくりっく株365なら、

  • 日経225も、欧米の主要株式指数も、レバレッジを効かせてほぼ24時間の取引可能!
  • 長期投資でも大丈夫。買いの場合、配当も受け取れます!
  • マネックス証券なら手数料も業界最安水準で多彩な投資環境もご用意!

マネックス証券は、業界最大手のネット証券!各種レポート、会社四季報、アラートメールなど充実したサービスを受け取れます。

CFDが長期投資に向く理由とは?【レバレッジで高配当利回り】

2019年3月12日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です