レバレッジ投資

米国ETFでレバレッジ3倍の投資が可能。ネット証券で購入できるETF20選!

米国ETFでレバレッジが3倍のものに投資しようと考えていますが、どのような商品があるんですか?レバレッジ商品なのでリスクが高いと思うけど、どんな特徴があるの?

今回は、このような疑問を持つ方に向けて記事を書いています。

今回の記事の内容

・レバレッジ3倍のETFの特徴とは?

・レバレッジ3倍のETFにはどのような種類があるの(20選)?

・レバレッジ3倍のETFの活用法は

結論から言うと、レバレッジ3倍のETFは、S&P500や米国長期国債などに連動する商品など様々なものがあり、長期的に右肩上がりで値上がりしているものもあるので、商品によっては長期保有も検討に値します。

自分は、20年以上株式投資を続けてきており、レバレッジ3倍の米国ETFであるSPXLやCUREの運用も現在行っています。今回は、この経験も踏まえて記事を書いています。

レバレッジ3倍のETFとは?

ETFは、株や債券などの指数や金や原油などの商品にいたるまで、世界中のあらゆる資産に投資することができる金融商品です。

レバレッジ型のETFとは、株の信用取引のように、レバレッジをかけて株価や債券の値動きの3倍の値動きをするように設計された商品です。

短期取引により価格の値幅を狙うというのが一般的ですが、S&P500などの指数は右肩上がりで株価が上がっていますので、これに連動するETFの場合、長期保有するのもおもしろいと思います。

以下では主要ネット証券で購入可能なレバレッジ型米国ETF20選を紹介しますね。

レバレッジ3倍の株式ETF

レバレッジ3倍の株式ETFで最も一般的なのは、以下の表に示したS&P500の3倍に連動するETFです。

銘柄名
SPXL 米国S&P500 ブル3倍 ETF
SPXS 米国S&P500 ベア3倍 ETF

上記のとおり。詳しくはSPXLに関する記事にまとめていますが、SPXLやSPXSは米国ETFの取引額ランキングでも上位に入っており、米国株を取引きしている者にとっては非常にメジャーで、人気のあるETFとなっています。

この、ブル型とベア型というのは、

  • ブル型:指数の値動きと同じ方向に3倍
  • ベア型:指数の値動きと逆の方向に3倍

という意味です。S&P500が上がると思えばブル型のSPXL、下がると思えばベア型のSPXSを購入するということになります。

[aside type=”normal”] ブル・ベアとは

相場の強気・弱気を示す言葉です。ブル(Bull)は強気のことで、雄牛が角を下から上へ突き上げる仕草から相場が上昇していることを表し、ベア(Bear)は弱気のことで、熊が前足を振り下ろす仕草、あるいは背中を丸めている姿から相場が下落していることを表す言葉として使われています。(SMBC日興証券HPより)

[/aside]

なお、経費率は1.02%となっておりますので、通常のETFよりも高いかもしれませんが、レバレッジ商品であることを考えれば、妥当なところだと思います。

レバレッジ3倍の株式ETFの値動き

具体的に値動きについては、以下のSPXLのチャートを見ていただくのが一番わかりやすいと思います。

SPXLは2008年9月にできた商品ですが、リーマンショックからの回復により10倍以上値上がりしています。

比較のために、S&P500のチャートも載せていますが、値動きがなだらかに見えてしまいます。

レバレッジ3倍の債券ETF

レバレッジ3倍の債券ETFで最も一般的なのは、以下の表に示した20年超米国債の3倍に連動するETFです。

ティッカー 銘柄名
TMF 20年超米国債 ブル3倍 ETF
TMV 20年超米国債 ベア3倍 ETF

上記のとおり。詳しくはTMFに関する記事にまとめていますが、TMFやTMVも、米国ETFの取引額ランキングでも上位に入っている、人気のあるETFとなっています。

なお、経費率はSPXLと同様で1.02%となっています。これも、レバレッジ商品ということを考えれば、妥当なところです。

レバレッジ3倍の債券ETFの値動き

これも、値動きについては、以下のTMFのチャートを見ていただくのが一番わかりやすいと思います。

TMFは2009年にできた商品ですが、節目節目で激しく値動きしています。あわせて通常の20年国債ETFも載せましたが、非常になだらかな動きですよね。

なので、TMFは通常の債券に期待されるような値動きの安定+分配金を狙ったETFではなく、短期的あるいは長期的な値上がり幅を取りにいくETFといえます。

その他のレバレッジ3倍のETF

S&P500などの指数の3倍に連動するETFは以下のものがあります。これらは、SBI証券で購入が可能なものです。経費率は、商品によって細かく違いがありますが、概ね1%程度です。

ちなみに、自分はヘルスケアセクターの3倍に連動するCUREを保有しています。CUREに関する記事にまとめているとおり、ヘルスケアは、不景気にも売り上げの落ちないディフェンシブセクターであり、長期的なリターンもS&P500よりも優れているからです。

このように、好みや相場観によって、どのタイプのETFを購入するか検討してみると良いと思います。

リートETF

ティッカー 銘柄名
DRN 米国リート ブル3倍 ETF
DRV 米国リート ベア3倍 ETF

 

個別セクターの株式ETF

ティッカー 銘柄名
FAS 米国金融株 ブル3倍 ETF
FAZ 米国金融株 ベア3倍 ETF
TNA 米国小型株 ブル3倍 ETF
TZA 米国小型株 ベア3倍 ETF
CURE 米国ヘルスケア株 ブル3倍ETF
LABU 米国バイオ株 ブル3倍 ETF
LAND 米国バイオ株 ベア3倍 ETF
NUGT 米国金鉱株 ブル3倍ETF
DUST 米国金鉱株 ベア3倍ETF

 

新興国株ETF

ティッカー 銘柄名
INDL インド株 ブル3倍 ETF
EDC 新興国株 ブル3倍 ETF
EDZ 新興国株 ベア3倍 ETF
RUST ロシア株 ブル3倍ETF
RUSS ロシア株 ベア3倍ETF

 

レバレッジ3倍のETFで理解しておくべきこと

レバレッジ型ETFは、指数の3倍の収益を目指すものですが、あくまでも3日の値動きについて3倍の値動きを目指すもので、綺麗に3倍になるものではありません。

以下の表は、SPXL、SPXS及びS&P500の2018年12月現在の年間リターンを示したものですが、見ていただくと分かるとおり、S&P500の3倍の値動きになっていないですよね。

1年 3年 5年 10年
SPXL ‐25.2% 18.5% 16.7% 29.6%
SPXS 3.5% ‐28.5% ‐28.5% ‐42.1%
S&P500 ‐4.4% 9.3% 8.5% 13.1%

なので、一般的には長期保有するほと乖離していくことになりますので、単純に3倍になるものではないんですね。

日本取引所グループHPに、レバレッジ型ETFの特徴について解説がありましたので、引用します。 ざっくり言うと、

[box class=”blue_box”]

・投資期間が長くなればなるほど、指標と乖離する。

・レンジ相場になると指標に比べてパフォーマンスが悪くなる。

[/box05]

ということです。

レバレッジ型指標は、相場の下落局面においては原指標よりも大きく下落していきますが、2営業日以上離れた日と比較した場合は、想定した変動率とは異なる下落率となってしまう点、そして、投資期間が長期になればなるほど、原指標の変動率とレバレッジ型指標の変動率の乖離が大きくなる可能性が高まる点に留意が必要となります。

相場の方向感が定まらず、原指標が上昇や下落を相互に繰り返した場合、レバレッジ型指標は複利効果によって、原指標と比較してパフォーマンスが逓減して行くという特性がありますので留意が必要です。

 出典:日本取引所グループHP 

レバレッジ3倍のETFの活用方法

SPXLやTMFを長期保有

一般的にはレバレッジ型ETFは、大きな値幅を取りに行けるため短期売買に向いていると言われますが、自分としては長期投資に向いている商品と考えています。

SPXLやTMFについては、米国株のインデックスであるS&P500や米国長期国債にレバレッジをかけたものであり、これらインデックスは個別株と違って長期的な値上がりを高い確率で期待できるからです。

特にS&P500は、30年~50年の長期にわたって年率10%のパフォーマンスを示し、右肩上がりを続けているわけですから、SPXLの年間手数料1%を考慮しても、十分な収益を期待できると考えています。

上記に示したSPXLのチャートを見ていただいても、長期保有の収益の高さは直感的に理解いただけると思います。

もちろん、レバレッジ商品ですからリスクが高いことは確かであり、大きな含み益を抱えることは十分にあり得ますが、それでも短期取引で売買を繰り返すよりは、長期に保有することで高いリターンを期待できると考えます。

レバレッジ3倍のETFをNISAで保有

今回の記事で紹介したSPXLなどのレバレッジ3倍のETFは、NISA口座で保有することができます。

NISAでSPXLを購入するメリットの記事で述べたとおり、レバレッジ型ETFは大きな値上がり益が期待できるため、その利益が非課税となるNISAの活用は、十分におススメできます。

なので、今回取り上げた米国ETFはSBI証券で取引可能ですので、関心のある方はNISA口座の活用も検討してはいかがかと。詳しくはコチラ・・・です。

CFDという選択もありえる

ETFの場合、レバレッジは3倍程度ですが、より大きなレバレッジを取りたければ、株価指数に連動するCFDという選択もありえます。

株価指数に連動するCFDは長期投資向きという記事で書いているとおり、CFDは30倍程度のレバレッジが可能で、商品によっては配当金もしっかりでます。

もちろん、高いレバレッジのハイリスク商品であることは間違いないので、初心者にはおススメできませんが、ご関心があれば十分に検討に値すると思います。

[box class=”yellow_box”]

GMOクリック証券のCFDなら手数料は全て無料。コストに相当するスプレッドは業界最低水準で取引可能

GMOクリック証券のCFDなら、

ほぼ1日中「8:00〜翌6:45」取引できます。(※米国夏時間は「7:00〜翌5:45」)。特に株式は、米国市場の取引がある夜間に大きく動くことがあります。そのため、1日中取引できるCFDはチャンスの活用やリスク回避が可能です。

日経平均やNYダウ等の指数から、金や原油等の商品、VIX指数などバライティに富んだ様々な商品に投資することが可能です。長期投資の観点からは、株価指数がおススメです。

・Amazon、Apple、マイクロソフト、Google、Facebookなど、いまはやりのGAFAなど米国の個別銘柄に投資できます。CFDですから、もちろんレバレッジもかけられます。

この機会に是非、CFDを活用した長期投資も検討してみませんか?

[btn class=”rich_green”]GMOクリック証券【CFD】[/btn]

[/box05]

まとめ

今回は、レバレッジ3倍のETFということで、SPXLなどの米国ETFの特徴とメリットなどについて述べてきました。

レバレッジ商品という特性上、手数料が高い、ハイリスクである、長期保有で指数と乖離するという欠点は当然ありますが、これらの特性を理解して取引を行えば、十分に大きなリターンが期待できると考えます。

特に、S&P500などの株価指数は、長期的に右肩上がりであることは間違いないところですので、レバレッジ型ETFの長期保有するというのも、十分検討に値します。

自分は、SPXLとCUREを保有中ですが、タイミングも良かったこともあり大きな含み益が出ています。引き続き、長期保有を前提に運用していきたいと考えています。

それでは。

おすすめ記事です。レバレッジの効果の本質は”時間”と”資金”というリターンを得ること。「忙しくて投資に時間を割けない」「投資の効率を高めたい」と考えている方、必見です。

[kanren postid=”688″]

[kanren postid=”54″]

前の記事へ <<< NISAでSPXLを購入するメリットとは?過去5年で株価約2.5倍。

DMM株が米国株取引手数料を完全無料化!
DMM株

DMM.com証券のDMM株は、2019年12月9日(月)から米国株式取引手数料の完全無料化!

これまで大手のネット証券で横並びだった米国株の売買手数料が遂に無料化です。既に無料化している最低手数料に加え、取引手数料を一切かけずに米国株式を取引できます。

スマホアプリでも米国株の取引が可能です!

無料口座開設はコチラ