インド株ETF INDLの株価推移と特徴とは。インド株で稼ぐことはできるのか?




INDLは、インド株と同じ値動きをするブル3倍のレバレッジ型ETFと聞いたけど、株価の推移と特徴は?インド株ETFであるINDLへの投資で、稼ぐことはできますか?

今回は、このような疑問を持つ方に向けて記事を書きました。

今回の記事の内容

・インド株ETF INDLの株価と特徴

・インド株ETF INDLの株価推移(パフォーマンス)

・インド株ETF INDLの2つの活用法

自分は、インド株ETF INDLへの投資に関して以下のツイートをしました。

今後のインド株は期待できそう。インドの人口は2027年にも中国を抜き、今後、生産年齢人口の急上昇で経済成長が見込める「人口ボーナス」の期待大。

株価の値動きは激しいので、主力にはならないけど、高齢化に苦しむ中国や韓国を含む新興国etfより、ブル3倍インド株ETFのINDLあたりは面白いかもです。

上記を深掘りします。

自分は、投資歴20年でレバレッジ型ETFであるSPXLやCUREを保有して資産運用を行っています。その経験を踏まえて記事を書いています。

なお、SPXLなどの、レバレッジ型ETFの特徴については以下にまとめていますので、あわせてどうぞ。

インド株ETF INDLの株価と特徴は

INDLはインド株と同じ値動きをするブル3倍のレバレッジ型ETF

Direxionデイリー MSCI インド株 ブル3倍 ETF(INDL)は、日々の値動きがインド株の300%のパフォーマンスとなる投資成果を目指すレバレッジ型米国ETFです。

MSCI India Index (NDEUSIA)という指数に連動するように設計されています。この指数は、インドの大企業を中心に株式市場全体の85%の企業をカバーしているもの。

経費率は1.36%とちょっと高く感じますが、レバレッジ型の商品かつインド株ETFということを考えれば妥当なところだと思います。

なお、株価は2019年6月現在で76.41ドルとなっています。

インド株ETF INDLの構成銘柄(2019年3月)

以下がINDLの構成銘柄のTOP10です。

Infosysあたりは日本でもなじみのあるIT企業ですね。また、日本の自動車メーカーであるスズキが9位にランクインしています。

構成銘柄(Top 10) 保有率
Reliance Industries 11.57%
Housing Development Finance 9.56%
Infosys 7.73%
Tata Consultancy 5.36%
Axis Bank 4.40%
Hindustan Unilever 3.30%
ITC 3.03%
Icici Bank 2.84%
Maruti Suzuki India 2.10%
Larsen And Toubro 1.96%

インド株ETF INDLのセクター構成(2019年3月現在)

INDLのセクター構成は、以下になっています。

新興国らしく、銀行などの金融分野やエネルギーが上位に入っていますが、やはりITセクターの比率が高いところにインド株の特徴がありますね。

セクター 保有率
Financials 24.70%
Information Technology 17.07%
Energy 15.49%
Consumer Staples 10.47%
Consumer Discretionary 8.92%
Materials 8.31%
Health Care 5.35%
Industrials 4.15%
Utilities 3.09%
Communication Services 2.45%

インド株ETF INDLの株価推移(パフォーマンス)

次にINDLの株価推移を見ていきます。

株価の値動きを比較するため、同じ指数に連動するインド株ETFのINDAとS&P500の株価推移についても掲載しています。

INDLの株価の推移:長期(5年)

過去5年のS&P500とINDLのパフォーマンスを単純に比較したのが以下のチャートです。

‐過去5年チャート

 

赤:INDL 青:INDA 緑:S&P500

過去5年におけるインド株のパフォーマンスはS&P500よりも悪いですね。INDLはマイナスになっています。

値動きそのものについてはインド株ETFのINDAと同じような動きをしていますが、5年のスパンでは乖離が大きくなっています。

これは2015年から2016年にかけてインド株ETFのINDAが横ばい圏であったときに、INDLが大きく値を下げている影響ですね。

レバレッジ型ETFは、日々の値動きの3倍となるよう設計された商品なので、レンジ相場のときは指数との乖離が大きくなるという性質が良く出ています。

‐直近6カ月のチャート

直近6カ月のパフォーマンスが以下のチャート。INDLの特徴を良く表しているのではないでしょうか。

 

赤:INDL 青:INDA 緑:S&P500

短期的な値動きを見ると、指数の3倍の値動きをするというINDLの性質が綺麗に出ています。

インド株ETFのINDAが下げる場面では、INDLは10%以上大きく値を下げていますし、逆にINDAが上がる場面では20%近く値を上げているのがわかりますね。

レバレッジが効いているというのは、上にも大きく上がれば、下にも大きく下がるということです。

インド株ETF INDLの配当実績

INDLの過去4回の配当実績と配当利回りは以下のとおり。

  • 配当利回り(年間):0.73%
時期 配当金額(ドル)
2019.06 0.354
2019.03 0.072
2018.12 0.121
2017.12 0.315

S&P500の2%には及びませんが、レバレッジ型のETFであるということを考えれば、配当がでるだけでも十分だといえます。

インド株ETF INDLとS&P500の比較

INDLとS&P500のリターン比較(2019年6月現在)

各々リターン(年率換算)を見ていきましょう。

1年 3年 5年
INDL 2.19% 17.78% -0.57%
S&P500 3.58% 11.63% 9.55%
INDA 7.94% 10.29% 5.80%

S&P500(SPY)は5年間で年率9.55%という高いリターンを示していますが、そのINDL年率-0.57%という結果となっています。

長期的には2015年にインド株指数が横ばいであったことから、リターンが悪くなっていますね。ただ、過去3年を見ると15%を年率で超えており高いリターンを示しています。

注意点:時間と共に指数から乖離する

INDLは、インド株指数の収益3倍を目指すものですが、リターンを見て分かるとおり綺麗には3倍を示していません。

あくまでも1日の値動きについて3倍になるようにしているもので、期間が長くなると乖離してきます。

日本取引所グループHPに、レバレッジ型ETFの特徴について解説がありましたので、以下に引用します。 ざっくり言うと、

  • 投資期間が長くなればなるほど、指標と乖離する。
  • レンジ相場になると指標に比べてパフォーマンスが悪くなる。

ということです。

レバレッジ型指標は、相場の下落局面においては原指標よりも大きく下落していきますが、2営業日以上離れた日と比較した場合は、想定した変動率とは異なる下落率となってしまう点、そして、投資期間が長期になればなるほど、原指標の変動率とレバレッジ型指標の変動率の乖離が大きくなる可能性が高まる点に留意が必要となります。

相場の方向感が定まらず、原指標が上昇や下落を相互に繰り返した場合、レバレッジ型指標は複利効果によって、原指標と比較してパフォーマンスが逓減して行くという特性がありますので留意が必要です。

 出典:日本取引所グループHP 

インド株がおすすめされる理由とは?

他にも新興国株がある中、インド株がおすすめされる理由は、

・生産年齢人口の上昇

・高い経済成長率

からですね。クイックに見ていきましょう。

生産年齢人口の急上昇

インドの人口は2027年にも中国を抜き、今後、生産年齢人口の急上昇で経済成長が見込める「人口ボーナス」に期待できます。

以下が、インドの人口ピラミッドになりますが、2050年に向けて30代から40代の生産人口の厚みが増していくのがわかりますね。

population_pyramid_india

高い経済成長率

成長率は、概ね5%から10%あたりを推移していますね。非常に高い水準です。

現在のインド一人当たりのGDPは1,700ドル程度で、非常に低い水準です。それだけに、今後の経済発展によりこれらのGDPが爆発的に上昇することが期待されるのです。

インド株ETF INDLの株価推移を踏まえた2つの活用法とは

これまで見てきたSPXSの株価推移や特徴を踏まえた活用法は、

・長期保有ではなく短い期間で収益を目指す

・サテライト的に長期で保有する

の2つですね。以下、簡単にみていきますね。

長期保有ではなく短い期間で収益を目指す

INDLの株価推移や年率リターンで見てきたとおり、5年間の長期で見ると株価は大きく値を下げています。

他方、3年で見るとS&P500よりもパフォーマンスが良くなっているので、株価推移を見る限りは短期間での収益を目指すETFと言えます。

2015年ごろはインド株がレンジ相場であったことから、指数に乖離しやすいというレバレッジ型ETFのデメリットが顕著に出てしまいました。

なので、インド株全体の動向を見て、上昇基調の強いと考えられる時期にINDLを購入するという活用法はあり得ると思います。

レバレッジ型ETFは、株価の値動きが激しいリスクの高い金融商品です。そのため、短期売買は大きな損失が発生することが十分にありえるため、おススメできません。特に初心者は手を出すべきではありません。

サテライト的に長期で保有する

個人的には短期取引より、先に取り上げたインドの将来性を考えれば、こちらがおススメですね。

インド株の魅力は、生産人口の上昇による「人口ボーナス」と高い経済成長率ですから、今後の上昇が強く期待されます。

新興国株の40%を占める中国は、高齢化が進み「人口ボーナス」期間が終わりつつあるため、今後の成長性に期待が持てないのと対照的です。

景気後退期には資金が流出しやすいのが新興国の特徴なので、インド株は主力にはなりえませんが、サテライト的に長期保有するという活用の仕方は有りだと思います。

特にインドはモディ政権になってから、政治経済の安定度が高くなっていますので、分散投資の観点からインド株を持つのは面白いと考えます。

「インド株ETF INDLの株価」まとめ

今回は、インド株ブル3倍のレバレッジ型ETF INDLの特徴と株価推移(パフォーマンス)や年率リターンについて見ていくと共に、活用法について述べてきました。

インドは、人口構成などを踏まえて最も経済成長が見込める国の一つです。

なので、ポートフォリオの主力にはなりえませんが、インドの成長性は間違いなく先進国より高いですので、今後の長期的な値上がり期待は高いと考えます。

地域の分散を図る観点から、またインドの成長性を考えれば長期的に少量保有するという活用の仕方はありだと思います。

それでは。

おすすめ記事です。レバレッジの効果の本質は”時間”と”資金”というリターンを得ること。「忙しくて投資に時間を割けない」「投資の効率を高めたい」と考えている方、必見の内容です。

米国ETFでレバレッジ3倍の投資が可能。ネット証券で購入できるETF20選!

2019年5月25日

レバレッジ効果で”資金”と”時間”が得られる?意味不明だったけど、実際は…

2019年5月8日

FXは長期運用で年利10%を狙える!?低レバレッジで初心者でも稼げる方法とは

2019年3月9日

前の記事 <<< 米国ETF SPXS 驚きの株価の値動き!?ベア型3倍ETFの下落はマジですごい。

スポンサーリンク
スポンサーリンク





ウェルスナビならロボアドバイザーに資産運用をお任せ!

WealthNavi

ロボアドバイザーとは?

  • 人口知能(AI)が投資家に最適なポートフォリオを提案し、実際の運用まで行います。
  • ノーベル賞を受賞した投資理論をベースとして運用を行います。

ウェルスナビは、忙しい人にこそおすすめ!

  • 投資商品の選定、資産配分、運用、リバランス、全てロボアドバイザーにおまかせ。
  • 適切な資産配分の維持や、為替などのリスクの分散を図る積立投資の継続など合理的な投資行動を実現します。

国際分散投資を自動運用。

  • 約50カ国11,000銘柄以上に国際分散投資を行うことで、世界経済の成長を資産に取り入れます。

手数料は預かり資産の1%のみで、完全に中立な資産運用

世界水準の金融アルゴリズムでポートフォリオを構築。

  • ノーベル賞受賞の理論をベースとした世界の富裕層や機関投資家が利用する資産運用アルゴリズムで運用。

▼もう国や会社に頼れません!まずは”行動”です▼

サラリーマンは投資しないと”生涯労働”になる理由。おすすめの投資法とは?

2019年7月14日


LINEの500円から始めるワンコイン投資

ワンコイン投資

ワンコイン投資なら、

  • 500円から積立投資が始められる!
  • 手間はほとんどありません。LINE Payから自動引き落とし!
  • 運用は全自動。分散投資でリスクをおさえた投資!

そして、今なら運用手数料が完全無料!

LINE Payで500円からのワンコイン投資!その特徴を徹底解説します。

2019年7月6日


くりっく株365による長期運用で着実な資産形成を!

くりっく株365

マネックス証券のくりっく株365なら、

  • 日経225も、欧米の主要株式指数も、レバレッジを効かせてほぼ24時間の取引可能!
  • 長期投資でも大丈夫。買いの場合、配当も受け取れます!
  • マネックス証券なら手数料も業界最安水準で多彩な投資環境もご用意!

マネックス証券は、業界最大手のネット証券!各種レポート、会社四季報、アラートメールなど充実したサービスを受け取れます。

CFDが長期投資に向く理由とは?【レバレッジで高配当利回り】

2019年3月12日