LINE Payで500円からのワンコイン投資!その特徴を徹底解説します。




LINEのワンコイン投資に興味があります。最近忙しくて資産運用に時間を割けないし、なんか投資は難しいイメージがあるけど・・・。ワンコイン投資のメリットとデメリットは何ですか?

今回は、このような疑問を持つ方に向けて記事を書いています。

今回の記事の内容

・LINEのワンコイン投資とは?

・ワンコイン投資の特徴とは?

・ワンコイン投資は1年間運用手数料無料!?

・ワンコイン投資のデメリットは?

自分は、ワンコイン投資に関連して以下のようなツイートをしました。


ロボアド、ai、ワンコイン投資……などなど単なる流行りに乗った集客商品かと思ってましたが、投資の基本である分散・積立・長期に忠実な商品が多いことに気づきました。
手数料も安いんですよね。問題は信用と安全かな?証券会社での投資にこだわらなくてもいいので、良いものは取り入れて行きます。

今回は、これを深掘りします。

結論から言うとワンコイン投資は、資産運用の王道である”長期・分散・積立”を”少額・低コスト”で投資できる商品となっています。

LINEのワンコイン投資とは?

このワンコイン投資は、オンライン証券会社のFOLIOを通じて、1日500円から積立投資できるサービスです。

最近では、このようなワンコインでの投資やポイントを利用した投資がブームになっていますが、ここにLINEが満を持して参入しました。

500円って使おうと思えば、すぐに使えますよね。スタバのコーヒー、コンビニで弁当やビール・・・、あっという間に「消費」してしまいます。

だけど、この500円を「投資」に回して長期的に積み立てれば、お金がお金を生んでくれる。「ワンコイン投資」だと、これが可能になるんですね。

申し込みはこちら >>> ワンコイン投資

次に特徴を見ていきます。

ワンコイン投資の特徴とは?

ロボアド、AI、フィンテック・・・いろんな最新テクノロジーを活用した投資手法がでてきても、資産形成のための投資の基本はまったく変わりません。

それは、長期・分散・積立です。実はLINEワンコイン投資は、

LINE ワンコイン投資の特徴

・LINE Pay から引き落としができる

・ワンコインの少額から投資ができる

・ロボアドバイザーによる自動運用で運用手間がほぼかからない

・ロボアドバイザーによる国際分散投資が行われるため、リスクがすくない

ので、すべての条件を満たしています。詳細に見ていきますね。

LINE Payから引き落としができる-長期投資

月間アクティブユーザーが約8,000万人の「LINE」のアプリから気軽に投資することができるんです。

スマホユーザーでLINEを利用していない人はいないのでは。

自分は旧来型の人間で、普通の証券口座を使って投資していますが、ぶっちゃけでいうと口座振り込みって面倒臭いですよね。

LINE Payを使って自動で引き落とし、この手軽さは長期で資産運用するのにうってつけです。

ワンコインの少額から投資ができる-長期投資

1回あたり500円から利用できるのが、ワンコイン投資です。

普通に証券口座から株式やETFに投資するときって、

・日本株 ⇒ 100株単位(数万円から)

・E T F  ⇒ 1株単位(数千円から)

・米国株 ⇒ 1株単位(数十ドルから)

と最低限の資金が必要になるんですよね。しかもこれにプラスして購入手数料がかかる。

よく日本は投資が根付かないって言われますけど、わりと継続するのに敷居が高いと感じるひとも多いはず。

ワンコイン投資であれば、手軽に始められて継続もしやすいので長期投資に向いていると言えます。

ロボアドバイザーによる自動運用で運用手間がほぼかからない-積立投資

ワンコイン投資は、最初に設定するだけで、あとは自動的に引き落としで積立されます。

証券会社で投資信託とかを積み立てるときって、基本的に月に1回なんですよね。

だけどワンコイン投資は、積立頻度を週1回、週5回(平日)、週7回(毎日)など自由に設定可能。

あとはロボアドバイザーが自動運用してくれます。

ロボアドバイザーによる国際分散投資が行われるため、リスクがすくない-分散投資

海外のETFに国際分散投資が自動的に行われます。

しかもノーベル賞を受賞したポートフォリオ理論を使って、リスクを抑えた運用してくれるんですよね。

なので、投資の知識があまりない初心者でも安心して運用を任せることができます。

申し込みはこちら >>> ワンコイン投資

ワンコイン投資のデメリットは?

どんな投資手法もメリットだけでなく、当然デメリットもあります。

大きくは、以下の2つですかね。

投資先やリスクを選ぶことができない

ノーベル賞受賞理論を活用したロボアドバイザーが国際分散投資をしてくれます。

なので、自分では投資先やリスクコントロールができないです。

損失がでることもある

これはリスク資産へ投資するわけですから、ある意味当然ですね。

ただし、長期運用をこころがければ損失をだす可能性を十分抑えることが可能です。

仮に株価が下がったとしても狼狽売りに走ったりしないことが重要です。

ワンコイン投資は1年間運用手数料無料!?

そうなんです。

2019年4月25日~2020年4月24日まで運用手数料が無料

この期間以降の運用手数料は、預かり資産の年率1%。

メリットを考えれば十分に低い利率といえます。

ワンコイン投資は安全なの?

LINE Payによって投資された金融資産は、オンライン証券会社のFOLIOが管理します。

過去3年間で既に90億円の資金を集めているベンチャー企業。

FOLIOのHPをみると、

・証券などの預かり資産は法令にしたがって「分別保管」

・仮にFOLIOが倒産した場合でも、資産は顧客に返還

されるとのこと。

新しいタイプのサービスで不安という人もいるかもですが、法律によりワンコイン投資した資産は厳格に管理されるということですね。

「LINEのワンコイン投資」まとめ

以上をまとめると、LINEのワンコイン投資は、

・LINE Payでの引き落としで気軽に始められる

・ロボアドバイザー機能で国際分散投資

・手数料が2020年4月25日まで無料

ということです。

行動しなければ、お金は増えていきませんし、資産は形成されません。

是非、この機会に口座を開設してみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク





ウェルスナビならロボアドバイザーに資産運用をお任せ!

WealthNavi

ロボアドバイザーとは?

  • 人口知能(AI)が投資家に最適なポートフォリオを提案し、実際の運用まで行います。
  • ノーベル賞を受賞した投資理論をベースとして運用を行います。

ウェルスナビは、忙しい人にこそおすすめ!

  • 投資商品の選定、資産配分、運用、リバランス、全てロボアドバイザーにおまかせ。
  • 適切な資産配分の維持や、為替などのリスクの分散を図る積立投資の継続など合理的な投資行動を実現します。

国際分散投資を自動運用。

  • 約50カ国11,000銘柄以上に国際分散投資を行うことで、世界経済の成長を資産に取り入れます。

手数料は預かり資産の1%のみで、完全に中立な資産運用

世界水準の金融アルゴリズムでポートフォリオを構築。

  • ノーベル賞受賞の理論をベースとした世界の富裕層や機関投資家が利用する資産運用アルゴリズムで運用。

▼もう国や会社に頼れません!まずは”行動”です▼

サラリーマンは投資しないと”生涯労働”になる理由。おすすめの投資法とは?

2019年7月14日


LINEの500円から始めるワンコイン投資

ワンコイン投資

ワンコイン投資なら、

  • 500円から積立投資が始められる!
  • 手間はほとんどありません。LINE Payから自動引き落とし!
  • 運用は全自動。分散投資でリスクをおさえた投資!

そして、今なら運用手数料が完全無料!

LINE Payで500円からのワンコイン投資!その特徴を徹底解説します。

2019年7月6日


くりっく株365による長期運用で着実な資産形成を!

くりっく株365

マネックス証券のくりっく株365なら、

  • 日経225も、欧米の主要株式指数も、レバレッジを効かせてほぼ24時間の取引可能!
  • 長期投資でも大丈夫。買いの場合、配当も受け取れます!
  • マネックス証券なら手数料も業界最安水準で多彩な投資環境もご用意!

マネックス証券は、業界最大手のネット証券!各種レポート、会社四季報、アラートメールなど充実したサービスを受け取れます。

CFDが長期投資に向く理由とは?【レバレッジで高配当利回り】

2019年3月12日