セミリタイア

サラリーマンは投資すべき?おすすめの投資法について解説!

最近、資産運用に興味がありますけどサラリーマンは投資しないとだめですか?なんか敷居が高いし、正直面倒くさいです。

手軽に投資して資産運用できる、おすすめの方法はありますか?

今回は、このような疑問を持つ方に向けて記事を書いています。

投資歴20年のかいまるです。某企業で3年程度人事関係の業務をした経験があり、現在は管理職をしています。

今回の記事の内容

・サラリーマンが投資すべき理由3つ

・サラリーマンは株式投資により会社のオーナーになるのが合理的

・サラリーマンにおすすめの投資方法とは?

自分は、サラリーマンの投資に関連して以下のツイートをしました。

株式投資をする人と、しない人で資産寿命が大きく差が出ることになりますね。

自分は70歳まで働くのは真っ平御免なので「自助」で早期セミリタイアを目指します。

上記を深掘りします。

自分は、投資歴20年を超えており、日本株や米国株を中心に1,000万円以上を資産運用しています。今回は、この経験を踏まえて記事を書いています。

サラリーマンが投資すべき理由①:給料が増えない!

今年の初め頃に、厚生労働省による毎月勤労統計調査の不正について話題になっていましたね。

・実質賃金は実は低下していた

・アベノミクスは失敗だった

というような話がマスコミを中心に騒がれていました。

統計不正の影響云々の話は置いておくにしても、実は実質的な賃金の低下が落ち着いてきたのはつい数年前の話で、日本ではデフレ経済の中で、実質賃金は落ち続けています。

以下の図は、平成27年の賃金を100としたとき、インフレ率の影響を踏まえた実質的な賃金の変化を表しています。

                   出典:厚生労働省の毎月勤労統計をもとに作成

結構衝撃ですね。簡単に言うと、

・10年程度で実質賃金10%減

・2005年から2015年まで実質賃金は減少

・2015年から実質賃金は若干増えて、ほぼ横ばい

ということですよね。

「アベノミクス」で大規模な金融緩和策を行って、何とか実質賃金は下げ止まったといったところ。

ただ、金融緩和策が成功して、インフレは商品やサービスの値段が上がると、実質賃金は上がりづらい状況になるということです。

日本は、成長性が低いため、将来的に賃金(給料)が大幅に伸びることは期待薄な状況ですよね。

サラリーマンが投資すべき理由②:”生涯労働”からの脱却

はっきり言って、株や債券なんかに投資して資産を増やしていかないと”生涯労働”ということになりますね。

・「人生100年時代」の到来

・年金が支給は65歳⇒70歳?⇒75歳?

・終身雇用制度の崩壊

上記のとおり。クイックに見ていきます。

「人生100年時代」の到来

日本人の平均寿命が伸び続けて、「人生100年時代」が到来すると言われているなか、60歳や70歳になっても働き続ける必要がでてきます。

少子高齢化によって若い世代の労働人口が増えてこない中、年金や医療費などの社会保障費が膨れ上がっているからですね。これまで現役を引退していた世代にも、働いてもらい社会保障を支えていくことが必要だということ。

政府も70歳までの雇用確保を企業の努力義務とすべく、現在法改正を進めるなどの取り組みを進めています。

「生涯現役」というと聞こえは良いですけど資産がないと、生活費のために働き続ける必要が出てきますね。

本当に70歳超えても働くの?定年後に働きたくない人が自由を得るには?「人生100年時代」と言われるけど、本音を言うと定年を越えてまで働きたいとは思いません。本当に働き続けないとだめですかね? このよ...

年金支給は65歳⇒70歳?⇒75歳?

将来は年金で悠々自適な生活を想像しているかもですが、高齢者が増えて年金財政が厳しくなっていますから、年金支給年齢の引き上げが今後議論されていくのは確実です。

今の年金制度は100歳まで生きることを前提に設計されていないですから。そうなってくると、生活費を稼ぐために働き続ける必要がでてきます。

老後のお金がない人が急増?【老後破綻を避けるためにはどうするか】金融庁の「老後2000万円」不足するという報告書が話題ですが、「老後のお金がない」状態にならないか心配です。老後破綻を避けるためには、ど...

終身雇用制度の崩壊

終身雇用制度の崩壊は、サラリーマンの生涯年収が低下することを意味するので、金融資産から収入を生み出すことを検討すべきですね。

トヨタ社長が「終身雇用に対して企業側にインセンティブがない」という発言に代表されるように、終身雇用制度の崩壊は既に始まっています。

政府は70歳までの雇用確保を企業に求めることになりますから、行きつく先は契約社員、嘱託などの非正規社員としての雇用継続が増えてくると予想されます。

そうなってくると、年収はだだ下がりですから、これを補填するためにも株や債券に投資して資産を増やしていくべきですね。

サラリーマンが投資すべき理由③:富裕層の数は年々増えている

これまでは、労働者の「給料」に関する話でしたけど、株や債権等の金融資産保有額に着目すると、いわゆる「富裕層」って増え続けてるんですよね。

野村総合研究所(NRI)は金融資産保有額を基に、以下の図のように総世帯を5つの層に分類して調査を行っています。結構有名な図なので、見たこともある方も多いと思います。

NRIは、2017年の結果を見ると、

・超富裕層(5億円以上)⇒ 8.4万世帯

・富裕層 (1億円~) ⇒118.3万世帯

・準富裕層(5千万~)⇒322.2万世帯

・アッパーマス層(3千万~)⇒720.3万世帯

・マス層 (3千万未満)⇒ 4,203万世帯

ということ。

富裕層と超富裕層の合計世帯数は126万7000世帯ですが、実は2015年との比較で5万世帯も増えているんですね。

NRIによると、2013年以降の景気拡大と株価上昇などにより、準富裕層と富裕層の数が特に増えているとのこと

景気拡大する状況のなかでも労働によって得られる賃金はなかなか増えないけれど、株や債権等の金融資産は着実に増えていった、ということです。

サラリーマンは株式投資すべき理由とは?

サラリーマンの給料が増えていかない状況でも、富裕層の数は増えている。これは、株や債券などの金融資産は着実に増えているからですね。

なので収入を増やすためには、労働によって得られた給与の一部を投資に回すのが最も現実的だと思います。

「金持ち父さん貧乏父さん」の著者であるロバートキヨサキ氏は、著書の中で、サラリーマンのように自ら働いて稼ぐという生き方は、一番下手なお金を稼ぐ方法だと断言していますね。

最も良いお金の稼ぎ方は、会社のオーナーになって他人を働かせる生き方。彼は、自分で会社を立ち上げてオーナになることによって大金持ちとなりましたから、起業してお金を稼ぐのが一番良いと言っているわけです。

ただ、多くのサラリーマンにっと起業するというのはリスクが高いですよね。特に家庭を持っている方が、そのような選択を行うことは難しいと思います。

起業の成功率は10%を下回っていますし、会社員時代よりも稼げるといった保証はどこにもありません。

やはり、株式に投資して株主(オーナー)となり企業に働かせて対価得るというのが、リスクが少ない形で資産を形成する最も効率的な手段だと言えます。

サラリーマンにおすすめの投資とは?

投資を始めて資産運用を行っていきたいと思っても、仕事や日々の生活で忙しくて投資に時間を割くことが難しいサラリーマンも多いと思います。

自分も証券会社に口座を開設して、直接、日本株や米国株に投資していますが、年に一回リバランスしたり、債券との比率を考えたりと、結構面倒くさいんですよね。

そこでおすすめしたいのが、「ウェルスナビ」を活用したロボアドバイザーによる自動運用です。これをおすすめする一番の理由は、ロボアドバイザーの自動運用で時間も手間もかからないからです。

ウェルスナビをおすすめする理由
  • とにかく忙しくて時間がない
  • 何を投資すればいいかわからない
  • リスクを抑えた運用をしたい
  • 老後に向けて、コツコツお金を貯めていきたい

上記のとおり。

何もしなければ資産は増えていきません、”生涯労働”です。大事なのは今すぐ行動することです。

ウェルスナビは儲かるの?評判・口コミ・実際にやってみた結果とは?WealthNavi(ウェルスナビ)を活用して投資すると儲かるんですか?評判や口コミ、実際にWealthNaviをやってみた結果について...

まとめ

今回は、実質賃金が伸びていない現状と「富裕層」は着実に増えていること、サラリーマンは株式投資することが合理的であることについて述べてきました。

学校を出て70歳、75歳まで働くとなると50年間労働ですよね。年金は下がっていくし、支給年齢も遅くなる。何も動かなければ”生涯労働”が現実を帯びてくると思います。

もちろん働くことに生きがいをもっていれば否定されるものではないです。だけど、多くの場合は生活費を稼ぐために働き続けなければならなくなるでは。

さらに終身雇用崩壊っていうのは、労働によって稼ぐことの難易度が高くなることを意味するんですよね。

サラリーマンも国や会社に頼るだけでなく、「自助」によって、この時代を生き抜いていくことを考えるべきです。まずは「行動する」ことが大事です!

それでは。

おすすめ記事です。

Tポイントによる投資を売りにしたSBIネオモバイル証券ネオモバなら上昇中のテルモも1株単位で投資可能。自分も投資しました。資金が少なくても購入できるんです!詳細は以下の記事にまとめてます。

ネオモバは儲かる?その評判と実際に1株投資して感じたメリットとは?Tポイント投資で評判のネオモバを使って投資すると儲かるんですか?実際にネオモバで投資すると、どんなイメージなのかメリットを具体的に知りた...

 

米国株の場合は、1株から購入することができるので少額から積立を行うことが可能ですが、手数料が日本株に比べて高いです。そのため、米国ETFや米国の個別銘柄の積立を行うのであれば取引手数料がかからないDMM株が圧倒的にお得ですね。

DMM株で米国株の取引手数料0円! 評判とメリット・デメリットとは?DMM株が米国株の取引手数料を無料化すると発表! これまで日本株に比べて割高とのイメージのあった米国株取引手数料。この無料化は日本...

 

OwnersBookなら1万円からの不動産投資。株の暴落が気になりません!
OwnersBook

OwnersBook(オーナーズブック)は1万円から不動産投資!株のように値動きがないので相場の動きが気になりません。

リターンの高い投資先としてメジャーなのは日本株や米国株。だけど1日に5〜10%暴落することも

OwnersBookは、預金のように元本に値動きがありません。銀行預金にほとんど利息がつかない中、投資先として有力な選択肢といえます。

全ファンドの利回りの中心は4〜6%で全て担保が設定されています

なので、こんな方に特にオススメです。

  • 日々の相場の動きを気にしないで投資したい
  • 株の大暴落がコワイ
  • 銀行の預金金利は低すぎて使えないと感じている
  • 定期預金感覚で高い利回りを得たい
  • 1万円から不動産投資をしたい

 

詳しくは以下をクリック!

詳細ページ公式ページ