ソフトバンク(9434)の株価がIPO初日に暴落 …何故?株価の推移と今後の業績は。




ソフトバンク(9434)の株価が2018年12月のIPO以降、冴えないです。IPO初日に暴落してから公募価格の1,500円を一度も超えてないですよね。この暴落の理由や最近の株価推移について知りたいです。また、株主優待はあるんですか?

このような疑問を持つ方に向けて記事を書いています。

今回の記事の内容

・ソフトバンク(9434):株価と株主優待は?IPO初日に暴落

・ソフトバンクのIPO以降の株価推移(チャート)は?

・ソフトバンクのIPO初日の株価暴落の理由は?

・ソフトバンクの株価暴落以降、IPO価格を超えられない理由は?

・ソフトバンクの最近の業績と今後の見通しを予想。

最近、ソフトバンク(9434)の株価暴落について以下のようなツイートをしています。

昨年12月に上場したソフトバンク。IPO初日に公開価格1,500円を大きく割り込んで以降、一度もこの価格を超える事はありませんが、本日の終値1,463 円と、もうちょっとの所まで迫っています。

直近の決算も悪く有りませんし、配当利回り5.8%と魅力的な水準。長期保有前提なら買い候補の銘柄ですね。

これを深掘りします。

自分は、投資歴20年以上で、現在日本株や米国株を中心に1,000万円以上の資産運用を行っています。今回は、この経験を踏まえて記事を書いています。

ソフトバンク(9434):IPO以降の株価と株主優待は?

ソフトバンクの株価データ

ソフトバンクの株価データ(2019年7月26日現在)を簡単にまとめました。

ソフトバンクの株価データ
  • 株 価:1,464円
  • P E R :14.4倍(予想)
  • P B R :5.54倍
  • 配当金:85.0円
  • 配当利回り:5.81%

注目すべきは配当利回りが6%近くと、高水準にあることですね。

ソフトバンクは、純利益に対する配当性向85%程度を目安に配当を行う方針ですので配当利回りが高くなっています。

IPO初日に公開価格から15%近く暴落しましたが、最近は株価が戻りつつありますね。

ソフトバンクの株主優待(なし)

ソフトバンクの株主優待は、2019年7月現在でありません。が、いずれ株主優待制度を導入してくると思います。

というのは、親会社であるソフトバンクグループ(SBG)が、2019年5月に通信料金が割引になる株主優待の廃止を発表しました。

これは、子会社であるソフトバンクが携帯通信事業を引き継いでいるための廃止ですよね。

この親会社の株主優待廃止により、通信料金の割引などの株主優待の開始が期待されます。

参考:ソフトバンクグループの株主優待

・ソフトバンク携帯・タブレットの利用料金 6ヶ月間割引(500円 / 1,000円)

・ワイモバイル携帯利用料金 6ヶ月間割引(500円)

・インターネット利用料金 6ヶ月間割引(372円~最大1,490円)

(注)既に廃止することが発表されています。

ソフトバンクの株価の推移(チャート)は?IPO初日に暴落。

以下のチャートは上場以来の株価推移です。

チャート画像

 

IPO初日に暴落して以降、2019年7月現在で一度もIPOの公募価格である1,500円を超えていないですね。だいたい1,200円~1,450円程度のレンジで株価が推移しています。

ただ、5月に発表した2018年度決算の内容が良かったことから、最近では株価は上昇傾向です。1,450円を超えてきており、公開価格である1,500円超えまでもう少しというとこまで迫ってきました。

次に、

・ソフトバンクのIPO初日の株価暴落の理由

・公開価格1,500円を超えられない理由

・ソフトバンクの最近の業績と今後の見通し

について詳細に見ていきますね。

ソフトバンクのIPO初日の株価暴落の理由は?

ソフトバンクのIPO(新規株式公開)は公開価格1500円に対して、

・初値:1,463円

と公開価格を2.5%下回りました。その後も一本調子に株価を下げ、

・終値:1,282円

と何と公開価格から-14.5%安の暴落で初日の取引を終えました。

暴落の要因その1:公開価格が割高

この要因の一つとして指摘されているのが、公開価格の1,500円が割高だったということ。

例えば、通信大手各社のバリュエーション(2019年7月現在)の比較ですが、ソフトバンクのPBRが突出して高いことがわかります。

ソフトバンク KDDI ドコモ
株価 1,445.5円 2,875.0円 2,642.5円
PER 14.4倍 10.8倍 15.2倍
PBR 5.54倍 1.61倍 1.63倍
利回り 5.88% 3.82% 4.54%
ROE 38.50% 14.80% 10.70%

PBRは、1株あたりの純資産に対する株価の倍率を示してますから、この指標を見る限りは、KDDIやドコモに比べて株価は割高と言えますね。

暴落の要因その2:通信障害及びHUAWEI製品の排除による業績不安

ソフトバンクにとってタイミングが悪かったのは、IPOのあった2019年12月に、

・12月6日に大規模な通信障害

・安全保障上の観点からファーウェイ製の排除

があったこと。

この通信障害は、エリクソン製のデータの交換機の不具合により約3,000万回線が利用できなくなりました。もともとソフトバンクは、ドコモやKDDIに比べて通信品質やセキュリティが不安視されているんですよね。

また、米中貿易摩擦の余波で、日本政府が情報漏洩など安全保障上の懸念から、中国ファーウェイ製などの通信機器の調達を排除する指針をまとめたことを受けて、通信各社は中国製の通信設備を使用しない考えを示しました。

ソフトバンクは現行の「4G」の一部にファーウェイなどの中国製の設備を使っているので、大手3社の中では最も影響が大きいと考えられたんですよね。

なので、通信障害や中国製品の排除による投資家の不安が、IPO初日の売りにつながったのは間違いないでしょう。

ソフトバンクの株価がIPO価格を超えられない理由は?

IPO価格が超えられず低迷している理由は、

・携帯通信事業の成長不安

・楽天の参入による競争激化

の2つですね。以下、クイックに見ていきましょう。

携帯通信事業の成長不安

日本の人口が減少に転じていることを考えると、携帯通信事業の成長は頭打ちなので、携帯事業の売上げを伸ばすことは難しくなっているといえます。

IPOにより得られた2兆4千億円は携帯通信事業への投資ではなく、親会社であるソフトバンクグループがAIなどの事業に投資するためや借金を返すためなどに使われるんですよね。

現に、2019年2月に親会社のソフトバンクグループ(SBG)が、SBGの株を6,000億円自社株買いすることを発表しましたが、これの原資は子会社であるソフトバンクのIPOで得られた資金が使われています。

なので、親会社であるソフトバンクグループも、AIなどに比べて携帯通信事業の成長について疑問視しているということですね。

楽天の参入による競争激化

これは細かい説明は不要ですが、楽天が2019年秋に携帯事業に参入します。これまで長らくドコモ、KDDI、ソフトバンクの3社で市場を寡占してきましたが、その状況が崩れるわけです。

楽天は既存3社よりも、安くてわかりやすい料金体系にすることを表明していますから、競争激化で売り上げに影響が出るのは間違いないですね。

ソフトバンクの最近の業績と今後の見通しは?

ここでは、

・2018年の業績は増収増益

・ヤフーの連結子会社化による業績向上

・今後の業績はPaypayなどの新規事業次第

をクイックに見ていきます。

2018年の業績は増収増益

2019年5月に発表した2018年の業績は、営業利益で前年度比13%増になるなど好調な内容でした。

以下が売上高などの実績です。

スマートフォンの累計契約数も17年に比べて10%以上伸びていて、格安携帯も含めて業績が堅調であることが示されました。

以下が直近6カ月の株価推移ですが、決算発表のあった5月ごろに大きく株価が反発しているのがわかります。

チャート画像

ヤフーの連結子会社化による業績向上

2019年5月、ソフトバンクはヤフーの全発行株式の44.64%を保有することで連結子会社化しました。

以下がソフトバンクが発表した2019年度業績予想ですが、ヤフーの業績を取り込むことにより、

・売上高:3兆7千億 ⇒ 4兆8千億

と、大幅に業績が向上することを見込んでいます。この予想通りになるかはわかりませんが、株価は1,200円台から1,400円台へと素直に反応していますね。

今後の業績は子会社化したヤフーや新規事業のPayPay次第

携帯通信事業は楽天の参入や、人口減を考えると売り上げを大きく伸ばすことはできないので、今後の業績の伸びは、その他事業や新規事業にかかっているといえます。

ヤフー子会社化したのも、携帯通信事業だけでは成長が鈍化するという危機感が背景にあるのは間違いないですね。

なので、ソフトバンクでは5Gやキャッシュレス社会となることを見据えてPaypayなどへの出資も行っています。

このような他分野への投資は、ソフトバンクだけではありません。例えばKDDIは、カブドットコム証券やじぶん銀行への出資などで、金融事業への参入を進めてるんですよね。

携帯事業が頭打ちになる中、ソフトバンクの今後の業績は、5Gへの投資、子会社化したヤフーやこれらの新規事業がどれほど売り上げに貢献するかにかかっているといえます。

FOLIO

「ソフトバンクの株価の暴落」まとめ

今回は、ソフトバンクの株価が暴落ということで、株価の推移、IPO初日の株価が暴落した理由、最近の業績と今後の見込みなどについて述べてきました。

IPOの公開価格である1,500円を一度も超えてない状態が続いておりますが、好調な業績やヤフーの子会社化により、株価は反発しています。

他方、ソフトバンクは親会社のソフトバンクグループに配当の形で売り上げの大半を”搾取”される構造となっており、ドコモやKDDIに比べて成長不安が大きいですね。

今後、楽天の参入により競争は間違いなく激化するので、ソフトバンクの業績は5Gや新規事業への投資が成功するのかどうかにかかっているといえます。

それでは。

スポンサーリンク
スポンサーリンク





ウェルスナビならロボアドバイザーに資産運用をお任せ!

WealthNavi

ロボアドバイザーとは?

  • 人口知能(AI)が投資家に最適なポートフォリオを提案し、実際の運用まで行います。
  • ノーベル賞を受賞した投資理論をベースとして運用を行います。

ウェルスナビは、忙しい人にこそおすすめ!

  • 投資商品の選定、資産配分、運用、リバランス、全てロボアドバイザーにおまかせ。
  • 適切な資産配分の維持や、為替などのリスクの分散を図る積立投資の継続など合理的な投資行動を実現します。

国際分散投資を自動運用。

  • 約50カ国11,000銘柄以上に国際分散投資を行うことで、世界経済の成長を資産に取り入れます。

手数料は預かり資産の1%のみで、完全に中立な資産運用

世界水準の金融アルゴリズムでポートフォリオを構築。

  • ノーベル賞受賞の理論をベースとした世界の富裕層や機関投資家が利用する資産運用アルゴリズムで運用。

▼もう国や会社に頼れません!まずは”行動”です▼

サラリーマンは投資しないと”生涯労働”になる理由。おすすめの投資法とは?

2019年7月14日


LINEの500円から始めるワンコイン投資

ワンコイン投資

ワンコイン投資なら、

  • 500円から積立投資が始められる!
  • 手間はほとんどありません。LINE Payから自動引き落とし!
  • 運用は全自動。分散投資でリスクをおさえた投資!

そして、今なら運用手数料が完全無料!

LINE Payで500円からのワンコイン投資!その特徴を徹底解説します。

2019年7月6日


くりっく株365による長期運用で着実な資産形成を!

くりっく株365

マネックス証券のくりっく株365なら、

  • 日経225も、欧米の主要株式指数も、レバレッジを効かせてほぼ24時間の取引可能!
  • 長期投資でも大丈夫。買いの場合、配当も受け取れます!
  • マネックス証券なら手数料も業界最安水準で多彩な投資環境もご用意!

マネックス証券は、業界最大手のネット証券!各種レポート、会社四季報、アラートメールなど充実したサービスを受け取れます。

CFDが長期投資に向く理由とは?【レバレッジで高配当利回り】

2019年3月12日