夢の配当金生活にはいくら必要なの?早期セミリタイアへの現実解とは。




早期にセミリタイアしたいと考えてますが、配当金生活にはいくら必要ですか?株や債券を中心に投資をしていますが、これらの金融資産がどれくらい必要ですか?

このような疑問を持つ方に向けて記事を書いています。

今回の記事の内容

・セミリタイア世帯の配当金生活にはいくら必要か?

・配当金生活には株や債券はいくら必要か?

・現実的な配当金生活とは?

配当金生活にはいくら必要かに関して、以下ツイートしました。

自分の資産運用の目的は早期セミリタイア。理想は配当金だけで生活することですが、ちょっとハードル高めですね。

夫婦2人で年間400万円必要だとすると「4%ルール」で1億円貯めないとリタイア出来ない計算。なので資産切崩しを前提とするか、リタイア後やもバイトをする、というのが現実解ですかね。

上記を深掘りします。

自分は、投資歴20年以上で、早期のセミリタイアに向けて1千万円以上、資産運用を行っています。これらの経験を踏まえ記事を書いています。

セミリタイア世帯の配当金生活にはいくら必要か?

会社を早期リタイアして配当金生活をするためにはいくら必要か…どんな生活をしたいか、生活水準、家族構成によって大きく変わってきますよね。

独身であれば、月に15万円で十分に快適な生活を送ることはできますよね。都市圏は無理かもですけど、郊外や田舎に住めば生活は容易です。東南アジアあたりを拠点にすれば、さらに生活レベルを上げることができます。

ここでは、最も対象者が多いと考えられる、夫婦2人世帯で早期セミリタイアするケースを考えてみたいと思います。

いくら必要:夫婦2人の生活費は年間320万円

夫婦2人で標準的な生活を行う場合、ひと月あたり約27万円必要になります。

これは推測で言っているわけではなくて、総務省が高齢者夫婦の家計収支を調査しているんですよね。

以下が、夫65歳以上、妻60歳以上の夫婦世帯の家計収支です。

高齢者夫婦無職世帯の家計収支

夫婦2人だけでも結構な金額が必要になるんですね。もちろんこの調査は高齢者世帯なので、完全に早期セミリタイア世帯に当てはまるものではありませんが、一応の目安にはなると思います。

なので議論の前提としては、

夫婦2人に必要な平均的な年間生活費

・ひと月あたり27万円 ⇒ 年間320万円必要

となります。

いくら必要:国民年金の保険料

若い早期セミリタイア世代の場合、国民年金の保険料を支払う必要がでてきます。上記の家計収支の場合、高齢者世帯なので国民年金保険料を含まれてないんですよね。

この保険料は、ひと月当たりに必要な金額は決まっているので、

夫婦2人の国民年金保険料

・ひと月あたりの保険料:16,340円×2

・32,680円×12カ月 ⇒ 年間40万円必要

となります。生活費だけじゃなく、こういう税金的な色合いが強い費用が結構かかってくるということですね。

配当金生活の場合は、無収入という扱いになるので、保険料の免除を選択する人もいるかもしれません。

ただ、”人生100年時代”で長生きが生活破綻のリスクとなってますから、配当金生活世帯と言えども老後を考えて国民年金の保険料は払ったほうが無難です。

いくら必要:まとめ

上記をまとめると平均的な夫婦2人世帯の場合は、

夫婦2人に年間必要な金額

・生活費+国民年金保険料

320万円+40万円=360万円

が必要ということになります。

配当金生活には株や債券はいくら必要か?

この必要金額360万円を株や債券などの配当金だけで賄うとするといくら必要になってくるでしょうか?

以下、クイックに試算してみます。

配当金には20%の税金がかかります

まず前提として、配当金や貯蓄の利息には通常20%の税金がかかってきます。これが結構な負担感なんですよね。

なので税金が引かれる前の必要配当金額は、

・360万円 ÷ 80% ⇒ 450万円

となります。税金90万円…!?  配当金額が小さいうちはあまり気になりませんけど、これぐらいのオーダーになるとかなり大きな金額になりますね。

しょうがないこととはいえ、国民年金の保険料や税金の負担が、早期のセミリタイアを難しくしているといえます。

配当金を450万円受け取るには最低1億円

株や債券などから配当金450万円受け取るために必要な金融資産は、簡単な計算で見積もれますね。

・配当利回り3% ⇒ 1億5千万円

配当利回り4% ⇒ 1億1千万円

・配当利回り5% ⇒ 9千万円

上記のとおり。配当利回りは不確実ですが過去の経験則である”4%ルール”で考えると、だいたい1億円ぐらいが目安になってくるということですね。

セミリタイア後も、れなりに豊かな生活を配当金だけで行おうとすれば億単位の金融資産が必要になってきます。

生活費だけでなく、家の修繕や冠婚葬祭、車の買い換え、入院など、まとまった費用が必要になることも十分に考えられるので、予備の費用も必要になってきますよね。

そう考えると、”夢の配当金生活”は結構ハードルが高いことがわかります。

4%ルールとは

株と債券、金などの金融資産でポートフォリオを構成すれば、過去の経験上インフレを考慮したとしても、4%程度のリターンが見込めるというもの。

この考え方を適用すると、生活費の25倍にあたる金融資産があれば、金融資産の元金を減らすことなく生活が可能となります。

現実的な配当金生活とは?

配当金だけで生活するとなると、億単位の金額が必要になるので、必要な金融資産を構築するためにかなりの時間がかかります。

早期セミリタイアを50代後半で達成しても、あまりうれしくないですよね。できるだけエネルギーのある40代で早期退職したい。

となってくると現実的な解としては、

・金融資産を切り崩す

・セミリタイア後も収入を得る努力をする

ということになると思います。以下、クイックに見ていきます。

金融資産を切り崩す

資産を切り崩せば、配当金だけで生活するよりは、必要な金額の確保が容易になりますよね。生活費は、

・資産切り崩し金額+配当金

を使うことが出来ますから。

当然、元本が少なくなるので、配当金が年々少なくなりますけど、65歳には年金がもらえます。それを前提に資産を切り崩すということですね。

なお、年金だけで生活は維持できませんから、足りない部分は金融資産からの配当金で賄っていくことが必要です。

セミリタイア後も収入を得る努力をする

あとはセミリタイア後も簡単な仕事をして収入を得るということですね。

バイトじゃなくても、ブログやせどり、Webライターなど、体力を使わない仕事もあるので、こういったところを狙っていけば良いと考えます。

「配当金生活にいくら必要」まとめ

今回は、配当金生活にはいくら必要ということで、必要な株や債券の額や現実的な配当金生活とは、について述べてきました。

ざっくりとした目安で年間450万円、約1億円の金融資産が必要ということ。

他方、早くセミリタイア生活に入りたいなら、生活水準を落として、ある程度の配当金収入にプラスして簡単なバイトによる収入を得ていけば、可能ですよね。

だけど、長生きリスクに備えたい、生活水準は維持したいということになれば、セミリタイア後は働きたくない、となればそれなりの配当金が必要になってくる。

結局、何を一番重視したいかという問題。これは個人や各世帯の考え方にも依存してくるということです。

それでは。

スポンサーリンク
スポンサーリンク







SBIネオモバイル証券ならTポイントで株が買える!

 

SBIネオモバイル証券

 

ネオモバなら1株単位で株が買える!

ネオモバなら日々のお買い物で貯めたTポイントを使って投資が可能!

ネオモバなら月額サービス利用料200円(税抜)で取引し放題!

毎月Tポイントが200ptもらえます!

 

▼自分も口座開設を申し込みました!申し込み方法も徹底解説しています▼

SBIネオモバイル証券(ネオモバ)でTポイント投資|口座開設を申し込みました!

2019年9月6日

 

わずか5ヶ月で10万口座突破!特に資金の少ない若い世代の利用が半分を占めています。

資産運用の基本である”長期・積立・分散”を手軽に行うことができるからですね。

「株式投資って難しそう…」「投資って数十万円必要なんでしょ…」と、株式投資を始めることに躊躇していた方に自信を持ってオススメする証券会社です。

 

SBIネオモバイル証券(ネオモバ)の評判は?手軽に長期・積立・分散投資できます!

2019年9月8日

 

実際に花王やJTなどの超優良銘柄に1株投資してみました。高配当・増配ポートフォリオを少額で構築しています。詳しくは以下の記事で解説しています。

ネオモバは儲かる?花王,JTなどの優良銘柄に1株投資!実際どうなの?

2019年9月29日