米国ETF

BNDは株価とチャートの安定感がスゴイ!配当も安定で株暴落でも安心!

株式は値動きが激しいので、BNDへの投資を考えています。株価やチャートの特徴は?高いリターンを得たいけど、損はしたくありません。

配当(分配金)の実績や利回りも知りたいです。BNDの有効な活用法はありますか?

今回はこういった疑問を持つ方に向けて記事を書きました。

今回の記事の内容

・債券ETF BNDの株価と特徴とは?

・BNDの株価推移(チャート)とリターンは?

・BNDの配当(分配金)と利回りは?

・長期投資の視点からBNDをどのように活用するか?

自分は、BNDの株価とチャートに関して以下ツイートをしました。

やはり債券は持つべきですね。NYダウは767ドル安と今年最大の下げ幅を記録しました一方、債券etfであるBNDは+0.43%と教科書通りの逆相関の動きでした。債券のメリットは、
・ポートフォリオの値動きが安定
・安定した分配金を期待できる
ということ。
金利引き下げ曲面での上昇も期待出来ます。

上記を深掘りします。

自分は、20年以上投資経験がありますが、株式だけではなくBLVなどの債券ETFも保有しています。今回の記事は、この経験も踏まえて書いています。

米国株急落!でも大丈夫。債券ETF BNDは上昇します

2019年8月5日の米国株式市場は、米中貿易摩擦の悪化と世界経済の先行き懸念から大きく売られNYダウは終値で767ドル安と今年最大の下げ幅を記録しました。

しかし債券ETFであるBNDはプラス0.43%としっかり値上がりしているんですよね。これは株式が売却された資金が安定資産である債券に流れるためです。

以下のグラフは過去6ヶ月間のNYダウとBNDの株価推移(チャート)を比較したもの。株式が大きく値崩れした際もBNDの株価は上がっているのがわかりますね。

むしろ直近6ヶ月では債券ETFであるBNDの方がパフォーマンスがよかったことになります。このように株式に比べて値動きが安定しているというのが債券ETFの大きな特徴の一つと言えます。

債券ETF BNDはバンガード社が発行していて、VTIやVYMと並んで日本でも人気の高いETFですね。以下、その特徴と株価推移や配当実績などについて、詳細に見ていきます。

米国の債券ETF BNDの株価と特徴とは?

債券ETF BNDは米国の債券市場全体と連動したETF

バンガード・米国トータル債券市場ETF(BND)は、米国の債券市場全体と同じ値動きを目指す債券ETFです。米国の長期・中期・短期の国債や社債をバランスよく組み合わせたもの。

株式に比べてリスクの低い良質な米国債券に幅広く投資しているETFということですね。マネックス証券、楽天証券、SBI証券等々の外国株証券口座で利用可能で、NISA口座でも取引することができます。

以下がBNDのデータです。

BND基本データ
  • 経 費 率  : 0.04%
  • 分配金利回り : 2.29%
  • 分 配 金 月: 毎月
  • デュレーション:   6.0年
  • インデックス : バークレイズ総合不動調整インデックス

 (2019年8月12日現在)

経費率は0.04%と極めて低いです。経費率の低さはバンガード社の特徴と言えます。

分配金利回りは2%台前半ということで、目を引くほど高くはありませんが安定したインカムを毎月提供してくれます。

債券ETF BNDの株価の動きについて

BNDは米国の債券全体をバランスよく組み込んだETFであるので、過去の実績を見ると1年間で±5%程度と安定した値動きに特徴があります。

デュレーションは6.0年ですので、債券の金利が1%動くと6.0%値動きすることになります。

なので、米国FRBの政策金利を0.25%引き下げると、単純計算でBNDの株価は1.5%値上がりすることになります。

債券ETF BNDの構成とは?

BNDは約8400銘柄の債券で構成されています。以下が構成比率ですが、中長期の債券を中心に運用していることがわかります。

債券の発行体は、米国政府と信用格付けの高い機関ですね。米国外の債券も含まれていますが、実質的に米国の政府系債券ということです。

債券に投資する際には、米国債や日本国債、ソフトバンクやオリックスなどの社債など生債券を直接買うという方法もあります。他方、BNDの方が広く分散されており、流動性が高い(現金化しやすい)というメリットがありますね。

8400銘柄に分散投資されているので、リスクはかなり低減されてますね。さらに売却しようと思えば米国の株式市場で簡単に売却することができます。

債券ETF BNDの株価の推移

ここではBNDの株価の推移(チャート)を見ていきます。同じ債券ETFである、

  • TLT(米国の20年超え長期国債と連動)

と比較していきたいと思います。

BNDの株価の推移(チャート)

過去2年の株価推移を示したのが以下のチャートとなります。

‐チャート(過去2年)

赤:BND 青:TLT

2年間のパフォーマンスは約2.6%ですが、配当金が年間2.5%程度支払われていることを考えれば十分すぎる結果ですね。

そもそもBNDは値上がり益を期待するETFではなく、インカム目的で保有するものですからね。

BNDの最大の特徴は値動きの安定

この2年チャートを見てBNDの特筆すべき点は値動きの安定と言えるでしょう。±5%程度の範囲で収まっています。

債券ETFは、米国の中央銀行であるFRBの政策金利の動向に非常に影響を受けやすいという特徴があります。債券価格が市場の金利に影響を受けやすいからですね。

2018年中頃はFRBの政策金利引き上げがあり、債券市場が大きく動いた時期でした。なので20年を超える長期債券で構成されるTLTもわずか1年程度で10%以上下落しています。

一方BNDは債券ETFらしくほとんど値動きがなく−5%程度です。これは長期債券だけでなく償還期間の短い短期債券も含まれているためですね。

ちなみにリーマンショックのあった2008年ごろもBNDは−5%程度しか値下がりせず、金利の引き下げとともにすぐに値上がりに転じたんですよね。この値動きの安定性こそがBNDの大きな特徴であり、保有するメリットとなります。

債券ETF BNDの株価リターンは?

次に分配金も含めたBNDのリターンを見ていきましょう。

1年 3年 5年 10年 設定来
8.17% 2.06% 2.99% 3.63% 4.15%

5年間で年率2.68%、2007年4月の設定以来4%を超えています。

債券ETFということを考えれば悪くない数字ですね。株式の期待リターンが6~7%ということを考えれば、十分なリターンといえます。


債券ETF BNDの配当実績は?

BNDの配当金は毎月支給されます。

以下が直近6ヶ月の配当実績ですが、大体0.19ドルぐらいで安定していますかね。

次に過去の配当金実績です。以下のグラフは2007年以降の配当実績ですね。

リーマンショック後の2009年以降は、金利が大幅に下がったタイミングですので配当金も減少傾向だったことがわかります。

逆にFRBが金利を引き上げる局面だった2017年、2018年ごろは配当金が増加していますよね。

なのでBNDは短期債券が含まれていることもあり、米国の政策金利の動向に大きく影響を受けるということです。

なお配当利回りを求めるなら、5%を超えているハイイールド債に連動するHYGも選択肢ですね。

HYGの株価やチャートの特徴を解説。高配当も実はリスクが低いの?HYGは配当利回りの高いETFですけれども、株価の推移(チャート)や特徴はどうなっていますか? S&P500などに連動する...

長期投資の視点からBNDをどのように活用するか

BNDの株価推移、リターンなどをみてきましたが、活用法として

  1. BNDの長期保有で安定的なインカムを期待
  2. BNDと株式と組み合わせて保有

ということです。以下、詳細みていきますね。

BNDの長期保有で安定的なインカムを期待

BNDの特徴は、

・2から3%と安定的な配当利回りが見込める

・値動きが非常に安定している

という2点です。なのでBNDへの投資は、大きな値上がり益を期待するものではなく安定的なインカム目的ということです。

運用資金が少なく、長期的に資産を大きく増やしたいのであれば株式や長期債券の方がトータルリターンが高いです。

他方、運用資産が大きくなり値動きよりも安定したインカムを得たいというのであればBNDを保有して値動きを気にせずに定期的に配当金を受け取ると行った運用法はありだと思います。

BNDは株式と組み合わせて保有

BND単体でも悪くありませんが、株式と組み合わせて保有することにより、ポートフォリオ全体の値動きをマイルドにしつつ、より高いリターンを期待できます。

冒頭に触れた通り、債券と株式は逆相関の関係ですから株式市場が軟調であった時には、債券市場に資金が集まり債券ETFであるBNDの価格は上がります。

2018年末のアップルショックで株式が大きく値下がりした状況でも、BNDはしっかりと値上りしていますね。

株式の方が長期的にみてリターンが高いですから、BNDに米国株式ETFであるVTIやVOOを組み合わせで保有することで、資産全体の値動きを抑えつつ長期的に高いリターンを狙えます。

「米国の債券ETF BNDの株価」まとめ

今回は債券ETFであるBNDの株価推移と特徴にについて述べるとともに、長期投資の観点からどう活用するかについてまとめました。

BNDは債券ETFの特性上、値上がり益を狙った投資には向かないものの値動きが非常に安定していて、かつ配当金を安定的に受け取ることができます。

逆相関の値動きをする株式と組み合わせることで、資産全体の値動きをマイルドにすることができますので、より効果的な運用が可能となりますね。

さらに、BNDは米国株ETFになるのでNISA口座で取引可能。分配金や値上り益に日本の税金が課税されないというメリットもあります。

それでは。

関連記事です。米国債券ETFの特徴をまとめました。BNDは値動きの安定を求めるETFですが、値上がり益を求めるものや配当利回りを求めるものなど、色々な特徴のETFがあります。

米国の債券ETFに投資するメリットとは?特徴とおすすめ5選を解説!米国の債券ETFに投資するメリットを知りたいです。そもそも債券ETFの特徴とはどのようなものですか? このような疑問を持つ方に向け...
DMM株が米国株取引手数料を完全無料化!
DMM株

DMM.com証券のDMM株は、2019年12月9日(月)から米国株式取引手数料の完全無料化!

これまで大手のネット証券で横並びだった米国株の売買手数料が遂に無料化です。既に無料化している最低手数料に加え、取引手数料を一切かけずに米国株式を取引できます。

スマホアプリでも米国株の取引が可能です!

無料口座開設はコチラ