マツダの株価が上がらない理由とは?なぜ自動車株のチャートは下落傾向なのか。




マツダ(7261)の株価が大きく下落しています。上がらない理由は何ですか?これまでの株価の推移(チャート)、配当実績、株価の予想についても知りたいです。株は買いですか?

このような疑問を持つ方に向けて記事を書いています。

今回の記事の内容
 

・株価が上がらないマツダ|株価の状況は?

・マツダの株価推移(チャート)は?長期的に大幅下落中

・マツダの株価が上がらない理由とは?株価の予想は?

・株価が下落するマツダ|株は買い?

 

マツダの株価について以下のツイートをしました。

 

マツダの株価が業績悪化により大幅に下落しています。8月に入って−20%。自動車株は景気に敏感なので
・米中貿易戦争の長期化
・世界経済の景気悪化が顕在化
・長短金利差の逆転
という状況下では売られやすいですね。
デザインやディーゼルに強みを持つマツダですが、ちょっと手が出しづらいです。

 

上記を深掘りします。

自分は、投資歴20年を超えており日本株を中心に一千万円以上の資産を運用しています。今回は、これらの経験も踏まえて記事を書きました。

株価が上がらないマツダ|株価の状況は?

マツダ(7261)の株価データ(2019年8月16日現在)を簡単にまとめました。

マツダの株価基本データ
 

  • 株 価: 885.3円
  • P E R :     6.9倍(予想)
  • P B R :   0.46倍(実績)
  • R O E  :    6.60%(予想)
  • 配当利回り: 3.95%(予想)

 

PERの目安は13から15倍程度ですので、6.9倍というのはかなり売られ過ぎ・割安な水準ですね。

ただ自動車株は景気に敏感で、政治経済の状況で売られやすいということが特徴。最近は米中貿易摩擦や世界経済の減速懸念で自動車株が売られやすい状況なんですよね。

同業他社と比べても、

  • トヨタ:8.9倍
  • ホンダ:6.7倍
  • スバル:9.8倍

となっているので、マツダのPERが極端に低いということではないですね。

マツダの配当実績と株主優待は?

以下がマツダの配当実績です。2017年ごろまでは順調に配当金が増加していましたが、最近は35円で横ばいですね。

一株配当
2015年 10円
2016年 30円
2017年 35円
2018年 35円
2019年 35円

最近の株価下落で配当利回りが4%近くまで上昇しています。日本株の中では高配当銘柄と言って良い水準ですね。

ただ株主優待はありません。残念です…。

マツダの株価の推移(チャート)は?

次にマツダの株価推移を見ていきますね。以下のチャートは過去5年の株価推移です。

チャート画像

長期的に見て株価がダダ下がり中ですね。一本調子で下がっていて、全く上がるそぶりがありません。

2014年末ごろに3,000円台に到達していましたが、2019年に1,000円を切る水準まで株価が下がっています。5年で3分の1以下まで株価が下落していますから暴落と言って良いぐらい。

自分も2015年ごろにマツダ株を保有していましたが、2,000円を割ったところで損切りしました。ほろ苦い思い出ですね。

以下はマツダの直近6ヶ月チャートですが、株価が大幅に下落していることがわかりますね。

例えば、8月1日から8月15日までのわずか2週間程度で、

・1,098.5 → 864.0(21.3%減)

と急落しています。

マツダといえばSUVの売れ行きが好調で、自動車株の優良銘柄ですね。何故ここまで株価が下落するのでしょうか?

マツダの株価が上がらない理由とは?

マツダの株価が上がらない理由は、

 

・マツダの業績悪化

・世界経済の景気減速懸念 

 

ということですね。以下、クイックに見ていきます。

マツダの業績悪化(マツダの売上高・利益の推移)

売上高、営業利益、純利益の推移は以下のとおり(単位:十億円)。

売上高 営業利益 純利益
2014年度 3,033.9 202.9 158.9
2015年度 3,406.6 226.8 134.4
2016年度 3,214.4 125.7 93.8
2017年度 3,474.0 146.4 112.1
2018年度 3,564.7 83.0 63.5

これらの推移を見ると、

・売上高は順調に伸びている(3兆円→3.5兆円超え)

・2015年の営業利益2,268億円を境に利益が大幅減

ということがわかりますね。

特に営業利益や純利益が2015年から4年程度で半分にまで減っているので、配当金が増配できない理由がわかります。


世界経済の景気後退懸念

自動車銘柄は景気敏感株と言われていて、景気の動向によって株価が大きく影響を受けます。現在は、

・米中貿易戦争による製造業の業績悪化

・欧州経済指標の悪化

などがあってマツダを含め自動車株に逆風。この自動車業界の業績低迷に関して、以下のツイートをしています。

上記のとおり。

世界経済の減速が意識されるところでは、自動車株は売られやすいです。

今後のマツダ株価の見通しと予想は?株は買い?

現在の業績を踏まえるとマツダの株を買うのはもう少し待ったほうが良いと考えます。PERもかなり低くなってきて株価は割安水準であることは間違いないんですけどね…。

理由としては、

 

・利益が大幅減少 → 減配の可能性

・米中貿易戦争の長期化

・世界経済の景気悪化が顕在化

・長短金利差の逆転(逆イールド)

・株主優待がない 

 

ということ。

実はリーマンショックのあった2009年以降、世界経済の拡大局面が10年以上続いているんですよね。

自動車銘柄の業績悪化は経済の先行指標なので、そろそろ景気後退に入るのではないかという不安を持つ投資家も多くなっています。

さらに米国の短期国債と長期国債の金利が逆転したのも景気後退局面が近いとのシグナルと考えられているんですよね。

なのでマツダを含めた自動車株が変われる地合いになるのはもう少し時間がかかると考えます。


「マツダの株価が上がらない理由」まとめ

今回はマツダの株価が上がらない理由ということで、株価の推移(チャート)や最近の業績、株は買いかなどについて述べてきました。

デザインの良さやディーゼルエンジンに強みを持つマツダですが、米中貿易戦争や経済指標の悪化などにより自動車の売り上げが落ちていて利益が減少しています。

配当利回りが4%近くと魅力的な水準まで上がってきましたが、それだけ株価が下がっているということで、利益が4年で半分以下になっている状況ではちょっと買いづらい状況です。

マツダ株の購入に関しては、世界経済が明らかな後退局面に入ってから検討を行うことで良いと思います。

それでは。

おすすめ記事です。高配当銘柄として人気の日産自動車。ゴーン元会長逮捕後、大幅に株価が下落しています。何故ここまで下落するのか。今後の業績見通しや株価の見通しは如何に。

日産自動車の株価が上がらない!まさかの減配でチャートは暴落…今後の予想は?

2019年8月25日
スポンサーリンク
スポンサーリンク







SBIネオモバイル証券ならTポイントで株が買える!

 

SBIネオモバイル証券

 

ネオモバなら1株単位で株が買える!

ネオモバなら日々のお買い物で貯めたTポイントを使って投資が可能!

ネオモバなら月額サービス利用料200円(税抜)で取引し放題!

毎月Tポイントが200ptもらえます!

SBIネオモバイル証券で「Tポイント投資」ができる!投資初心者に超オススメです。

2019年9月6日

 

わずか5ヶ月で10万口座突破!特に資金の少ない若い世代の利用が半分を占めています。

資産運用の基本である”長期・積立・分散”を手軽に行うことができるからですね。

「株式投資って難しそう…」「投資って数十万円必要なんでしょ…」と、株式投資を始めることに躊躇していた方に自信を持ってオススメする証券会社です。

 

SBIネオモバイル証券(ネオモバ)の評判は?手軽に長期・積立・分散投資できます!

2019年9月8日