日本株

丸亀製麺のトリドール 株価が大幅下落!株主優待の拡充も業績とチャートが…

【2019年11月17日:最新の業績と株価を反映しました。】

丸亀製麺を運営しているトリドールホールディングス(3397)の株価が大きく下落しています。これまでの株価の推移(チャート)、株価の予想、下落している理由について知りたいです。

食事券がもらえる株主優待が拡充されたんですよね。株は買いですか?

このような疑問を持つ方に向けて記事を書いています。

今回の記事の内容

・トリドールホールディングス(3397)業績悪化で株価が大幅下落

・丸亀製麺を運営するトリドール。株主優待が大幅拡充へ

・トリドールの株価と株価の推移(チャート)は?

・丸亀製麺を運営するトリドールの業績は?

・トリドールの業績の見通しや株価を予想。株は買い?

丸亀製麺を運営するトリドールの株価について以下のツイートをしました。

丸亀製麺を運営するトリドール。
8月14日に株主優待の拡充が発表され年2回2000円相当→年2回4000円相当の食事券となりました!丸亀製麺の釜揚げうどんが大好きなので超朗報。
ただ業績悪化の影響で
・株価2018年の1年で2分の1へ
・配当94%減配…
現時点ではちょっと手が出しづらい銘柄ですね。

上記を深掘りします。

自分は、投資歴20年を超えており日本株を中心に一千万円以上の資産を運用しています。今回は、これらの経験も踏まえて記事を書きました。

 

株価大幅下落のトリドール|株価の状況は?

丸亀製麺の運営会社トリドールホールディングス(3397)の株価データ(2019年11月15日現在)を簡単にまとめました。

トリドールの株価データ
  • 株 価: 2841円
  • P E R : 49.0倍(予想)
  • P B R : 3.72倍(実績)
  • R O E  :  7.60%(予想)
  • 配当利回り: 0.41%(予想)

PERの目安は13~15倍ぐらいですから、約49倍というのは若干高い水準にありますね。

ただ食事券の優待を出している外食銘柄の業績に比べて株が買われやすいためPERが高くなる傾向があります。同業他社と比べても、

  • くら寿司:15.6倍
  • すかいらーく:34.3倍
  • リンガーハット:63.9倍

となっており、極端に高いとは言えないですかね。

トリドールの配当実績は?

以下が丸亀製麺を運営するトリドールの配当実績です。2019年の配当金が大幅に下がっているのがわかりますね。

株価の状況で0.56%としているのは会社発表の予想値となっています。なので、配当実績で計算すると100株でわずか150円…。ほとんど無配と変わらない水準です。

一株配当
2015年 10円
2016年 24円
2017年 26円
2018年 26.5円
2019年 1.5円

トリドールの株価の推移(チャート)は?暴落はあるの?

続いてチャートを確認していきましょう。

丸亀製麺を運営するトリドール 。これまでの株価推移はどうなっているのでしょうか?

ここでは過去5年の長期チャートと短期チャートを見ていきます。

トリドールの長期チャート

以下のチャートは過去5年の株価推移です。

チャート画像

長期的に株価はほとんど上がっていないですね。

2014年に1,000円台だった株価は、2017年末ごろまでに4,000円程度まで上昇しました。

3年で約4倍ですから急騰と言っていいレベルですね。この頃は株主優待目的でトリドール株の購入を検討していましたが高すぎて手が出なかったです。

ところが2017年12月に4,295円の高値を付けた後に株価は大幅下落。わずか1年で1,700円台まで落ち込みました。

2019年に入ってからも株価は安定せず1,700円〜2,500円の範囲で推移。長期的には完全に下落傾向といえます。

トリドールの短期チャート

続いて短期チャートです。以下がトリドールの2019年の年初来チャートです。

短期的には不安定な動きであるものの、上昇基調ですね。

予想以上の好業績だった上半期決算を受けてトリドールの株価は大幅に反発し、翌日11月14日の終値で440円高の+18%と大幅に上昇しました。

チャート的には、抵抗ラインとなっていた2600円のラインを明確にブレイクしていることもあり、短期的には上昇を見込めますね。

これまで売られ過ぎであったことに加えて、株主優待が大幅に拡充されたこともあり、個人投資家の買いがしばらくは続きそうです。

株主優待ハンドブック 2019-2020年版 (日経ムック) [ 日本経済新聞出版社 ]
created by Rinker

トリドールの株価が長期的に下落している要因とは?

トリドールの株価が長期的に下落してる要因は、何と言っても業績が悪化しているからです。ここでは、トリドールの業績についてクイックに見ていきます。

トリドールの2019年3月期決算は増収減益

2018年4月から2019年3月までの決算は、売上高が大幅に伸びたものの営業利益が減少しています。

2019年3月期決算のポイント

・売 上 高 :1,450.2億円(+285.2億円)

・営業利益:   23.0億円( −53.4億円)

・純 利 益 :   2.7億円( −44.0億円)

恐ろしく利益が減ってますね。赤字目前です。

トリドールの説明資料によると、事業拡大によって売上高は伸びたんだけど、店舗閉鎖などに伴う減損処理を行う費用が34億円かかったために利益が圧迫されたとのこと。

2018年度は不採算店を一気に整理したということなのでしょう。

トリドールの売上高、利益の推移

売上高、営業利益、純利益の推移は以下のとおり。

売上高 営業利益 純利益
2014年度 872.9 41.8 19.8
2015年度 955.9 87.3 52.1
2016年度 1,017.8 86.2 56.3
2017年度 1,165.0 76.4 46.7
2018年度 1,450.2 23.0 2.7

これらの推移を見ると、

・売上高は順調に伸びている

・2016年度営業利益86億円を境に利益が大幅に減少

・売上高に比べて利益率が非常に低い

ということがわかりますね。特に純利益はほとんどない状態なので、配当金が激減している理由がわかります。

業績悪化の要因は人件費増と減損処理

2017年度に比べて利益が圧迫された原因は①人件費増、②減損処理の2点。以下がトリドールの説明資料です。

・人 件 費 :−12.1億円

・減損処理: 779.1億円(+49.3億円) 

上記のとおり。最近は、どの外食産業も人件費増による業績悪化に苦しんでいますね。アルバイトの最低賃金の値上がりが続いています。

減損処理は不採算店の整理を大幅に進めたということ。この成果が2019年度以降に出るかどうかですね。


トリドールの上半期決算の結果は?

2019年4月〜9月までの業績ですが、以下のツイートのとおり前期の赤字決算から業績は回復しています。

この決算のポイントは、

トリドールの上半期決算ポイント

・売上高は800億円で前年同期比11.2%の増益

・営業利益は50.8億円で前年同期比23.3%増益で従来予想の33.6億円を大幅に上回る

・純利益は26億円で同🔻11%の減益

というもの。トリドールの業績悪化が改善した要因は何なのか?業績改善は本物なのか?以下の記事で分析しています。

トリドール(丸亀製麺)の業績は改善した?2Q決算好調で株価大幅高へ!丸亀製麺を運営しているトリドールホールディングス(3397)の業績は改善されたのでしょうか?昨年度は赤字寸前でしたよね。最近発表された決...

トリドールの株主優待は?大幅拡充を実施

トリドールの優待内容

トリドールの株主優待は年2回、保有株式数に応じて丸亀製麺などの国内店舗で使える株主優待券がもらえます。3月末日の株主には6月上旬、9月末日の株主には11月下旬に発送されます。

美味しくてボリューム満点の釜揚げうどんが290円で楽しめる丸亀製麺。食事券として利用できる株主優待券は本当にお得感がありますね。

 

なお株主優待券を使える店舗は以下のリンクから確認できます。

・参考: 店舗検索一覧 | 株式会社トリドールホールディングス

株主優待の内容が拡充!継続保有への優遇制度も

決算発表が行われた8月14日に株主優待の拡充が発表され、これまでの年2回2000円相当から年2回4000円相当の食事券に変更になりました。これで優待利回りは3.61%と魅力的な水準になっています。

保有株式数に応じた優待内容は以下のとおり。お釣りは出ないけれども、利用枚数に制限がないので実質的に食事券として利用できます。

100株の保有で年間8,000円相当の食事券がもらえるので、丸亀製麺をよく利用する人には嬉しい株主優待となっています。

さらに「継続保有株主優遇制度」が新たに導入されました。1年以上継続して200株以上保有している場合3,000円分の食事券が年2回もらえます!

おうちで丸亀製麺/丸亀製麺麺匠/レシピ【1000円以上送料無料】
created by Rinker

株価の大幅下落でトリドールの株は買い?

業績は改善傾向ですが、トリドールの株はまだ買えないですね。大幅に内容を拡充した株主優待は大変魅力的なんですけどね…。

理由としては、

・利益が大幅に減少 → 減配の実施

・株価は割高(高PER)

・売上高に対する利益率が低い

・人件費・材料費高騰

ということ。

もちろん吉野家やマクドナルドなどの牛丼チェーンの業績が回復して来ているので、今回の減損処理で利益が回復する可能性はありますが、もうちょっと様子を見る必要がありますね。

さらに言うと、トリドールが運営している丸亀製麺や晩杯屋などは典型的な薄利多売型になっているところが、利益率が低い要因ともなっているんですよね。

外食チェーンの売り上げは店舗数と客単価に依存するので、今後如何に客単価を向上させるかですかね。トリドール も直近の決算も営業利益は大幅に上昇しますが、純利益は減益となっていて、いまだにコスト増に苦しんでいます。

なのでトリドール株の購入は、もう少し業績改善が見込めるまで様子見で良いと思います。

もちろん大幅に拡充された株主優待は魅力的なので、優待目的と割り切るのであれば買いもありかもですが…。

「トリドールの株価が下落」まとめ

今回は、トリドールの株価が暴落した理由ということで、株価の推移(チャート)、株主優待の拡充、株は買いかなどについて述べてきました。

丸亀製麺を運営するトリドールですが、他の外食チェーンと同様に人件費の高騰によって業績悪化が続いています。積極的な新規出店で売上高自体は伸びていますが、利益率が極端に低いのが気になるところです。

株価も2018年を境に大幅に下落しているのも、ここら辺の経営状況に不安を覚える投資家が多いということ。

2018年度の不採算店の整理を大幅に進めましたので、最近の決算は予想以上に好調。今年度の業績は改善されつつありますが、この改善が本物かはもう少し見ていく必要がありますかね。

大幅拡充された株主優待目的でないのであれば、トリドール株の購入はもう少し様子を見る必要があると考えます。

それでは。

クラウドバンクなら年率6.99%のリターンを期待できます!
クラウドバンク

ソーシャルレンディングの中でも特に注目されているのがクラウドバンク。株のように値動きがないので相場の動きが気になりません

リターンの高い投資先としてメジャーなのは日本株や米国株。だけど1日に5〜10%下落することも普通にありますよね。

クラウドバンクは、預金のように元本に値動きがありません。銀行預金にほとんど利息がつかない中、投資先として有力な選択肢といえます。

全ファンドの平均実績利回り6.99%で元本回収率100%!

なので、こんな方に特にオススメです。

  • 日々の相場の動きを気にしないで投資したい
  • 銀行の預金金利は低すぎて使えないと感じている
  • 定期預金感覚で高い利回りを得たい

 

詳しくは以下をクリック!

詳細ページ公式ページ