米国ETF

米国ETF DIAの株価はNYダウ平均に連動。S&P500と比較して秀逸な点とは?

DIAはダウ工業株価平均(NYダウ)に連動するETF ですが、株価の推移(チャート)や特徴はどうなっていますか?

S&P500などに連動するETFや高配当ETFもありますが、これらに比べてDIAに投資するメリットは何ですか?配当実績についても知りたいです。

今回は、このような疑問を持つ方にむけて記事を書いています。

今回の記事の内容

・米国ETF DIAはNYダウ平均に連動:株価の基本データと特徴は?

・DIAの構成銘柄とセクター比率は?

・DIAの株価推移(チャート)とリターンは?

・DIAの配当実績と驚きの増配率は?

ダウ平均株価ETF DIAの株価や特徴に関して、以下のツイートをしました。

[box class=”blue_box”]

米国ETFのDIAはダウ指数に連動するETF。その特徴は、
・構成は超優良大型銘柄
・銘柄の入れ替えが少ない
・構成銘柄の株価を単純平均
ということ。
S&P500と比較すると、直近5年ではダウのリターンの方が優れているんですね。
なので超優良銘柄のみに分散して投資するにはDIAは適したETFといえます。

[/box05]

上記を掘り下げます。

自分は、20年以上投資を続けていて米国ETFも保有しています。今回は、この経験も踏まえ記事を書きました。

ダウ工業平均株価指数(NYダウ)とは?

日々のニュースの中で毎日のように聞くダウ工業平均株価。正式名称は「ダウ・ジョーンズ工業株価平均」(NYダウ)といいます。

米国を代表する30の銘柄で構成され100年以上の歴史を持つ最も古い米国株式市場の指数ですね。

構成銘柄は、世界的なグローバル企業がほとんどなので、米国経済だけを反映したというより世界経済を反映させた指標と言えます。

NYダウはS&Pダウ・ジョーンズ・インデックスが算出・公表。

5名の有識者で構成される指名委員会が成長性や流動性などを基準に主要セクターから満遍なく30銘柄の選定・入れ替えを判断しています。

直近だと2018年6月にNYダウ創設時から唯一残っていたGEを指数から除外されましたね。

新たに、世界最大級のドラッグストアチェーンのWBA(ウォルグリーン・ブーツ・アライアンス)を組み入れました。

米国ETF DIAはダウ平均株価指数に連動:株価の基本データは?

ダウ平均株価指数(NYダウ)に連動する米国ETFがDIAです。

DIAは”SPDRダウ工業株平均 ETF”という正式名称で、米国のダウジョーンズ工業株価平均と同じ投資成果を目指したETFです。

DIAの株価基本データ
  • インデックス:ダウジョーンズ工業株価平均
  • 信 託 報 酬   : 0.17%
  • 配 当 利 回 り : 2.18%
  • 配 当 実 績   : 5.67ドル
  • P E R    : 17.29
  • 組 入 銘 柄 数 : 30銘柄
  • 設 定 日:1998年1月14日

ダウ工業平均株価(NYダウ)は世界でもっとも有名な株価指数といっても過言ではありませんが、この指数に連動するETFってあまり多くないですよね。

NYダウに採用されている30銘柄は、世界的に最も有名な巨大グローバル企業ばかりですから、ETFよりも直接個別株に投資するという選択をする投資家が多いためでしょう。

DIAは、このNYダウに連動する米国ETFでSPDR社が提供している商品です。

DIAの特徴とは?

DIAの特徴は、すなわちダウ工業平均株価指数の特徴とイコールということになりますが、ETFとしての特徴は、

[box class=”yellow_box”] 

・特徴1:構成銘柄が少なく銘柄の入れ替えが少ない

・特徴2:信託報酬は若干高め

・特徴3:構成銘柄の株価平均型

[/box05] 

ということです。以下クイックに見ていきますね。

特徴その1:構成銘柄が少なく銘柄の入れ替えが少ない

DIAはNYダウに連動するETFですから構成銘柄数は30。S&P500や日経平均はの500、225銘柄と比較すると構成銘柄は、明らかに少ないですね。

銘柄数が少ないということは1企業の株価が大幅に下がったりした時に、指数に与える影響が大きくなります。

なので投資家の中には、銘柄の分散効果が薄いという理由でS&P500を好む方も結構いますね。

また、前回の見直しが2018年6月にGEを除外したときなので、構成銘柄が少ない分、入れ替えは頻繁に行われません。

特徴その2:信託報酬は若干高め

DIAの信託報酬は0.17%と他のメジャーな米国ETFと比較すると若干高い水準ですね。比べてみると、

[box class=”yellow_box”]

・VTI  :0.03%(米国市場全体)

・VOO:0.03%(S&P500)

・VYM:0.06%(米国の高配当銘柄)

[/box05]

となっています。構成銘柄数が30でしかも超大型株ばかりなので、そんなに経費はかからないような気もしますが…。

SPDRのライバル会社であるバンガード社やブラックロック社がNYダウに連動するETFを出してないんですよね。

なので、競合するETFが少ないこともあり経費が下がらないということなのでしょう。

特徴その3:構成銘柄の株価平均型

ETFという観点で見ると指数が30銘柄の平均となっているという点がDIAの最大の特徴といえるでしょう。

ダウ”平均”株価というぐらいですので、NYダウ指数の算出は構成銘柄の平均値で計算されているんですね。以下が、その説明。

構成銘柄の株価の合計を「除数」で割って算出する株価平均型の指数です。構成銘柄の入替時・株式分割時など必要に応じて除数を調整し、指数の連続性を保つようにしています。

※SBI証券HPより

なので、簡単な式で表すと

・(銘柄1+銘柄2+・・+銘柄30)/除数

という計算式です。この除数は銘柄入れ替えがあった時などに見直されていて、2019年4月現在で

・0.14748071991788

となっています。小学生でも計算できますね。

ただ、指数としては非常にわかり易い反面、企業の規模とか関係なしに、株価が高い銘柄の構成比率が単純に大きくなるんですよね。

なので純粋に株価の高い銘柄の値上り・値下がりに影響を受けやすくなります。ここら辺が投資家の好き嫌いが別れる点となっているんですね。

詳細ははぶきますがS&P500は加重平均型でアップルなどの時価総額が大きい銘柄の構成比率が大きくなるようになっています。

DIAの構成銘柄とセクター比率は?

DIAの構成銘柄

構成銘柄上位10社は以下の表のとおりです。

日本でもおなじみの企業ばかりですね。

S&P500は、時価総額に加重平均されますのでAppleやマイクロソフトなどのIT企業が上位をしめることになりますが、NYダウは単純に株価の高い企業の順番で入っているということです。

現在は、株価的にはボーイングやユナイテッドヘルス、ホームデポが株価好調ということですね。

DIAのセクター比率

続いてセクター比率です。

資本財、情報技術、金融がトップ3となっていますね。

NYダウは各セクターの代表企業で構成されていると言っても過言ではないので、ほぼ全てのセクターが入っているということです。

ダウの犬投資法 ──プロにも株価指数にも勝つ「単純」戦略【電子書籍】[ マイケル・B・オヒギンズ ]
created by Rinker

DIA:株価の推移(チャート)とリターンは?

DIAの長期チャート

以下はDIAの設定来チャートです。ある意味米国市場そのものと同じ値動きですね。

 

リーマンショックのあった2009年ごろは大きく落ち込んでますが、その後は右肩上がり。米国市場の好調さをよく示しています。

ちなみにNYダウとS&P500の直近5年チャートを比較したのが以下の図。

赤:NYダウ 青:S&P500

NYダウがS&P500をアウトパフォームしているのがわかります。

中型株が含まれている分S&P500の方が成長性が高いと思っていたので、ちょっと意外な結果です。

なのでリーマンショック後の株価上昇は、超大型株の方に資金が流れているということですね。

DIAのリターン

DIAの配当金も含めたトータルリターンは以下のとおりです。一番上の基準価格というやつです。

一番下がインデックスになりますが、経費率を考慮するとDIAがインデックスとほとんど乖離のない優秀なETFであることがわかります。

1998年の設定以来のリターンは年率で8.26%となっています。十分すぎるパフォーマンスですね。20年間の保有で資産が約5倍近くになる計算です。

米国市場恐るべし…です。



DIAのこれまでの配当実績と増配率は?

DIAは、他の多くの米国株や米国ETFと違って毎月配当金が分配されます

配当実績は以下のとおりです。配当利回りは2.18%とあまり高くありませんが、順調に配当金が伸びていることが分かりますね。

リーマンショックの影響で米国企業全体の業績が悪化した2009年〜2010年は、配当金が減少しています。金融危機がおこると減配することもあるということですね。

今回こうしてDIAを分析して最も驚いたのは増配率の高さなんです。主要な米国ETFと比較しても、

主要米国ETFの5年平均増配率
  • DIA  :11.05%
  • VTI  :  9.52%
  • SPY :  8.69%
  • VYM:  7.81%
  • VIG  :  6.80%

となっていて、5年間の平均増配率は11%を超えているんですね。高配当や増配率を売りにしているVYMやVIGなんかよりもずっと良いんです。

これは驚きました。成熟した巨大企業を中心に構成されているNYダウですが、これらの企業は配当などの株主還元を積極的に行うということなのでしょう。

このように、超優良銘柄で構成されていて、かつ株価の値上り益やインカムの上昇も見込めるという点で、DIAへの投資はメリットが大きいといえます。


「ダウ平均株価ETF DIAの株価」まとめ

今回は、ダウ工業平均株価指数ETF DIAの株価ということで、その特徴と株価の推移(チャート)、配当金の推移等について見てきました。

DIAの特徴をまとめると、

・米国の超優良大型株30銘柄で構成

・20年間で5倍近いパフォーマンス

・5年平均で11%超えの高い増配率

ということだと思います。端的にいうと値上がり益はもちろん、インカムの増加も期待できるETFだといえますね。

こうした十分すぎるリターンや増配率を確認して見ると、長期投資の場合、あえてリスクをとって個別株に投資する必要があるのか疑問に感じてしまいます。

分散を効かして米国の超優良銘柄に広く投資したいと考えている者にとっては、DIAは値上がり益もインカムも期待できるおススメのETFといえます。

それでは。

おすすめ記事です。米国の大型株500銘柄で構成されるS&P500。その指数に連動するVOOについてまとめた記事です。このETFが長期投資に向く理由は何か?

[kanren postid=”2354″]

おすすめ記事です。世界で最も有名な株価指数の一つであるナスダック。その指数に連動するQQQについてまとめた記事です。このETFが極めて秀逸な理由とは何か?

[kanren postid=”2281″]

おすすめ記事です。米国株式市場全体に投資するETFであるVTI。その魅力は株価の上昇率だけに留まりません。このETFが極めて秀逸な理由とは?

[kanren postid=”1952″]

ABOUT ME
kaimaru41
高配当の日本株・米国株の長期投資に、レバレッジETF、FX、CFDを組み合わせて早期のセミリタイアを目指します。