米国ETF

VHTの株価はヘルスケアセクターに連動。最も秀逸なETFと断言!その理由は?

ヘルスケアセクターETF VHTの株価やチャートの特徴について知りたいです。

高配当ETFやS&P500に連動するETFもありますが、これらに比べてVHTに投資するメリットは何ですか?配当実績についても知りたいです。

今回は、このような疑問を持つ方にむけて記事を書いています。

今回の記事の内容

・VHT:株価の基本データと特徴は?

・VHTの構成銘柄とセクター比率は?

・VHTのチャートとリターンは?

・VHTの配当実績と増配率は?

VHTの株価やチャートの特徴に関して、以下のツイートをしました。

[box class=”blue_box”]

自分はグロース株やセクターetfには投資してないけど
・QQQ(ナスダック)
・VDC(生活必需品)
・VHT
の3つは歴史的にs&p500よりパフォーマンスが良く投資候補。
特にVHTは業績鉄板のヘルスケアセクターETFで、シーゲル博士の調査でも過去最も良いリターンを示したセクター。PFのコアとなるETFです。

[/box05]

上記を掘り下げます。

自分は、20年以上投資を続けていて米国ETFも保有しています。今回は、この経験も踏まえ記事を書きました。

米国ETF VHTと株価の基本データは?

米国ETF VHTのあらまし

VHTはバンガード・米国ヘルスケアセクターETFという名称。

米国のヘルスケアセクターの大型株、中型株、小型株で構成されているインデックスと同じ投資成果を目指すETFです。

  • ヘルスケア機器およびヘルスケア用品を製造する企業
  • ヘルスケア関連サービスを提供する企業
  • 医薬品
  • バイオテクノロジー製品の研究・開発・製造・マーケティング

を主たる業務とする企業で構成されています。

高い経済成長率や人口増が見込まれる米国においても、高齢者が増加していくのは確実。

高齢者の数が増えるほど医薬品などの医療費が膨れ上がりますから、ヘルスケアセクターの売り上げは景気動向に左右されずらいと言えるでしょう。

VHTの株価基本データ

医療費の膨張と共に今後も高い成長が見込まれるヘルスケアセクターETF VHT。株価データは以下のとおりです。

VHTの株価基本データ
  • インデックス:MSCI USインベスタブル・マーケット・ヘルスケア25/50インデックス
  • 信 託 手 数 料 :  0.1%
  • 配 当 利 回 り :  2.04%
  • 配 当 実 績   :  3.47ドル
  • 組 入 銘 柄 数 :  390銘柄
  • 設 定 日:2004年1月26日

手数料が0.1%とVTIやVOOの0.03%に比べてちょっと高くなっていますね。

セクターETFという特殊性を考えれば妥当なところですし、十分に低い手数料といえます。

VHTの構成銘柄とセクター比率は?

VHTの構成銘柄

構成銘柄上位10社(2019年7月31日現在)は以下の表のとおりです。

ジョンソン・エンド・ジョンソン、メルク、ファイザーあたりは日本でもおなじみの企業ですね。

1位の構成比率が8.5%超えと大きくなっていますがジョンソン・エンド・ジョンソンはディフェンシブ銘柄の代表銘柄ですので安心できますね。

配当利回り3%で増配率も高く、連続増配企業であるので投資家からの人気が高い銘柄です。自分も高配当・増配銘柄として保有中です。

なお資産総額に占める上位10社の割合は約43.3%となっていて、わりと高い割合を占めています。

医薬品の開発に莫大な資金が必要となるので、ヘルスケアセクターの上位企業はおのずと時価総額の高い巨大企業になっていくということなのでしょう。

VHTのセクター比率

続いてセクター比率です。

医薬品、ヘルスケア機器、バイオテクノロジーの3業種だけで70%を超えてますね。それだけ成長力の高い分野ということでしょう。

これらの業種は高齢者の増加や医療の進歩と共に、ほぼ確実に成長していきます。

また米国のヘルスケアセクターの企業は、米国以外にもグローバルに事業を展開していますよね。

なので世界経済の減速や景気の悪化があったとしても、着実に売り上げと利益を上げることができる。

ヘルスケアセクターの企業は、そんな銘柄ということでしょう。

VHTの株価の推移(チャート)は?

ここではVHTが設定された2004年からの長期チャートと直近1年の短期チャーとを分析します。

VHTの長期チャート

以下はVHTの設定来チャートです。比較のためにS&P500に連動するSPYも載せています。

赤:VHT 青:SPY(S&P500)

設定されてから約15年程度ですがS&P500よりも断然パフォーマンスが良いことがわかります。

ディフェンシブセクターであるにもかかわらずパフォーマンスが高い。これがVHTの最も特筆すべき点と考えます。

またリーマンショックのあった2008年ごろ、株価の落ち込みがS&P500に比べて少ないですね。

リーマン前の2007年末の株価水準に回復するのに、

・VHT:約4年

・SPY:約6年

かかっています。落ち込みが少なかったぶん株価の回復も早かったということですね。

[kanren postid=”1952″]

VHTの短期チャート

他方、直近1年チャートを見るとちょっと事情が変わってきます。

赤:VHT 青:SPY 

1年という短期間ではSPYの方がパフォーマンスが良くなってますね。

VHTは4月ごろの6月ごろにSPYと比べて大きく落ち込んでいるのがわかります。要因は、

[box class=”pink_box”]

・ジョンソン・エンド・ジョンソン製のベビーパウダーに発がん物質が入っていたとして裁判所から賠償認定された

・米国政府が医療保険制度の改革について検討との報道

[/box]

のためにヘルスケアセクターの株が大きく売られたためですね。

これら要因はまさにヘルスケアセクターの懸念材料そのものといえます。人間の健康や医療を扱うため常に訴訟リスクと隣合わせであるからです。

さらに医療費の高騰は米国だけでなく世界各国で大きな政治問題となっているため、ヘルスケアセクターの収益の源泉である社会保障費が削減対象になりやすいですね。

企業側にしてみれが莫大な研究開発費を投じて新薬を開発したとしても、政府から保険適用にあたり値下げ圧力がかかる。

業績鉄板のヘルスケアセクターですが、政治的な影響を受けやすいセクターと言えるかもしれません。

VHTのリターンは?

VHTの配当金も含めたトータルリターン(2019年8月31日現在)は以下のとおりです。

リーマンショック前に設定されたETFにもかかわらず設定来リターンは年率10%近い数値です

株式の期待リターンはインフレ率を抜いて7%程度ということを考えれば、十分すぎる結果といえます。

ちなみにリーマン後の2009年に10,000ドル投資して配当金を再投資したと仮定した場合のチャートが以下。

資産は約4倍以上にまで膨れ上がった計算になります。他のETFと比べても高いリターンですね。

ウォール街のランダム・ウォーカー<原著第12版> 株式投資の不滅の真理 [ バートン・マルキール ]
created by Rinker

VHTのこれまでの配当実績と増配率は?

VHTは他の多くのETFと同様に四半期に一度配当金が分配されます。配当実績は以下のとおり。

売り上げが鉄板のディフェンシブ銘柄ETFというだけあって、配当の伸びはおおむね右肩上がりです。

VHT配当利回りは2.04%と若干低めの値。ただ3年間の増配率の平均が17.58%と極めて高い数値です。

順調に配当金が伸びていることを考えれば、株価の伸びだけじゃなく長期的にもインカムを期待できる優良ETFといえますね。

▼シーゲル博士もヘルスケアセクターへの投資を勧めています▼

株式投資の未来 永続する会社が本当の利益をもたらす [ ジェレミー・J.シーゲル ]
created by Rinker

VHTへの投資:ちょっとだけ考察

ヘルスケアセクターは世界情勢的にも好条件にあふれていますね。

日本をはじめとした先進諸国、そして米国もこれから高齢化社会に突入し、ますますヘルスケアセクターの経済規模は拡大していくからです。

ただ不況に強く業績鉄板のディフェンシブセクターと言われる一方、懸念材料がないわけではありません。

むしろ最近では、この不安が顕在化してきています。

具体的には、

[box class=”pink_box”]

・訴訟リスク

・新薬や新しい医療機器の開発費が膨大

・医療制度改革

[/box]

ということです。人間の健康を扱うわけですから訴訟リスクとは常に背中合わせですね。

特に医薬品メーカーには新薬の開発に莫大なコストや訴訟リスクなどがあり、企業単位での当たり外れが大きいですね。

さらに医療保険との関係で薬価が定期的に見直されますから、大幅に価格が安くなった医薬品を販売している企業の業績に影響がでることになります。

とはいえ、この懸念は主に個別企業を念頭においた場合に問題になるのであってヘルスケアセクター全体の成長は、もはや揺るぎないものと考えます。

幅広く分散投資を実現できるVHTであれば、リスクを分散することができるというわけです。


「米国ETF VHTの株価」まとめ

今回は、米国ヘルスケアセクターETF VHTの株価ということで、その特徴と株価の推移(チャート)、配当金の推移等について見てきました。

VHTの特徴をまとめると、

[box class=”yellow_box”] 

・ディフェンシブ銘柄を中心に構成

・過去10年間で4倍のパフォーマンス

・過去15年で10%近いの高いリターン

・金融ショックや景気後退時に強い 

ディフェンシブ、増配率、値上り益の3拍子そろっている

[/box05] 

ということですね。

特にこのETFが秀逸な点は、不景気に強いディフェンシブな性格に加え、大きな値上がりを期待できるグロース株の側面を持っていることです。

配当の伸びも値上がり益も文句なしです。現にリーマンショックを挟んだ過去15年の株価推移は、S&P500よりもはるかにパフォーマンスが良いです。

ヘルスケアセクターの個別株には訴訟や莫大な研究開発費がかかるというリスクがありますが、セクター全体としては、これらのリスクが極限まで低下しているといえます。

なのでVHTはポートフォリオのコアとして活用できる極めて秀逸なETFと考えます。

それでは。

おすすめ記事です。ディフェンシブの代表といえる生活必需品セクター。その指数に連動するVDCについてまとめた記事です。このETFが極めて秀逸な理由とは何か?

[kanren postid=”2430″]

おすすめ記事です。世界で最も有名な株価指数であるNYダウ。その指数に連動するDIAについてまとめた記事です。このETFが極めて秀逸な理由とは何か?

[kanren postid=”2242″]

ABOUT ME
kaimaru41
高配当の日本株・米国株の長期投資に、レバレッジETF、FX、CFDを組み合わせて早期のセミリタイアを目指します。