日本株

小野薬品の株価が下落する理由とは?オプジーボで業績急拡大なのに何故…

小野薬品工業(4528)の株価の推移や特徴について知りたいです。株価が下落しているようですがチャートはどんな感じですか?

売り上げは問題ないはずですが…業績が悪化しているんですかね?配当の実績や株主優待、今後の予想についても知りたいです。

このような疑問を持つ方に向けて記事を書いています。

今回の記事の内容

・小野薬品工業(4528)の株価が下落|小野薬品の株価の状況は?

・小野薬品の配当と株主優待は?

・小野薬品の株価の推移(チャート)と今後は?

・小野薬品の株式は買い時?株価の予想は?

小野薬品の株価の下落に関して以下のツイートをしました。

[box class=”blue_box”]

小野薬品の株価がここ1年で40%近く下落しています。
理由としては
・がん免疫薬オプジーボの薬価改定
・本庶教授との特許を巡る対立
ですね。
特にオプジーボの薬価は、高額薬剤の象徴として槍玉に挙げられたこともあり半分以下になっています。
これらの問題がまだ不透明。株購入は様子見ですね。

[/box05]

上記を深掘りします。

自分は、投資歴20年を超えており日本株を中心に 1,000万円以上の資産を運用しています。今回は、これらの経験も踏まえて記事を書きました。

小野薬品工業(4528)の株価が下落|株価の状況は?

今回はがん免疫薬「オプジーボ」の販売で有名な医薬品メーカーの小野薬品を取り上げます。

ノーベル医学生理学賞を受賞した京都大学特別教授の本庶佑氏と共同でオプジーボに関する特許を取得。

小野薬品は、このがん免疫薬の普及により急成長している医薬品メーカーです。

では早速ですが小野薬品の株価データ(2019年9月20日現在)を見て行きましょう。

小野薬品工業の株価データ
  • 株 価:1991.5円
  • P E R :    18.7倍(予想)
  • P B R :    1.80倍(実績)
  • R O E  :     9.50%(予想)
  • 配当利回り:2.25%

株価の指標は、可もなく不可もなくですかね。配当利回りが2.25%と日本株の中では平均レベルですね。

PERの目安は13~15倍ぐらいですから18.7倍というのはちょっと割高な水準。

同業他者と比べて見ると、

  • 中外製薬:47.0倍
  • アステラス製薬:15.8倍
  • エーザイ:21.5倍

となっていて、必ずしも割高な水準ではないですね。

PERに関しては、薬品銘柄の中では平均レベルと言ったところでしょう。

小野薬品の配当実績は?

続いて配当実績を見ていきますね。以下が小野薬品の配当金の実績です。

綺麗な増配傾向ですね。過去6年で特別配当を除けば一度も減配がありません。

2019年も配当金を96円で増配が予定されています。素晴らしい!!

特に2018年以降の配当金の伸びが大きいですよね。オプジーボによる業績拡大によって配当金も伸びているということなのでしょう。

他方、直近5年間の配当性向が50%程度と、日本企業の中ではわりと高めですかね。

小野薬品の配当方針を見ると、

戦略的な投資資金需要や業績見通しを勘案した上で、Core EPS対比平均して50%の配当性向を目処に、株主の皆様へ安定的な配当を行うことを目標

としています。

まあ、業績次第ですが安定的な配当金の支払いを目指しているということでしょう。

小野薬品の株主優待は?

さて着実に増配を重ねている小野薬品。株主優待はどうなっているのでしょうか?

やはり自社サービスや商品の優待が改悪されるリスクが少なくて良いですよね。

関連記事:
吉野家(9861)の株主優待はいつ届くの?【優待券を使える店舗のまとめ】
イオンの株主優待で映画料金1,000円に割引!安く映画を見る方法

 

しかし現在のところ、

小野薬品は株主優待を実施していません。残念です…。

安定配当に加えてカタログギフトなどを株主優待にすると小野薬品株の人気も上がりそうなんですけどね…。

株主還元は配当金を中心に行うということなのでしょう。

株主優待ハンドブック 2019-2020年版 (日経ムック) [ 日本経済新聞出版社 ]
created by Rinker

小野薬品の株価の推移(チャート)は?

続いてチャートを確認していきましょう。

がん免疫薬「オプジーボ」の小野薬品ですが、これまでの株価推移はどうなっているのでしょうか?

ここでは過去10年の長期チャートと短期チャートを見ていきます。

小野薬品の長期チャート

以下は過去10年のチャートです。綺麗な右肩上がりですね。

チャート画像

この10年で株価は2倍程度まで上がっていますね。

2013年までに1500円程度だった株価が、アベノミクスもあり2016年に5000円を超える水準まで上昇しています。

3年で株価3倍以上ですから申し分のないパフォーマンスですね。

しかし、株式を1:5で分割した2016年3月以降の株価の下落がすさまじい。

わずか半年程度で株価が2分の1程度まで落ち込んでいるのがわかります。

小野薬品の短期チャート

以下が2018年以降の短期チャートです。

2018年の後半ごろから短期的には結構大きく株価が下落しています。

・2018年10月:3200円程度

・2019年 9月:2000円程度

となっていて1200円近くも下落していますね。40%近い下落ですから短期的には調整局面に入ったといえますね。

オプジーボの販売で株価が上昇してきた小野薬品。ここまで株価が下落するのはどうしてなんですかね?

次に小野薬品の業績を見ていきます。



小野薬品の株価が下落している理由とは?

小野薬品の株価が下落している理由は、

[box class=”yellow_box”]

・度重なる薬価改定で利益が減少

・京都大学の本庶佑特別教授との特許問題

[/box05]

ということ。クイックに見ていきます。

度重なる薬価改定で利益が減少

過去5年の売上高、営業利益、純利益の推移は以下のとおり(単位:億円)。

売上高 営業利益 純利益
2014年度 1,357.8 147.9 129.8
2015年度 1,602.8 305.1 249.8
2016年度 2,448.0 722.8 557.9
2017年度 2,618.4 606.8 502.8
2018年度 2,886.3 620.1 515.4

2016年度の売上高の急激な伸びはオプジーボの売り上げによるものですね。利益が前年度に比べ倍以上に膨らんんでいます。

がん免疫薬のオプジーボが厚生労働省に承認されたのが2014年7月ですから、この新薬が小野薬品の売り上げにいかに貢献したかがわかります。

売上高は順調に増収を重ねていますが2017年度はなんと減益!その後も利益があまり伸びていないことがわかりますね。

これは2017年以降、オプジーボは高額薬剤の象徴としてやり玉に挙げられたこともあり、薬価が大幅に引き下げられているからです。

合計4回の引き下げが行われ薬価も半分以下になっているため、利益が伸びないということです。

2018年の薬価改定は4月と11月。この時期に株価が綺麗に下落しているのがわかりますね。

参考記事:オプジーボ、11月から再び値下げ約4割(日経新聞)

京都大学の本庶佑特別教授との特許問題

共同でオプジーボに関する特許を取得したノーベル医学生理学賞を受賞した本庶教授と、特許の対価を巡ってもめているのも株価下落の要因の一つですね。

本庶教授は5〜10倍の対価引き上げを求めていて、この状況次第では小野薬品の業績にも当然影響が出ますよね。

現在のところ訴訟問題にまでは発展していませんが、今後の動向に要注目です。

参考記事:本庶氏、小野薬品を改めて批判 オプジーボ対価巡り(日経新聞)

今こそ知りたい!がん治療薬オプジーボ (健康人新書) [ 佐々木治一郎 ]
created by Rinker

株価が下落している小野薬品。株は買い時?

オプジーボの薬価引き下げや本庶教授との対立で株価が下落している小野薬品。株は買い時でしょうか?

個人的な好みの問題もあるかもですが、小野薬品の株は様子見と考えてます。

理由としては、

[box class=”yellow_box”]

・今後もオプジーボの薬価改定がありえる

・本庶教授との対立の行方が不透明

・オプジーボ以外に売れ筋の薬がない

[/box05]

ということですね。

そもそも医薬品株は新薬の開発状況、厚生労働省の薬価および訴訟の動向しだいなんですよね。

今後の高齢化の流れを考えると業界全体としては間違いなく成長するけれども、個別企業だと不確定要素が満載です。

現状、オプジーボの薬価改定や特許を巡る対立も、不透明な部分が多くまだ先が見えないですね。

もちろん新薬の開発に成功すれば大幅に株価は上昇するでしょうけど、オプジーボなみの新薬が開発されるかどうかなんてわからないです。

業績的には問題がなく配当も増配傾向ですが、しばらくは様子見ということで良いと思います。



「小野薬品の株価が下落」まとめ

今回は小野薬品の株価が下落ということで、株価の推移、配当実績や株主優待、今後の株は買いかなどについて述べてきました。

小野薬品はオプジーボの販売で業績が急成長し、株価も急激に上昇。

しかし度重なる薬価改定や特許を巡る対立などもあり株価が大幅に下落しています。

こういうところが医薬品関係の個別株の難しいところといえます。

直近の株価下落も、これらの問題の不透明感によるもの。現状は小野薬品株は様子見ということですね。

それでは。

 

おすすめ記事です。Tポイントによる投資を売りにしたSBIネオモバイル証券。ネオモバなら1株単位で投資可能。資金が少なくても購入できるんです!詳細は以下の記事にまとめてます。

[kanren postid=”2485″]

ABOUT ME
kaimaru41
高配当の日本株・米国株の長期投資に、レバレッジETF、FX、CFDを組み合わせて早期のセミリタイアを目指します。