日本株

花王の株価を分析!株主優待、配当やチャートから株は買いなのか?

花王(4452)の株価の推移や特徴について知りたいです。

連続増配で人気の銘柄ですが、チャート、配当の実績や株主優待、今後の予想についてはどんな感じですか?

このような疑問を持つ方に向けて記事を書いています。

今回の記事の内容

・花王(4452)の株価の状況は?

・花王の配当と株主優待は?

・花王の株価の推移(チャート)はどうなる?

・花王の株は買い時?

花王の株価に関して以下のツイートをしました。

洗剤などの家庭用品最大手の花王。株価は長期的に上昇傾向です。理由としては
・30年連続増配
・業績鉄板ディフェンシブ銘柄
・5年連続増収中
ということ。

欠点は人気がありすぎて株価が高止まりしていることですかね。長期保有前提で、ポートフォリオの主力として是非とも欲しい銘柄の一つです。

上記を深掘りします。

自分は、投資歴20年を超えており日本株を中心に 1,000万円以上の資産を運用しています。今回は、これらの経験も踏まえて記事を書きました。

花王(4452)はどんな会社?

花王は洗剤や化粧品など日用品などを製造する家庭用品最大手の企業ですね。

洗濯洗剤のアタック、シャンプーのメリットなど、ほとんどの人が聞いたことのある商品を提供しています。

花王の商品は、洗濯洗剤や歯磨き粉など日常生活の中で使用するものが多いので、おそらく一度は花王の製品を使ったことのある方が大半なのでは。

花王は、このような日用品だけじゃなくソフィーナやカネボウなどの化粧品事業やヘルシアなどのヒューマンヘルスケア事業なども強いですよね。

以下が花王の事業セグメント別の売上高比率。

最も振り上げの高いファブリック&ホームケア事業で22.8%程度で、事業分野が偏っていないのが花王の強みといえますね。

今回はこの花王を取り上げます。株の状況や株価推移はどうなのか、以下見ていきます。

花王(4452)の株価の状況は?

では早速ですが花王の株価データ(2019年10月4日現在)を見て行きましょう。

花王の株価データ
  • 株 価:  7910円
  • P E R :  23.4倍(予想)
  • P B R :  4.82倍(実績)
  • R O E  :   20.40%(予想)
  • 配当利回り:1.64%

株価の指標に関しては、連続増配銘柄として人気の花王株ですが配当利回りは1.64%とあまり良くないですね。増配率以上に株価が上がっているということなのでしょう。

PERの目安は13~15倍ぐらいですから23.4倍というのは割高な水準ですかね。

しかしながら同業他者のPERと比較してみると

  • ライオン:29.1倍
  • ユニ・チャーム:31.1倍
  • 資生堂:40.8倍

となっていて、むしろ花王のPERは割安といえますね。

人気のディフェンシブ銘柄で株価は長期的に上昇中。同業他社に比べて売り上げが順調に伸びているといことなのでしょう。

花王の配当実績は?

続いて配当実績を見ていきますね。以下が花王の配当金の実績です。

参照:花王HP 株主還元方針

文句のつけようがないですね。

2018年度で29期連続増配を達成。2019年度で予定通り130円の配当が実施されれば30年連続ということになります。

さらにすごいところは2014年以降の増配率上昇ペースが加速しているところですね。最近の業績が好調だということでしょう。

直近5年間の配当性向は34%〜39%となっていて、無理のない範囲で配当を実施していることがわかります。

花王の配当方針を見ると、

安定的に創出されるキャッシュ・フローをEVA視点から下記の優先順位で有効活用し、さらなる成長をめざします。

  1. 将来の成長に向けての投資 (設備・M&A等)
  2. 安定的・継続的な配当
  3. 自己株式の取得と借入金などの有利子負債の早期返済

としているので、成長を重視しつつ安定的な配当も行うということ。

洗濯洗剤や歯ブラシ粉などの日用品は、景気の動向で売り上げが大きく落ち込むことがありません。

余力十分の配当性向も考えると、今後も配当金の上昇傾向は続くと考えられます。

花王の株主優待は?

日本企業における連続増配株の代名詞ともいえる花王。株主優待はどうなっているのでしょうか?

やはり自社サービスや商品の優待が改悪されるリスクが少なくて良いですよね。

関連記事:
吉野家(9861)の株主優待はいつ届くの?【優待券を使える店舗のまとめ】
イオンの株主優待で映画料金1,000円に割引!安く映画を見る方法

しかし現在のところ、

花王は株主優待を実施していません。残念です…。

洗濯洗剤のアタックや入浴剤のバブなど、自社製品を株主優待にすれば、もっと人気が出ると思うのですが…。

株主還元は配当金を増配することによって、投資家の期待に応えるということなのでしょう。

株主優待ハンドブック 2019-2020年版 (日経ムック) [ 日本経済新聞出版社 ]
created by Rinker

花王の株価の推移(チャート)は?10年&短期チャート

続いてチャートを確認していきましょう。

日本の日用品メーカー最大手の花王ですが、これまでの株価推移はどうなっているのでしょうか?

ここでは過去10年の長期チャートと短期チャートを見ていきます。

花王の長期チャート

以下は過去10年のチャートです。

チャート画像

申し分のない綺麗な右肩上がりのチャートですね。

2013年ごろに2000円程度だった株価が、アベノミクスもあり2016年ごろに6000円を超える水準まで上昇していますね。

3年で株価3倍ですから配当金も考えると十分すぎるパフォーマンスですね。

その後一旦調整に入りますが2017年以降に再び上昇。

2018年以降、7500円〜9000円程度で株価は推移しているのがわかります。

花王の短期チャート

以下が2019年に入ってからの短期チャートです。

2019年に入って短期的には株価は調整していますね。

・5月28日:9033円

・8月 6日:7488円

となっていて1500円以上も下落しています。

ただ、チャート的には7500円の支持線で反発していることもあり、一時的な調整局面にも見えます。

30年連続増配中の花王。最近の株価が停滞しているのは何故なんですかね?

次に花王の業績を見ていきます。

花王の業績推移は?

ここでは、

[box class=”yellow_box”]

・花王の過去5年の業績推移

・2019年1〜6月の業績はなんと減収減益!?

[/box05]

をクイックに見ていきます。

花王の過去5年の業績推移

過去5年の売上高、営業利益、純利益の推移は以下のとおり(単位:億円)。

売上高 営業利益 純利益
2014年 14017.1 1332.7 795.9
2015年 14745.5 1673.2 1052.0
2016年 14576.1 1855.7 1265.5
2017年 14894.2 2047.9 1470.1
2018年 15080.1 2077.0 1537.0
2019年(予想) 15800.0 2250.0 1620.0

2014年以降、売上高・利益ともに順調に伸びており、完全な上昇傾向ですね。

営業利益、純利益ともに一度も前年割れしていないことがわかります。

花王のような日用品メーカーは景気や経済動向の影響を受けないディフェンシブ銘柄。

2015年のチャイナショックや2018年末のアップルショックに関係なく売り上げや収益を伸ばすことができたということでしょう。

こういう数字を見せられると、長期保有を前提として自分のポートフォリオの主力に加えたくなってきます。

2019年1〜6月の業績はなんと減収減益!?

業績鉄板の花王ですが直近の上半期決算はなんと減収減益でした。ちょっと意外ですね。

ポイントをまとめると、

2019年上半期決算のポイント

・売 上 高 :7213億円(前年同期比🔺1.0%

・営業利益:863億円(🔺4.8%

・純 利 益 :572億円(🔺8.8%

ということ。化粧品の売り上げは好調だったものの、それ以外の日用品の売り上げが不振だったとのこと。

最近の株価が停滞気味なのも、この減収減益の決算を受けてのことですね。

配当に影響が出るほどの落ち込みではないと思いますが、下半期で取り戻すことができるかどうか要注目です!

花王魂 やり遂げることの大切さ [ 今村哲也 ]
created by Rinker

株価が上昇傾向の花王。株は買い時?

業績鉄板、株価も上昇傾向の花王。株は買い時でしょうか?

個人的な好みも入っていますが、長期投資を前提とするのであれば花王株は買いを検討しても良いのではと考えいます。

理由を端的に言えば、

[box class=”yellow_box”]

・30年連続増配銘柄

・業績鉄板のディフェンシブ銘柄

・海外の売り上げ比率も高い

[/box05]

の3点に集約されますかね。

米中貿易摩擦や世界経済の減速懸念もあり、株式市場全体の先行きについて不安をもつ投資家も多くなってきています。

こういう状況下では景気敏感なIT、自動車、金融株のようなセクターより、花王のような日用品を取り扱うディフェンシブ銘柄が買いが入りやすいですよね。

医薬品銘柄も同様に景気に左右されないディフェンシブ銘柄といわれますが、新薬の開発や薬価の動向に株価が大きく影響を受け易いです。

日本の医薬品業界最大手の武田薬品ですら株価低迷にあえいでいますね。

参考記事:武田薬品工業の株価が下落!高配当も7兆円巨額買収で財務悪化。減配は…?

なので世界経済の不透明感が強い状況下では、花王のようなディフェンシブ銘柄が良いのでは、と考えます。

ただ、しいて気になる点をあげるとすれば、

  • 配当利回りが低い
  • 直近の業績が減収減益
  • 株主優待がない

の3点ですかね。

特に売り上げの減少が今後も続くのかどうかについては、注視していく必要があります。

「花王の株価の分析」まとめ

今回は花王の株価の分析ということで、株価の推移、配当実績や株主優待、今後の株は売りかなどについて述べてきました。

日本の日用品メーカーでは業界最大手の花王。景気動向に影響を受けない業績鉄板のディフェンシブ銘柄です。

株価は長期上昇傾向であり、かつ30年連続増配。非の打ち所がありません。

世界経済の減速懸念が高まっている状況でもあり、ポートフォリオの主力として是非とも欲しい銘柄の一つと言えます。

それでは。

 

関連記事です。この記事をご覧になっている方は、以下の記事も読まれています。

化粧品株の今後の見通しを分析しました。日本の国内市場で化粧品は数少ない成長分野です。おすすめの銘柄についてもまとめてます。

化粧品株の今後の見通しは?インバウンドも期待できるおすすめ3銘柄!化粧品株への投資を考えてますが、長期保有に向くのでしょうか?特徴や化粧品関連株でおすすめの銘柄についても知りたいです。 このような...

 

おすすめ記事です。

Tポイントによる投資を売りにしたSBIネオモバイル証券ネオモバなら好調な花王株も1株単位で投資可能。自分も投資しました。資金が少なくても購入できるんです!詳細は以下の記事にまとめてます。

ネオモバは儲かる?その評判と実際に1株投資して感じたメリットとは?Tポイント投資で評判のネオモバを使って投資すると儲かるんですか?実際にネオモバで投資すると、どんなイメージなのかメリットを具体的に知りた...

 

ソーシャルレンディングは”定期預金感覚”で投資できるため、株やFXのような値動きはなく「暴落」や「急落」といったこともありません。しかも期待利回りは3.5%〜7.5%詳細は以下の記事へ。

ソーシャルレンディングとは?評判やメリット・デメリットを徹底解説!最近評判のソーシャルレンディングとはどんなものですか?評判やメリットやデメリットを知りたいです。 投資歴20年のかいまるで...
OwnersBookなら1万円からの不動産投資。株の暴落が気になりません!
OwnersBook

OwnersBook(オーナーズブック)は1万円から不動産投資!株のように値動きがないので相場の動きが気になりません。

リターンの高い投資先としてメジャーなのは日本株や米国株。だけど1日に5〜10%暴落することも

OwnersBookは、預金のように元本に値動きがありません。銀行預金にほとんど利息がつかない中、投資先として有力な選択肢といえます。

全ファンドの利回りの中心は4〜6%で全て担保が設定されています

なので、こんな方に特にオススメです。

  • 日々の相場の動きを気にしないで投資したい
  • 株の大暴落がコワイ
  • 銀行の預金金利は低すぎて使えないと感じている
  • 定期預金感覚で高い利回りを得たい
  • 1万円から不動産投資をしたい

 

詳しくは以下をクリック!

詳細ページ公式ページ