日本株

NTTの株価推移と見通しは?高配当超優良銘柄の大幅上昇は期待できる?

NTT(9432)の株価の推移や配当について知りたいです。今後の見込みについてどのような感じですか?

株主優待などについても知りたいです。

このような疑問を持つ方に向けて記事を書いています。

今回の記事の内容

・NTT(9432)の株価の状況は?

・NTT(日本電信電話)の配当と株主優待は?

・NTTの株価の推移(チャート)はどうなる?

・NTTの株は買い時?株価は上がる?今後の株価の予想は?

NTTの株価に関して以下のツイートをしました。

通信事業のガリバーNTT。
売上高11兆円超えと業績も株価も絶好調です。配当利回り3.6%と増配傾向。
大きな成長は期待できないですが、通信インフラは景気や経済の動向に影響を受けない鉄板事業。内需株の代表銘柄です。
長期的に高い配当を受け取りたいという人は、是非とも保有すべき銘柄の一つです。

上記を深掘りします。

自分は、投資歴20年を超えており日本株を中心に1,000万円以上の資産を運用しています。今回は、これらの経験も踏まえて記事を書きました。

NTT(日本電信電話)はどんな会社なの?

「NTT」の画像検索結果

NTTは言わずと知れた国内通信のガリバー企業。地域固定電話網を事実上独占し、携帯電話や光回線で高いシェアを誇ります。

日本国内でNTTが提供するサービスを利用したことのない人は皆無と言えるでしょう。

もともと国の事業の一つだった日本電信電話公社(電電公社)が1985年に民営化した際に誕生した企業。

民営化直後の通信事業は一体的に運営されていましたが、携帯事業は分離されてNTTドコモへ。

さらに1999年に事業部門はNTT東日本、NTT西日本、NTTコミュニケーションズに分割されてNTTは持ち株会社になってしまいました。

いまだに日本政府が株の3分の1以上を保有する特殊会社で、売上高11兆円を超える日本屈指の巨大企業ですね。

今回はそんな通信事業のガリバーNTTを取り上げます。

NTT(9432)の株価の状況は?

では早速ですがの株価データ(2019年10月21日現在)を見て行きましょう。

NTT(日本電信電話)の株価データ
  • 株 価:  5329円
  • P E R :  11.3倍(予想)
  • P B R :  1.06倍(実績)
  • R O E  :   9.20%(予想)
  • 配当利回り:3.56%

株価の指標に関しては、パッと見た感じ”わりと良いな”というのが率直な感想。

配当利回りは3.56%で、日本株の中では結構な高配当です。だた、NTTドコモに比べるとちょっと物足りないかな…。

PERの目安は13~15倍ぐらいですから11.3倍というのは割安な水準ですね。

ただ他の通信会社のPERと比較してみると、

  • NTTドコモ:16.4倍
  • KDDI:11.1倍
  • ソフトバンク:14.7倍

となっていて、NTTのPERは必ずしも割安とはいえないですね。平均レベルといったところです。

通信事業は売上高や営業利益は堅調で配当利回りが高いものの、通信設備の維持や投資に莫大な費用がかかることもあり、投資家からの人気がイマイチなところがあるんですよね。

PERが低い傾向にあるのも、そこらへんの事情が影響しているのでしょう。

NTTの配当実績は?

続いて配当実績を見ていきますね。

以下がNTTの配当金の実績です。

出典:NTT HP 株主還元

綺麗な増配傾向ですよね!エクセレントです。

2013年85円→2018年180円と倍以上に増配しており、かなりのパフォーマンスです。

NTTは過去10年間で一度も減配がないんですね。民営化の際に個人投資家の人気をかなり集めましたし、政府が大株主ですからね。減配するというのは、かなりハードルの高い選択肢と考えられます。

配当性向も2015年度以外は、過去5年で30%〜42%程度とまだまだ余力はありますね

NTTの配当方針を見ると、

中長期的に企業価値を高めるとともに、株主の皆様に利益を還元していくことを重要な経営課題の一つとして位置づけております。配当につきましては、安定性・継続性に配意しつつ、業績動向、財務状況および配当性向等を総合的に勘案して行ってまいります。

としていて、あまり特徴のない配当方針です。その時々の情勢で考えていくということですね。

安定的な業績や過去に減配をしたことがないこと、個人投資家からの高い期待を考えると減配される可能性は低いと考えます。

NTTの株主優待は?

通信業界のガリバーNTT。株主優待はどうなっているのでしょうか?

やはり自社サービスの提供や割引が改悪されるリスクが少なくて良いですよね。

関連記事 >>
吉野家(9861)の株主優待はいつ届くの?【優待券を使える店舗のまとめ】

コメダの株価と株主優待は?高配当で業績好調|隠れ株主優待?もあるんです。

 

しかし現在のところ、

NTTは株主優待を実施していません。残念です…。

まあ株主還元は配当金を中心ということですかね。増配することで株主には利益還元したいと言うことなのでしょう。

株主優待ハンドブック 2019-2020年版 (日経ムック) [ 日本経済新聞出版社 ]
created by Rinker

NTTの株価の推移(チャート)は?10年&短期チャート

続いてチャートを確認していきましょう。

日本屈指の巨大企業であるNTTですが、これまでの株価推移はどうなっているのでしょうか?ここでは過去10年の長期チャートと短期チャートを見ていきます。

NTTの長期チャート

以下は過去10年のチャートです。

チャート画像

長期的にはしっかり株価が伸びているものの、2016年以降の株価は停滞していますね。

2013年ごろまで2000円程度だった株価が、アベノミクスもあり2016年ごろに5000円程度の水準まで上昇していますね。

3年で株価2.5倍ですから企業規模や配当金を考えると十分すぎるパフォーマンスといえるでしょう。

その後2017年末に6000円に迫る勢いまで株価が上昇しましたが、その後失速。2018年以降は調整局面に入っています。

長期チャートを見ると、NTTは内需株の代表銘柄ということもあり、2015年のチャイナショックや最近の米中貿易摩擦の影響をほとんど受けていないことがわかりますね。

NTTの2年チャート

以下が直近2年間のチャートです。

短期的な株価は、5900円を最高値として4000円から5500円のレンジ相場になっていますね。

チャート的には4500円あたりがサポートラインになっていて、この水準になると株価が反発しているのがわかります。

2018年以降は、5500円あたりで株価が2回ほど跳ね返されているので、このラインを超えることができるかですね。

このラインを明確にブレイクするようであれば、上場来高値の6000円まで期待できますね。

次にNTTの業績を見ていきます。

NTTの業績は?

続いてNTTの業績を見ていきます。以下が過去5年の売上高、経常利益、純利益の推移。

売上高 営業利益 純利益
2014年度 110,953.2 10845.7 5180.7
2015年度 115,409.9 13481.5 7377.4
2016年度 113,910.2 15397.9 8001.3
2017年度 117,821.5 16410.9 8978.9
2018年度 118,798.4 16938.3 8545.6

”堅実”の一言ですね。若干の減収や減益がある年もありますが、売り上げも利益も上昇基調です。

業績が堅調という見方ができる一方、会社として成長をほとんどしていないとも言えますね。

やはりNTTの収益構造を見ると、大きな成長を見込めない要因が見えてきます。

以下が、2019年3月期のNTT決算における各事業部門の営業利益の分布です。

移動通信事業   1兆136億円
・地域通信事業   3,607億円
・長距離・国際通信 1,001億円
・データ通信事業  1,477億円
・その他の事業      856億円

営業利益のほとんどは国内の事業ということですね。移動通信事業って携帯事業のことで、要するにNTTドコモの売り上げってこと。

日本の人口は長期的には減少していくのは間違い無いですから、通信需要が現状よりも大幅に増えることは考えにくいですね。

なので大きく業績を落とすことは無いけれども、大きな成長も見込めない成熟企業。NTTはそんな銘柄ということです。

2019年度1Q決算は増収減益!

国内通信事業で堅実に稼ぐNTT。2019年1Q決算は対前年で純利益3%減となりました。

決算短信の抜粋は以下のとおりです。

政府からの通信料値下げ圧力により、料金値下げを行ったNTTドコモの採算が悪化しましたね。

通期の業績予想は、従来予想を据え置きですね。売上高は前期比微減の11兆8300億円、純利益は微増の8550億円を見込んでいます。

携帯事業の軟調な業績を他の事業で埋め合わせることができるかどうかですね。

参考記事:NTTの4~6月期、純利益3%減 NTTドコモの採算悪化で(日経新聞)

▼NTTも脱電話会社に向けて動き始めています。11兆円巨大通信事業会社の今後の行く末は?▼

NTT30年目の決断 脱「電話会社」への挑戦 / 日経コミュニケーション編集榊原康 【本】

株価が堅調のNTT。株は買い時?

業績堅調の巨大通信ガリバー企業であるNTT。株は買い時でしょうか?

ちょっと自分の好みも入っているのですが、長期投資を前提にNTTの株は購入を検討しても良いのではと考えています。

理由を端的に言えば、

・高配当・増配銘柄

・景気の動向に業績が影響を受けない内需株

・業績鉄板

・チャート的にも上昇傾向

ということですね。

NTTが通信インフラ事業を扱う企業ということを考えれば、業績が大きく落ち込むことはおおよそ考えられないです。

成長が限られるので株価が大幅に上昇するということも無いかもですが、長期的に安定したインカムには強く期待できますね。

現在の配当利回り3.5%台で、しかも増配傾向。過去の実績や政府が大株主ということを考えると減配の可能性は限りなく低いです。

安定した高い配当を長期的に受け取りたいという人には適した銘柄と言えそうです。

「NTTの株価は堅調」まとめ

今回はNTTの株価分析ということで、株価の推移、配当実績や株主優待、今後の株は買いかなどについて述べてきました。

国内の通信事業で圧倒的なシェアを持つNTT。業績はまさに堅調そのもので、景気や世界経済の動向に大きな影響を受けない内需株の代表銘柄ですね。

大きな成長は見込めない反面、国内通信インフラ事業を扱うNTT。業績を大きく落とすことは考えられないことから、長期的に高い配当利回りを期待できるでしょう。

安定した高い配当を長期的に受け取りたい。NTTはそんな人に適した銘柄と言えそうです。

それでは。

 

関連記事です。この記事をご覧になった方は、以下の記事も読まれています。

NTTドコモの株価が上昇して年初来高値を更新しています。政府の料金値下げ圧力が強いものの、料金プランをうまく設定して影響も限定的です。株価好調の理由について分析です。

NTTドコモの株価が上昇する理由とは?インカム目的の大本命銘柄!NTTドコモ(9437)の株価の推移や配当について知りたいです。docomoは通信株ということで配当金に期待できますよね。 チャー...

 

5G本命銘柄である通信株の特徴についてまとめました。長期保有に向くのかどうか、分析しています。

通信株の今後の見通しは?特徴と5G本命のおすすめ銘柄4選を解説!通信株への投資を考えてますが、長期保有に向くのでしょうか?特徴や通信株でおすすめの銘柄についても知りたいです。 このような疑問を持...

 

おすすめ記事です。

Tポイントによる投資を売りにしたSBIネオモバイル証券ネオモバなら高配当のNTTも1株単位で投資可能。自分も投資しました。資金が少なくても購入できるんです!詳細は以下の記事にまとめてます。

ネオモバは儲かる?その評判と実際に1株投資して感じたメリットとは?Tポイント投資で評判のネオモバを使って投資すると儲かるんですか?実際にネオモバで投資すると、どんなイメージなのかメリットを具体的に知りた...

 

毎日が忙しくて資産運用にかける時間がない。日本市場だけじゃなく世界に投資したい。株だけじゃなくいろんな資産に投資したい。そんな人にはウェルスナビでほったらかし投資が最適です!詳細は以下の記事へ。

ウェルスナビは儲かるの?評判・口コミ・実際にやってみた結果とは?ウェルスナビ(WealthNavi)を活用して投資すると儲かるんですか?評判や口コミ、実際にウェルスナビをやってみた結果について具体的に...
OwnersBookなら1万円からの不動産投資。株の暴落が気になりません!
OwnersBook

OwnersBook(オーナーズブック)は1万円から不動産投資!株のように値動きがないので相場の動きが気になりません。

リターンの高い投資先としてメジャーなのは日本株や米国株。だけど1日に5〜10%暴落することも

OwnersBookは、預金のように元本に値動きがありません。銀行預金にほとんど利息がつかない中、投資先として有力な選択肢といえます。

全ファンドの利回りの中心は4〜6%で全て担保が設定されています

なので、こんな方に特にオススメです。

  • 日々の相場の動きを気にしないで投資したい
  • 株の大暴落がコワイ
  • 銀行の預金金利は低すぎて使えないと感じている
  • 定期預金感覚で高い利回りを得たい
  • 1万円から不動産投資をしたい

 

詳しくは以下をクリック!

詳細ページ公式ページ