日本株

エーザイの株価が上昇してる理由とは?”エーザイショック”後のストップ高へ!

エーザイ(4523)の株価が上昇している理由を知りたいです。最近、急上昇してストップ高になっていますよね。株価の推移(チャート)や特徴についてはどうなっていますか?

さらに株主優待、配当実績についても知りたいです。

このような疑問を持つ方に向けて記事を書いています。

今回の記事の内容

・エーザイの株価が急上昇!エーザイショック後のストップ高へ

・エーザイ(4523)の株価の状況は?

・エーザイの配当と株主優待は?

・エーザイの株価の推移(チャート)は?

・エーザイの株は買い時?

エーザイの株価が上昇する理由に関して以下のツイートをしました。

[box class=”blue_box”]

アルツハイマー製薬に強みを持つエーザイ。
米国で新薬認可申請を行うという報道で、株価が連日ストップ高になるなど、3日で50%以上上昇!
しかし今年3月には新薬開発中止で、ストップ安水準まで株価が下落する”エーザイショック”。値動きが激しいですね。
ちょっと手が出しずらい銘柄といえます。

[/box05]

上記を深掘りします。

自分は、投資歴20年を超えており日本株を中心に 1,000万円以上の資産を運用しています。今回は、これらの経験も踏まえて記事を書きました。

エーザイの株価が急上昇。”エーザイショック”後のストップ高へ!

エーザイの株価が急上昇しています。

以下が直近の短期チャートですが、2日連続でストップ高となっています。

エーザイの株価が急上昇している理由は、米国企業と共同開発しているアルツハイマー病の新薬について、2020年に米国で承認申請を目指すと発表されたためです

早期アルツハイマー病患者を対象とした治験で、認知や日常生活に関わる機能で症状悪化を遅らせる効果が認められたとの。

関連記事:バイオジェン、アルツハイマー薬申請へ 米で来年、エーザイと (日経新聞)

しかしチャートを見てわかるように、2019年3月25日にはストップ安水準まで大幅に株価が下落する、いわゆる”エーザイショック”に見舞われています。

これは、米企業と開発していたアルツハイマー型認知症の治療薬「アデュカヌマブ」について臨床試験(治験)を中止すると発表したからなんですね。

実は、このような株価の乱高下は2019年だけじゃありません。何故、エーザイ株はこのような乱高下を繰り返すのか?

以下、エーザイの特徴、株価の状況や業績について見ていきましょう。

エーザイ(4523)はどんな会社なの?

「エーザイ」の画像検索結果

ヒューマン・ヘルスケアのエーザイ。

言わずと知れた医薬品の開発・製造・販売を行う大手医薬品メーカーです。栄養ドリンクの”チョコラBB”を製造・販売するメーカーでおなじみですね。

売上高は国内第5位の製薬メーカーです。

売上高に占める自社開発品の比率が約90%と非常に高く、かつ海外での売上比率も全売上高の半数超と多いのが特徴

特にアルツハイマー製薬に強みを持っていて、アリセプトと呼ばれる認知症の進行を抑制する製薬は、海外市場における専有率が80%以上を誇ります。

アルツハイマー型認知症は世界的な高齢化で患者数の増加が予想されているんですけど、抜本的な治療薬はまだないんですよね。

なのでエーザイへの期待は非常に高くて、アルツハイマーに関する新薬開発に関する発表や報道で、株価が大きく動きます

ちなみに全くどーでも良い話ですが、チョコラBBの“チョコラ”とはチョコレートやコーラのようによく売れますようにと、願って考られたネーミング。自分も愛用しています。

チョコラBB ハイパー(50mL*10本入)【チョコラBB】[チョコラbb ローヤル 栄養ドリンク 滋養強壮]
created by Rinker

今回はそんなエーザイの株は買い時なのか、今後の予想はどうなのか株価と業績を見ていきたいと思います。

エーザイの株価の状況は?

では早速ですがエーザイの株価データ(2019年10月25日現在)を見て行きましょう。

エーザイの株価データ
  • 株 価:  8150円
  • P E R :  32.4倍(予想)
  • P B R :  3.84倍(実績)
  • R O E  :   11.5%(予想)
  • 配当利回り:1.96%

パッと見た感じ”あまり良くないな”というのが率直な感想。ただ製薬メーカーの中では良い方かな…。

配当利回りは1.96%で、日本株の平均よりもちょっと低いですかね。

PERの目安は13~15倍ぐらいですから32.4倍というのは割高な水準ですね。

ちなみに同業他者のPERは、

  • アステラス製薬:15.8倍
  • 第一三共:58.4倍
  • 中外製薬:32.0倍

となっていて、あまり方向感がないですね。

製薬会社は新薬の開発や薬価の改定などで売り上げや利益が変動しやすいので、PERは参考にならないかもです。

エーザイの配当実績は?

続いて配当実績を見ていきますね。以下がエーザイの配当金の実績です。

配当金は、2015年から150円で全く増えてないですね。やっと2019年で10円増配される予定。

増えない理由は配当性向を見るとわかります。なんと過去5年で67%〜109%⁉︎もあるんですね。

過去10年間で150円で一度も減配がないこともあり、エーザイ的にはギリギリまで頑張って配当を出しているといったところなんでしょう。

エーザイの配当方針を見ると、

配当につきましては、長期的なバランスシートマネジメントに依拠した「最適資本構成に基づく最適配当政策」を志向しており、連結業績、DOE(親会社所有者帰属持分配当率)およびフリー・キャッシュ・フローを総合的に勘案し、「シグナリング効果」も考慮して、株主の皆様へ継続的・安定的な配当を実施します。

としています。

んー、何を言いたいのか、よくわからないですね。

自分も既に50社近く株価分析記事を書いていますが、これほど小難しい配当方針は初めてです。

まあ過去の実績を考えると減配はないと思いますが、配当性向が極めて高いこともあり、配当金の伸びはあまり期待できない銘柄といえるでしょう。

エーザイの株主優待は?

配当金がほとんど増えていないエーザイ。株主優待はどうなっているのでしょうか?

やはり自社サービスや商品の優待が改悪されるリスクが少なくて良いですよね。

関連記事:
吉野家(9861)の株主優待はいつ届くの?【優待券を使える店舗のまとめ】
イオンの株主優待で映画料金1,000円に割引!安く映画を見る方法

 

しかし現在のところ、

エーザイは株主優待を実施していません。残念です…。

チョコラBBあたりを優待にすると株主にも喜ばれると思うのですが…。まあ、株主還元は配当金を中心に行うということなのでしょう。

株主優待ハンドブック 2019-2020年版 (日経ムック) [ 日本経済新聞出版社 ]
created by Rinker

エーザイの株価の推移(チャート)は?

続いて長期チャートを確認していきましょう。

アルツハイマー製薬に強みをもつエーザイですが、これまでの株価推移はどうなっているのでしょうか?

以下は過去10年のチャートです。

チャート画像

長期的には株価は伸びてますけど、荒い値動きですね。新薬の開発動向で株価が大きく動く製薬銘柄の特徴をよく表しているといえるのでは。

まず2015年初頭に株価が急騰していますね。1月に4300円程度だった株価が、わずか3ヶ月で9000円を超える水準まで上昇。

これはアルツハイマー治療薬で共同開発している米国企業の臨床試験の進捗が良好であると発表されたことを受け、エーザイの収益が大きく伸びる期待が膨らんだため。

参考記事:エーザイ株、ストップ高 提携米社の新薬開発期待(日経新聞)

その後、株価は調整局面に入り6000円まで下落しましたが、2018年初頭に再度急騰。わずか半年で6000円から11000円を超える水準まで上昇しました。

これもアルツハイマー新薬の治験で進行を遅らせるという有効性が確認されたというエーザイの発表を材料としたもの。

しかし、データに決定力がないとの報道などにより、2018年7月以降、株価は大幅下落となりました。

参考記事 >>
エーザイ、株高導く「1兆円」新薬の潜在力(日経新聞)
エーザイ株が急落-アルツハイマー薬の最新データが決定力欠く(Bloomberg)

アルツハイマー型認知症は世界的な高齢化で患者数の増加が予想されているんですけど、抜本的な治療薬はまだないんですよね。

なのでアルツハイマー製薬に強みをもつエーザイへの期待は高くて、新薬の開発をめぐる発表や報道で株価が急激に動く。

エーザイはそんな銘柄ということです。


エーザイの業績は?

過去5年の売上高、営業利益、純利益の推移は以下のとおり(単位:億円)。

売上高 営業利益 純利益
2014年度 5,484.7 283.3 432.5
2015年度 5,479.2 519.4 549.3
2016年度 5,391.0 590.6 393.6
2017年度 6,000.5 772.1 518.5
2018年度 6,428.3 861.5 633.9

アルツハイマーの新薬開発に関する報道で株価が乱高下を繰り返すエーザイですが、意外と業績は堅調ですね。

売上高は、上昇傾向といって良いと思います。純利益も5年間で1.5倍程度にまで伸びていますね。

エーザイは自社開発の製品の売り上げが9割以上を占めていることや、アルツハイマーを抑制する薬が市場占有率が極めて高いこともあり売り上げが堅調。

やはり強みのある製薬を持っている製薬会社の業績は強いですね。対象的なのが製薬業界のガリバー武田製薬です。新薬の開発にうまく言っておらず、業績が落ち込んでいます。

参考記事 >>
武田薬品工業の株価が下落!高配当も7兆円巨額買収で財務悪化。減配は…?

株価が大幅に上昇しているエーザイ。株は買い時?

アルツハイマー製薬の報道で株価が大幅に上昇しているエーザイ。株は買い時でしょうか?

個人的な好みも入っていますが、中外製薬の株は様子見と考えています。

理由を端的に言えば、

[box class=”yellow_box”]

・配当利回りが低い。株主優待がない!

・株価は結局アルツハイマー製薬開発の成否次第

[/box05]

の2点に集約されますかね。

アルツハイマー製薬の期待が高すぎですよね。過去2回ほど、新薬の開発に成功したというニュースで株価が大幅に上昇していますが、結局データの信憑性などに疑義が出たりして株価が暴落する”エーザイショック”に見舞われています。

なので、今回のストップ高となった株高も、過去のように株価大幅下落となる可能性はありますよね。

ただ業績は極めて堅調で、株価も6000円程度を底値として長期的にしっかりと伸びています。

なので自分としては、当面様子見をして、もう少し下落した段階で購入を検討するのが良いのではと考えます。


「エーザイの株価が上昇する理由」まとめ

今回はエーザイの株価が上昇する理由ということで、株価の推移、配当実績や株主優待、今後の株は買いかなどについて述べてきました。

アルツハイマー製薬に強みを持つエーザイ。直近では、アルツハイマー新薬に開発成功のニュースによりストップ高になるなど株価が大幅上昇しています。

しかし過去にも、このような大幅上昇をしていますが、いずれも開発が頓挫し、株価急落となる”エーザイショック”となっています。

今回の報道は、本当にアルツハイマー新薬の開発成功となるかどうか、見極めにはもう少し時間がかかりそうです。

それでは。

 

おすすめ記事です。Tポイントによる投資を売りにしたSBIネオモバイル証券。ネオモバならエーザイも1株単位で投資可能。資金が少なくても購入できるんです!詳細は以下の記事にまとめてます。

[kanren postid=”2485″]

ABOUT ME
kaimaru41
高配当の日本株・米国株の長期投資に、レバレッジETF、FX、CFDを組み合わせて早期のセミリタイアを目指します。