日本株

三井物産の株価は期待できる?配当の総額1000億円方針で株は買いか?

三井物産(8031)の株価の推移や配当について知りたいです。最近の株価が調整しているようですがチャートはどんな感じですか?

今後の減配の可能性や、株主優待などについても知りたいです。

このような疑問を持つ方に向けて記事を書いています。

今回の記事の内容

・三井物産(8031)の株価の状況は?

・三井物産の配当と株主優待は?

・三井物産の株価の推移(チャート)はどうなる?

・三井物産の株は買い時?株価は上がる?今後の株価の予想は?

三井物産の株価や配当の方針に関して以下のツイートをしました。

[box class=”blue_box”]

巨大総合商社の三井物産。
エネルギー市況の低迷で2015年度に赤字決算となりましたが非資源分野の強化により業績がV字回復しました。
配当利回り4.4%と高配当で、配当総額の下限も1000億円に設定、安定配当を目指してます。
インカム投資家としては、三菱商事にするか三井物産か、悩ましいところです。

[/box05]

上記を深掘りします。

自分は、投資歴20年を超えており日本株を中心に 1,000万円以上の資産を運用しています。今回は、これらの経験も踏まえて記事を書きました。

三井物産(8031)はどんな会社なの?

三井物産は言わずと知れた総合商社の最大手の一つ。三井グループの中核会社にして、日本初の総合商社ですね。

まだ”商社”という日本語がなかった明治初期に、あらゆる産品の貿易を手がける民間企業として発展。

食品、化学品など幅広い製品を取り扱っていますが、金属資源や石油や鉄鉱石、LNG開発などのエネルギー資源で強い収益基盤を持ちます。

その一方で、最近では総合商社のトレンドでもある非資源事業にも取り組み、ヘルスケアなどの分野を強化。収益基盤拡大を目指しています。

アジアで高まる医療ニーズを取り込むべく、アジア最大の民間病院グループIHH社に追加出資していますね。

今回は、そんな日本を代表する総合商社である三井物産を取り上げます。

三井物産(8031)の株価の状況は?

では早速ですがの株価データ(2019年10月25日現在)を見て行きましょう。

三井物産の株価データ
  • 株 価:  1819.5円
  • P E R :      7.0倍(予想)
  • P B R :    0.74倍(実績)
  • R O E  :   10.60%(予想)
  • 配当利回り:4.39%

株価の指標に関しては、パッと見た感じ”かなり良いな”というのが率直な感想。

配当利回りは4.39%で日本株の中では結構な高配当です。まあ総合商社は、どこも配当利回りが高いですね。

PERの目安は13~15倍ぐらいですから7.0倍というのはかなり割安な水準ですね。

ただ同業他者のPERと比較してみると、

  • 三菱商事:6.9倍
  • 伊藤忠商事:6.8倍
  • 丸 紅:5.4倍

となっていて、三井物産のPERは必ずしも割安とはいえないですね。

総合商社は売上高や営業利益は堅調ですが、大きなイノベーションや成長が見込めない成熟した業種。利益に対して株価が低く推移しているのでしょう。

三井物産の配当実績は?

続いて配当実績を見ていきますね。以下が三井物産の配当金の実績です。

さすがにリーマンショックのあった2008年ごろは配当金が下がっていますが、その後は増配傾向といえますね。

2012年度43円→2018年度80円と2倍程度に増配しており、なかなかのパフォーマンスです。

配当性向も赤字となった2016年以外は、過去5年で25%〜38%程度と余力はありますね。無理のない範囲と言えます。

ただ気になるのは、2012年と2016年に減配していることですね。

三井物産の配当方針を見ると、

年間4,000億円の安定基礎営業キャッシュ・フローを前提に、配当総額1,000億円の下限を設定し、基礎営業キャッシュ・フローの拡大を通じた継続的な増加を目指します。

としていて、配当総額の下限を設けているのは非常に珍しい。

ただ、結構な大盤振る舞いのように感じますけど、1株あたりで計算すると57円の配当なんですよね。

2019年3月期の配当は80円ですから、すでにこの下限を超えてる状況。

過去にも減配していることも考えると、業績次第では減配されることもありえるということです。

三井物産の株主優待は?

配当総額最低でも1000億円の三井物産。株主優待はどうなっているのでしょうか?

やはり自社サービスや商品の優待が改悪されるリスクが少なくて良いですよね。

関連記事:
吉野家(9861)の株主優待はいつ届くの?【優待券を使える店舗のまとめ】
イオンの株主優待で映画料金1,000円に割引!安く映画を見る方法

 

しかし現在のところ、

三井物産は株主優待を実施していません。残念です…。

まあ増配総額に下限を設けていることもあり、株主には配当金で利益還元したいと言うことなのでしょう。

株主優待ハンドブック 2019-2020年版 (日経ムック) [ 日本経済新聞出版社 ]
created by Rinker

三井物産の株価の推移(チャート)は?10年&短期チャート

続いてチャートを確認していきましょう。

総合商社で最古参の三井物産ですが、これまでの株価推移はどうなっているのでしょうか?

ここでは過去10年の長期チャートと短期チャートを見ていきます。

三井物産の長期チャート

以下は過去10年のチャートです。

チャート画像

最近は調整気味ですが、この10年間の長期で見ても、あまり株価は伸びていないです。

2013年ごろまで1300円程度だった株価が、2015年ごろに1700円程度の水準まで上昇していますね。

多くの銘柄がアベノミクスで大きく株価が伸びる中、三井物産は2年で25%程度しか上昇していない。ちょっと、もの足りないといったところです。

その後2015年以降は、資源価格の下落やチャイナショックもあり株価は1300円程度まで下落。

しかし2016年半ばごろから再び上昇し、1800円を超える水準まで株価は上昇しているのがわかります。

三井物産の2年チャート

以下が直近2年間のチャートです。

短期的な株価は、完全に停滞していますね。1600円から2000円のレンジで推移しています。

商社の株価は、企業などに資源や食糧などを売るという業種ですから景気の動向に影響を受けやすい。

2018年以降は、世界経済の減速懸念が根強かったですから株価も上がりずらいといったところなんでしょう。

チャート的には1600円が強力なサポートラインになっています。このラインに到達すると株価が反発しています。

一方、2000円から2100円あたりで株価が跳ね返されているのがわかります。まあ、当面の上値目処はこの水準ですね。

この状況はしばらく続くのか?次に三井物産の業績を見ていきます。


三井物産の業績は?

続いて三井物産の業績を見ていきます。以下が過去5年の売上高、営業利益、純利益の推移(単位:億円)。

売上高 経常利益 純利益
2014年度 54,049.3 4318.3 3064.9
2015年度 47,596.9 243.3 -834.1
2016年度 43,639.7 4607.9 3061.4
2017年度 48,921.5 5443.8 4184.8
2018年度 69,575.2 5843.4 4142.2

2015年度の業績の落ち込みはひどく、利益がマイナスになる赤字決算におちいっています。

これは石油や鉄鉱石の価格が暴落して資源エネルギー市況の低迷が続いた影響によるもの。資源分野の割合が高い三菱商事と三井物産は創業以来初の赤字決算となったんですよね。

一方、非資源分野に強い伊藤忠商事はエネルギー市況低迷の影響をそれほど受けなかったため、2015年度に業界首位に踊り出ました。

参考記事:業界に走る衝撃…伊藤忠が商社首位へ “岡藤流”の攻めで躍進、死角はあるか(Sankei BIz)

三井物産は、エネルギー市況に左右されない非資源への移行で、何とか2016年度の利益は大幅に改善しました。

その後の業績は売上高も利益も伸びており、堅調な内容といえるでしょう。

SBIネオモバイル証券

株価が調整している三井物産。株は買い時?

中国経済の減速、世界経済の減速懸念により最近の株価は調整している三井物産。株は買い時でしょうか?

配当利回りも高く、業績も底堅くはありますが、自分なら三井物産ではなく三菱商事の株を買いますね。

三菱商事の方が、優れている点を端的に言えば、

[box class=”yellow_box”]

・配当利回りが高い

・累進配当を宣言し増配する方針を明確化

・非資源分野への移行で業界トップに返り咲き

[/box05]

ということですね。

三井物産も三菱商事も、2015年度に赤字決算となっていますが、その後資源エネルギーから非資源分野へ業務の重心をずらし業績がV字回復しました。

どちらも業績は堅調で、最近は増収増益となっています。

ただ三菱商事の方が、減配しないで増配を目指す累進配当方針を明確化しており、配当金の伸びが良いですよね。

参考記事 >>三菱商事の株価が超期待できる理由とは?配当金の増配方針を宣言中⁉︎ 

2021年に配当金を125円から200円にする計画も打ち出していて、今後の増配にも期待が持てます。

どちらも業績鉄板で配当利回り4%超えの優良銘柄ではありますが、三菱商事の方が今後の配当金の伸びに期待が持てます。


「三井物産の株価推移」まとめ

今回は三井物産の株価分析ということで、株価の推移、配当実績や株主優待、今後の株は買いかなどについて述べてきました。

日本初の総合商社である三井物産。資源エネルギー分野の市況の落ち込みにより苦戦していましたが、非資源分野の強化により業績がV字回復しました。

配当利回りも4%超え、配当総額も1000億円という下限を設定するなど、長期保有するには良い銘柄といえますね。

実際の購入に当たっては、他の商社株と比較した上で検討したいところです。

それでは。

 

おすすめ記事です。Tポイントによる投資を売りにしたSBIネオモバイル証券。ネオモバなら三井物産も1株単位で投資可能!

資金が少なくても購入できるんです!詳細は以下の記事にまとめてます。

[kanren postid=”2775″]

[kanren postid=”2485″]

ABOUT ME
kaimaru41
高配当の日本株・米国株の長期投資に、レバレッジETF、FX、CFDを組み合わせて早期のセミリタイアを目指します。