ロボアドバイザー

ウェルスナビは儲かるの?評判・口コミ・実際にやってみた結果とは?

WealthNavi(ウェルスナビ)ってどうなんですかね。資産運用ならウェルスナビが良いって聞いたけど、、、果たして本当に儲かるの?

メリット・デメリットから利用者の口コミレビューを見てみたいな。

このような疑問を持つ方に向けて記事を書いています。

かいまる
かいまる
投資歴20年のかいまるです。WealthNaviでの投資を含めて1500万円以上を運用しています。

最近話題のWealthNavi。興味はあるけれど、実際にどれぐらいの利益が出るのか、またどれくらいのリスクがあるのかよくわからないので、始めるか迷っている方もいるかと思います。

WealthNaviの特徴を簡単にまとめると、

WealthNaviの特徴
  • 手間も時間もかけないで資産運用できる
  • 完全な自動取引で操作の必要なし
  • リスクをおさえた安定的な長期運用
  • 10万円からの少額投資
  • 手数料が運用資産の年率1%分のみとシンプル

ということ。特に仕事や子育てなどで日々の生活が忙しい人には自動で投資をしてくれるWealthNaviはうってつけの運用サービスです。

自分も証券会社に口座を開設して、直接、日本株や米国株に投資していますが、年に一回リバランスしたり、債券との比率を考えたり、銘柄を分析したりと結構面倒くさいんですよね。

それを「WealthNavi」のロボアドバイザーが全部自動で運用してくれるのです。

自分も実際にWealthNaviで投資をやってみたので、本当に儲かるのか、実際の評判や投資を開始する手順などについて詳しく解説していきます。

実際の運用状況についてもまとめていますよ!

なお、WealthNaviでは以下のキャンペーンを実施中です。こういうキャンペーンを利用して、お得に運用を始めましょう。

サービス公開4周年記念キャンペーン 30万円以上ご入金した方に、入金額に応じて最大5万円をプレゼント(2020/9/30まで)

今だけのキャンペーン実施中!

WealthNavi
無料口座開設はコチラ

※最短3分で申し込み完了

目次

WealthNavi(ウェルスナビ)は実際に儲かるの?

ロボアドバイザーが自動的に投資を行ってくれる。ほったらかしで良いところがウェルスナビの特徴ですが、本当に儲かるのでしょうか。

手数料が1%でローコストであることなどもあり、個別株やFXなどので短期売買を繰り返すよりは儲かりやすいことは確かです。

実際の例を見てみましょう。

1992年1月から2017年1月までの過去25年間で、WealthNaviの推奨ポートフォリオを用いて資産運用のシミュレーションを行うと、以下のチャートのように資産は2.4倍に成長し、1年あたりのリターンは6.0%という結果となりました。

なので過去のデータからは”ウェルスナビは儲かる”といえます。もちろんこれは過去の実績。

ウェルスナビによる投資も”相場”ですので、元本保証は当然ありませんし、投資資金が減ってしますリスクは当然あります。

なので絶対に儲かるとは断言できないですが、ウェルスナビを活用して長期投資することで、世界中の市場に分散投資を行い儲かる可能性は高くなることは間違いありません

ここで大事なのはじっくりと腰を落ち着けてすぐに換金せずに長期投資をするということなんですね。

ウェルスナビの過去の実績と期待運用利回りは?

じゃあ、ウェルスナビの過去の実績や期待運用利回りがどれくらいか気になるところですよね。

実はこれらに関しては、4年間の運用実績や過去25年間の株式市場などのデータからシミュレーションされていて、これらをまとめると、

ウェルスナビの運用実績まとめ

・運用利回りは約6%(過去25年データから)

・約4年間で最大+23.1%のリターン(実績)

となっています。もちろん、これらの運用利回りやリターンは過去データや過去実績であり、将来の運用実績が保証されるものではありません。

しかし、ここで注目したいのは長期間の資産運用を行った結果リーマンショック、チャイナショック、ドットコムバブル崩壊などでの株価暴落があったとしても運用利回りは6%だったということです。

債券や金などの安全資産に分散投資することにより、リスク低減を図りつつ高利回りを期待できる点がウェルスナビの大きな特徴と言えるでしょう。過去4年の実績を見ても、しっかりとしたリターンを記録しています。

かいまる
かいまる
過去の実績からはしっかりと儲けが出ているということ。

ウェルスナビをやってみた:運用実績44週目は?

ウェルスナビでの運用成績(2020年9月19日)をクイックに見ていきましょう。

以下のグラフがポートフォリオ評価額の推移になっています。青い線が評価額、水色に塗られた部分がこれまでの投資額です。

これを見るとコロナショックで3月に大きく下落した評価額(青い線)が、4〜5月に入って大きく上昇しているのがわかります。

43週目は株式市場は堅調で評価額は微減。34週目にコロナショックからプラスに転じました。何も特別なことはしていなくて、淡々と積立投資を続けてきただけ。

コロナショックのような大暴落があっても、いずれ資産は回復するということです。

暴落していた時に淡々と投資した資産が大きく上昇しているんですよね。ちなみに36週目の実績は

43週目の運用実績

  • 運用資産総額  : 103,944円
  • 評 価 損 益 額 : +2,751円(2.75%増)
  • 先週との比較  : −1,193円

となっていてプラスの運用益となっています。淡々と積立ることで、順調に資産は増えていますね。

今だけのキャンペーン実施中!

WealthNavi
無料口座開設はコチラ

※最短3分で申し込み完了 

ウェルスナビ(WealthNavi)とは?

WealthNavi(ウェルスナビ)は、預かり資産2900億円を達成、口座数33万口座を突破(2020年9月2日時点)しているロボアドバイザーによる資産運用サービス。

業界No1ですね。

この数字だけでも信頼感や人気の高さがわかりますが、実際に日本のメガバンクである三井住友銀行やみずほ銀行、三菱UFJ銀行といった大手メガバンクも出資しています。

最低投資金額は10万円、自動積立も毎月1万円からと簡単な設定で自動運用してくれるので、初心者の方でも気軽に投資を行うことができます。

これまで資産運用に関心があったけど、難しそうでよくわからない、あるいは忙しくてなかなか始められないという人には、非常に便利なサービスです。

ウェルスナビのロボアドバイザーってなに?

ロボアドバイザーって最近よく聞くかもですが、実際なんのことかわからない人も多いのでは。

これは、ロボットが人のかわりに最適な運用を考え、提案してくれるもの。資産運用を自分でやってると、投資判断をまちがえてしまうケースって多いんですよね。

一時的な暴落時にあわてて売却したり、ちょっと値上がりしただけですぐに売却してしまったり…。

人間は感情に流されやすいですが、ロボアドバイザーに任せる事で、投資判断も冷静にやってもらえるのです

実は米国ではかなり前から流行っているサービスなんですよね。

日本のロボアドバイザー市場は急速に拡大していて、2020年までに4.5兆円ぐらいになるのではと言われています。

ウェルスナビは儲かるの?そのメリットとは?

まずは、ウェルスナビの実際のメリットを見ていきましょう。端的にまとめると、

  1. 手間がかからず簡単に投資できる
  2. ほったらかしでもプロの行う運用ができる
  3. 地域・資産の分散運用
  4. 口座開設、売買、出金などの手数料が無料

ということ。クイックに確認していきます。

メリット①:手間がかからず簡単に投資できる

個人的に一番素晴らしいと思える点がこれですね。

入金したら…あとは放置でOK。そもそも、株とかトレードとか詳しくない人にとっては、ありがたいですよね。

ウェルスナビでの資産運用は、株式などの投資知識やめんどくさい作業が一切必要ありません。

まずは公式サイトかスマホのアプリでも無料診断によるシミュレーションを行います。

診断は「年代」、「年収」、「金融資産」、「毎月の積立額」、「資産運用の目的」、「株価下落時の行動」のたった6つの質問に選択肢で答えるだけ。

1〜2分程度であっという間に終了です

この結果、投資額が何%の確率でいくらになるかといったシミュレーションがグラフで示され、実際に運用されるポートフォリオも確認できるんですね。

目標金額や投資予定額、毎月の積立額などは自分で決めることもできます。

これらを参考にプランを決定。ユーザーがどれだけリスクをとることができるかに応じて、資産運用はロボアドバイザーが全て行ってくれます。

これだけの設定で、あとは最短で翌日から取引がはじまるので、初心者でもまったく問題なくはじめることができるわけです。

メリット②:ほったらかしでもプロの行う運用ができる

ウェルスナビでは、最初の診断によって決まった資産構成(ポートフォリオ)にしたがって、あとはすべての取引をロボアドバイザーが行ってくれます。

一度購入した銘柄は長期運用を行うので、細かな売買などは行いません。

しかし、相場が大きく変動して資産配分比率に変化が生じた場合は、最適なバランスに戻すために、ロボアドアイザーが自動的に売買(=リバランス)してくれるんですね。

このリバランスは、以下のタイミングで行われます。

・6ヶ月以上リバランスが行われていないとき

・最初の設定から比率が5%以上ずれたとき(50万以上運用時)

入金や分配金で口座の現金が一定以上になると、最初に決めたポートフォリオに合わせて自動で追加購入もしてくれます。

ポートフォリオの比率自体も、ロボアドバイザーが市場の状況に合わせて一年ごとに見なおしてくれるんです。なので、ユーザーが相場チェックなども一切する必要はありません。

ほかにも、リバランスや分配金の利益により一定以上の課税が発生しそうになると、含み損を確定してから買い戻し、利益を相殺することで税負担を軽くしてくれるDeTAXというサービスもあります。

こんな感じでプロの投資家行うような取引をロボアドバイザーがすべて自動で行ってくれる。

初心者でも簡単に確実な資産運用ができるというわけです。

メリット③:地域・資産の分散でリスクをおさえた運用

ウェルスナビ最大の特徴は、日本市場だけではなくて世界各地の株式市場に分散投資すること。

投資資産は株式だけではありません。債券、不動産、さらには金にも投資します。

これらをリスク許容度に応じて”ロボアドバイザー”が最適な割合で投資をしてくれるんですね。

具体的には、以下の資産にロボアドバイザーにより世界水準の分散投資を行うことができるんです。

ウェルスナビの投資先
  • 米国株式市場全体に連動するETF
  • 米国以外の先進国株式市場に連動するETF
  • 新興国株式市場に連動するETF
  • 米国債券に連動するETF
  • に連動するETF
  • 米国不動産に連動するETF

これらのETFは、世界50カ国、1万1千銘柄以上に分散しているので、ある国の経済危機や暴落があったとしても、その影響を極めて小さくおさえることができるというわけです。

もちろん、世界規模で同時株安・暴落が起きれば一時的にマイナスになることもありますが、10年単位の長期運用や積立投資を行っていれば、これまでの実績を見ても高い確率でプラスになることが期待できます。

さらに”安全資産”と言われる債券や金にも投資するので、株式に集中投資するのと比較してリスクを抑えた運用を行っています。

メリット④:口座開設、売買、出金などの手数料が無料

簡単に口座を開設してプロの行う運用ができるウェルスナビ。その手数料や、それ以外でも取引のための手数料や、口座維持費、出金手数料などの手数料が全て無料です。

せっかく運用でプラスになっていても手数料などの余計な出費でパフォーマンスが落ちることも。

こういったことに悩まされることがなくなります。

今だけのキャンペーン実施中!

WealthNavi
無料口座開設はコチラ

※最短3分で申し込み完了 

ウェルスナビのデメリット・注意点は?

次は、ウェルスナビで投資を行う場合のリスクやデメリットを取り上げます。そのポイントは、

  1. 元本割れのリスクがある
  2. 最低投資金額は10万円
  3. 手数料がかかる

ということ。以下、これらをクイックに見ていきます。

デメリット①:元本割れのリスクがある

ウェルスナビは資産のリスクを分散した運用を行っていますが、他の投資商品と同じように、リスクを完全にゼロにすることはできません。

その時々の経済の動向や相場の動きなどにより、ウェルスナビで投資している海外ETFの価格が値下がりするなどして、元本割れを起こす可能性があります。

もちろん長期・分散・積立で運用することにより、元本割れのリスクはかなり軽減されることになります。

デメリット②:最低投資金額は10万円

ウェルスナビの最低投資金額は、10万円となっています(積立は1万円から可能です)。

そのため、特に初めて投資を行う場合や少額で試してみたい人には、若干ながらハードルが高いと思うかもしれません。

ちなみに、ウェルスナビで少額投資したい場合は、SBIネオモバイル証券のネオモバユーザー向けにカスタマイズした「WealthNavi for ネオモバ」であれば、1万円からの投資が可能。

できるだけ少額から始めてみたい方は検討してみると良いと思います。

WealthNavi for ネオモバでウェルスナビを1万円から使えるの?”WealthNavi for ネオモバ”に興味があります。メリットや本家ウェルスナビとの違いはどのようなものですか? ネオモバだ...

デメリット③:手数料がかかる

ウェルスナビの手数料は、預かり資産の1%(現金部分を除く、年率・税別)となります。

ただ、ウェルスナビには「長期割」という割引特典もあり、50万円以上の金額で運用を継続すると6ケ月ごとに手数料の割引が拡大し、最大0.90%まで割引。

「長期割」は、「WealthNavi」を続けた期間と運用金額に応じ、6ヵ月ごとに手数料の割引が拡大するプログラムです。

リバランスを含め資産運用を自動で行ってくれるメリットや手数料に為替手数料が含まれていることを考えると、1%というのは妥当な範囲と言えるでしょう。

ウェルスナビの評判・口コミは?

ウェルスナビを利用している個人投資家の方々からは、SNSを中心に次のような評判が流れていますね。

ウェルスナビは自動引き落としで分散投資してくれて便利。運用していることを忘れていた!

ウェルスナビはとてもいいサービス!けど、最低投資額10万円、積立月1万…。初期投資を多くするべきか、積立を多くすべきか悩む…。

ほったらかし投資で便利だけど、インデックス投資と比べると手数料1%は少し高いかな。ただ金や不動産ETFなどにも分散投資をしてくれるから、手数料は妥当かも

分配金がもらえて嬉しい。再投資も自動なので楽ですね。株式投資で毎日チャートを見るのに疲れたから、ウェルスナビがちょうどいいかも。

ウェルスナビ運用の中でマイナスになることもあるけど、長期運用なので値動きはあまり気にならなくなった。

ウェルスナビを始めてから、投資やETFに興味を持ち始めた。ウェルスナビ開始後に自分でも投資について調べるようになり、iDeCoやつみたてNISAも始めた

ウェルスナビを始めてから、自分でポートフォリオを組めないか勉強し始めた

やはりほったらかしで良いところが評価されているようですね。株の短期売買やFXと違って、日々の相場が気にならない。さらに、ウェルスナビを始めたことでNISAやIdecoなどの資産運用に感心を持つ人も多いみたいです。

また、ウェルスナビで損失が出ることに関してこんな口コミもありました。

やはりウェルスナビは長期運用が基本ということですね。

今だけのキャンペーン実施中!

WealthNavi
無料口座開設はコチラ

※最短3分で申し込み完了

他のロボアドバイザーとの比較は?

THEO(テオ)+docomoも人気のロボアドバイザーです。ウェルスナビの競合相手は、このサービスだけと言っても過言ではありません。

ウェルスナビもTHEO+docomoも国際分散投資を行い、ロボアドバイザーによる自動運用という部分でほぼ同じ。

主な特徴を比較すると以下のとおり。

ウェルスナビ THEO
サービス開始時期 2016年1月 2016年2月
利用者数 32万口座
(2020年8月13日時点)
9万人
(2020年2月)
最低投資額 10万円 1万円
投資ETF数 6~7 30~40

ウェルスナビの方が、運用先がシンプルでわかりやすいこともあり圧倒的な人気を誇っていることがわかります。

一番人気で実績も申し分ないロボアドバイザーならウェルスナビを選べば間違いはありません…!

今だけのキャンペーン実施中!

WealthNavi
無料口座開設はコチラ

※最短3分で申し込み完了

ウェルスナビのよくある疑問に回答!

実際に利用している

  1. ウェルスナビの運用プランはどうする?
  2. 税金や確定申告はどうしたら良いの?
  3. 手数料が高いんじゃないの?
  4. セキュリティは万全なの?

について実際に利用している立場から回答したいと思います。

ウェルスナビの運用プランはどうする?

ウェルスナビは、まず運用プランであるリスク許容度を決めることになります。

これはカンタンに説明すると「どのくらいの損失に耐えられますか?」ということ。リスク許容度が高い(最大5)と株式の比率が高くなるし、逆に低いと債券や金の比率が高くなります

基本的にはリスクとリターンは比例するので、リスクを高くとればリターンが大きくなる可能性があるけど、その分、大きな損失をこうむるということですね。

2016年から2019年9月まで各リスク許容度で積立投資したきのリターンが以下の図。詳細は割愛しますが結果的にリスク許容度が最も高い5の時が一番儲けることができたということですね。

なのでリスクをとっても長期的に大きな利益を得たいという場合は、リスク許容度を高くして株式の比率の高い運用を行うということになります。

逆に、長期運用をしていれば必ず株式の暴落というのはあるので、ローリスクで運用したい場合はリスク許容度を下げた(=債券や金の割合を多くする)運用を行うということになります。

これは、株が大きく下がる局面では、安全資産である債券や金の人気が高まって、上昇しやすいからですね。

ウェルスナビは、簡単な質問に答えるだけで運用プランであるリスク許容度が決まりますので、何も難しいことはありません。

税金や確定申告はどうしたら良いの?

ウェルスナビの運用で得られた利益には税金がかかります。利益に対して約20%かかるんですね。サラリーマンや主婦の方などは、税金の手続きや確定申告をどうするか不安に感じる方もいるかもです。

しかし、ウェルスナビであれば問題はないですね。

というのは、口座開設(登録)するときに「特定口座(源泉徴収あり)」を選べば、自動で税金の支払いまでやってくれるので、税金の手続きや確定申告をする必要はありません。

手数料が高いんじゃないの?

手数料の1%は高いんじゃないのか?

ウェルスナビを検討している方・利用している方からよく聞く質問です。

確かに米国ETFであるVTIやAGGに直接投資した方が、委託経費率がそれぞれ0.03%、0.04%ということもあり経費が安くなることは間違いありません。

ただ、米国ETFを購入する際には手数料がかかるんですよね。証券会社で違いはありますが、概ね

・買付手数料:0.45%

・為替手数料:1ドルあたり0.25円(片道)

です。その上、当然のことながら資産の分散、積立、定期的なリバランスは自分で行うことになります。

最初のうちは負担じゃないかもですが、だんだんと投げ出したくなりますよね。特に忙しいサラリーマンや主婦、投資の初心者にこれらの作業がきちんと行うのは正直いって難しいと思います。

なので、ウェルスナビの手数料1%というのは、手数料や買付、その後の作業が全て込みということを考えると、それほど高くないですね。

セキュリティは万全なの?

お金を預けて運用してもらうのであれば、セイキュリティがしっかりした所に預けたいですよね。

ウェルスナビでは以下のようなセキュリティ対策をしっかり行っていて、今まで預かり資産を紛失・盗難にあったことはありません。

・現金、ETFは分別管理

・日本投資家保護基金に加入

・個人情報漏洩への対策(データの暗号化、マイナンバーの厳格保管)

セキュリティ対策はしっかり行っていて、安心感があります。

>> ウェルスナビ公式ページはコチラ

ウェルスナビの口座開設までの流れは?

自分も既に口座開設して自動運用を行っています。リスク許容度を決めて入金をすれば、あとは自動的にロボアドバイザーが投資を行います。

何も難しいことはないのですが、簡単に流れを説明すると、

  1. 運用プランを無料診断
  2. 口座開設の申し込み
  3. 入金して資産運用がスタート

となっています。クイックに説明しますね。

手順①:運用プランを無料診断(最短1分)

まずはウェルスナビ公式ページにアクセスします。

最初に運用プランを決めるために6つの質問に答えることになります。下のような質問に淡々と答えるだけで、最適な運用プランが提案されるんですね。

この6つの質問への回答が終わると以下のような診断結果が出力されて、「リスク許容度」と「目標金額」が表示されます。「次へ」を押すと口座開設の申し込みに進みます。

手順②:口座開設の申し込み(最短3分)

メールアドレスの登録や本人確認書類の提出などの手続きなどを行います。これらは全てオンラインで完結するんですよね。手順は以下のとおりになっていて、画面の指示のとおり作業をしていけば難しいことはありません。

口座開設の手順
  1. メールアドレスの登録
  2. 認証コードとパスワードの入力
  3. お客様情報の登録
  4. 本人確認資料のアップロード
  5. 規約等の同意
  6. 簡易書留の配達希望日の選択

本人確認書類として「運転免許証+通知カード」又は「マイナンバーカード」のいずれかが必要になるので事前に準備しておくと良いと思います。

手順③:入金して資産運用スタート

口座開設の審査のあと、登録した住所に簡易書留が送られてきます。

簡易書留を受領するとウェルスナビに入金できるようになります。リスク許容度の設定と10万円以上の入金すると、いよいよ資産運用がスタートです!!

ウェルスナビってみんなやっているの?

最近若い世代を中心に資産運用を始める人が本当に増えているんですよね。

ロボアドバイザーによる投資が最近注目されていることもあり、ウェルスナビの資産や口座数は伸び続けているんです。

運営元のウェルスナビ株式会社が2020年8月4日に発表したプレスリリースでは、

・預かり資産:2700億円

・口座数:32万超え

となっています。

ちなみに2019年12月の預かり資産は2000億円。それをわずか8ヶ月で700億円を上積みしており、今年に入って拡大ペースを上げています。

まわりは結構はじめている。ウェルスナビはそんな勢いのあるサービスと言えそうです。

結論:ウェルスナビはこんな人にオススメ!

今回はウェルスナビは儲かるのか、ということで特徴やメリット、実際に投資してみた件について述べてきました。

結論をいうと、

ウェルスナビはこんな人にオススメ
  • とにかく忙しくて時間がない
  • 何を投資すればいいかわからない
  • リスクを抑えた運用をしたい
  • 老後に向けて、コツコツお金を貯めていきたい

ということですね。反対に、

  • 資産を短期間で2倍、3倍にしたい
  • 短期間で結果を出したい
  • 日々のお金の増減が気になる

という方は違う投資手法の方が良いと思います。短期で大きなリターンは見込めないですね。

投資って難しそう、大量の資金が必要、危険というイメージがあってハードルが高いかもです。だけど、最近は若い人を中心に、投資を始める人が増えているのは間違いありません。

教育、年金、子育て…などなど。将来にしっかりと備えたい人がそれだけ増えているということ。

資産運用は長期的に見るとリターンが安定して行きます。できるだけ早めにはじめるのがオススメです。

株式市場は、コロナショックによる大暴落から完全に復活!米国のナスダック市場は6月に史上最高値を更新、日経平均株価は2万円台に回復していて、株価は下落局面から完全に上昇局面に入っています

この上昇局面のタイミングこそが資産を増やすのチャンスです。

これを機会にウェルスナビで運用を開始してみるのはどうでしょう?

特に投資初心者の方で、かつロボバイザーも初めて利用するような方には、圧倒的におすすめです。

口座開設は無料です。この機会にぜひ口座を開設しませんか?いま登録しておけば、みんなから遅れることがありません。

WealthNavi

今だけのキャンペーン実施中!

WealthNavi
無料口座開設はコチラ

※最短3分で申し込み完了

かいまる
かいまる
チャンスを逃したくないなら今!即行動です!