決算・業績

日産は赤字に転落する?配当予想40円を撤回!今期最終35%下方修正へ…

日産自動車(7201)の最近発表された決算は赤字になるぐらい不振でしたが、その内容とこのような不振が続く理由について知りたいです。

このような疑問を持つ方に向けて記事を書いています。今回は、2019年11月12日に発表された日産の2020年3月期第2四半期決算(上半期)を振り返ります。

日産が赤字に落ち入る可能性に関して以下のツイートをしました。

厳しい経営環境が続く日産自動車。
上期決算も営業利益が前年比で85%減少、自動車販売の苦戦が続いてます。厳しい決算を受けて今期最終利益を35%下方修正しました。
上期5兆円の売上に対して営業利益わずか300億円程度。為替の影響次第では通期で赤字もありえるかもです。

上記を深掘りします。

日産自動車といえば日本を代表する自動車メーカー。仏国のルノー、三菱自動車と共にアライアンスを形成し、2017年の世界販売台数は3社で約1061万台と世界首位となっています。

昨年(2018年)11月にカルロス・ゴーン元会長の逮捕を契機に、ルノーとの対立や社内規定に反して株価連動型の報酬を受け取り辞任した西川元社長など、日産の経営を巡りゴタゴタが続いている状況です。

日産の状況に関しては、以下の記事にもまとめていますが、これらの影響もさることながら米中貿易摩擦のあおりを受け、自動車販売数が減少していて、業績悪化に歯止めがかからず、遂には今年5月に減配が発表されました。

参考記事 >>
日産自動車の株価が上がらない!まさかの減配でチャートは暴落…今後の予想は?

西川社長辞任へ!日産株はどこまで下がるのか?チャート的に株価は……

高配当銘柄として個人投資家から絶大な人気のある日産自動車。株価もゴーン元会長が逮捕以降40%下落するなどさえない状況が続いています。

今回はそんな日産の直近決算を取り上げます。このままでは赤字となってしまうのか分析です。

自分は投資歴20年を超えており日本株を中心に1千万以上を運用しています。これらの経験も踏まえて記事を書きました。

このままでは赤字?日産自動車の上半期決算の結果は?

早速ですが日産の2020年3月期第2四半期決算(上半期)の結果を見ていきましょう。

2019年4月〜9月までの業績となりますが、かなりひどい状況で完全に業績が落ちてますね。以下が11月12日に日産が発表した業績の概況です。

出典:日産自動車HP 上期決算発表より

ポイントをまとめると、

日産の上半期決算ポイント

・売 上 高 :5兆30億円(前年同期比9.6%減

・営業利益:316億円(同85%減

・純 利 益 :654億円(同73.5%減

という内容。売上高が5兆円に対して営業利益がわずか316億円程度となっており、赤字決算寸前の状況と言っても過言ではないですね。

4月〜6月の第1四半期決算も営業利益が対前年比で99%減となっていて、第2四半期に入っても厳しい状況は続いているということでしょう。

日産が、このような赤字決算寸前となる理由はなぜなのか。次に決算資料を見ていきます。

日産自動車が赤字寸前となるが理由とは?

経営を巡る混乱や世界経済の減速懸念で厳しい状況が続く日産。赤字寸前の業績となる要因は、何と言っても自動車販売台数が全ての地域で減少しているからですね。

日産の決算説明資料からデータを見ていきましょう。以下が上半期の販売台数の実績です。

全体で販売台数が6.8%減少していますね。それでも米中貿易摩擦があるなか中国市場は善戦したと言えるかもですが、日本、中国、北米などの主要市場全てで苦戦が続いていることが見て取れます。

以下の第2四半期の営業利益の増減を見てみると、業績悪化が自動車の販売台数減少の影響であることがわかります。

為替の影響や関税などの規制対応費用で🔺446億円の押し下げがあったとはいえ、自動車の販売活動が+10億円程度と利益に寄与していないですよね。研究開発費などその他のコストを吸収できなかったということでしょう。

このままでは赤字になる?日産の通期業績予想を下方修正へ

日産自動車は、上半期決算を受けて通期業績予想を下方修正しました。

今回の修正により営業利益は1500億円と従来の2300億円から大幅減額対前年比52.9%も減ることになります。

販売不振の影響で700億円押し下げられているのもあるんですが、最も影響が大きいのが実は為替。円高が105円程度まで進んだことにより800億円も利益が減少しているんですよね。

日産が発表した下方修正の理由を見ても、

前回発表の通期業績予想に対して上期実績の進捗が十分ではないこと、為替が期初想定 レートに比べ円高傾向で推移していること、経済環境が不透明で全体需要の低迷傾向が今後 も継続すると想定されること等を勘案し、通期業績予想を修正することにいたしました。

としていて、今後も厳しい経営環境が続くことを示唆しています。

ただ上期の純利益は650億円程度であることを考えると、通期で純利益1100億円というのは状況悪化が続くということですね。

世界経済の減速懸念もあり自動車の販売台数が劇的に改善するとは考えずらく、円高の影響で800億円も利益が吹っ飛んだことを踏まえると、通期で純利益赤字になることも十分にありえると見ます。

中間配当10円、今期配当未定へ

今回の赤字寸前の業績を受けて、中間配当は前年同期の28.5円から10円とすることが発表されました。

年間配当は40円を予定していましたが、未定に変更。配当金をどうするかについては「新経営陣の判断が必要なので後日説明する」としています。

中間配当は対前年同期比で”減配”。日産の純利益の落ち込みを考えると、通期配当見通しも厳しいものになるのは間違いありません。

「日産は赤字になる?」まとめ

今回は、日産は赤字に転落するのか?と言うことで、日産の上半期決算の概要、業績の下方修正、上半期配当減配などについて述べてきました。

今回の上半期決算は悪いデータばかりで萎えてきますね。全く良いところがありません。4月〜9月期売上高と純利益が過去最高だったトヨタとは全く対象的。

円高や経営を巡るゴタゴタの影響など、しょうがない面もあるかもですが、最近は自動車のニューモデル発表などの本業に関するニュースをあまり聞きません。

日産の自動車販売は全地域で低迷しており、下期以降も続くことが予想されます。上期の純利益は650億程度となっており、為替の影響次第では通期で赤字となることも十分にありえると考えます。

それでは。

 

おすすめ記事です。

Tポイントによる投資を売りにしたSBIネオモバイル証券ネオモバなら日産も1株単位で投資可能。自分も投資しました。資金が少なくても購入できるんです!詳細は以下の記事にまとめてます。

ネオモバは儲かる?その評判と実際に1株投資して感じたメリットとは?Tポイント投資で評判のネオモバを使って投資すると儲かるんですか?実際にネオモバで投資すると、どんなイメージなのかメリットを具体的に知りた...

 

毎日が忙しくて資産運用にかける時間がない。日本市場だけじゃなく世界に投資したい。株だけじゃなくいろんな資産に投資したい。そんな人にはウェルスナビでほったらかし投資が最適です!詳細は以下の記事へ。

ウェルスナビは儲かるの?評判と実際に運用して感じたメリットとは?ウェルスナビ(WealthNavi)を活用して投資すると儲かるんですか?実際にウェルスナビで投資すると、どんなイメージなのか具体的に知り...

 

 

DMM株が米国株取引手数料を完全無料化!
DMM株

DMM.com証券のDMM株は、2019年12月9日(月)から米国株式取引手数料の完全無料化!

これまで大手のネット証券で横並びだった米国株の売買手数料が遂に無料化です。既に無料化している最低手数料に加え、取引手数料を一切かけずに米国株式を取引できます。

スマホアプリでも米国株の取引が可能です!

無料口座開設はコチラ