ソーシャルレンディング

ソーシャルレンディングとは?評判や投資の際に知るべきデメリットを解説。

しいとん
しいとん
最近評判のソーシャルレンディングとはどんなもの?投資を考えてるけど特徴を知りたいです。

かいまる
かいまる
初心者でもわかるように基本から解説するよ!デメリットも取り上げます。

投資歴20年のかいまるです。

最近ソーシャルレンディングって高金利で、すごい評判になっていますよね。

ただ実際に投資を始めようと思っても、仕組みとか特徴ってわかりづらいかもです。これからソーシャルレンディングをはじめたい思っている方の疑問、

しいとん
しいとん
どこの会社が良いのかわからない…。本当にその会社で安心なの?

といった疑問も解消できるよう、特徴だけでなくデメリットについても解説した上で、ソーシャルレンディングの注目の3社をランキング形式で紹介しますよ!

「ソーシャルレンディングってなに?」という初心者にもわかるように、基本的なことから解説していますよ。

そもそもソーシャルレンディングとは?

かいまる
かいまる
ネット上でお金の貸し借りをできるサービスのことだね。

ソーシャルレンディングとは、お金を借りたい会社とお金を貸して増やしたい人をネット上でマッチングするものです。

ソーシャルレンディングの運営会社はウェブサイト上で資産運用したい個人から小口のお金を集めて、その資金を企業に融資するんだね。

最少投資額は1万円〜10万円と、資金が少なくてもはじめやすいといえます。

借り手にとっては銀行を通さないで資金を調達できるのが最大のメリット。貸し手は銀行預金よりもはるかに高い金利がもらえるんだ。

例えば、ソーシャルレンディングで年利6%で融資した場合、10万円投資していれば6000円の利益が得られます。

ソーシャルレンディングへの投資のメリットとは?

しいとん
しいとん
なんでソーシャルレンディングって注目されてるの?メリットは?

ここではメリットを解説するよ。

主なものは、

  1. 利回りが銀行預金よりもはるかに高い
  2. 値動きがないので何もしなくても良い
  3. 1万円から10万円ぐらいから始められる

ということだね。クイックに解説します。

投資メリット①:利回りが銀行預金よりはるかに高い

ソーシャルレンディングは、リターンである利回りが銀行預金よりも高く設定されているのが最大のメリットですね。

案件によって違いますが、だいたい5%から7%ぐらいで設定されている案件が多いですね。

しいとん
しいとん
そんなに金利もらえるの!?

この高い貸出金利が実現できるのは、創業から年数が浅いことや借入期間が短いなどの理由で銀行から融資を受けられない企業があるからです。

一方、ソーシャルレンディングの融資審査は柔軟です。

借り手企業が本当に返済できるかは厳しく審査するものの、必ずしも創業年数などに縛られないです。

投資メリット②:値動きがないので何もしなくて良い

ソーシャルレンディングは一度融資すると、あとは何もしなくても良いです。

株やFXと違って日々の値動きがないんですよね。

自分も投資初心者のときは日々の値動きが気になってしょうがありませんでした。それに何か大きなニュースとかあると、株価が暴落してますとか、円高が進んでいますとか…。

ソーシャルレンディングは値動きがなくても、銀行預金以上の金利を期待できるということ。

かいまる
かいまる
融資してしまえば、分配金の受け取りと満期をまつだけだね!

投資メリット③:1〜10万円ぐらいから始められる

ソーシャルレンディングは、案件によりますが1万円から始められるものが大半です。

しかも手数料もシンプルで、お金の振込と出金するときぐらいですね。

ソーシャルレンディングのデメリットとは?

ソーシャルレンディングのデメリットは、

  1. デフォルト(貸し倒れ)リスク
  2. 流動性リスク
  3. ハイリターンが期待できない

ということ。

初心者の方がソーシャルレンディングへの投資をためらうのは、このリスクが見えづらいということなんですよね。

これらデメリットをクイックに解説します。

デメリット①:デフォルト(貸し倒れ)リスク

かいまる
かいまる
貸したお金が戻ってこないリスクのことだね。

企業の事業に融資するということですから、何らかの理由で借り手が返済不可能に陥った場合、デフォルトとなります。

なので銀行預金とは異なりソーシャルレンディングは投資元本が保証されていないということです

デフォルトがおきると、投資したお金の一部または全額が返済されないため、損失を被ることとなります。

なお、デフォルトとは満期までに償還を行うことができず、期日が後ろ倒しになることもありますので注意が必要です。

デメリット②:流動性リスク(途中解約できない)

ソーシャルレンディングは、基本的に一度投資を行うと満期を迎えるまで資金を引き出すことはできません

これは借り手の返済遅延が起こった際も同様です。

なので余裕資金で投資を行うのが重要ということです。

かいまる
かいまる
慣れるまでは投資期間が短い案件に投資する方が良いね。

デメリット③:ハイリターンが期待できない

ソーシャルレンディングの儲けは分配金によるインカムゲインによるもの。短期間でのハイリターンが期待できません。

株はFXは、価格変動による値幅を期待した取引をしたり、レバレッジをかけることで短期間で大きなリターンを狙うことができます。

しかしソーシャルレンディングでは高くとも利回り10%程度です。

元本が変わらないので大きな損失が出ない一方、短期間で大きな利益をゲットするような取引はできないということ。

安定運用に徹して、着実に利益を重ねていく投資であるということです。

「ソーシャルレンディングとは?」まとめ

今回はソーシャルレンディングとはということで、特徴、メリット、デメリットなどについて述べてきました。

細かい点は置いておいて、大きな特徴をまとめると、

  1. 1万円から投資できる
  2. 案件次第で5〜8%の利回りを期待できる
  3. デフォルトのリスクがある

ということだね。

リターンの高い投資先としてメジャーなのは日本株や米国株。だけど値動きが激しくて1日に5〜10%動くことも普通にあります。

銀行への預金にほとんど利息がつかない中、元本に値動きがないソーシャルレンディングは投資先の有力な選択肢ですね。

しいとん
しいとん
一攫千金を狙わず、コツコツと利益を積み上げていくってことね!

最後に注目のソーシャルレンディングのおすすめランキングを見ていきましょう!

注目のおすすめランキングは?

かいまる
かいまる
自分が実際に使ってみた会社の中から、安心度やファンドの種類、利回りなどからランキングを付けたよ。

詳細ページや公式ページへのリンクを貼っておきましたので、そちらも是非ご覧ください。

第1位!クラウドバンク
クラウドバンク
運営開始から5年以上でも回収率が100%という実績!
実質利回りが6%以上のファンドが多数。短期から長期まで投資先も多く分散可能
厳しい基準を求められる、「第一種」金融商品取引業の登録事業者(日本クラウド証券株式会社)によって運営
総合評価
安心度
ファンドの種類
期待利回り 5.0〜8.0%中心

詳細ページ
公式ページ

第2位!Funds
Funds
なんと1円から投資可能。少額からはじめられます。
融資資金の「募集」と「運用」が分離されていて、様々なファンドへの投資が可能。安定した利回りが期待できます。
ファンド組成を許されるのは、Funds(ファンズ)運営会社(クラウドポート社)の審査をクリアした企業のみに限定。
総合評価
安心度
ファンドの種類
期待利回り 1.5〜6.0%中心

詳細ページ
公式ページ

第3位!OwnersBook
OwnersBook
不動産投資に特化することで、ミドルリスク・ミドルリターン。

全案件に不動産担保を設定。さらに運営会社は安心の東証への上場企業で安心。

総合評価
安心度
ファンドの種類
期待利回り 4.0〜6.0%中心

詳細ページ
公式ページ