ソーシャルレンディング

ソーシャルレンディングで失敗しないためには?投資歴20年を踏まえ解説

しいとん
しいとん
最近話題のソーシャルレンディングを始めようと思うんだけど、失敗しないかな?

かいまる
かいまる
投資だから当然リスクはあるよ。失敗を回避するための方法をわかりやすく解説します!

投資歴20年のかいまるです。コツコツと投資してきて、今では運用資産は1千万円を超えています。

最近ソーシャルレンディングって高金利で、すごい人気になっていますよね。一部のファンドでは、応募開始からわずか数分で予定資金に到達して、募集終了になるものも。

そんな人気のソーシャルレンディンだけど、利回りが通常の預金よりも高い投資。当然ながらリスクもあるんだ。

リターンが高いぶん、リスクも高くなっているってことだね。中には、失敗したっていう人も…。そこで今回は「ソーシャルレンディングに失敗しないためには」ということを、わかりやすく解説します!!

ソーシャルレンディングって何?っていう人は以下の記事を読んでいただきたい。

ソーシャルレンディングとは?評判や投資の際に知るべきデメリットを解説。 投資歴20年のかいまるです。 最近ソーシャルレンディングって高金利で、すごい評判になっていますよね。 ただ実...

ソーシャルレンディングで失敗する原因は?

かいまる
かいまる
ソーシャルレンディングのリスクをしっかりと理解しないと、「こんなはずじゃなかった」なんてことになるよね!

しいとん
しいとん
具体的にはどんなリスクがあるの?

ソーシャルレンディングの主なリスクには、以下の2つに集約されます。

  1. デフォルト(貸し倒れ)リスク
  2. 流動性(途中解約できない)リスク

初心者にとってソーシャルレンディングの敷居が高いのは、このリスクが見えづらいということなんですよね。

これらのリスクをクイックに解説します。

リスク①:デフォルト(貸し倒れ)リスク

かいまる
かいまる
貸したお金が戻ってこないリスクのことだね。

大前提としてソーシャルレンディングは元本が保証されていないということ。銀行預金とは異なるんですね。

Fundsを運営しているクラウドポートによると、2018年1月25日時点における実績では、貸し倒れ率が1.47%となっています。

しいとん
しいとん
へー。100件中1件以上の割合で貸し倒れが発生しているんだ!知らなかった。

企業の事業に融資するということですから、何らかの理由で借り手が返済不可能に陥った場合、”デフォルト”となります。

デフォルトがおきると、投資したお金の一部または全額が返済されないため損失を被ることとなります。

なお、満期までに償還を行うことができず資金が戻ってくる期日が後ろ倒しになることもあるんだよね。

リスク②:流動性リスク(途中解約できない)

ソーシャルレンディングは、基本的に一度投資を行うと満期を迎えるまで資金を引き出すことはできません

これは資金を借りている企業の返済遅延が起こった際も同様。原則、途中解約できないんですね。

売りたい時に時価で売ることができる株式やいつでも引き出せる銀行預金とは違うということです。

かいまる
かいまる
慣れるまでは投資期間が短い案件に投資する方が良いね。

ソーシャルレンディングの典型的な失敗事例は?

ここでは典型的な失敗事例について解説します。

主な事例としては、

  1. 1社に集中投資してしまう
  2. 利回りの高いファンドにばかり投資してしまう
  3. ハイリターンを期待しすぎる

ということだね。クイックに解説します。

失敗の事例①:1社に集中投資してしまう

運営会社のデフォルトすると、1社に集中投資していると、投資資金の大半を失うことになります。

例えば2018年に、不動産特化型のソーシャルレンディング運営会社ラッキーバンクにおいて、運用中の案件がほぼ一斉に返済遅延。

投資家に支払われる予定であった分配金は停止され、ラッキーバンクは元本の3割で担保を処分されるという事案が発生したんですよね。

しいとん
しいとん
投資資金の30%しか戻って来なかったってこと?

不動産の担保を設定したいたにもかかわらず、実際の売却額が融資額に達しなかったりして、投資資金の70%を失ってしまったんだね。

失敗の事例②:利回りの高いファンドにばかり投資する

投資の基本としてリターンとリスクは比例するということ。

ソーシャルレンディングが高い利回りを実現できる理由は、リスクの高い投資だからということに他なりません。

創業から年数が浅いことや借入期間が短いなどの理由で、銀行から融資を受けられないといった事情があるから、借り手は高い分配金を出すんですね。

もちろん、運営会社は借り手企業が本当に返済できるかは厳しく審査しているし、担保や保証会社を設定するケースも多いです。

ただ、リターンが高く設定されているということは、デフォルトのリスクが高く、投資資金が毀損するリスクが高いからということを忘れちゃいけないね。

失敗の事例③:ハイリターンを期待しすぎる

これは初心者にありがちですね。

ソーシャルレンディングの儲けは分配金によるインカムゲインによるもの。短期間でのハイリターンが期待できません。

株はFXは、価格変動による値幅を期待した取引をしたり、レバレッジをかけることで短期間で大きなリターンを狙うことができます。

しかしソーシャルレンディングでは高くとも利回り10%程度です。

元本が変わらないので大きな損失が出ない一方、短期間で大きな利益をゲットするような取引はできないということ。

安定運用に徹して、着実に利益を重ねていく投資であるということです。

ソーシャルレンディングで失敗しないためには?

ここでは失敗しないためにはどうすれば良いか述べていきます。

主な対策としては、

  1. 分散投資する
  2. リターンが高い案件はリスクも高いと考える
  3. まずは少額から複数の会社で始めてみる

ということ。詳細に見ていきます。

分散投資する

まずは投資の基本中の基本である分散投資を行うことが大事。これは、ソーシャルレンディングにも当てはまります。

一つのファンドに50万円を投資して、その会社でほぼ全ての案件の返済遅延が起きてしまうと、最悪の場合には50万円全てを失うリスクもあるってことだね。

ラッキーバンクの場合、大規模な返済遅延が発生して、実際に担保を売却して投資家に返済できたお金は全体の3割のみ。

なので、1社に集中投資するのではなく、複数のソーシャルレンディング会社に投資することでリスク分散を図ることが重要ってことだね。

利回りが高いのはリスクが高いと考える

利回りの高さは、すなわちデフォルトのリスクが高いということ。借りる側としても返済金利が高ければ、それだけ返済のハードルが高くなるということですよね。

事業で思ったように利益が出ず、当初決められた金利を返済できなければ、担保などを処分して返済することになります。

一概には言えないですが、比較的利回りの低い案件は担保がしっかり設定されていたり、返済を保証する保証会社が間に入っているケースが多いです。

しいとん
しいとん
利回りが高いファンドは、なぜ高いのかを考えることが大事ってことね。

まずは少額から複数の会社で始めてみる

そうは言っても、最初のうちはどのファンドが良いのか判断することは難しいです。

なので複数の会社、そして複数のファンドに分散しつつ、少額から投資を始めてみるのがオススメです。

今では、ほとんどのファンドが1万円から投資できるし、Fundsの場合は1円から投資することが可能です。

手数料が無料なので、複数のソーシャルレンディングで口座を開設して金銭的な負担はゼロ。まずは経験を積むことが大事です。

しいとん
しいとん
わたしも4つのソーシャルレンディングで口座開設してるよ!そうしている人が多いみたいです。

オススメの会社は以下の記事にまとめて見ました。

ソーシャルレンディングとは?評判や投資の際に知るべきデメリットを解説。 投資歴20年のかいまるです。 最近ソーシャルレンディングって高金利で、すごい評判になっていますよね。 ただ実...

「ソーシャルレンディングで失敗しない!」まとめ

今回はソーシャルレンディングで失敗しないということで、リスク、失敗事例、デメリットなどについて述べてきました。

細かい点は置いておいて、失敗しないためには、

  1. 分散投資する
  2. 利回りが高いのはリスクが高いからと考える
  3. まずは少額で複数の会社で始めてみる

ということ。

大前提として、ソーシャルレンディングは投資。どんな利回りが低い案件でもデフォルトのリスクは当然あります。

なので投資の基本である分散投資を行うことはもちろん、利回りが高い案件は、どうしてリターンが高いかを考えて投資すべきですね。

しいとん
しいとん
まずは経験。しっかり分散投資して、複数の会社で少額から始めることが大事ってことね!

それでは。

 

関連記事です。運営開始から5年以上でも回収率が100%という実績!実質利回りが6%以上のファンドが多数。短期から長期まで投資先も多く分散可能というクラウドバンクについてまとめています。

クラウドバンクの評判は?儲かるの?メリットや手数料など解説します! 投資歴20年のかいまるです。 今回は数あるソーシャルレンディングの会社の中でも人気の高い「クラウドバンク」について...
ソーシャルレンディングなら年率4〜8%のリターンを期待できます!
クラウドバンク

ソーシャルレンディングは、株のように値動きがないので相場の動きが気になりません

リターンの高い投資先としてメジャーなのは日本株や米国株。だけど1日に5〜10%下落することも普通にあります。

ソーシャルレンディングは、預金のように元本に値動きがありません。銀行預金にほとんど利息がつかない中、投資先として有力な選択肢といえます。

ソーシャルレンディングとは?評判や投資の際に知るべきデメリットを解説。 投資歴20年のかいまるです。 最近ソーシャルレンディングって高金利で、すごい評判になっていますよね。 ただ実...

ソーシャルレンディングの中でも特に注目されているのがクラウドバンク。全ファンドの平均実績利回り6.99%で元本回収率100%!

詳しくは以下をクリック!

詳細ページ公式ページ