投資理論

株への投資は儲かるのか?【その仕組みや過去のデータを徹底解説。】

株への投資は本当に儲かるんですか?なぜ儲かるのか、仕組みや理由を知りたいです。

このような疑問を持つ方に向けて記事を書いています。

今回の記事の内容

・そもそも”株への投資で儲かる仕組み”とは?

・株への投資は儲かるのか?過去のデータは?

・なぜ株への投資は儲かるのか?

投資歴20年のかいまるです。米国の大学で公共経済を学びましたが、経済成長に関しては大きなトピックとなっていますね。

積立NISAの利用であれ、Idecoの活用であれ、株は儲かるのかというのは、投資を考えている人は誰しも持つ疑問です。

金融工学や現代ポートフォリオ理論などについて、数式を活用して証明すれば、おそらく長期的にプラスになることはまず間違いないし、そうなることを示すことはできると思います。

ただ、自分にはこれらの理論を完全に説明する能力はないし、仮に説明できたとしても、大部分の者は理解できないと思います。なので、冒頭の質問に対しては「過去の経験上、儲かる可能性が高い」という回答になります。ちょっと曖昧ですね。

そこで、今回は「株への投資が本当に儲かるのか?」という素朴な疑問に対し、儲かる可能性が高い理由について述べていきたいと思います。

そもそも”株への投資で儲かる仕組み”とは?

具体的に株への投資で利益を生み出す方法は、

  1. 株価の値上がり益(キャピタルゲイン)
  2. 配当金による利益(インカムゲイン)

の2つ。もちろん信用取引で株価が下がった時でも利益は出せるけど、話を簡単にするために、今回は現物株を想定しています。以下、クイックに説明します。

儲かる仕組み①:株価の値上がり益(キャピタルゲイン)

株価の値上がり益(キャピタルゲイン)とは、保有している株を売却する事によって得られる売買差益の事。株と言った時に、真っ先にイメージするのはこのキャピタルゲインではないですかね?

株価はつねに変動します。例えば以下の図のように、A株を持ちたい人が増えればそのA株の株価は上がっていきます。逆もまた然り何です。

なので、このキャピタルゲインを得るには

・安い時に買って、高くなったら売る。

というシンプルな手法ということになります。口でいうのは簡単なんですけどね…。

株価の値上がりによって大きな値幅で利益を狙えるというところが最大の特徴。当然、株価が値下がりすれば購入時よりも安く売却するということで、この場合は損失ということになります。

チャートを見ながら短い時間で取引したり、長期的に株を保有して、大きな差益を狙ったりと、投資スタイルは様々です。

また、企業は株主への還元策として自社株買いを行い、株価を釣り上げることも行われていますね。詳しくは以下の記事で解説しています。

https://leverage-investment.com/2019/04/03/%e6%a0%aa%e4%b8%bb%e3%81%b8%e3%81%ae%e5%88%a9%e7%9b%8a%e9%82%84%e5%85%83%e3%80%81%e8%87%aa%e7%a4%be%e6%a0%aa%e8%b2%b7%e3%81%84%e3%82%82%e8%89%af%e3%81%84%e3%81%91%e3%81%a9%e9%85%8d%e5%bd%93%e9%87%91/

儲かる仕組み②:インカムゲイン(配当金)

一方インカムゲインとは、「株を保有することで得られる、配当による利益」のこと。株式を保有するだけで発生する収入(=インカム:income)ということになりますので、いわゆる不労所得とも言えます。

この「配当」とは、企業が稼いだ利益の中から、株主に対して支払う(還元する)お金のことです。利益のうち、どのくらいを配当として株主に還元するかは、企業の経営方針や業績で決まるんですよね。

例えば、アマゾンやグーグルのように莫大な利益を出していても、利益の大半を配当に回さず研究開発や設備投資などに回しているし、逆にJTやアルトリアのように利益の半分以上を常に配当に回すような企業もあります。

なので配当をしっかり出す方針の企業に関しては、業績が悪くならない限り、定期的な収入をしっかりと見込める。ここが短期的に大きく価格が動くキャピタルゲインとの違いですね。

株への投資は儲かるのか?過去のデータは?

株が儲かる仕組みはわかりやすいですが、本当に儲かるんですかね?相場ですから短期的に確実に儲かるということは断言できません。

しかし、20年、30年と行った長期のデータを見ると株は確実に上昇していることが確認できるんですね。ここでは、

  1. 株への投資期間が長くなればプラスに収束
  2. 株は長期投資と相性が良い

について、詳細に見ていきましょう。

株への投資期間が長くなればプラスに収束(米国市場)

過去の投資データから、投資期間が長期になれば収益がプラスに収束してくるのが示されています(下図参照)。

この図は、1900年~2000年までの米国の株式市場を保有期間(1年~25年)ごとに、株式・債券・キャッシュの収益率を示したものです。

出典:「敗者のゲーム」チャールズ・エリス著

この図を見ると、株式は長期で保有すればするほどプラスのリターンに収束することが過去のデータから示されています。

ただ、安全資産と言われる債券やキャッシュは、インフレを考慮すると長期保有してもマイナスになる場合がありますね。

また、短期保有は収益率のばらつきが大きくなると言えます

例えば、保有期間1年では、株式の収益が過去の100年間で最悪:-37.4%、最高:+53.4%(年率)となっています。大きく収益を伸ばせる可能性はあるけど、大きく損失を被るリスクも高いと言えます。なので、短期投資で儲けることは不確実性が高いということが言えます。

保有期間を長くしていくと、収益率の規則性が増していきます。すなわち、図を右に見ていくとプラスのリターンに収束し、保有期間20年では最悪の場合でもプラスになっており、損失が発生していません。

したがって、過去のデータから、運用期間を長くすればするほど、短期的なリターンのブレをなくし、株が本来持つ収益率に収束していくのです。

株への投資期間が長くなればプラスに収束(日本市場)

上記の例は米国市場のものですが、実は日本の株式市場でも投資期間が長くなれば株式はプラスに収束します。バブル崩壊で株価が大暴落して以降、全く儲からないと思われている日本市場も、長期的にはしっかりと収益が上がっているんですね。

下の図は、過去40年間について東京証券取引所の一部上場銘柄全体の投資の収益率を投資期間別に見たものです。

投資期間別にみた株式投資の年平均収益率

出典:一般社団法人投資信託協会HPより

1年間では、最高で72.1%、最低で-24.8%ですから、開きは非常に大きくなっています。しかし、図を右に見ていくと10年投資から20年投資の間で、最低でもプラスに収束。

30年保有では、最高12.8%、最低6.8%となっており、長期になればなるほど、収益が安定します。

株への投資は長期保有と相性が良い

シーゲルの投資の要点とは?」という記事でも解説したとおり、過去のデータから、株式は他の金融商品に比べてリターンが突出しています。

下図は、1801年に1ドル投資していたと仮定した場合のリターン推移を示しています。

出典:「株式投資」ジェレミー・シーゲル著

金や債券といった金融商品は、安全資産よく名前にあがりますが、株式に比べてこれらの商品は、滑らかな値動きをしていますので、短期的な価格変動をマイルドにしてくれます。

他方、株式の方が短期的には荒い値動きですが、長期保有の収益は他の商品に比べてダントツです。長期的な収益率は、債券よりも高いです。株式は、長期保有と相性が良いことがわかります。

なぜ株への投資は儲かるのか?

自分は資本主義社会である限りは、株は上昇し続けると考えます。

そもそも株の値上り(儲け)の源泉とはなんでしょうか?

株は、企業活動に対して投資するものですから、株の値上りというものは企業の収益の拡大ということに他なりません。

ウォーレン・バフェットも「長期的な株主が獲得する利益の総額は、必然的に会社の事業利益と合致しなければならない」と述べています。

豊かな生活をおくりたいという人間の欲望により、資本主義社会は拡大を続けるし、世界経済は成長し続けます。

商品供給、売買、物流、あるはITサービスの提供など、経済活動は企業が中心になって行うことになりますので、経済成長を取り込み、株の値上りが期待できるということです。

株に投資するという基本は、「お金がお金を生む」という資本主義の法則を信じることとも言えるんですね。

「株への投資は儲かるのか?」まとめ

「株への投資は本当に儲かるんですか?」という冒頭の質問。

これまで見てきたように、株は、過去のデータによれば長期保有により儲かることが分かります。株が本来持つ収益率は6%〜7%というのも、裏付けとなっているのは過去のデータと考えられます。

したがって、「必ず儲かるか」と聞かれれば、「確実に儲かる」と断言はできなくて、「儲かる可能性が極めて高い」ということまでです。

ただ、少子高齢化の人口減で苦しんでいるのは、日本や韓国ぐらいで、世界的には向こう30年間人口は増え続けます。特に、アジア諸国や中南米では、消費の中心である中間所得層が爆発的に増加することが見込まれています。

これらの人たちの「豊かになりたい」という願望が、資本主義の源泉であり、経済成長につながることになります。なので、自分は、その成長を支える企業の株というのは、値上がりしていくと確信しています。

それでは。

 

関連記事です。この記事を読んだ方は、以下の記事もご覧になっています。

長期的には儲かる可能性が高いのが投資。しかしリターンがあれば必ずリスクはあります。

投資におけるリスクとリターンの関係とは?最低限知るべき内容を解説。株や投資信託などで資産運用していると、よくリスクとリターンという言葉を聞きますが、これってどういう意味なのかわかりづらいですよね。 ...

 

給料が上がらない中、年金などの社会保障にも不安がありますね。投資による不労所得の獲得を目指さなければ、行き着く先は”生涯労働”です。

サラリーマンは投資しないと”生涯労働”になるの?おすすめの投資法は?最近、資産運用に興味がありますけどサラリーマンは投資しないとだめですか?なんか敷居が高いし、正直面倒くさいです。 手軽に投資して資...

 

おすすめ記事です。

Tポイントによる投資を売りにしたSBIネオモバイル証券ネオモバなら1株単位で投資可能。自分も投資しました。資金が少なくても購入できるんです!詳細は以下の記事にまとめてます。

ネオモバは儲かる?その評判と実際に1株投資して感じたメリットとは?Tポイント投資で評判のネオモバを使って投資すると儲かるんですか?実際にネオモバで投資すると、どんなイメージなのかメリットを具体的に知りた...

 

ウェルスナビの自動運用でほったらかし投資が可能!
WealthNavi

ウェルスナビは「長期・積立・分散」の資産運用を全自動でお任せできる資産運用サービス。手数料は1%のみで、国際分散投資を自動運用します。

▼ロボアドバイザーの自動運用で、時間も手間もかかりません
投資の学習、投資商品の選定、資産配分、運用、リバランス、全てロボアドバイザーにおまかせ。

▼安全資産の債券や金にも投資
株が大幅に暴落した際には、安全資産の債券や金が上昇するのが一般的。リスク許容度に応じてより安全な運用も可能です。

▼国際分散投資を自動運用
約50カ国11,000銘柄以上に国際分散投資を行うことで、世界経済の成長を資産に取り入れます。

▼手数料は預かり資産の1%のみの中立な資産運用
手数料は預かり資産の1%のみ。

▼世界水準の金融アルゴリズムでポートフォリオを構築
ノーベル賞受賞の理論をベースとした世界の富裕層や機関投資家が利用する資産運用アルゴリズムで運用。

詳細は以下をクリック!

詳細ページ公式ページ