ソーシャルレンディング

ソーシャルレンディングは危ない?過去のトラブル事例や対応策を解説!

最近話題のソーシャルレンディングを本格的に始めようと思うんだけど、危ないのかな?

かいまる
かいまる
投資だから当然リスクはあるよ。危ないソーシャルレンディングを回避するための対応策をわかりやすく解説します!

投資歴20年のかいまるです。コツコツと投資してきて、今では運用資産は1千万円を超えています。

投資初心者
投資初心者
ソーシャルレンディングを始めるか迷っています…元金を失うかも…。危ないのかな?

最近ソーシャルレンディングって高金利で、すごい人気になっていますよね。一部のファンドでは、応募開始からわずか数分で予定資金に到達して、募集終了になるものも。

そんな人気のソーシャルレンディンだけど、利回りが通常の預金よりも高い投資。当然ながらリスクもあるんです。リターンが高いぶん、リスクも高くなっているってことです。

これまでに投資資金が回収できない”デフォルト”となった業者もいくつかあるんですね。

そこで今回は「ソーシャルレンディングは危ないの?」ということで、リスクや具体のトラブル事例、危ない業者を回避するための対策などをわかりやすく解説します!!

ソーシャルレンディングって何?という方は、以下の記事にまとめてますので、まずはこちらから、ご覧ください。

ソーシャルレンディングとは?評判やメリット・デメリットを徹底解説!最近評判のソーシャルレンディングとはどんなものですか?評判やメリットやデメリットを知りたいです。 投資歴20年のかいまるで...

なお関連のページについては以下にまとめました。よろしければご覧いただければと思います。

ソーシャルレンディングは危ない?そのリスクとは?

かいまる
かいまる
まずはソーシャルレンディングのリスクをしっかりと理解しないとね。「こんなはずじゃなかった」なんてことになるよ!

投資初心者
投資初心者
具体的にはどんなリスクがあるの?

ソーシャルレンディングの主なリスクには、以下の2つに集約されます。

  1. デフォルト(貸し倒れ)リスク
  2. 流動性(途中解約できない)リスク

初心者にとってソーシャルレンディングの敷居が高いのは、このリスクが見えづらいということなんですよね。

これらのリスクをクイックに解説します。

リスク①:デフォルト(貸し倒れ)リスク

かいまる
かいまる
貸したお金が戻ってこないリスクのことだね。

大前提としてソーシャルレンディングは元本が保証されていないということ。銀行預金とは異なるんですね。

Fundsを運営しているクラウドポートによると、2018年1月25日時点における実績では、貸し倒れ率が1.47%となっています。

投資初心者
投資初心者
へー。100件中1件以上の割合で貸し倒れが発生しているんだ!知らなかった。

企業の事業に融資するということですから、何らかの理由で借り手が返済不可能に陥った場合、”デフォルト”となります。

デフォルトがおきると、投資したお金の一部または全額が返済されないため損失を被ることとなります。

なお、満期までに償還を行うことができず資金が戻ってくる期日が後ろ倒しになることもあるんだよね。

リスク②:流動性リスク(途中解約できない)

ソーシャルレンディングは、基本的に一度投資を行うと満期を迎えるまで資金を引き出すことはできません

これは資金を借りている企業の返済遅延が起こった際も同様。原則、途中解約できないんですね。

売りたい時に時価で売ることができる株式やいつでも引き出せる銀行預金とは違うということです。

かいまる
かいまる
慣れるまでは投資期間が短い案件に投資する方が良いね。

ソーシャルレンディングは危ない?具体事例とは?

ソーシャルレンディングのリスクについて解説したけど、実際にデフォルトにおちいった事例はいくつかあるんですね。

最近の主な事例ということで、

  1. みんなのクレジット
  2. ラッキーバンク

を詳細に見ていきます。

事例①:みんなのクレジット

「みんなのクレジット」は、まだソーシャルレンディングの知名度がそれほどなかった2016年のサービス開始後、わずか半年で15億円を集めるなど、急速な勢いで投資家からの応募金額を集めていました。

その勢いの要因として挙げられるのが、キャッシュバックキャンペーン。投資を行うとお金をもらえるというキャンペーンです。さらに最大で14.5%もの高金利となるファンドもあり、投資家の注目を集めました。

しかしながら、2017年3月には関東財務局より業務停止命令を含む行政処分が下り、1ヶ月の業務停止が決定しました。

その行政処分の内容とは、

行政処分の理由
  • 情報を隠して身内への貸付といったずさんな運営
  • 実際は担保を設定していないのに不動産担保を設定しているとの虚偽の説明
  • ほとんどが身内の会社への融資ばかり
  • 集めたお金を社長個人の返済に使っていたという資金流用

というもの。

かいまる
かいまる
もはや犯罪…。行政処分を受けたのは当然と言えますね。

その後、当時の代表取締役社長も辞任し、現在は業務も停止していますね。

みんなのクレジットが集めた募集金額45億円のうち31億円がもどらないという事態を巻き起こしており、現在投資家から訴訟起こされています。

事例②:ラッキーバンク

ラッキーバンクは2014年にサービスを開始。高い利回り(8.0~11.0%)と全案件担保付きということもあり、人気を集めました。

新しいファンドが発表されるたびに、早い者勝ちで枠が埋まるほどの人気で、設立わずか4年で150億円の資金が集まるほど。

しかし、問題が露呈しはじ2018年3月に問題が露呈し、金融当局から行政処分を受けました。

その理由は、

行政処分の理由
  • 貸付先のほとんどが社長の親族が経営する不動産会社
  • 貸付審査の際に売上や資産の水増し計上を見逃し
  • 担保不動産の鑑定評価が正式に行われていなかった。
  • 返済困難を認識していながら、その会社を貸付先とするファンド募集を継続

というもの。ラッキーバンクのファンドすべてで遅延になりました。

債権回収会社へ債権49億円を譲渡しましたが、わずか3分の1の約16億円で売却。元本の3割程度しかお金は戻ってきませんでした。

現在、出資者45人が2億7,000万円の賠償金を求める訴訟を起こしています。ラッキーバンクは2019年3月に2度目の業務改善命令を受け、今は完全に停止しています。

危ないソーシャルレンディングを避けるためには?

2019年5月に、監督官庁である金融庁が投資家に対して危ないソーシャルレンディングに注意をするよう呼びかけてます。

そのポイントは、

金融庁の注意喚起のポイント
  1. ソーシャルレンディングの仲介者は第二種金融商品取引業の登録を受ける必要があります。登録を受けていない業者の募集等は、詐欺的な商法である可能性が高い。
  2. 業者の情報をできる限り確認し、その業者の信用力を慎重に見極めるとともに、取引内容を十分に理解したうえで、投資を行うかどうかの判断をすることが重要。
  3. 投資にあたっては、投資者への情報開示が十分に図られているかどうか、また、高い利回りである場合、商品によっては、貸付先の返済遅延やデフォルトなどのリスクが高いことを十分に認識すべき。
  4. 高い利回りなど限られた情報のみで投資判断を行うことなく、業者が提供する様々な情報を確認すべき。

というもの。

かいまる
かいまる
登録業者以外には近づかない、高い利回りというだけで飛びつかない、投資案件の情報をきちんと確認することが重要ということだね。

参考 >> ソーシャルレンディングへの投資にあたってご注意ください(金融庁HP)

ソーシャルレンディングは危ない?対策は?

これまでリスクやデフォルト事例などなどを解説してきましたが、投資である以上はリスクや損失をだす事例があって当然なんです。

年率4〜8%のリターンを得るためには、当然ながらリスクをとる必要があるということ。

投資初心者
投資初心者
じゃあどうしたらいいの?何か対策はあるのかな?

主な対策としては、

  1. 分散投資する
  2. リターンが高い案件はリスクも高いと考える
  3. まずは少額から複数の会社で始めてみる

ということ。詳細に見ていきます。

分散投資する

まずは投資の基本中の基本である分散投資を行うことが大事。これは、ソーシャルレンディングにも当てはまります。

一つのファンドに50万円を投資して、その会社でほぼ全ての案件の返済遅延が起きてしまうと、最悪の場合には50万円全てを失うリスクもあるってことだね。

ラッキーバンクの場合、大規模な返済遅延が発生して、実際に担保を売却して投資家に返済できたお金は全体の3割のみ。

なので、1社に集中投資するのではなく、複数のソーシャルレンディング会社に投資することでリスク分散を図ることが重要ってことだね。

利回りが高いのはリスクが高いと考える

利回りの高さは、すなわちデフォルトのリスクが高いということ。借りる側としても返済金利が高ければ、それだけ返済のハードルが高くなるということですよね。

事業で思ったように利益が出ず、当初決められた金利を返済できなければ、担保などを処分して返済することになります。

一概には言えないですが、比較的利回りの低い案件は担保がしっかり設定されていたり、返済を保証する保証会社が間に入っているケースが多いです。

投資初心者
投資初心者
利回りが高いファンドは、なぜ高いのかを考えることが大事ってことですね。

まずは少額から複数の会社で始めてみる

そうは言っても、最初のうちはどのファンドが良いのか判断することは難しいです。

なので複数の会社、そして複数のファンドに分散しつつ、少額から投資を始めてみるのがオススメです。

今では、ほとんどのファンドが1万円から投資できるし、Fundsの場合は1円から投資することが可能です。

手数料が無料なので、複数のソーシャルレンディングで口座を開設して金銭的な負担はゼロ。まずは経験を積むことが大事です。

投資初心者
投資初心者
わたしも4つのソーシャルレンディングで口座開設してます!そうしている人が多いみたいです。

「ソーシャルレンディングは危ない?」まとめ

今回はソーシャルレンディングで危ない?ということで、リスク、デフォルトの具体事例、対策などについて述べてきました。

細かい点は置いておいて、ソーシャルレンディングの危なさを回避するためには、

  1. 分散投資する
  2. 利回りが高いのはリスクが高いからと考える
  3. まずは少額で複数の会社で始めてみる

ということ。

大前提として、ソーシャルレンディングは投資。どんな利回りが低い案件でもデフォルトのリスクは当然あります。

なので投資の基本である分散投資を行うことはもちろん、利回りが高い案件は、どうしてリターンが高いかを考えて投資すべきですね。

投資初心者
投資初心者
まずは経験。しっかり分散投資して、複数の会社で少額から始めることが大事ってことですね!

最後に、自分が実際に利用している中から、安全性や実績の点でおすすめできるソーシャルレンディングをまとめました。ぜひ参考にしていただければと思います。

おすすめのソーシャルレンディング

かいまる
かいまる
自分が実際に使ってみた会社の中から、安心度やファンドの種類、利回りなど評価してみました。

詳細ページや公式ページへのリンクを貼っておきましたので、そちらも是非ご覧ください。

 

Funds(ファンズ)
Funds
なんと1円から投資可能。少額からはじめられます。
融資資金の「募集」と「運用」が分離されていて、様々なファンドへの投資が可能。安定した利回りが期待できます。
ファンド組成を許されるのは、Funds(ファンズ)運営会社(クラウドポート社)の審査をクリアした企業のみに限定。
総合評価
安心度
ファンドの種類
期待利回り 1.5〜6.0%中心

詳細ページ
公式ページ

 

Fundsの大きな特徴は、投資家から集めた資金は上場企業などの大手企業に貸し付けるということです。

2019年現在で、Fundsが募集した資金を貸し付けるファンド運営企業は7社。一例をあげると東証1部上場のアイフルや東証2部上場のデュアルタップなど、ほとんどが上場しています。これらの特徴は以下の記事にまとめています。

Funds(ファンズ)の評判・口コミは?デメリットも正直に解説!Funds(ファンズ)で投資するってどうかな?評判やデメリットについて知りたいです。数ある金融商品の中でFundsを選ぶメリットはなんで...

Fundsは2019年から営業を開始した大注目のソーシャルレンディング。募集するファンドも本当に魅力的なものばかりなのですが、いかんせん人気が高すぎてすぐに募集がすぐに締め切りになってしまいます。

ただ、最近は案件も増えてきていることもあり、本当に注目です!

クラウドバンク
クラウドバンク
運営開始から5年以上でも回収率が100%という実績!
実質利回りが6%以上のファンドが多数。短期から長期まで投資先も多く分散可能
厳しい基準を求められる、「第一種」金融商品取引業の登録事業者(日本クラウド証券株式会社)によって運営
総合評価
安心度
ファンドの種類
期待利回り 5.0〜7.0%中心

詳細ページ
公式ページ

 

自分もクラウドバンクは主力のソーシャルレンディングとして活用してますが、ホームページが本当に洗練されていて、資産状況や収益状況が本当に見やすいですね。

募集画面も迷うことなく使うことができますね。ファンドの多くは「期間の短いファンド」という印象です。ただ、以下の募集中の案件を見てもわかるとおり、期間が短くても利回りは6%以上です。

自分は、クラウドバンクで実際に資産運用していて実績を公開しています。実際の運用はどんな感じか、イメージがつかみ易くなると思いますので是非ご覧ください。

https://leverage-investment.com/2020/02/02/crowdbank-performance/

他のソーシャルレンディングと比較しても募集されている投資案件が多いので、すぐに投資を開始することができます。

クラウドバンク
▼5分程度でカンタンに登録できます!▼
無料登録はコチラ

 

CREAL(クレアル)
CREAL
不動産投資に特化することで、ミドルリスク・ミドルリターン。

全案件に不動産担保を設定。

総合評価
安心度
ファンドの種類
期待利回り 4.0〜6.0%中心

詳細ページ
公式ページ

自分は、クラウドファンディングの中では担保をしっかりと設定している不動産型が安全性が高くおすすめできると考えています。

CREALの特徴は不動産投資に特化していること。なので比較的低いリスクの案件に投資できるので、手堅い運用ができます。年利回りは4%〜6%(税引き前)が中心。銀行に預金するよりもかなり高い利回りを期待できますね。

CREALは口座開設してしまえば1万円から不動産投資することが可能。物件調査や登記手続きなどの不動産売買の際の面倒な手続きは必要ありません。

詳しくは以下の記事で解説しています。

評判どおり?CREAL(クリアル)で少額不動産投資するメリットとは?1万円からの不動産投資で評判のCREAL(クリアル)ってどうなんですか?特徴やメリット、口座開設の方法などについて知りたいです。 ...

関連記事・おすすめ記事

最後まで記事をご覧いただきありがとうございました。

この記事を読まれた方は、以下に紹介する記事もご覧になっています。読まれている方に少しでも役に立つよう、ソーシャルレンディング関連するトピックについて解説しています。ぜひご覧ください。

数あるソーシャルレンディング会社の中から自分に合ったファンドを選べるよう、主要な会社の特徴をまとめてみました。

(2020年最新)ソーシャルレンディングを徹底比較!特徴や安全性は?ソーシャルレンディングを始めたいんだけど、いろんな会社があってどこにしたら良いのか迷っています。投資するからには、しっかり比較して選びた...

 

ソーシャルレンディングをはじめようと考えている人に向けて、おすすめ会社をランキング形式でまとめました。

(2020年最新)ソーシャルレンディングおすすめランキング3選とは?ソーシャルレンディングを始めたいんだけど、いろんな会社があってどれにしたら良いのか…。おすすめの会社を知りたいです。選ぶ時のポイントはあ...

 

自分はソーシャルレンディングを活用して投資しています。以下の記事を読んでいただけると、どんな感じがイメージがつかめると思います。

クラウドバンクをやってみた!投資すべきおすすめファンドはどれ?クラウドバンクでの投資ってどうなんだろう?実際に利用している人の感想やおすすめのファンドについても知りたいです。 こんな疑問を持つ...

 

クラウドバンクなら年率6.99%のリターンを期待できます!
クラウドバンク

ソーシャルレンディングの中でも特に注目されているのがクラウドバンク。株のように値動きがないので相場の動きが気になりません

リターンの高い投資先としてメジャーなのは日本株や米国株。だけど1日に5〜10%下落することも普通にありますよね。

クラウドバンクは、預金のように元本に値動きがありません。銀行預金にほとんど利息がつかない中、投資先として有力な選択肢といえます。

全ファンドの平均実績利回り6.99%で元本回収率100%!

なので、こんな方に特にオススメです。

  • 日々の相場の動きを気にしないで投資したい
  • 銀行の預金金利は低すぎて使えないと感じている
  • 定期預金感覚で高い利回りを得たい

 

詳しくは以下をクリック!

詳細ページ公式ページ