米国ETF

VGTの株価は高成長の情報技術セクターに連動。実は配当も魅力的?

米国情報技術セクターETF VGTの株価やチャートの特徴について知りたいです。

高配当ETFやS&P500に連動するETFもありますが、これらに比べてVGTに投資するメリットは何ですか?配当実績についても知りたいです。

今回は、このような疑問を持つ方にむけて記事を書いています。

今回の記事の内容

・VGT:株価の基本データと特徴は?

・VGTの構成銘柄とセクター比率は?

・VGTのチャートとリターンは?

・VGTの配当実績と増配率は?

投資歴20年のかいまるです。米国ETFや米国株を中心に1千万円以上の資産を運用しています。

VGTの株価やチャートの特徴に関して、以下のツイートをしました。

自分はセクターETFには投資してないけど
・VGT(情報技術)
・VDC(生活必需品)
・VHT(ヘルスケア)
の3つはs&p500よりもパフォーマンスが良く投資候補ですね。
特にVGTは爆上げしてるITセクター連動で、リターンも極めて高いですね。今後も5GやAIの普及を考えると期待大。PFのコアとなるETFです。

上記を掘り下げます。

VGTはITセクターに連動するETFで、驚異的な株価の上昇を示しています。しかし、株価の値上がりだけではなく、配当金の増配率も極めて高いETFであることはあまり知られていません。

今回は、そんなVGTを取り上げます。

驚異的な成長のITセクターに連動するVGTとは?

VGTはバンガード・米国情報技術セクターETFという名称で、アップルやマイクロソフトなどが含まれる米国市場で最大の割合を占めるITセクターに連動するETFです。

株式市場は、米中貿易摩擦緩和と英国議会選挙の保守党勝利を受けて2019年末はリスクオンムード。米国では米ダウ平均、S&P500指数、ナスダック総合指数がそろって史上最高値圏で推移しています。

この好調な米国市場を牽引しているのが、まさに情報技術(IT)セクターと言っても過言ではありません。ITセクターの時価総額は既に550兆円を超えて、S&P500指数における比率で20%を超える割合を占めています。

以下の図は、過去5年の情報技術(IT)指数とS&P500の推移を示したものです。

赤:VGT 水色:VOO(S&P500) 緑:日経平均

IT関連セクターの株価が力強く伸びていることがわかりますね。景気動向に敏感で値動きや浮き沈みが激しいものの、IT業界が成長期待の高い分野であることを象徴しています。

以下、このVGTについて詳細に分析です。

米国ETF VGTの株価の基本データは?

米国経済を牽引する情報技術セクターに連動するETF VGT。株価データは以下のとおりです。

VGTの株価基本データ
  • インデックス:MSCI USインベスタブル・ マーケット・情報技術25/50インデックス
  • 信 託 手 数 料 :  0.1%
  • 配 当 利 回 り :  1.13%
  • 配 当 実 績   :  2.72ドル
  • 組 入 銘 柄 数 :  329銘柄
  • 設 定 日:2004年1月26日

手数料が0.1%とVTIやVOOの0.03%に比べてちょっと高くなっていますが、セクターETFという特殊性を考えれば妥当なところですし、十分に低い手数料といえますね。

配当利回りは1%台とS&P500の2%程度と比べて低い水準です。ITセクターの株価が高くなっていることと、ITが成長分野ということもあり、配当よりも研究開発などの投資に回しているためですね。

VGTの構成銘柄とセクター比率は?

VGTの構成銘柄

構成銘柄上位10社(2019年11月30日現在)は以下の表のとおりです。

世界のIT業界をリードしているグローバル企業ばかりですね。日本でもおなじみの企業が並んでいます。アップル、マイクロソフトあたりは、もはや説明の必要がないでしょう。この上位2社だけで構成比33%を超えていることが特徴的ですね。

意外なのはVISAやマスターカードが金融セクターではなく、ITセクターに組み入れられていることですね。これらのクレジットカード会社は、Eコマースの拡大から恩恵を受けやすいということなのでしょう。情報技術の成長に伴って、収益も拡大させてくことが期待されているということです。

8位にランクインしているのがsalesforce。日本ではあまり馴染みがないかもですが、企業の顧客管理を行うクラウドコンピューティングサービスでは世界でトップシェアを持つIT会社ですね。フォーブス誌で、”世界で最も革新的な企業”に4年連続で1位になるなど現在注目の会社です。

なお資産総額に占める上位10社の割合は約55.3%となっていて、わりと高い割合を占めています。

ちなみにGAFAの一角であるアマゾンは一般消費財(小売)セクターに所属、グーグルやフェイスブックは2018年のセクター変更に伴いITセクターから通信サービスに変更されました。

VGTのセクター比率

続いてセクター比率です。

システムやソフトウェアを提供するマイクロソフトやiphoneなどのハードを提供するアップルの影響が大きく出ていますね。

特徴的なのは、IT技術そのものの基盤を支える半導体や電子部品、通信機器などよりも、ソフトウェアサービスや情報サービスの提供などの比率が高くなっていることですね。

半導体や電子部品製造などの”川上部分”が強い日本企業が不振にあえいだ理由も見て取れますね。

VGTの株価の推移(チャート)は?

ここではVGTが設定された2004年からの長期チャートと直近1年の短期チャーとを分析します。

VGTの長期チャート

以下はVGTの設定来チャートです。比較のためにS&P500に連動するSPYも載せています。

赤:VGT 青:SPY(S&P500)

設定されてから約15年程度ですがS&P500よりも断然パフォーマンスが良いことがわかります。2倍以上の差が開いてます。

特に2014年以降の伸びが凄まじいですね。これを見ると米国市場が他の国の市場に比べて好調なのは、ITセクターの成長が大きな要因というのがわかります。

VGTの短期チャート

他方、直近2年チャートを見るとよりVGTの特徴が見えてきますね。

赤:VGT 青:SPY 

注目点は2018年末に大幅に株価が下落しているということ。この要因は、

・米中貿易戦争の影響によりアップルの業績が落ちた

・世界経済減速懸念によりITセクターの株が大きく売られた

ということです。これら要因はまさにITセクターの懸念材料そのものといえますね。

1点目はいわゆる”アップルショック”と呼ばれるものですが、VGTはアップルとマイクロソフトの比率が高いため、これら2銘柄の株価の影響が大きいということ。

2点目は大きな成長を期待して買われているため、景気の後退や世界経済の減速懸念などがあると、真っ先に売られる”景気敏感セクター”ということです。

結果として2018年末の大幅下落からは回復しましたが、景気の後退が長期化する場面ではS&P500よりもパフォーマンスが落ちる可能性が高いというのは、頭に入れておいて良いでしょう。

VGTのリターンは?

VGTの配当金も含めたトータルリターン(2019年9月30日現在)は以下のとおりです。

特筆すべきは、17%を超えている過去10年リターン。リーマンショック後ということもありますが、株式の期待リターンはインフレ率を抜いて7%程度ということを考えれば、十分すぎる結果といえます。

若干、意外なのは2004年の設定来リターンが10%程度ということ。個人的にはもっと高いかと思っていましたが、ヘルスケアセクターのVHTとあまり変わらないですね。ITバブル崩壊が2000年代前半にありましたので、設定初期の頃はこの影響を受けていたということでしょう。

ちなみにリーマン後の2009年に10,000ドル投資して配当金を再投資したと仮定した場合のチャートが以下。

資産は10年で約5倍以上!他のETFと比べても圧倒的に高いリターンですね。

VGTのこれまでの配当実績と増配率は?

VGTは他の多くのETFと同様に四半期に一度配当金が分配されます。配当実績は以下のとおり。

株価の上昇と同様に配当金も凄まじく伸びてますね。過去5年間の増配率の平均が30%超えとなっていて驚異的です。配当金を出していなかったグーグルが抜けた影響もあるのでしょう。

ITセクターがここ10年で大きく成長しているのもありますが、アップルやマイクロソフト、インテル、VISAあたりの企業が高成長企業から業績の安定した成熟企業への転換を迎えているのも、高い増配率となっている要因です。

特にアップルやマイクロソフトあたりは、キャッシュリッチ企業で潤沢な内部留保を配当に回すよう大株主からの圧力も強いです。

順調に配当金が伸びていることを考えれば、株価の伸びだけじゃなく今後はインカムも期待できる優良ETFといえますね。

ただし、ITバブル崩壊の直後やリーマンショック後は大幅に減配している点には、注意が必要です。

VGTへの投資:ちょっとだけ考察

情報技術(IT)セクターは世界情勢的にも好条件にあふれていますね。

もはや5GやAI、IoT、フィンテックなどの情報技術分野が将来日常生活を送る上で一般的な技術となるため、経済規模は間違いなく拡大していくからです。

例えば、4G技術により最も恩恵を受けたのがスマートフォンの普及ですね。スマホ一つで、常にインターネットに繋がっている状態が一般化したということ。だけど、高齢者を中心にまだ利用していない人も多いですよね。

これが5GやIoT、フィンテックが普及してくると話が一気に変わってます。というのは、日常利用する自動車や家電製品などが全てネットに繋がるようになる、キャッシュレスが進み現金決済が廃れていくと行ったことが普通になってきます。

IT技術は生活基盤を支えるセクターになって行くのは間違いないこともあり、将来的にもVGTの株価には期待できると考えます。

「米国ETF VGTの株価」まとめ

今回は、米国情報技術セクターETF VGTの株価ということで、その特徴と株価の推移(チャート)、配当金の推移等について見てきました。

VGTの特徴をまとめると、

・ディフェンシブ銘柄を中心に構成

・過去10年間で5倍のパフォーマンス

・過去10年で17%近いの高いリターン

・金融ショックや景気後退時は弱いが増配率、値上り益は驚異的

ということですね。

特にこのETFが秀逸な点は、株価や配当金の大きな成長と情報技術セクターの将来性ということです。

配当の伸びも値上がり益も文句なしです。現にリーマンショックを挟んだ過去15年の株価推移は、S&P500よりもはるかにパフォーマンスが良いです。

景気後退局面では大きく株価を下げる可能性が高いですが、すでにIT技術は日常生活に欠くことことのできないものになっており、5GやAIなど将来性が非常に高い分野といえます。

なのでVGTはポートフォリオのコアとして活用できる極めて秀逸なETFと考えます。

それでは。

 

関連記事です。ディフェンシブの代表といえる生活必需品セクター。その指数に連動するVDCについてまとめた記事です。このETFが極めて秀逸な理由とは何か?

米国ETF VDCの株価は生活必需品セクターに連動。S&P500より秀逸な点とは?米国生活必需品セクターETF VDCの株価やチャートの特徴について知りたいです。 高配当ETFやS&P500に連動するET...

 

世界的な高齢化の進展とともに大きな成長が期待できるヘルスケアセクター。その指数に連動するVHTについてまとめが記事です。このETFが極めて秀逸の理由とは何か?

VHTの株価はヘルスケアセクターに連動。最も秀逸なETFと断言!その理由は?ヘルスケアセクターETF VHTの株価やチャートの特徴について知りたいです。 高配当ETFやS&P500に連動するETFも...

 

世界で最も有名な新興株価指数であるナスダック。その指数に連動するQQQについてまとめた記事です。このETFが極めて秀逸な理由とは何か?

QQQの株価はナスダックに連動!このETFの魅力はチャート上昇率だけじゃない?ナスダックに連動するETF QQQの株価やチャートの特徴について知りたいです。 S&P500やダウなどに連動するETFもあ...
DMM株が米国株取引手数料を完全無料化!
DMM株

DMM.com証券のDMM株は、2019年12月9日(月)から米国株式取引手数料の完全無料化!

これまで大手のネット証券で横並びだった米国株の売買手数料が遂に無料化です。既に無料化している最低手数料に加え、取引手数料を一切かけずに米国株式を取引できます。

スマホアプリでも米国株の取引が可能です!

無料口座開設はコチラ