ネオモバ

ネオモバ 運用実績13週目は+4.97%【毎週更新】

ネオモバでのTポイント投資がいいって聞くけど、実際のところ運用実績ってどうなの?儲けることができるの?

このような疑問を持つ方に向けて記事を買いています。

自分はSBIネオモバイル証券(通称:ネオモバ)で1株投資を実践中。運用実績を毎週更新していきます!

ネオモバで投資を初めて13週目になります。運用の実績はどうなのか?儲けることができるのか?

これから始める方の参考になればと思います。

>>SBIネオモバイル証券公式ページ

ネオモバ:13週目の運用実績は?

それでは早速ですけれども運用実績をクイックに見ていきましょう。

運用実績13週目(2019年12月27日)

ネオモバで1株投資を開始してから13週目の実績は以下のとおりです。

運用の実績

・運用資産総額 :  47,096円

・今週の運用結果: +2,230円(+4.97%

・先週との比較 :  🔻297

運用資産が少ないのでプラス額は少ないですが13週間で約プラス5%。木曜日に2銘柄5株を新規に購入したこともあり先週に比べて利率は下がりましたね。

また今週は主力にしている高配当株JTが権利落ちということもあり、ポートフォリオは先週に比べてマイナス。まあ、これから利回り6%超えの配当が振り込まれることになりますね。

これまでの運用実績

13週目はちょっと停滞しましたが、全体としてはプラスです!これまでの状況は以下のとおりです。

投資額 損益 損益率
13週目 44,866円 +2,230円 4.97%
12週目 41,442円 +2,527円 6.09%
11週目 41,442円 +2,485円 5.99%
10週目 41,442円 +1,902円 4.59%
9週目 35,135円 +1,663円 4.73%
8週目 35,135円 +1,453円 4.14%
7週目 35,135円 +1,709円 4.86%
6週目 35,135円 +2,390円 6.80%
5週目 29,837円 +1,969円 6.59%
4週目 29,837円 +1,291円 4.33%
3週目 29,837円 +735円 2.46%
2週目 29,340円 +557円 1.93%
1週目 18,560円 −64円 -0.30%

ネオモバ:13週目に新たに投資した銘柄は?

自分はネオモバを活用して、以下の投資方針で。運用の基本である長期・分散・積立を手軽に実践しています。

ネオモバ投資方針
  1. 高配当または増配銘柄であること
  2. 業界トップクラスであること
  3. 配当金は再投資する
  4. 定期的に積立購入

今週は新規追加はなかったですが買い増しを行いました。これまでの購入履歴、かかった手数料も含めて、クイックに見ていきます。

2銘柄5株買い増しました

今週は配当利回りが4%を超えている以下の銘柄を買い増しました。

13週目に投資した銘柄

・三菱ケミカル:2株

・三菱UFJ  :3株

これまでの購入履歴

これまで日本株の優良銘柄に定期的に投資するとともに、買い増しも行なっています。購入履歴は以下のとおり。

日本株の購入履歴
  • 1週目:5銘柄(花王、JTなど)
  • 2週目:10銘柄(三菱商事など)
  • 3週目:12銘柄(住友化学など)
  • 6週目:JTと三菱商事を買い増し
  • 10週目:JXTG、三菱ケミカル、三菱UFJを買い増し
  • 13週目:三菱ケミカル、三菱UFJを買い増し

するなど順調に投資額を増やしてきました。

3ヶ月の実質手数料は56円!

なお、9月下旬からの投資銘柄数は12銘柄となりましたが支払った手数料は税込216+220円+220円=656円

しかも毎月Tポイント200を使って既に投資しているので、実質的には16円+20円+20=56円ということになります。

12銘柄へ分散・積立投資。そして先々週追加1株投資を2銘柄に対して行いました。

実質手数料56円というのはあらためて驚いてしまいます。

定期買付を設定しています

ネオモバでは、毎月の指定した日に買付けができるよう自動で注文発注するサービスがあります。

自分は毎月1日にJTを1株購入する設定をしましたので、12月1日に新規で買え付けされていました。JTの配当利回りは6%超え!配当再投資で長期的に積立を行っていきます。

設定自体は、買付けしたい銘柄、指定日、金額など簡単な設定をするだけで積み立て感覚で購入することができます。

>>SBIネオモバイル証券公式ページ

ネオモバ:個別銘柄の運用実績は?

現在のポートフォリオは以下の12銘柄で構成。これらは全て日本トップクラスで高配当又は増配銘柄ばかりです。

今週は先週比でマイナスになってしまいましたがJTの権利落ちの影響ですね。全体的には堅調な1週間でした。

銘柄 投資額 13週目 損益
大和ハウス 3490 3421 -69
JT 7311.5 7350 38.5
旭化成 1064 1245.5 181.5
住友化学 490 506 16
三菱ケミカル 4050.5 4133.5 83
花王 8075 9080 1005
JXTG 1484.6 1507.8 23.2
ブリジストン 4236 4107 -129
三菱商事 5484 5843 359
三菱UFJ 3498.2 3586.2 88
KDDI 2833 3267 434
NTTドコモ 2848 3049 201
44864.8 47096 2230

100株単位でこのポートフォリオを作ろうとすると450万円程度の初期資金が必要ということになるんですね。

それがネオモバだと4.5万円程度でこのポートフォリオの構築が可能なのです。

ネオモバ:今後の方針は?

13週目以降も方針は変わらずです。よっぽどの悪材料が出ない限りは、保有銘柄はホールドですね。

引き続き、超優良銘柄への投資を進めていきます。

今週は三菱UFJなど2銘柄5株を購入しました。来週はJTの定期買付が実施される予定ですね。他の銘柄にも買い増しを入れるかどうか…。

1株から購入できるので全て手が届くんです。本当に迷いますね。

ちなみに、Tポイントで投資ができるネオモバですが口座開設数が20万件を超えて、その半分は20代から30代なんですね。

まわりの人はわりと投資を初めている。詳しくは以下の記事で取り上げています。

ネオモバは儲かる?その評判と実際に1株投資して感じたメリットとは?Tポイント投資で評判のネオモバを使って投資すると儲かるんですか?実際にネオモバで投資すると、どんなイメージなのかメリットを具体的に知りた...

株式市場は2020年も上昇する?

自分がネオモバを始めた9月下旬以降、日本株の調子が非常に良いですね。

2019年末は典型的な”クリスマス・ラリー”でNYダウやナスダックなど米国市場は史上最高値を更新しました。

この勢いは2020年にも引き継がれるかどうかですね。相場ですから予想することは難しいですが、

・米中貿易交渉の一部妥結

・英国議会選挙で与党が大勝。EU離脱へ。

・金利引き下げなど世界的な金融緩和の流れ

・2020年米国大統領選挙

ということもあり2020年の株式市場は有利な状況がそろってますね。

これまで世界の株式市場の足を引っ張ってきた米中通商交渉の一部妥結で株価が上昇で反応しています。

特に日本の製造業は中国との取引が多いので、日本企業の業績には間違いなくプラスですよね。

また世界的な金融緩和の流れで資金が株式市場に向かっています。金利が低いので銀行への預金や債券の購入のメリットが低くなるためですね。

トランプ大統領は、来年の大統領選に向けて何が何でも株高を維持するための政策をどんどん取ってきます。経済状況が悪くなり株価が下がると、現職の大統領が票が伸びなくなるからですね。

相場ですから絶対に上がるとは言えないですけど、2020年の株式市場の上昇には結構期待できる状況

米国市場は絶好調で、12月27日現在でNYダウは28645ドルを超えて史上最高値圏を更新しています!

米国株と関係の深い日本株を始めるには良いタイミングといえます。

「ネオモバ運用実績13週目」まとめ

今回はネオモバの運用実績ということで、13週目の成績、個別銘柄の成績について述べてきました。

結果的に13週目で+4.97%!順調に資産が増えていますね

ネオモバを活用すれば、手軽に日本株への投資を行うことができるということ。自分もネオモバを始めることによって、今のところ収益をあげることができています。

着実に資産が増えていくのを楽しむ。これも投資の醍醐味です。

まずはネオモバで少額から投資を始めてみてはいかがでしょうか。登録はカンタン、口座開設は無料です。

登録作業が混む前に済ませておけば、みんなから遅れることがありませんよ。

SBIネオモバイル証券▼5分程度で簡単登録▼

無料口座開設はコチラ

即行動です!ためらっている方、以下の動画を見てください。中国で最も成功した起業家ジャックマーのスピーチです。

行動しなければ成功はつかめないということですね。