投資理論

株を売却するタイミングとは?売り時を見極める4つの考え方を解説!

株を売却するタイミングって難しくていつも悩みます。長期投資前提なのですが、どういう時に個別銘柄の売却を検討すべきですか?

このような疑問を持つ方に向けて記事を書いてます。

今回の記事の内容

・株の売却は保有期間にこだわるべきか?

・株を売却するタイミングはどういう時か?

・株の売却の具体例は?:内外トランスライン

投資歴20年のかいまるです。日本株と米国株を中心に1千万円以上の資産を運用しています。

株を売却するタイミングって難しいですよね。特に、優良銘柄だと思って投資した株が数週間後に大幅に下落した場合とかは、自分も売却すべきかすごい悩みます。

株式投資は、長期保有の方がパフォーマンスが良くなるので、自分は一度保有した銘柄については基本的にはすぐに売却しない方針です。

しかし、何がなんでも個別株を保有し続けるというわけではなく、必要に応じて他の銘柄に乗り換えたりしています。

そこで、今回は株を売却するタイミングということで、個別株を保有している場合、どのような時に売却を検討するべきか4つの考え方について解説します。

株の売却は保有期間にこだわるべきか?

株で資産運用をする時は基本的に長期投資が良いと言われていますが、結論からいうと絶対に売却せずに保有し続けることが良いとは限らないです。

確かに、株式投資は銘柄を十分に分散することによって、長期的に収益を上げる可能性が極めて高くなるのは確かです。

しかし、個別銘柄には業績が極端に悪化して、最悪の場合には倒産してしまうリスクがあるんですね。例えば、日本だとバブル崩壊後の山一證券の倒産しましたし、米国市場でもエンロンという巨大会社が粉飾決算を繰り返して経営破綻に追い込まれました。

文字どおり株が紙切れになってしまったということですね。なので優良銘柄だと思って長期投資した場合でも、保有期間にこだわらずに数か月で売却したほうがよい場合もあります

長期投資だからといって、数年単位で持つという考えにこだわらないほうが良いということ。なので、株に投資する際には事前に売却するルールを決めておくべきですね。

以下、どのようなタイミングで売却すべきか紹介したいと思います。

株を売却するタイミングはどういう時か?

長期投資の場合は、以下のような理由がある時に売却して他の銘柄に乗り換えることを検討すべきと考えます。

  1. 自分の投資方針と合致しなくなったとき
  2. 長期的な業績期待が持てなくなったとき
  3. 最初に購入した理由がなくなったとき
  4. 資産バランスを見なおすとき

以下、詳細に見ていきましょう。

自分の投資方針と合致しなくなったとき

例えば、優待銘柄中心の投資から、日本株や米国株の高配当銘柄を中心に投資するという方針に変更した場合などですね。

長期投資に当たっては、一度決めた投資方針に沿って行動することが結果的に利益を高めることになります。行き当たりばったりの考えで、頻繁に売買を繰り返すことは、単に手数料を多く証券会社に払うことになるだけです。

高配当銘柄の配当金を再投資する戦略をとっているのであれば、KDDIやアルトリア(MO)、AT&T(T)のような個別銘柄を保有し続けることになります。

他方、方針を変更してIT企業などの成長性の高い銘柄を中心に保有することにした場合は、これらの株を売却し、アップルやグーグルなどの成長株を保有することになります。

長期的な業績期待が持てなくなったとき

株価は、基本的には企業の業績に比例して株価が変動しますから、業績期待が悪くなれば、株価も下がる可能性が高くなります。

また、業績が悪くなれば配当金の大幅減配や優待の改悪・休止ということも十分あり得ます。

例えば、日本の外食産業は短期的には「材料費増、人件費増」、長期的には「少子高齢化、人口減」により業績の期待が下がりつつあります。現に、最近では、ココスが業績悪化、優待休止を発表しております。

このように、業績期待が持てなくなってきたときには、売却し、他の優良銘柄に乗り換えることを検討します。

最初に購入した理由がなくなったとき

例えば、以下のような場合ですね。

・優待目的で保有したのに、優待廃止又は改悪された

・高配当利回りを期待したのに大幅減配となった

自分は以前、優待利回りの高い100株で10,000円の商品券をGetできるヴィレッジ・バンガードを保有していましたが、優待内容の改悪の発表の翌日に売却しました。

資産バランスを見なおすとき

債券やREIT、金などの商品にも分散して資産運用をしている場合には、定期的にリバランスすることでパフォーマンスが良くなると言われています。

また、セミリタイアや定年退職が近づいてきたときには、一般的にはボラティリティの高い株式から、価格変動の小さい債券や金の割合を増やすのがセオリーですね。

なので、このようなリバランスや資産バランスを見直すときは、株式の売却を検討することになります。

株の売却の具体的事例は?:内外トランスライン

自分も最近、内外トランスラインという銘柄200株を売却しました。これを参考例として、どのような考えで売却したか見ていきたいと思います。

内外トランスラインを購入した理由

内外トランスラインに投資した目的は、ズバリ優待目的ですね。自分は2017年ごろからは日本株の優待株を中心に保有する方針でした。100株で1500円分のカタログギフトということで内容が良いんですよね。

内外トランスラインの基本

〇配当利回り:2.60%

〇優待内容:

・100株⇒1,500円相当のカタログ「商品」

・200株⇒2,500円相当のカタログ「商品」 など

優待株投資は個人投資家からの買いが入りやすいため、下値が底堅いと言われています。

まあ、本当かは別として、どの銘柄が上がるかなんてわからないんだから、長期的に優待をもらいながら気長に株価上昇を待とうという考えでしたね。

株を売却した理由とタイミング

上記の考え方を適用すると、自分の投資方針と合致しなくなったために売却したものです。

自分は2019年に入って、優待株中心の投資から、景気が悪い状態になっても業績に影響がなく減配の心配のないディフェンシブ銘柄を中心に投資する方針に変更しました。

内外トランスラインは、国際的な海上貨物輸送を行う企業で、中国や東南アジア、インドなどの航路を複数持つ国際貨物企業ですが、昨年の米中の貿易戦争による中国の景気後退懸念の影響を受けて株価が下落していました。

なので、内外トランスラインは景気に敏感な銘柄といえるので、売却し、米国のディフェンシブ銘柄に乗り換えることにした、というわけです。

「株を売却するタイミング」まとめ

今回は株を売却するタイミングということで、どのような時に売却を検討するべきか、実際に売却した具体例を中心に解説してきました。

株は長期・分散が基本ですが、何が何でも個別銘柄を保有し続ける必要はないですね。

優良銘柄なんて他にたくさんあるわけですから、投資方針に合わなくなった時や、業績回復の見込みがない時などは躊躇せずに別の銘柄に乗り換えるべきだと考えます。

ただ頻繁な売買は手数料などのコストがかかることになるので、購入する際は良く検討したのちに投資を判断するべきでしょう。

一貫した方針のもとに、保有株の検討を行っていくことが重要と考えています。

それでは。

 

関連記事です。この記事を読まれた方は、以下の記事もご覧になっています。

大前提として株への投資で100%確実に儲かるというのは絶対にありません。しかし投資の基本を忠実に守ることで、株で儲かる確率を簡単に高めることができます。その方法とは何か?

株で儲かる確率を確実に高める方法とは?初心者でもリスクを減らせる!株で儲かる確率を確実に高めるにはどうしたら良いですか?初心者でも簡単にできる方法を知りたいです。 このような疑問を持つ方に向けて記...

 

シーゲル理論の要点は、高配当ディフェンシブ銘柄に投資をして配当を再投資することです。なぜこの手法が優れているのか、過去のデータも踏まえ解説しています。

シーゲルの投資の要点とは?高配当バリュー株・配当再投資がポイントです!米国株投資家の間ではシーゲルの投資の理論を実践している人が多いと聞きますが、その要点は何ですか?本を読めば良いんですけど、まずはざっくり...

 

「リスクを取らなければリターンはない」と良く言われます。投資におけるリスクとリターンはどのような関係なのか解説しました。

投資におけるリスクとリターンの関係とは?最低限知るべき内容を解説。株や投資信託などで資産運用していると、よくリスクとリターンという言葉を聞きますが、これってどういう意味なのかわかりづらいですよね。 ...

 

クラウドバンクなら年率6.99%のリターンを期待できます!
クラウドバンク

ソーシャルレンディングの中でも特に注目されているのがクラウドバンク。株のように値動きがないので相場の動きが気になりません

リターンの高い投資先としてメジャーなのは日本株や米国株。だけど1日に5〜10%下落することも普通にありますよね。

クラウドバンクは、預金のように元本に値動きがありません。銀行預金にほとんど利息がつかない中、投資先として有力な選択肢といえます。

全ファンドの平均実績利回り6.99%で元本回収率100%!

なので、こんな方に特にオススメです。

  • 日々の相場の動きを気にしないで投資したい
  • 銀行の預金金利は低すぎて使えないと感じている
  • 定期預金感覚で高い利回りを得たい

 

詳しくは以下をクリック!

詳細ページ公式ページ