米国株

コカ・コーラ(KO)の業績は悪化してるの?健康志向の高まりが影響?

米国株のコカ・コーラ(KO)への投資を考えています。最近の業績が悪化しているようですが、その要因は何ですか?

業績の推移についても知りたいです。

このような疑問を持つ方に向けて記事を書いています。

今回の記事の内容

・コカ・コーラ(KO)の業績の推移は?

・コカ・コーラの業績悪化の理由は?

・コカ・コーラの業績の懸念は?

・コカ・コーラの株価推移は?

投資歴20年のかいまるです。米国株を中心に1,000万円以上の資産を運用していて、コカ・コーラ(KO)も主力銘柄として保有中です。

日本でも知らない人はいないぐらい知名度の高いコカ・コーラ。英語名称は”The Coca-Coka Company”。創立1892年で、100年以上の歴史と200を超える国や地域に展開していて、世界中でコカコーラを販売している、グローバル巨大企業です。

不景気時にも売り上げが落ちないディフェンシブ銘柄の代表格ですが、最近では先進国を中心に健康意識の高まりから砂糖入り清涼飲料水の売り上げが落ち込み、一時業績が不安視され株価も伸び悩みました。

しかし、結論から言うとコカ・コーラ株は、

・売上高の減少は収益構造の転換のため

・砂糖入り清涼飲料水以外の商品に重点化

ということで、業績が改善してきています。2019年は営業利益率が大幅に上昇するなど再び成長軌道に乗りつつあるといえます。

今回は、そんなコカ・コーラの業績に関して見ていきます。なお、株価や配当の推移などに関しては以下の記事にまとめていますので、合わせてご覧ください。

コカ・コーラの株価の状況は?57年連続増配”配当王”の株は買い?業績が安定している米国株コカ・コーラ(KO)への投資を考えています。これまでのKOの株価の推移やチャートの特徴はどんな感じですか? ...

コカ・コーラの業績の推移は?

早速ですが、コカ・コーラの業績をみていきます。ここでは、

以下のグラフは、売上高、営業利益、純利益、営業利益率の推移となっています。

圧倒的なブランド力で業績鉄板と思われていたコカ・コーラですが、2018年の売上高は約318億ドル(約3.5兆円)と2012年をピークに右肩下がりで、3分の2まで落ち込んでいます

しかし、よくよく見ると営業利益は売上高ほど減少していなくて、2018年の営業利益率が30%超えと大幅に改善していることがわかります。

これには理由があります。

コカ・コーラの業績悪化の理由は?

コカ・コーラの売上高が減少している理由は、製品を製造する事業を縮小するという収益構造の転換を推し進めているためなんですね。

そもそも清涼飲料を販売するまでの事業は大きく

・濃縮事業:飲料の濃縮原液の製造・販売

・製品事業:原液を炭酸等で薄めてボトル詰めして販売

の2つに分かれます。

濃縮事業を簡単に言えば、濃縮液をボトラーと呼ばれる会社とフランチャイズ契約して販売し、収益を得るというもの。製品事業は、この濃縮液を甘味料や水、炭酸水等と組み合わせるなどして、商品を製造・販売しています。

この製品事業は、基本的にボトラーが担っていますが、コカ・コーラ本社でも少なからず行っています。しかし、この事業は製造・流通という労働力が必要となるため、どうしても営業利益率は低くなってしまうんですよね。

その反面、濃縮事業は世界各地にあるフランチャイズに原液が確実に売れるため在庫リスクがなく、原液なので配送コストも低い。そのため、利益率が製造事業よりも圧倒的に高いんですね。

そこでコカ・コーラは売上高の減少覚悟で、本社の製品事業の縮小という収益構造の転換を進めているんです。

2018・2019年は、この収益構造の転換が奏功して、営業利益率が上昇するなど業績が改善。これに伴い株価も大幅に上昇しています。

コカ・コーラの業績の懸念は?

ビジネスモデルが非常にうまくいっているコカコーラ社も懸念点があります。

懸念①:健康志向の高まり

一つが健康志向の高まりですね。先進国を中心に砂糖のたくさん入った清涼飲料水の売上が伸びない状況が続いています。

さらに、米国を中心に砂糖の入った清涼飲料水に税金をかける動きが広がっていて、コカ・コーラが非常に知名度の高いブランドなので標的にされやすい。

なので、コカ・コーラは、ここ最近の動きとして

  • コカ・コーラゼロシュガー
  • コカ・コーラ製のエナジードリンク
  • 英国コーヒーチェーンのコスタ買収

なで脱・砂糖入り飲料事業を進めています。日本でもレモンチューハイなどの酒類販売に乗り出すなどの取り組みを行ってますよね。

先進国を中心に砂糖が大量に入った清涼飲料水が売れない状況は続くでしょうから、今後の業績はこれらの取り組みがうまくいくかにかかっていますね。

懸念②:プライベートブランドの勢い

もう一つの懸念点がプライベートブランドの質が良くなってきていることです。

例えば、自分はイオンのトップバリューブランドのコーラを飲む機会がありますが、味はそんなに変わらないんですよね。

以前なら口に入る飲み物なので少しぐらい高くても知名度の高いブランドが購入されましたが、最近はネットや口コミなどで評価が確認できる。

なのでコカコーラの圧倒的なブランド力が維持できるのかは注視することが必要ですね。

コカ・コーラの株価の推移は?

以下が、過去5年のチャートです。比較のためにS&P500も掲載しています。

赤:KO 水色:S&P500

コカ・コーラの株価は、2018年までは株価が下値を切り上げて、ゆっくりと値上がりはしていましたが微増です。コカ・コーラでは収益構造の転換を進めていて、この時期の業績は減収していた影響もあります。

ただ2019年に入って、収益構造の転換が奏功し、営業利益率の改善が確認されてから一気に盛り返してきていて、S&P500と比べても遜色ないパフォーマンスとなっています。

「コカ・コーラの業績」まとめ

今回は、コカ・コーラの株価ということで、業績と業績悪化の要因、懸念事項について述べてきました。

収益構造の改善が奏功して、売上高は大幅に減少しているものの、営業利益率が大幅に伸びているコカ・コーラ。

他方、先進国を中心に健康意識が高まり、砂糖入り清涼飲料水の売り上げが伸びていませんが、ゼロシュガーコーラやエナジードリンクの販売、コーヒチェーンの買収などの取り組みを進めています。

圧倒的ブランド力と収益構造の強化。景気が悪化しても売り上げが落ちないコカ・コーラはまさに長期保有に向いた銘柄といえるでしょう。

それでは。

関連記事です。この記事をご覧になった方は、以下の記事も読まれています。

コカ・コーラの株価の状況は?57年連続増配”配当王”の株は買い?業績が安定している米国株コカ・コーラ(KO)への投資を考えています。これまでのKOの株価の推移やチャートの特徴はどんな感じですか? ...

 

おすすめ記事です。

米国のグロース銘柄の象徴”アマゾン”。しかし、アジア地域でのEC事業展開は苦戦が続いており、また期待されているクラウド事業も世界シェア首位の座から陥落。今後の見通しについてまとめました。

アマゾンの株価の見通しを徹底分析。10年後の業績は厳しいと予想する理由とは。アマゾン(Amazon)の今後の株価見通しについて知りたいです。インターネット通販がメインですけど、クラウド事業も絶好調ですよね。株価の...

 

60年以上も連続で増配しているスリーエム。しかし中国事業の不振から業績が悪化、株価も大幅に下落しています。

スリーエム(MMM)の株価が大幅下落!60年増配の超優良企業に一体何が…?スリーエム(MMM)の株価が2019年に入って大幅に下落しています。ここまで株価が急落して、下落傾向が続いている理由はなんですか?MMM...

 

米国株を取引するにあたり、日本株に比べて割高な手数料が気になるところです。主要ネット証券会社の手数料を比較。オススメの証券会社はどこか?

米国株の手数料を徹底比較!おすすめの証券会社はどこ?(2019〜2020年)最近、米国株の手数料の引き下げが行われているみたいだけど、これらを比較して見て、どこがオススメですか? できるだけ手数料の安いとこ...

 

日本ではアクセスしずらい米国株の情報を日本語で配信するモトリーフール。その情報はエコノミスト誌のような海外メディアからも高い評価を受けています。メリットをまとめました。

モトリーフールが米国株の情報収集におすすめな理由?評判・口コミも紹介。米国株への投資を始めたけど、信頼できる情報をどこから集めたら良いですか?米国株の情報提供で有名なモトリーフールの評判を知りたいです。 ...
DMM株が米国株取引手数料を完全無料化!
DMM株

DMM.com証券のDMM株は、2019年12月9日(月)から米国株式取引手数料の完全無料化!

これまで大手のネット証券で横並びだった米国株の売買手数料が遂に無料化です。既に無料化している最低手数料に加え、取引手数料を一切かけずに米国株式を取引できます。

スマホアプリでも米国株の取引が可能です!

無料口座開設はコチラ