ソーシャルレンディング

(2020年最新)ソーシャルレンディングを徹底比較!特徴や安全性は?

ソーシャルレンディングを始めたいんだけど、いろんな会社があってどこにしたら良いのか迷っています。投資するからには、しっかり比較して選びたいです。

かいまる
かいまる
ソーシャルレンディングで大事なのは会社選び。特徴を徹底比較していきます!

投資歴20年のかいまるです。ソーシャルレンディングへの投資を含め1千万円以上の資産を運用していますが、最近その魅力にハマっています。

最近ソーシャルレンディングって高利回りで、すごい評判です。銀行に預金していても利息は付かないし、株やFXのように相場の動きを気にする必要がないからですね。

投資初心者
投資初心者
どこの会社が良いのかわからない…。本当にその会社で安心なの?

そうですよね。実際に始めようと思っても、どう会社を選んで良いかポイントがわかりづらいかもです。主な疑問をまとめると、

ということですよね。

そこで、今回は数あるソーシャルレンディング会社の中から自分に合ったファンドを選べるよう、主要な会社の特徴をまとめてみました。ここで紹介している会社は、銀行預金に比べれば圧倒的に利回りも高く、安全性の高い仕組みを取り入れているところです。

利回りや特徴などを比較して、今後の投資の参考にできると思いますので是非最後まで、ご覧ください。

なお、ソーシャルレンディングって何という方は、以下の記事にわかりやすくまとめています。

ソーシャルレンディングとは?評判やメリット・デメリットを徹底解説!最近評判のソーシャルレンディングとはどんなものですか?評判やメリットやデメリットを知りたいです。 投資歴20年のかいまるで...

ソーシャルレンディングを比較するポイントとは?

ソーシャルレンディングの市場規模が年々拡大してきていることもあり、最近これらのサービスを提供する会社が増えています。なので、どの会社が良いのか迷うことも。

なので、優良なソーシャルレンディング会社を選ぶ3つのポイントを解説します。

ソーシャルレンディング会社の比較ポイント

  • 安全・安心(貸し倒れないか、担保・保証)
  • ファンドの数(選択肢がたくさんあるか)
  • 透明度(投資先は見えるか、運営は健全か)

ポイント①:安全・安心(貸し倒れないか、担保・保証)

投資先の貸し倒れがないかは重要な確認項目ですね。最も良いのは、過去一度も貸し倒れが起きていないこと会社がいいですね。

さらに言うと、何かあった場合の担保が非常に大切ですね。担保などの設定がないと全損の可能性も少なくありません…!

また、貸し倒れまでいかなくても遅延が起きることがあります。

遅延した場合でも、ちゃんとした案内があるのか、償還の見込みがあるのか公表しているソーシャルレンディング会社は少なからず安心できると言えるでしょう。

ポイント②:ファンドの数(選択肢は豊富か)

自分にあった投資先を選択する上で、投資先ファンドの選択肢が多いことも大切ですね。

現在、募集の多いファンドは、

・太陽光、風力、バイオマス発電など

・不動産

・企業事業支援

というもの。ひとつのファンドに集中して投資してしまうのは、リスクの面から考えるとあまり良い選択肢とは言えません。

なので、投資ファンドを分散させてリスクを減らすことが重要です。

さらに投資期間も大事!特にソーシャルレンディング初心者は、始めのうちから長期間のファンドではなく、短期間のファンドで慣れておいたほうがいいと思います。

ポイント③:透明度

これまでのソーシャルレンディングは投資先がブラックボックスでトラブルが少なからず発生していました。

少なくとも、投資先が見えることが透明度が高いソーシャルレンディング会社といるので、そのような会社を選ぶことでで一定の安心感を得ることができるでしょう。

次にソーシャルレンディング会社の特徴などを比較していきます。

融資型のソーシャルレンディング会社を比較

ここでは、

  1. クラウドバンク
  2. Funds
  3. FUNDINNO(ファンディーノ)

を比較していきます。

①クラウドバンク

クラウドバンクは、第一種金融商品取引業事業者の日本クラウド証券が運営を行っているソーシャルレンディングサイトです。2020年1月時点で累計募集金額は805億円超となっていて、ソーシャルレンディング業界では最大手の一つです。

取り扱っているファンドは、太陽光案件・不動産、企業融資案件が多いですかね。最大手の一つということもあり、多くのファンドが提供されているので、投資案件がないということはあまりないですね。

2015年と2017年に金融庁財務局から資金の分別管理などで運営上に問題があるとの指摘を受けましたが、すでに問題点は改善済み。むしろ、サービス開始以降、貸倒れは一度もないことは特筆に値します。

案件の利回りは4.5~7.5%程度。他の業者と比べても、高い利回りのファンドが多いといえるでしょう。

また、クラウドバンクは2019年から関東地区ででテレビCMの放送を開始していることもあり、ソーシャルレンディング会社の中でも知名度が上がっていますね。

>> クラウドバンクの公式ページはコチラ

クラウドバンクの評判は?儲かるの?実際に投資して感じたメリットとは。クラウドバンクってどうかな?評判や特徴について知りたいです。数ある金融商品の中でクラウドバンクを選ぶメリットはなんですか? ...

②Funds

Fundsは、ソーシャルレンディングのメディアサイトを運営していたクラウドポートが、2019年1月から活動を開始した比較的新しい投資サービスですね。

「貸付型ファンドのマーケットプレイス」と位置づけていて、ファンドの「募集」と「運用」が完全に切り離された仕組みということ。Fundsは、あくまで投資の募集のみに特化し、運用は主に東証大手の企業が資金を借り受け、ファンドの運用会社に融資するというもの。

また、利回りは1.5%~6%と全体的にわりと低め。ただ『社債に代わるミドルリスク・ミドルリターンの商品を提供』というのをコンセプトに、アイフルなどの東証大手企業を通じた融資案件など、より安全・安心な融資を実践しています。

案件に関しては、社内の公認会計士や弁護士、社外の取締役弁護士・取締役公認会計士の審査を通過した案件のみを取り扱っているのも安心材料でしょう。さらに、1円からの投資が可能など、より柔軟な投資が可能ですね。

そのため、募集するファンドの人気は非常に高く、開始してすぐに予定金額に達してしまいます。今、大きな注目を集めているソーシャルレンディング会社ですね。

>> Fundsの公式ページはコチラ

Funds(ファンズ)で投資する評判は?特徴やデメリットも解説!Funds(ファンズ)で投資するってどうかな?評判やデメリットについて知りたいです。数ある金融商品の中でFundsを選ぶメリットはなんで...

③FUNDINNO(ファンディーノ)

FUNDINNO(ファンディーノ)は、国内初の株式投資型クラウドファンディング。投資家はファンディーノを通じて、今後の上場を狙う会社の株式を購入します。そして、その株式が値上がりすれば、売却によって大きな利益を得ることができます。

ファンディーノでは、利益が発生する可能性を上げるために、募集する会社の審査を厳密に行っていますが、購入した会社のすべてが上場するとは限りません。利益が全く出ない可能性も、投資した資金を喪失してしまう可能性があります。

審査にあたっては株式を購入する企業が、

  • 将来的に上場する可能性があるか
  • 革新性のあるか
  • 独自性があるか

などの点を勘案して、専門知識を有した公認会計士などのチームが取り組んでいます。資金募集が行われるのは、審査員全員がOKした企業となります。

あと、投資家の保護のため、詳細な融資先の財務状況の調査、リスクの洗出しを行なっているところも安心材料ですね。

>> FUNDINNO(ファンディーノ)の公式ページはコチラ

不動産型ソーシャルレンディグ会社を比較

ここでは

  1. Ownersbook(オーナーズブック)
  2. CREAL(クレアル)

を比較していきます。

①Ownersbook

OwnersBook(オーナーズブック)は、東証上場企業であるロードスターキャピタルが運営しているソーシャルレンディングです。取扱いのファンドは不動産関係に限られています。利回りは4%から6%とミドルリスク・ミドルリターンとなっていますね。

不動産鑑定士を含む不動産取引のエキスパートが、長年の経験を生かして不動産を取得しているんですね。OwnersBookのエキスパートが厳選した物件を、自社評価だけじゃなく外部評価も経たうえで投資案件として登録。

さらに、東証上場企業であるため、コンプライアンス意識が高いことなどは、投資家にとっての安心材料といえるでしょう。

>> OwnersBookの公式ページはコチラ

オーナーズブックの評判と口コミは?メリット・デメリットも解説!OwnersBook(オーナーズブック)ってどうなんですか?評判や口コミ、メリット・デメリット、口座開設の方法などについて知りたいです。...

②CREAL

CREALは、2018年12月から運用を始めた不動産投資型ソーシャルレンディングです。1口1万円と少額からの不動産投資が可能になっています。

不動産ファンドの場合、購入した不動産を売却した際に値下がりが起きると、投資家が損失を被る可能性があります。しかし、不動産価格の低下率が10%までであれば、CREALが損失を負うことで投資家のリスクはある程度抑えられる仕組みとなっています。

利回りはソーシャルレンディングと比べると4%~5%台。不動産投資らしくミドルリスク・ミドルリターンといえるでしょう。

投資対象は大型ホテルや保育園、マンション1棟投資案件や区分マンションなどの小規模の案件など、多種多様ですね。

他のソーシャルレンディングと比べると、情報公開がしっかりされている点がメリットで、投資対象となる不動産の住所、事業内容などが記載されています。さらに、投資家に出来る限り多くの情報を提供するため、案件ごとに動画を付けるなど、情報公開を積極的に打ち出しています。

>> CREALの公式ページはコチラ

結局どのソーシャルレンディグがおすすめなの?

それぞれの会社の特徴について、ある程度理解いただけたと思います。が、結局どの会社が最もおすすめなんですかね?

今回比較したソーシャルレンディングは、安全な運用を行っており、配当も魅力的なので、正直言って甲乙つけがたい。

その疑問に応えるため、各社の特徴や利回りを簡単に比較できるよう、表にまとめました。

タイプ 募集総額 利回り その他
クラウドバンク 融資型 約805億円 5〜8% 業界最大手の一つ。貸し倒れ案件なし
Funds 融資型 約10億円 1.5〜6% 募集と運用の分離。主に東証一部企業を通じた運用
FUNDINNO 株式型 約30億円 上場前企業への投資
Ownersbook 不動産型 約160億円 4%~6% 外部評価も経たうえで投資案件を選定
CREAL 不動産型 約30億円 4%~5% 投資対象となる不動産住所、事業内容など公表

このように整理して見ると、運用資産の規模や利回り、貸し倒れ案件がないことを考えると、クラウドバンクが頭一つ抜けていると思います。

以下の記事にまとめていますが、自分もメインの会社として利用していて、他の会社よりも投資できる案件が多いしホームページも見やすくて使いやすいです。何と言っても利回りが魅力的ですね。

クラウドバンクの評判は?儲かるの?実際に投資して感じたメリットとは。クラウドバンクってどうかな?評判や特徴について知りたいです。数ある金融商品の中でクラウドバンクを選ぶメリットはなんですか? ...

投資は早く始めた方がリターンが高くなります。こだわりがないのであれば、まずはクラウドバンクで始めるのも良いと思います

>> クラウドバンクの公式ページはコチラ

投資先は1社に限る必要はありません。自分も4つの会社に口座を開設して分散投資しています。以下の記事ではソーシャルレンディングのおすすめ会社をランキング形式でまとめていますので、是非ご覧ください。

(2020年最新)ソーシャルレンディングおすすめランキング3選とは?ソーシャルレンディングを始めたいんだけど、いろんな会社があってどれにしたら良いのか…。おすすめの会社を知りたいです。選ぶ時のポイントはあ...

「ソーシャルレンディングの比較は?」まとめ

今回はソーシャルレンディングの比較は?ということで、主要ソーシャルレンディグ会社について比較してみてみました。

今回紹介したソーシャルレンディングは、利回りの観点や安全な運用に努めている点で魅力的な会社となっていますので、自分の投資方針や好みに合わせて会社を選べば良いと思います。

 

関連記事です。この記事をご覧になった方は、以下の記事も読まれています。

実際にソーシャルレンディングに投資!業界最大手の一つ、クラウドバンクをやってみました。その状況について解説しています。

クラウドバンクをやってみた!投資すべきおすすめファンドはどれ?クラウドバンクでの投資ってどうなんだろう?実際に利用している人の感想やおすすめのファンドについても知りたいです。 こんな疑問を持つ...

 

ソーシャルレンディングにもリスクがあります!トラブル事例や対策などを以下の記事にまとめていますので投資を開始する前に読まれることをおすすめします。

ソーシャルレンディングは危ない?過去のトラブル事例や対応策を解説!最近話題のソーシャルレンディングを本格的に始めようと思うんだけど、危ないのかな? 投資歴20年のかいまるです。コツコツと投...

 

相場の動きを気にしなくて良いソーシャルレンディングは忙しい会社員や主婦にこそピッタリです。その理由を解説しています。

ソーシャルレンディングは忙しいサラリーマンや主婦ほど始めるべき?将来の生活に不安なので投資に興味があるのだけど、投資の勉強や運用する時間がないほど忙しいです。銀行預金だと、ほとんど金利が付かないし…。...

 

 

OwnersBookなら1万円からの不動産投資。株の暴落が気になりません!
OwnersBook

OwnersBook(オーナーズブック)は1万円から不動産投資!株のように値動きがないので相場の動きが気になりません。

リターンの高い投資先としてメジャーなのは日本株や米国株。だけど1日に5〜10%暴落することも

OwnersBookは、預金のように元本に値動きがありません。銀行預金にほとんど利息がつかない中、投資先として有力な選択肢といえます。

全ファンドの利回りの中心は4〜6%で全て担保が設定されています

なので、こんな方に特にオススメです。

  • 日々の相場の動きを気にしないで投資したい
  • 株の大暴落がコワイ
  • 銀行の預金金利は低すぎて使えないと感じている
  • 定期預金感覚で高い利回りを得たい
  • 1万円から不動産投資をしたい

 

詳しくは以下をクリック!

詳細ページ公式ページ