米国株

マイクロソフトの株価の今後は?新型コロナ拡大でも株は買いの理由は?

米国株のマイクロソフト(MSFT)への投資を考えているので、株価の今後の見通しを知りたいです。新型コロナ拡大の影響で株価は下落しているようですが…業績の影響は?

株価の推移やチャートの特徴はどんな感じですか?マイクロソフトの株は買いですか?

このような疑問を持つ方に向けて記事を書いています。

今回の記事の内容
  • コロナショックでマイクロソフトの株価急落!
  • マイクロソフト(MSFT)って何の会社?
  • マイクロソフトの株価の推移(チャート)と特徴は?
  • マイクロソフトの配当金の推移は?
  • マイクロソフトの今後の見通しは?成長期待で株は買いか?

投資歴20年のかいまるです。米国株を中心に1,000万円以上の資産を運用しています。

結論から言うとマイクロソフト株は、

・WindowsやOfficeなどで業績が安定

・クラウドサービスのAzuruの急成長

・新型コロナによる外出制限もクラウド利用増加

・5年平均増配率(年率)が10.47%

ということもあり、今後の成長も期待できつつ配当も伸びているため、長期保有には向いた銘柄といえます。

新型コロナ拡大で多くの地域で外出禁止で多くの企業の業績が悪化する中、2020年1〜3月決算は増収増益!テレワークや通信授業への移行でクラウドサービス利用が増えているんですね。自分もIT銘柄のなかだったら、断然マイクロソフトを購入しますね。

スマホ事業の乗り遅れから2015年ごろに売り上げが伸び悩みましたが、WindowsやOfficeなどのソフトウェアを売り切り型から月額制への転換を図ることにより、収益が回復しました。

さらにクラウドサービスAzuruは業界トップのアマゾンを脅かす勢いを示しています。グロース株でありながら配当も期待できる。今回は、そんなマイクロソフトについて銘柄分析です。

なお米国株に関連するページについて、以下にまとめました。よろしければご覧いただければと思います。

コロナショックでマイクロソフトの株価急落!

新型コロナウイルスの拡大による、経済への影響によって世界同時株安が進行。いわゆる”コロナショック”により米国株式市場も大暴落しており、ダウ平均株価も2週間程度で37%も下落する異常事態となりました。

そのような状況の中、以下のチャートのようにマイクロソフトの株価も大きく下落。

2月19日の直近高値からわずか1ヶ月足らずで

・2月19日:186.47ドル

・3月16日:135.42ドル(🔻27.4%

25%以上の急落となりました。株価は3月16日に135ドルの安値を付けてから一旦反発しており4月の段階で150ドル台まで回復しています。

しかし、マイクロソフトのようなITセクターは新型コロナウイルス拡大の影響が、他の石油、自動車、外食、製造業などに比べげ限定的と言われていることもあり、株価も底堅い状況です。

株価が下落する前の2月19日から4月2日までのチャートを、S&P500と比較すると以下のようになって、マイクロソフトの方が10%近くパフォーマンスが良くなっています。

赤:MSFT 緑:S&P500

新型コロナウイルス感染症対策として外出禁止令が出ている地域におけるマイクロソフトのクラウドサービスの利用率が775%増加しているとの発表もあり、他のセクターに比べれば影響は軽微と言えそうです。

参考:Microsoftのクラウドサービス、新型コロナ外出禁止地域での利用が775%増(IT media)

マイクロソフト(MSFT)ってどんな会社?

マイクロソフトは、OSのWindowsやOfiiceを製造している企業で、日本でも知らない人はいないぐらい知名度の高いメーカーですね。

2018年の売上高1,258億ドル(約13.8兆円)莫大な収益をあげている、情報技術セクターの巨人。ただ売上高だけ見るとAppleやAmazonの半分程度です。時価総額は、2019年末で、サウジアラムコ(サウジアラビア国有の石油会社)、Appleに次ぐ3番手となっています。

1975年にポール・アレンとビル・ゲイツにより共同創業され、わずか25年足らずの1999年よりダウ平均工業株30種採用銘柄に採用されました。

主力製品は、パソコン用のOSであるWindowsや、会社業務に不可欠であるWordやExcelなどのOffice製品。AppleとWindowsで世界の個人向けパソコン市場は実質的に独占されてます。

一時期スマホ市場への乗り遅れにより業績が落ち込みましたが、ここに来てクラウドサービスのAzure(アジュール)が急成長を遂げ、業績が急上昇しています。クラウドサービスはアマゾンが圧倒的に強かった分野で、それを脅かすぐらい急成長しています。

次に株価や最近の動向について見ていきます。

マイクロソフトの株価の状況は?

では早速ですが、マイクロソフトの株価の状況をみていきましょう。ここでは株価データと銘柄の特徴について取り上げます。

マイクロソフトの株価データ(2020年4月1日現在)を簡単にまとめました。

マイクロソフトの株価データ
  • 株価:  152.11ドル
  • PER:   27.20倍
  • 配当金:   2.04ドル
  • 配当利回り:1.29%

PERは情報技術のグロース株だけあって米国株の平均レベルよりもかなり高いですね。競合のAppleが20.06ですから、この数値と比較しても高い水準です。

配当利回りは1%台と情報技術セクターとしては高い方ですね。最近の株高もあり配当利回りは下落傾向です。

マイクロソフトの株価の推移(チャート)は?

次にマイクロソフトの長期チャート(5年)を見ていきます。

以下が、過去5年のチャートです。比較のためにS&P500も掲載しています。

赤:MSFT 緑:S&P500

いやー、S&P500がかすんでしまいますね。コロナショックで株価が大幅下落しましたが5年間で約3倍のパフォーマンス。これにプラスして配当も出ているので、文句なし。本当にすごいと思います。

これまで米国株やETFのチャートとか紹介してきていますが、ほとんどのものはS&P500のパフォーマンスが優っているんですね。これを見てしまうと、マイクロソフトの伸びというのは本当にすごいなと思ってしまいます。

配当利回りは1%台で低いけど、その要因の一つは株価の上昇ですね。かつては高配当株式ETFであるVYMの構成銘柄で、2016年ごろまでは配当利回りも2%半ばほどあったのですが…。

マイクロソフトの配当実績は?

次に配当実績をみていきましょう。

以下の配当推移をみていただくとわかるとおり、2005年から配当金は綺麗な右肩上がりとなっています。

マイクロソフトの配当金は、

・連続増配:18年

・5年平均増配率:10.47%

となっています。過去10年間で配当金が3倍になっているので、これはもうすごいなと思います。配当性向は38%と余力十分、WindowsやOfficeのサブスク化で莫大なキャッシュが見込めますから減配の心配はほとんどないですね。

配当利回りは1%台とそれほど高くありませんが、これは株価が急上昇していることも要因の一つ。AmazonやGoogleのようにITの成長企業は配当を出さないところも多いですから、成長を期待するグロース株ということを考えると十分すぎるレベルと言えます。

ちなみに米国株の魅力は高配当でかつ連続増配を続けている個別銘柄が多いことです。お宝銘柄を保有し続けるのも投資の醍醐味ですね。おすすめの銘柄について以下の記事にまとめています。

米国株は高配当・連続増配株への投資で勝つ!おすすめ銘柄とは?米国株は、高配当で連続増配している銘柄が多いと聞いていますが、これらの銘柄に投資するメリットは何ですか? 高配当の連続増配株でおす...

マイクロソフトの売上高や利益は?

次にマイクロソフトの業績をみていきます。以下のグラフは、売上高、営業利益、純利益、営業利益率の推移となっています。

2015年ごろに業績が一時的に落ち込みましたが、その後は順調に右肩上がりとなっていることが読み取れます。この落ち込みはスマホ市場への対応の遅れで売り上げが伸び悩んだ時期。当時のマイクロソフトは”オワコン”みたいな感じで、ボロクソに言われてましたね。

2008年から2019年の平均成長率は+6.9%となっていて、2019年の地域別収益の比率は、51%がアメリカ国内、49%が国外となっています。売り上げの半分を米国以外の世界各国で稼いでるということですね。

驚異的なのが営業利益率で、2010年に40%からだんだん下がってきていましたが2015年を底に持ち直し。最近では40%近くまで回復しています。これはクラウドサービスのAzuruがが業績に貢献しているためです。

マイクロソフトの2020年決算結果は?

2020年4〜6月期(4Q)決算は増収減益

2020年4Q決算の概要
  • 収   益 :380.3億ドル(前年同期比13%増)
  • 営業利益:134.0億ドル(同8%増)
  • 純 利 益 :112.2億ドル(同15%減

新型コロナによるテレワークや遠隔授業拡大によってマイクロソフトが提供しているクラウドサービスなどの需要が急増していることもあり収益、営業利益はしっかりと伸びています。

ただ、これまで20%以上増益していた営業利益の伸びが8%となっており、成長率の鈍化が気になります。

マイクロソフトは世界で83あった直営店閉鎖することを決めたため、その撤退費用の計上などで、純利益が10四半期ぶりの減益となりました。

マイクロソフト2020年3Q決算は増収増益

マイクロソフトの2020年3Q決算は増収増益と、売上高が市場予想を上回るなど好調な内容となりました。

2020年3Q決算の概要
  • 売 上 高 :350.2億ドル(前年同期比15%増)
  • 営業利益:129.8億ドル(同25%増)
  • 純 利 益 :107.5億ドル(同22%増)

クラウドサービスの業績の伸びが顕著で売上高が27%も増加しました。その中でもAzuruの売り上げが59%も増加しています。この好調な結果を受けてマイクロソフトは99億ドル(約1兆円)の自社株買いを実施すると発表しました。

マイクロソフトの業績は、新型コロナウイルス拡大の影響をほとんど受けない、力強い結果となりました。

業績推移や今後の見通しについては、以下の記事にまとめていますのでぜひご覧ください。

マイクロソフト(MSFT)の業績・決算は?コロナ拡大の影響も解説!米国株のマイクロソフト(MSFT)への投資を考えていますが、新型コロナウイルス拡大の影響が気になりますが、2020年1月〜6月決算の結果...

マイクロソフトの株価の今後は?

マイクロソフトの株価は今後もかなり期待できると思います。というのはWindowsやOfficeのような定番商品を持っていて、これらの販売やサービス提供でガッツリと稼げる事業体系だからです。

これらは景気が悪くなったとしても、利用し続けるユーザーが大半ですので、売り上げが大きく落ちることはないですよね。

加えて、クラウドサービスのAzuruは高い成長で急激に売り上げを伸ばしています。クラウドサービスにおけるAzureのシェアは約17%で、約33%のシェアを持つAmazonのAWSに次ぐ2番手となっています。

AmazonのAWSが伸び悩むなかAzuruのシェアは拡大しています。象徴的なのは国防総省のシステム更新のための”1兆円入札”にAzuruが競り勝ったこと。さらに新型コロナ拡大により多くの地域で外出禁止になる中、クラウドサービスの利用は伸びています。

今後も世界のクラウド市場は年間で40%近く拡大すると言われているので、クラウド事業が絶好調なマイクロソフトの株価は高い伸びが予想されます。

なお、米国株への投資を考えている方には”取引手数料ゼロ”のDMM株が圧倒的にお得でおすすめです。

米国株は、大手のネット証券であるSBI証券、楽天証券、マネックス証券で購入することが可能ですが、手数料は3社横並びで約定代金の0.45%(最大20ドル)。

日本株の売買手数料よりも、かなり割高な状態なんですよね。

その点、DMM株なら取引手数料ゼロで米国株を購入することが可能です。詳しくは以下の記事にまとめています。

DMM株で米国株の取引手数料0円! 評判とメリット・デメリットとは?DMM株が米国株の取引手数料を無料化すると発表! これまで日本株に比べて割高とのイメージのあった米国株取引手数料。この無料化は日本...
【DMM 株】口座開設

マイクロソフトの株は買いか?まとめ

今回は、マイクロソフトの銘柄分析ということで、株価の推移(チャート)や特徴、株は買いかについて述べてきました。

ITの巨人マイクロソフト。WindowsやOfficeのような定番ソフトウェアに加えて、最近ではクラウドサービスのAzuruが急成長を遂げていて、収益が拡大しています。

マイクロソフト株自体は、値上がり益に期待するグロース銘柄ですが、事業が成熟化していることもあり、配当金もしっかり出ています。増配率も過去の実績で年間10%超え。

加えて新型コロナ拡大でも、インターネットの需要は減ることはなく、マイクロソフトのサービス利用は増えている状況です。

株価の大きな値上がりだけでなく、グロース株でありながら配当金の伸びも長期的に期待できる。マイクロソフトはそんな銘柄と言えそうです。

最後に賢く米国株やETFに投資するための方法について紹介しますので、ぜひ参考にしていただければと思います。

米国株に関する情報を効率よく収集するには?

日本ではアクセスしずらい米国株の情報を日本語で配信するモトリーフールメールアドレスを登録するだけで鮮度の高い情報が無料で送られてきます

自分も登録してみたところ、おなじみのバフェット銘柄に関する内容や、業績良好な医薬品株・機械株に関する内容などがタイムリーに送られてきます。モトリーフールの情報はエコノミスト誌のような海外メディアからも高い評価を受けているんですよね。

米国株の情報はどうしても乏しくなりがちなので、この機会に登録してみるとよいです。登録は無料です。

>> モトリーフール無料メルマガ登録はコチラ

なお、モトリーフールの特徴や無料メルマガのメリットについては以下の記事にまとめています。

モトリーフールが米国株の情報収集におすすめな理由?評判・口コミも紹介。米国株への投資を始めたけど、信頼できる情報をどこから集めたら良いですか?米国株の情報提供で有名なモトリーフールの評判を知りたいです。 ...

米国ETFに手間をかけずに自動運用する方法とは?

株式への資産運用が最もパフォーマンスが良いことは、過去のデータから明らかですが、コロナショックのように短期間で大暴落することも。

やはり資産運用の基本は米国株、日本株を保有しつつ、債券や金、不動産などに資産を分散して長期運用するというのが合理的な手法です。

自分でポートフォリオを作って運用するのも良いですが、WealthNavi(ウェルスナビ)を活用して長期投資すれば、ロボアドバイザーが世界中の市場の株、債券、金、不動産などの米国ETFに分散投資してくれます。

自分も活用していますが、口座にお金を振り込めば基本的に何もしなくても良いんですよね。特に投資初心者の方で、かつロボバイザーも初めて利用するような方には、WealthNaviが圧倒的におすすめです。

詳しくは以下の記事にまとめています。

ウェルスナビは儲かるの?評判・口コミ・実際にやってみた結果とは?WealthNavi(ウェルスナビ)ってどうなんですかね。資産運用ならウェルスナビが良いって聞いたけど、、、果たして本当に儲かるの? ...

関連記事・おすすめ記事

最後まで記事をご覧いただきありがとうございました。

この記事を読まれた方は、以下に紹介する記事もご覧になっています。皆さんに少しでも役に立つよう、米国株の個別銘柄に関連するトピックについて解説しています。ぜひご覧ください。

インテルの銘柄分析です。パソコン用CPUのイメージが強いですが、データセンター向け半導体やIoTなど次期事業も着実に成長していて、将来性十分。今後の株価について分析です。

インテルの株価が下落!コロナ直撃で半導体事業の見通しは?米国株のインテル(INTC)への投資を考えています。Intelの株価の見通しや予想を知りたいです。新型コロナ拡大の影響で株価は下落してい...

 

グーグルの親会社アルファベットの銘柄分析です。新型コロナ拡大で企業からの広告収入が減少することが見込まれますが、今後の株価について分析です。

アルファベット(グーグル)の株価と今後の見通しは?コロナの影響は?米国株のアルファベット(GOOGL)への投資を考えています。グーグルの株価の見通しや予想を知りたいです。新型コロナ拡大の影響で株価は下落...

 

SNSの代名詞ともいえるフェイスブックの銘柄分析です。個人情報漏洩問題や仮想通貨リブラ構想の頓挫など逆風が吹き荒れますが、今後の株価の見込みについて分析です。

フェイスブックの株価とチャートの推移は?新型コロナで収益悪化か?米国株のフェイスブック(FB)への投資を考えています。facebookの株価の見通しや予想を知りたいです。新型コロナ拡大の影響で株価は下...

 

圧倒的なブランド力を持つアップルの銘柄分析です。新型コロナ拡大で1〜3月期の売り上げ未達となるなど業績への影響が懸念されるところ。今後の株価の見通しについて分析です。

アップルの株価とチャートの推移は?新型コロナ拡大も上昇予想の理由とは?米国株のアップル(AAPL)への投資を考えています。Appleの株価の見通しや予想を知りたいです。新型コロナ拡大の影響で株価は下落してい...

 

米国のグロース銘柄の象徴”アマゾン”。しかし、アジア地域でのEC事業展開は苦戦が続いており、また期待されているクラウド事業も世界シェア首位の座から陥落。今後の見通しについてまとめました。

アマゾンの株価の見通しは?10年後の業績は新型コロナの影響で厳しい?アマゾン(Amazon)の今後の株価見通しについて知りたいです。インターネット通販がメインですけど、クラウド事業も絶好調ですよね。 ...

 

米国株を取引するにあたり、日本株に比べて割高な手数料が気になるところです。主要ネット証券会社の手数料を比較。オススメの証券会社はどこか?

米国株の手数料を徹底比較!おすすめの証券会社はどこ?(2020年)最近、米国株の手数料の引き下げが行われているみたいだけど、これらを比較して見て、どこがオススメですか? できるだけ手数料の安いとこ...

 

DMM株なら米国株取引手数料が完全無料です!
【DMM 株】口座開設

米国株の取引手数料は、はっきり言って日本株よりも割高なんですよね。しかも大手ネット証券で横並び

少しでもコストを下げて取引したい…。

DMM.com証券のDMM株なら、他の証券会社に先駆けて米国株の売買手数料が無料です。

さらに以下の特徴も!

▼口座開設費が0円
その他口座管理・維持費、入金手数料、出金手数料も0円

▼充実の取引ツール・アプリ
初心者からプロまでさまざまなスタイルに対応した取引ツールを無料で取り揃えています。スマホアプリでも米国株の取引が可能です。

▼NISA(少額投資非課税制度)口座にも対応

詳細は以下をクリック!

詳細ページ公式ページ