株主優待

いつ届く?ゼンショーの株主優待は超魅力的!株を購入するには?

ゼンショーホールディングス(7550)の株主優待の内容について知りたいです。ゼンショーの優待はいつ届きますか?

Getするには、いつまでに投資する必要がありますか?配当金についても知りたいです。

このような疑問を持つ方に向けて記事を書きました。

今回の記事の内容

・ゼンショー(7550)の株主優待の内容は?いつ届く?

・ゼンショーの配当金とその推移は?

・ゼンショー株の総合利回りは?

・ゼンショーの株を購入するには?

投資歴20年のかいまるです。日本株を中心に1千万円を超える資産を運用しています。

ゼンショーホールディングスは、牛丼チェーン「すき家」をはじめ、ファミリーレストランの「ココス」、うどんや丼の「なか卯」などをしている会社です。これらの外食チェーンだけでなく、マルエイやマルヤなどの地域密着型のスーパーマーケットも運営していますね。

売上高6000億円を超えていて、店舗数は海外も含めて9724店舗(1月30日現在)。マクドナルドやすかいらーくをおさえて飲食業界首位の規模です。

ゼンショーは、一時期深刻な人手不足に加えて、人件費や物流費、材料費などのコストも上昇により業績が伸び悩んでいました。しかし最近では、季節限定商品などの高価格帯のものが売れるなど、客単価の上昇により業績も回復しています。

そんなゼンショーの株主還元策に関して、株主優待の内容や配当金について、その魅力を見ていきます。

ゼンショー(7550)の株主優待の内容は?

株主優待は系列チェーンで利用できる食事券

株主優待券

ゼンショーの株主優待は、100株以上所有で保有株式数に応じて「株主様お食事ご優待券(500円券)」がもらえます。保有株式数が増えていくともらえる食事券も増えていくタイプの優待です

この優待の食事券は、すき家はもちろんのこと、ココス、はま寿司やジョリーパスタなどの系列チェーンで利用することができます。

この食事券は、以下の保有株式数に応じて年2回届きます。100株だと1000分の食事券が年2回もらえるということですね。

最大で3万円もらえるのは随分と太っ腹な優待ですよね。これが年2回届くわけですから優待銘柄として人気の理由もわかります。

利用できる店舗は多種多彩

ゼンショーの株主優待券が利用できる系列チェーンは以下になります。

自分がよく利用するのはやはり「すき家」ですね。会社の近くにあるのでランチで良く利用します。

あとは「はま寿司」と「華屋与兵衛」かな。家からちょっと離れていますがたまに家族を連れて利用します。

これだけの系列チェーンで利用できれば使い先に困ることもないはずです。

その他ゼンショーの商品と交換も可能

300株以上保有している場合、代替品交換制度を利用できます。期限内に未使用で最新のご優待券(切り離し無効)を返送すると、優待券3,000円分1冊につき、

  • すき家 国産牛肉100%使用牛丼の具セット
  • なか卯 親子丼の具
  • ココス お楽しみセット 

などと交換可能です。家庭でも手軽にすき家の牛丼の味が楽しめます。

【すき家の牛丼】 すき家 牛丼の具 並盛135g×5パックセット (トロナ 冷凍食品 湯煎・電子レンジ調理可 惣菜 総菜)【re_26】【】【p5】【cp05】
created by Rinker

ゼンショーの株主優待はいつ届く?

ゼンショーの株を保有している方や、購入を検討されている方は、いつ頃株主優待である食事券が届くのか気になりますよね。

この優待は権利が確定してから約3カ月後ぐらいに送付されてきます。権利確定月は3月末と9月末ですので、食事券をGetするためには、この権利確定日までに株を保有する必要がありますね。

具体的には、

・権利月3月末:6月頃

・権利月9月末:12月頃

ごろに食事券が届きます。

ゼンショーの配当金は?

ゼンショーの配当金は2019年の予定で、

・1株あたり20円(予定)

・配当利回り:0.86%

となっています。あまり魅力的な水準とは言えないですね。

配当金の推移を見て見ましょう。2015年に無配に陥りましたが、その後回復してますね。

一株配当
2015年 0円
2016年 9円
2017年 18円
2018年 18円
2019年 20円(予想)

一応、右肩上がりにはなっていますが配当水準は低いですね。配当性向が2020年で27%程度で、余力十分です。

ただ、過去に無配となったことを考えると配当には力を入れてなくて、株主還元は食事券として利用できる株主優待に軸足を置いているということなのでしょう。

ゼンショーの総合利回りは?

系列の外食チェーンで利用できる食事券が人気の優待銘柄ゼンショー。100株保有の時の優待利回り(1月30日)を計算すると、

・年間2000円の食事券 → 0.86%

となります。したがって、総合利回りは、

ゼンショー株の総合利回り(推定)

・配当利回り+優待利回り=総合利回り

・0.86%+0.86%=1.72

優待銘柄として人気のゼンショーですが、総合利回りも魅力的な水準とは言い難いですね。

ゼンショーの株を購入するには?

ゼンショーの株の購入について解説していきます。

東証1部に上場しているので、ネット証券などの一般の証券会社で株を購入することができます。

ゼンショーの株価は、

株 価:2327円(2020年1月30日現在)

となっています。株主優待をGetするには100株保有しなければならないので、必要な資金は、

必要な資金:2327円×100=約23万円

となります。なので、約23万円程度の資金があれば優待目的で株を購入することは可能です。

総合利回りはそれほど高くありませんが、株価は以下のチャートのように株価は10年間で完全に右肩上がりで上昇しています。

チャート画像

なので、優待である食事券を楽しみつつ長期的な株価の上昇を期待する。ゼンショーは、そんな銘柄ですね。

「ゼンショーの株主優待」まとめ

今回は、ゼンショーの株主優待ということで、優待の内容と配当金、優待はいつ届くのか、株を購入するにはについて述べてきました。

ゼンショーは、系列の外食チェーンで利用できる食事券が年2回もらえることもあり、優待銘柄の中でも人気の高い銘柄の一つ。配当利回りと優待利回りをあわせた総合利回りは1%台後半となっています。

売り上げは業績業界首位ということもあり堅調です。株価は長期的には右肩上がりで上昇しており、優待の食事券を楽しみつつ値上がり益を期待する。ゼンショーはそんな銘柄といえそうです。

それでは。

 

関連記事です。

飲食業界首位ゼンショーの銘柄分析です。株価も5年で2.5倍と堅調に上昇しています。人件費などのコスト増に苦しみましたが、最近では潮目が変わって高価格の季節メニューの売り上げが好調。今後の株価の見通しは?

ゼンショーの株価は暴落しやすい?飲食業界首位の人気銘柄を徹底分析!ゼンショーホールディングス(7550)の株価は過去に暴落しているのか知りたいです。これまでの株価の推移(チャート)や今後の株価の予想につ...

 

おすすめ記事です。この記事を読まれた方は、以下の株価分析も読まれています。

株主優待のカタログギフトが人気のオリックス。配当も高く、総合利回りは何と7%を超えています。長期保有におすすめできる銘柄です。

オリックスの株主優待と配当は超魅力的!その内容と株の購入方法は?オリックス(8591)の株を株主優待と配当を目的で購入したいのだけれども、いつまでに投資する必要がありますか? 優待のカタログギフ...

 

KDDIもカタログギフトの優待で人気です。通信銘柄は景気後退時も業績が悪化しないディフェンシブ銘柄。長期保有にはうってつけですね。

KDDIの株主優待と配当は超魅力的!その内容と株の購入方法は?KDDI(9433)の株を株主優待と配当を目的で購入したいのだけれども、いつまでに投資する必要がありますか? カタログギフトはいつ...

 

外食優待銘柄といえば、マクドナルドと吉野家というぐらい人気の銘柄です。株価も絶好調で、優待目的の長期保有はありですね。

日本マクドナルドの株主優待はいつ届く?株の購入の方法や時期も解説!日本マクドナルドの株を株主優待目的で購入したいのだけれども、いつまでに投資する必要がありますか? 食事券はいつ頃届くのか、株の購入...
吉野家(9861)の株主優待はいつ届くの?【優待券を使える店舗のまとめ】吉野家の株を購入したけれども、優待券はいつ頃届くの?最近業績が良くないけれど、優待改悪の可能性はあるの? 優待券を利用できる店舗は...

 

優待株の定番銘柄イオンについてです。実は優待を活用すると1000円で映画を見ることが可能なんですね。その方法についてまとめました。

イオンシネマの映画料金を株主優待で1000円にする方法とは?株主優待を活用してイオンシネマで映画を1000円で視聴できると聞いたのですが、その方法を知りたいです。 このような疑問を持つ方に向...

 

マネックス証券は、株主優待検索や銘柄分析ツールが使いやすい、米国株の手数料が主要証券最安値などメリットが多いです。自分はメイン口座として活用して10年超えですが、その経験から詳細をまとめました。

マネックス証券の評判は?実際に10年利用して感じたメリットを解説!マネックス証券の評判ってどうですか?米国株の取引がしやすいと聞いていますが…実際の利用者の感想なども知りたいです。 こんな疑問を持...

 

サイトの使いやすさならマネックス証券がNo. 1!
マネックス証券 株主優待

マネックス証券は、第三者評価機関であるゴメス・コンサルティング株式会社「2010年1月オンライン証券ランキング」の「サイトの使いやすさ」で第1位を獲得

その他「サイトの安定性と信頼感」「便利な機能・サービス」「バイ&ホールド重視型」の各部門で1位を獲得するなど、第1位獲得数はノミネートされたオンライン証券の中で最多!

特徴①:最安水準の手数料・充実の投資情報

パソコンでも携帯電話でも株式取引手数料105円(税込)から!株式投資は手数料の低い証券会社を選ぶことです。

また、投資に役立つ情報や分析ツールが充実。もちろん株主優待に関する情報もわかりやすく提供されています。

特徴②:豊富な海外商品・1000円からの投資信託

米国株はもちろん、グローバルな資産運用を行うことができます。また投資信託は、月々少額からお手軽に国際分散投資を実現しています。

特徴③:先進的な商品・サービス

独自性と新しさを兼ね備えた新提案を続々と!例えば、主要な米国ETFの取引手数料を無料にするなど、他の証券会社と比べても先進的なサービスを行なっています。

詳しくは以下をクリック!

詳細ページ公式ページ