日本株

株の情報収集でおすすめの方法は?無料サイトから超お得な方法まで紹介!

株の情報収集に関して知りたいです。今はインターネット多くの情報収集サービスがありますが、おすすめの方法はなんですか?

このような疑問を持つ方に向けて記事を書いています。

今回の記事の内容

・株の情報収集が大事な理由とは

・株の情報収集:日本株編と米国編

・Tマガジンで経済・株雑誌が月400円で見放題!

投資歴20年のかいまるです。日本株や米国株を中心に1千万円以上の資産を運用しています。

今回は自分が利用している株の情報収集の方法を中心に、おすすめのサイトやアプリについて紹介したいと思います。

株の情報収集が大事な理由とは?

自分は企業に勤めて20年を超えていますが、仕事ができる人、きちんと期日までに成果を出す人に共通することは、情報をすばやく収集・蓄積してそれを活用できることですね。

クライアント先への新たなプロジェクトの提案など関するプレゼン資料の作成や説明、さらにその後の経過報告や改善提案など、期日までに取引先が満足する情報をきちんとまとめている感じの人です。

そういう人が徹底しているのは、使える情報を効率的に集めていることですね。情報が正確なので上司からも信頼されやすくて、仕事を頼みやすい。

これは株や投資にも当てはまって、例えば経済状況や個別銘柄に関する正確な情報収集というのは成果につながりやすいということ。

良い情報を早く正確に収集できることは、良い結果を出す最低条件です。

株の情報収集:日本株編

自分が利用していておすすめなのは、

・Yahoo!ファイナンス

・証券会社のサイト

・日本経済新聞

ですね。クイックに解説します。

おすすめ①:Yahoo!ファイナンス

自分は、個別銘柄についてざっくりとした情報を収集したいという時は、まずYahoo!ファイナンスで銘柄を検索してチャートや企業情報、関連ニュースなどの情報収集をしています。

これらはYahoo IDをとっていれば、ほとんどが無料で利用することが可能ですね。ポータルサイトの”老舗”だけあって情報が使いやすく網羅的にまとまっていることがポイントです。

株価の情報がリアルタイムではなく20分遅れであるとか、掲示板の情報がどこまで信用できるのか…などのデメリットはありますが、まずは個別銘柄に関する基本的な情報を収集するのには非常に適したサイトであると思います。

おすすめ②:証券会社のサイト

証券会社のサイトから情報を収集するのも非常におすすめで、自分も普段から利用していますね。はっきり言って日本株の個別銘柄に関する情報はYahooと証券会社からの情報だけでも初心者であれば十分すぎるぐらいです。

利用者への情報提供は、他の会社との差別化をはかり易いこともあってどの会社も力を入れていますね。専門家による経済分析や個別銘柄の見通しやリアルタイムの情報配信サービスを行うなど、質の高い情報を素早く得ることができます。

証券会社から情報を入手することのメリットは、

・口座開設すれば大部分の情報が無料

・正確で最新の情報が手に入ること

・アナリストや専門家による分析記事を無料で読める

ことです。自分も個別銘柄の分析情報など普段から結構参考にしています。口座開設は無料なので情報収集ためだけに口座を開設しているのもあります。

ちなみに自分は証券会社の口座を6社開設していますね。情報収集で普段よく使うのがマネックス証券で、お気に入りはチーフストラテジストの広木氏のストラテジーレポートを良く読んでいます。

おすすめ③:日本経済新聞

これは鉄板中の鉄板ですね。

個別銘柄に関する情報というよりは、経済や政治状況に関する情報を収集するのに活用しています。日経電子版でサイトから全ての情報を観れますが、自分は新聞を毎日購読しています。

購読するのに月4000円くらいかかりますが、これだけ質の高い経済情報を毎日得られることを考えれば、それほど高くないですね。

株の情報収集:米国株編

米国株の関係は

・米国のニュースサイト

・アプリなど

・モトリーフール

です。クイックに解説します。

おすすめ①:米国の経済ニュースサイト

自分が最も利用するのは米国の経済ニュースサイトですね。特に、米国株の動向はトランプ大統領の発言や中央銀行であるFRBの金融政策にかなり影響を受けることもあり、ここら辺の情報収集は必須ですね。

特に自分が活用しているサイトは、

です。

CNBCは米国の経済ニュースサイトの老舗だけあって経済関連の報道が大量にアップされていきます。特にトランプ大統領やFRBがらみのニュース、個別銘柄に関する情報が詳細に報道されます。

英語サイトしかないので抵抗感があるかもですが、日本語にしなくて良いぶん、情報が非常に早いですね。

ロイターは米国でも有名なニュース配信サイトですね。政治情報が多いかな?日本語サイトもあるので重宝しています。

おすすめ②:アプリなど

米国株の個別銘柄分析に欠かせないのは以下ですね。

Seeking Alphaはスマホアプリですが、個別銘柄を登録すると、その企業に関する情報がどんどんと送られてきます。決算や配当金の発表についても、ほとんどタイムラグがなく送付されてきますね。

なので米国株の最新情報を早く入手したいという人には必須のアプリです。

Portfolio visualizerは、配当金を再投資したバックテストができるということです。個別銘柄だけでなく、米国ETFもテストできるのでトータルリターンを比較したい時なんかに良く使いますね。

おすすめ③:モトリーフール

投資情報サイトのモトリーフールは、日本ではアクセスしずらい米国株の情報を日本語で配信しています。

特に無料メルマガで配信される情報は、米国本社で作成されて注目された記事の日本語版や日本のフリーライターが書いた分析記事をピックアップ記事として自動配信。

日本からだと入手しずらい情報が自動で得られるので便利です。さらに無料のメルマガに登録するとスペシャルフリーレポートを閲覧することも可能です。

情報技術セクターや食品セクターなどの旬な情報や注目されている銘柄について中立的に分析しているので、本当に参考になります。

これらの情報はエコノミスト誌のような海外メディアからも高い評価を受けていますね。メリットなどを以下の記事にまとめました。

モトリーフールが米国株の情報収集におすすめな理由?評判・口コミも紹介。米国株への投資を始めたけど、信頼できる情報をどこから集めたら良いですか?米国株の情報提供で有名なモトリーフールの評判を知りたいです。 ...

>> モトリーフールの公式ページはコチラ

株の情報収集:番外編(Tマガジンの利用!)

最後におすすめしたいのが、Tマガジンです。

自分は株の情報収集や仕事の関係で”エコノミスト”、”週刊ダイヤモンド”、”東洋経済”などの経済雑誌を良く読んでいますが、Tマガジンだとこれらの経済雑誌が月額400円で読み放題なんですね。

雑誌見たいな紙媒体ではなく、スマホやタブレットで読むことになります。全ての情報を詳細に読む必要はないので、自分は関心のある記事をピックアップして読んでます。

Tマガジンで読むことのできる経済・株雑誌をまとめると、

Tマガジンで読める経済・株雑誌
  • エコノミスト
  • 週刊ダイヤモンド
  • 東洋経済
  • ダイヤモンドZAi
  • 日経マネー

です。全ての雑誌を全部購読すると月あたり1万円を超えますかね。それが400円で読み放題!使わない手はありません。

ちなみに自分は商社株に投資しているので、ダイヤモンドの”三菱・三井・住友”の財閥系の記事がお気に入り。他に日経マネーの”株で億り人になった”みたいな記事もなにげに好きです。

経済雑誌だけではなく、450誌以上を月額400円で読み放題なのでお得感が非常にありますね。しかもTSUTAYAということもありTポイントも溜まるし、使うことができます。

今なら初回1ヶ月0円で利用することができます。関心のある方は、以下の公式サイトまで。

>> Tマガジン公式サイトはコチラ

Tマガジン

「株の情報収集の方法は?」まとめ

今回は、株の情報収集の方法は?ということで、自分が活用しているサイトなどを中心におすすめを紹介してきました。

最近はインターネットを活用して情報が取りやすくなっているので、無料の情報を取れるのはもちろん、これまででは考えられないような経済雑誌読み放題サービスを安い価格で利用することができます。

今回紹介したサイトや方法以外にも、いろんな情報をネット経由で収集することができるので、自分にあった方法を構築していけば良いとおもいます。

それでは。

クラウドバンクなら年率6.99%のリターンを期待できます!
クラウドバンク

ソーシャルレンディングの中でも特に注目されているのがクラウドバンク。株のように値動きがないので相場の動きが気になりません

リターンの高い投資先としてメジャーなのは日本株や米国株。だけど1日に5〜10%下落することも普通にありますよね。

クラウドバンクは、預金のように元本に値動きがありません。銀行預金にほとんど利息がつかない中、投資先として有力な選択肢といえます。

全ファンドの平均実績利回り6.99%で元本回収率100%!

なので、こんな方に特にオススメです。

  • 日々の相場の動きを気にしないで投資したい
  • 銀行の預金金利は低すぎて使えないと感じている
  • 定期預金感覚で高い利回りを得たい

 

詳しくは以下をクリック!

詳細ページ公式ページ