セミリタイア

ベーシックインカムが日本に導入されるのはいつ?そもそも可能なの?

海外で注目されている「ベーシックインカム」が日本に導入されることを期待していますが、本当に可能か知りたいです。

導入されるとすると、いつぐらいになるでしょうか?

このような疑問を持つ方に向けて記事を書きました。

今回の記事の内容

・日本に導入可能?ベーシックインカムの特徴とは?

・ベーシックインカムのメリットとは?

・ベーシックインカムを日本へ導入することは可能か?

かいまるです。米国の大学で公共政策を学びましたが、ベーシックインカムは新しい社会保障制度として注目されていました。

全ての者の最低限の生活が保証されるベーシックインカム。実は決して夢物語ではなく、多くの国で導入に向けた検討がなされています。

例えばフィンランドでは、ベーシックインカムの効果を検証するために、2000人に支給し、その効果を検証する大規模な実証実験が行われ、一定の効果があることが確認されています。

日本でも、ベーシックインカム制度の導入について政党の公約になるなど、将来的な導入は今後検討されるかもしれませんが、やはり財源の問題など、実際の導入にあたっては大きな課題があるのも事実です。

仮に導入されるとしても、フィンランドでの実証実験の結果が十分に検証され、国民の間で十分に理解が得られてからということでしょうね。

他方、仮にベーシックインカムが日本に導入されれば、仕事への価値観は間違いなく変化するはずです。実際、ベーシックインカムの制度を導入することは可能なのか、以下見ていきたいと思います。

いつ導入可能?ベーシックインカムの特徴とは?

ベーシックインカムとは、「全ての人間が生活に必要な最低限の所得を条件無しに受けとる権利がある」との考えの下、年齢、所得、性別に関係なく、全ての人に一定額支給する制度のことです。

これらが最近注目をあびているのには、どのような背景があるのでしょうか。

ベーシックインカムが議論される背景

日本を例にとると、生活が困窮している者には生活保護、職を失った人には失業保険の給付、定年を迎えた者には年金を支給する等、様々な社会保障制度があります。

これらの制度は、仕事により所得が増えた場合には給付金額が少なくなったり、打ち切られたりすることがあります。実際の給付の際には当局による厳しい審査があったりするため、本当に必要とされている人に十分な給付が行きわたっていないのでは、との問題点が指摘されています。

そのため、ベーシックインカムの一律支給により、これらの問題点が解消されることが期待されています。

人工知能やデジタル化の普及による失業者増の懸念

最近では人口知能(AI)やデジタル化の普及・導入により、人間の仕事がどんどん奪われてしまうのではないかという懸念もベーシックインカム導入の議論の背景にあります。

自動車を例にとれば、自動運転技術が広く普及することによりタクシーの運転手や遠距離トラックの運転手は必要なくなります。また、企業の会計についてもAIが得意とする分野なので、会計士や経理を担当している者の職も失われるでしょう。

最近の例でも、デジタル化の進展により、お金のやり取りがWeb上でできるため、銀行の窓口業務の縮小が余儀なくされており、大手銀行では採用者を大幅に減らしました。

もちろん、AIを使って仕事ができる人やデジタル化に強い人材などは仕事を失うことはないでしょうが、そうでない人との収入格差はますます進むことは間違いありません。

そのため、これらの失業者や収入の格差を是正する観点からもベーシックインカムの導入が注目されているのです。

ベーシックインカムのメリットとは?

いろいろメリットがあると考えれてますが、メリットを集約すると、

  1. 最低限の生活の保障(貧困対策)
  2. 行政コストの削減(制度が簡略化)
  3. 働く意欲を持ちやすくなる
  4. 労働環境が改善する
  5. 新しいことにチャレンジしやすくなる

ということになります。以下、詳細を見ていきましょう。

最低限の生活の保障(貧困対策)

ベーシックインカムは「あらゆる人に無条件で一定額を支給する」制度ですから、申請の手間がかからず、また審査で却下されることもないので、真に貧困で苦しんでいる者への対策可能となります。

さらに、大人だけでなく子供にも一律に支給されることになるので、子供が多い世帯の収入が増えることになり、少子化対策になることも期待されています。

行政コストの削減(社会保障制度の簡略化)

ベーシックインカムにより、それぞれの社会保障制度を担当している人員やコストを削減することができます。

例えば、生活保護費や失業保険の給付に関しては、申請を受け、当局の審査や定期的な確認が行われていますが、ベーシックインカムが導入されれば、これらの審査や確認が不要となります。

行政手続きが簡略化されるということは、給付を受ける側にとってみても、面倒で複雑な申請書の作成や定期的な状況報告が不要となり、恩恵は大きいと言えます。

このように、行政の効率化が図られることにより、個人レベルでも複雑な手続きが必要なくなるのです。

労働意欲の向上

ベーシックインカムは、生活保護や年金のように収入が一定以上あると減額されたり、打ち切られるということはありません。

働いて収入が増えれば、自由に使えるお金も増えることになりますから、労働意欲が向上することが期待されています。ここが社会主義と違うところですね。

生活保護を受けている者が、職を求めやすくなるため、労働者不足の解消にもつながります。

労働環境の改善

ベーシックインカムが導入されれば、ブラック企業は撲滅されますね。

最低限の生活が給付された現金によって保障されるのだから、待遇面で不満があった場合、無理をしてまで働く必要はなくなります。

今は、会社側から理不尽はサービス残業の要求があったとしても生活のため、家族のため我慢して働く必要がありますが、ベーシックインカムの支給で生活ができるのなら、速攻で辞めることができるわけです。

なので、従業員の要望を踏まえつつ待遇面の改善を行っていく必要が出てきます。

新しいことにチャレンジしやすくなる

Facebookの創業者であるザッカーバーグ氏は、チャレンジができる社会にするために、ベーシックインカムの導入が必要と主張しています。

例えば、今は高校や大学を卒業しても、会社に就職しないで、ベンチャーを立ち上げたり、あるいは音楽などの芸術分野にチャレンジしやすくなるでしょう。

また、現在働いている人も、会社を辞めて、新しい会社を立ち上げたり、転職をするということも選択しやすくなります。更に言えば、会社を辞めて大学に入り直して、違う分野に進むこともできるでしょう。

このように、最低限の生活が保障されることにより、新しい分野へのチャレンジが容易になると考えられます。

ベーシックインカムの導入でどのような影響がでるか?

実際にベーシックインカムが導入されると、サラリーマンにどのような影響が出るのでしょうか。

雇用の流動化が激しくなる

これが、サラリーマンにとって一番影響が出るところでしょうね。

最低限の生活費を政府が保証してくれるのであれば、社員にとっても辞めやすくなるし、企業側でも必要がなくなった社員を解雇しやすくなります。

企業は、法律によって雇用を維持する役割も担っていますので、よっぽどのことがない限りは正社員を解雇できません。

しかし、最低限の生活を政府がベーシックインカムで保証することになれば、法律で制限されている解雇規制が大幅に緩和されることになると考えられます。

セミリタイアしやすくなる

これは、セミリタイアを目指している者にとってみればこれが最大のメリットですね。

無条件で給付を受けられる訳ですが、生活のためだけの仕事から解放されるということです。

特に若い世代に取ってみれば、生活の不安がなくなることになるので、研究や学問への道、芸術家や音楽家に挑戦するハードルが下がることになります。

さすがに、全てをベーシックインカムだけで賄うことは難しいと思いますが、短時間のパートやバイトをすればある程度の収入確保は可能です。

なので、セミリタイアへのハードルは間違いなく下がります。

ベーシックインカムを日本に導入できる?いつ?

導入できるどうかについては、大きな視点が2つあると考えます。

大幅な増税に耐えられるか

一番のネックは増税ですね。財源の問題です。

現在の税収を前提にした場合、楽天証券経済研究所の山崎元氏によると、日本の失業保険とか年金とかを支給している社会保障給付費から、ベーシックインカムの支給可能額を計算すると一人当たり46,000円になるそうです。

この額だと、正直言って生活は厳しいですから、現在の生活保護の支給額である1人7~8万円(生活費)を前提とすると、あと3万円程度確保する必要がでてきます。

また、ベーシックインカムの実証試験を実施したフィンランドは高負担高福祉の国として知られていますが、その分税金が高く、消費税にあたる賦課課税は24%あります。

収入から税金や社会保障費がどれだけ引かれているかを示す国民負担率は日本の1.5倍にあたるんですね。

なので、本気に導入するとすれば、最低でもフィンランド並みの負担がもとめられるので、国民がこの負担を容認できるかですね。

フィンランドではベーシックインカムの実証実験を行なっており、その結果の分析が進んでいます。その結果がどうだったのか以下の記事で解説しています。

フィンランドでベーシックインカム導入実験の結果公表【詳しく説明します】フィンランドでベーシックインカムの導入に向けた検証実験が行われたけど、効果はあったの?実験結果はどうだったの? このような疑問を持...

人口知能やデジタル化の進展による失業の深刻度

学者の間でも意見が分かれていますが、人口知能やデジタル化の進展によって、人間の仕事が大幅に奪われるのであれば、ベーシックインカムは導入せざるを得ないと思います。

なぜなら、政府の最も重要な役割の一つは雇用の安定ですが、人工知能がそもそもの雇用機会を奪ってしまうのだから、対策の打ちようがなくなってしまいます。

タクシー運転手は雇用のセーフティネットと呼ばれていて、不景気の時にリストラされた人の転職先になっています。だけど、AIを導入した自動運転車が普及すれば運転手は必要ないので、失業者の受け皿がなくなってしまう。

そうなってくると、AIの導入率に応じて税金を聴取して、ベーシックインカムの支給によって富の再配分を進める、といった対応が必要になってきます。

日本に導入されるのはいつ?

これまで見てきたように、ベーシックインカムの導入に関しては、検討しなければならない課題が非常多く、超えなければならないハードルが高いですね。現に、スイスでは導入の是非を巡って国民投票を行なったものの、否決されています。

スイス「ベーシックインカム国民投票」否決!?その後の新たな動きとは。スイスでは、ベーシックインカムの導入について国民投票の結果否決されたけれど、なぜ支持されなかったの?最近、ベーシックインカムの試験的に導...

こうしたことからも、日本国民の理解が得られることが大前提ですよね。仮に導入されるとしても、かなりの時間がかかると思います。

フィンランドなどで行われている実証実験の結果などを十分に分析され、十分な議論が行われた後になると考えられます。

運用のプロによる無料オンラインセミナー開催

株と投資信託と不動産投資などを活用した資産形成術を自宅にいながら無料で学べます

資産運用の話って、今後見込まれる収入額、将来必要な資産額の計算、運用利回りなどなど正直言って難しいですよね。

CRAZY MONEYのオンラインセミナーでは、これらの難しいはなしを運用のプロから直接聞き、直接アドバイスを受けることができるんです。

さらに、以下のような特徴や内容も!

  • リアルタイム解説・質疑応答
  • 投資・資産運用の始め方や時期
  • 投資商品の見直しや税金対策
  • そのまま1対1でWEB相談OK

ただし、年収500万円以上の22歳~50歳の正社員・公務員の方限定。東京、千葉、神奈川、埼玉、大阪、京都、兵庫、滋賀、名古屋、岐阜県に住んでいる方が対象となります。

参加は無料で自宅から聞くことができるので、対象の方はぜひ申し込んでみてはいかがでしょうか?

 

「ベーシックインカムの日本への導入はいつ?」まとめ

今回は、最近話題のベーシックインカムについて、その特徴と導入された場合の影響について述べてきました。

財源の問題とかを考えると、日本での導入は難しいと思うけれども、生活保護の不正受給とか貧困の問題の解決策としてベーシックインカムは有力な方法かもです。人工知能が雇用を奪うことだって、将来的にはあり得ますからね。

自分は、仮にベーシックインカムの支給が開始されれば、速攻でセミリタイア生活に入りたいと考えています。

それでは。

 

関連記事です。この記事をご覧になった方は、以下の記事も読まれています。

条件なしのベーシックインカムの一律支給は、生活保護よりも優れているのか、わかりやすく解説しています。

ベーシックインカムの導入により生活保護の問題は解消できるのか?生活保護には不正受給の問題や申請が複雑などの問題が指摘されているけど、ベーシックインカムの導入でこれらが解消するの?生活保護と比較してベ...

 

政府が定年延長の検討や企業に対して70際までの雇用機会提供を企業に求めています。これが実現する50年働き続けることになりますね。どうすれば”自由”を目指せるのか解説です。

本当に70歳超えても働くの?定年後に働きたくない人が自由を得るには?「人生100年時代」と言われるけど、本音を言うと定年を越えてまで働きたいとは思いません。本当に働き続けないとだめですかね? このよ...

 

株式投資をする人と、しない人で資産寿命が大きく差が出ることになりますね。 「自助」で何とかするという視点がなければ生涯労働が現実味を帯びてきます。

サラリーマンが資産運用すべき理由とは?会社だけに頼ると生涯労働に…最近、投資に興味がありますけどサラリーマンは資産運用しないとだめですか?なんか敷居が高いし、正直面倒くさいです。 手軽に投資して資...
ウェルスナビの自動運用でほったらかし投資が可能!
WealthNavi

ウェルスナビは「長期・積立・分散」の資産運用を全自動でお任せできる資産運用サービス。手数料は1%のみで、国際分散投資を自動運用します。

▼ロボアドバイザーの自動運用で、時間も手間もかかりません
投資の学習、投資商品の選定、資産配分、運用、リバランス、全てロボアドバイザーにおまかせ。

▼安全資産の債券や金にも投資
株が大幅に暴落した際には、安全資産の債券や金が上昇するのが一般的。リスク許容度に応じてより安全な運用も可能です。

▼国際分散投資を自動運用
約50カ国11,000銘柄以上に国際分散投資を行うことで、世界経済の成長を資産に取り入れます。

▼手数料は預かり資産の1%のみの中立な資産運用
手数料は預かり資産の1%のみ。

▼世界水準の金融アルゴリズムでポートフォリオを構築
ノーベル賞受賞の理論をベースとした世界の富裕層や機関投資家が利用する資産運用アルゴリズムで運用。

詳細は以下をクリック!

詳細ページ公式ページ