資産形成

ウェルスナビの運用実績18週目を公開!コロナショックの影響は?

ウェルスナビを使った投資がいいって聞くけど、実際の運用実績ってどうなんですか?コロナショックで株価が大暴落している中、運用状況はどんな感じなんですかね?

このような疑問を持つ方に向けて記事を書いています。

投資歴20年のかいまるです。米国株を中心に1千万円以上の資産運用をしています。ウェルスナビで初期投資5万円+毎月5千円の積立投資を実践中。

自分がウェルスナビで投資を始めたの2019年11月。なので2020年2月下旬からの”コロナショック”の影響により、株式資産は大きく下落していますね。

一方、ウェルスナビは安全資産である債券や金に分散投資しているので、株式の損失をこれらの資産がある程度カバーしてくれています。

ウェルスナビの特徴は「ウェルスナビは儲かるの?運用を開始してみて実際どうなのか?」で書いたとおり、

ウェルスナビはこんな人におすすめ
  • とにかく忙しくて時間がない
  • 何を投資すればいいかわからない
  • リスクを抑えた運用をしたい
  • 老後に向けて、コツコツお金を貯めていきたい

ということ。

ウェルスナビ(WealthNavi)で投資を初めて18週目が終了しました。コロナショックで株式大幅下落のなか運用成績はどうなのか?見ていきたいと思います。

これから始める方の参考になればうれしいです!!

>> ウェルスナビ 公式ページ

ウェルスナビ:運用成績18週目は?

それでは早速、ウェルスナビでの運用成績(2020年3月21日)をクイックに見ていきましょう。

18週目の成績

・運用資産総額 :53,346円

・今週の運用成績:−16,654円(−23.8%減)

・先週との比較 :−6,221円

やはり大きくパフォーマンスが悪化していますね。若干円安が進みましたが、コロナショックで株価が大きく下落している影響ですね。

以下が各資産の値動き。2月下旬のコロナショックにより米国株VTI、日欧株VEA、新興国株VWOが大きく下落していますね。

株式資産が大きく値崩れする一方、債券ETFのAGGや金ETFのGLDが堅調な動きですね。これが資産の分散投資効果で、コロナショックのような社会不安があると株が売られて債券や金に資金が流れるということです。

株式市場大幅下落中:ウェルスナビ運用の感想は?

コロナショックで株式市場が大幅下落となっている中、ウェルスナビは安全資産である債券と金にも分散投資しているので、わりと”持ちこたえているな”というのが率直な感想です。

自分は、株式100%で運用している口座も保有していますがコロナショックにより2週間で25%以上マイナスとなっています。

ウェルスナビを活用した投資しているのは、運用の基本である長期・分散・積立を手軽に行うことができると思ったから。特に債券や金への安全資産に分散できる。

実際にやってみて、まさにそのとおりだな感じています。

18週間経過してみての感想は、

18週目終了時点の感想
  1. 分散効果により安全資産にも投資
  2. お金を振り込めば”ほったらかし”で良い
  3. 口座を指定すれば自動積立
  4. リスク許容度に合わせて分散してくれる

ということです。

まずは5万円からはじめましたけれど、リスク許容度が決まって、あとはお金を振り込めば何もすることがないですね。18週経過しましたけどほとんど何もしていないです。

ロボットアドバイザーが、リスク許容度に応じて株、債券、金、不動産に分散して投資してくれます。ウェルスナビの投資先については、以下の記事にまとめていますのでよろしければご覧ください。

ウェルスナビの投資先とは?コロナショックに強い安全銘柄にも投資!ウェルスナビ(WealthNavi)で投資を行おうと考えてますが、投資先の銘柄について知りたいです。国際分散投資をしていると聞いたのです...

1ヶ月に1回の自動積立を設定しているので、”時間の分散”も可能です。しかも口座を指定すればOK!まさに”ほったらかし”です!こんなウェルスナビの特徴は以下の記事にまとめています。

>> ウェルスナビ 公式ページ

株式市場大幅下落!ウェルスナビの分散投資は効果的?

コロナショックで株式市場が不安定な中、安全資産である債券や金に分散投資するウェルスナビの活用は、効果的だと思います。

日経平均は2月24日〜28日の1週間で2243円78銭(9.6%)下落で、下げ幅はリーマン・ショック直後の08年10月6~10日(2661円)以来の大きさとなりました。

また米国株式市場も、新型コロナウイルスの影響に加えて原油価格が大幅に下落した影響により3月9日の1日で2000ドルも下落するなど、3月に入り株式市場は不安定な動きを続けています。

新型コロナウイルス拡大の影響がどこまで続くのか見通せないものの、急激に収束するとは考えにくいことから、当面は株価の下落傾向が続くと考えています。

ただ長期運用の場合は、収益がマイナスになる期間があったとしても、淡々と積立を続けることで長期的にはプラスになることが大いに期待できます。以下の記事のとおり、暴落時でもやめないことですね。

ウェルスナビは暴落時にやめたほうがいい?リーマンショックの実例で解説。現在のような株価の暴落時にウェルスナビを始めるか、やめたほうがいいか迷ってます。コロナショックで世界中の株価が下落していますがウェルスナ...

株価が大きく下落する一方で債券や金は堅調ですよね。これは株が売られて、その資金が債券や金に向かうからです。

自分は20年以上の長期投資を考えているので株式の割合を多くしてますが、ウェルスナビは債券や金の比率も高めることも可能なんですよね。なので資産を分散させることで、下落相場でも堅調なリターンを狙うこともできます。

「ウェルスナビの成績18週目」まとめ

今回はウェルスナビの運用状況ということで、18週目の結果や感想について述べてきました。自分は、株式の比率を高くしていることもあり運用成績はマイナス23.8%となりました。

他方、分散投資されている債券ETFや金ETFなどの資産が堅調ということもあり、株式の損失をカバーしています。この分散投資を手軽に行うことができるのがウェルスナビを活用するメリットと言えます。

毎日忙しいサラリーマンや主婦の方は、投資に割く時間はほとんどありませんよね…。だけどウェルスナビを18週間やってみて、お金を振り込むだけで、あとは”ほったらかし”投資。積立もほったらかしです。

現在の株式市場は不安定ですが、資産運用は長期的に見るとリターンが安定して行きます。できるだけ早めにはじめるのがオススメです。特に株式市場が下落しているタイミングで投資した方が、長期的には運用リターンが高くなる傾向にあります。

これを機会にウェルスナビでの投資を検討してはいかがでしょうか?特徴やメリットについては以下の記事にまとめていますので、是非ご覧ください。

ウェルスナビは儲かるの?評判・口コミ・実際にやってみた結果とは?ウェルスナビ(WealthNavi)を活用して投資すると儲かるんですか?評判や口コミ、実際にウェルスナビをやってみた結果について具体的に...

公式ページはこちらからどうぞ。

>> ウェルスナビ 公式ページ

WealthNavi

▼無料で口座開設。5分程度でカンタン登録▼

無料口座開設はコチラ