日本株

株の含み損にどう耐える?塩漬け?コロナショックの損失対処法を解説。

株の含み損にどう耐えるべきですか?コロナショックによる株の大暴落で含み損が大きくなっていて、不安なんですよね。

このまま塩漬けした方が良いのでしょうか?

このような疑問を持つ方に向けて記事を書いています。

今回の記事の内容

・含み損に耐える?コロナショックで株価大暴落…

・含み損拡大で損切りした方が良い場合とは?

・長期保有する場合、含み損の対処法2つとは?

投資歴20年のかいまるです。日本株や米国株を中心に1千万円以上の資産を運用しています。

コロナショックによる株価下落が止まらないですね。日経平均株価やダウ平均株価が、これまで見たことのない勢いで、連日のように大きな下落を記録しています。

3月9日から1週間で世界の時価総額が1000兆円消失したとの報道もあり、株を保有している多くの投資家の方々は、含み損を抱えていると思います。

そこで今回は、コロナショックの概況について見ていくとともに、株の含み損にどう耐えるべきか、損切りした方が良い場合や含み損の対処法について取り上げます。

含み損に耐える?コロナショックで株価大暴落…

中国で発生した新型コロナウイルスの世界的な感染拡大を要因とした経済活動の停滞によって世界同時株安が進行中。いわゆる”コロナショック”により世界中の株価が大きく下落しています。

これまで史上最高値を更新し続けるなど好調だった米国株式市場も株価下落がまったく止まらない状況です。2020年2月12日の直近高値から、

・2月12日:29568ドル

・3月20日:19173ドル(🔻35.1%

となっています。リーマンショックの時は高値から44%でしたから、既にコロナショックはリーマン級と言っても良い水準です。

以下がダウ平均株価のチャートですが、2020年2月24日の1日で1030ドル急落してから連日のように株価が大幅下落しています。

今回のコロナショックによる株価下落の特徴は、下落のスピードが極めて早く1日の下落幅が大きいんですよね。新型コロナウイルスによる不安と経済活動に対する先行き不透明感が強いということ。

株価の下落率が7%超えると取引が一時停止となる”サーキットブレーカー”が3月だけで4回も発動されるなど、株式市場は未だ落ち着く気配がないです。

株の含み損が拡大?時価総額が大幅減…

これだけ株価が暴落すると、株を保有している投資家の含み損が拡大していることは間違いないですね。コロナショックによる株価暴落により3月9日〜13日の1週間だけで世界の株式時価総額が1000兆円以上も減少。

>> 世界の株式時価総額、コロナショックで週間1080兆円減(日経新聞)

さらに米国ではトランプ大統領が就任した際のダウ平均株価を下回り、株高の続いた”トランプ相場”が終わりを迎えました。

>>「トランプ相場」終焉…(読売新聞)

こういう事実を踏まえると、株式を保有している方の多くは含み損を抱えている状況ということです。

損切りか、それとも含み損を耐えるのかどうか?次に長期保有を前提とした場合、損切りした方が良い場合について見ていきます。

株の含み損拡大!損切りした方が良い場合とは?

一旦相場から離れるというのも選択肢ですが、長期保有を考えていた人が損切りする場合は、

  1. 長期的な株価上昇を信じられない場合
  2. 含み損が気になって生活に支障をきたす場合

ということ。詳細に見ていきます。

含み損損切り①:長期的な株価上昇を信じられない場合

株価が上昇するかどうかは誰にもわからないことですから、長期的な上昇を信じられないのであれば損切りをして他の金融資産に投資するのも一案だと思います。

米国市場においては、以下のダウ平均株価のチャートのように幾多の経済危機や社会不安を乗り越えて最高値を更新し続けています。

1930年代初頭の世界恐慌、1987年のブラック・マンデー、2001~03年のITバブル崩壊、2008年のリーマン・ショック、2016年のチャイナ・ショックで大きく株価が下落しましたが、株価は回復して最高値を更新し続けているんですね。

一方、日経平均株価の場合1989年に付けた38915円を未だ更新することができずにいます。長期的に株価が下がり続けているということですね。

米国の株式市場も日本の株式市場についても、あくまで過去の実績ですから、コロナショックを乗り越えて株価が上昇するのかどうか誰にもわかりません。

なので、長期的な株価上昇を信じられないのであれば早々に損切りしても良いと思います。

含み損損切り②:気になって生活に支障が出る場合

この場合も損切りして損失を確定しても良いと思います。

例えば、相場が気になって仕事が手に付かない、含み損のことを考えると夜も眠れないと行った場合ですね。

現状、日本も米国も株式市場が乱高下している状況ですから、一旦損切りをして株価が落ち着く、あるいは上昇基調に回復するのをまって参入するものありです。

株の含み損に耐える場合の対処法2つとは?

株の含み損に耐える場合の対処法は、

  1. 個別銘柄の見直し
  2. 定期的に定額を積立る

ということ。クイックに見ていきます。

含み損対処法①:個別銘柄の見直し

新型コロナウイルス拡大により、今後の業績が期待できない銘柄は売却して株価指数に連動するETFや不況下でも業績が落ちないディフェンシブ銘柄などに買い換えるべきだと思います。

現在、各国政府は海外からの入国者を制限、住民の自宅待機、イベントの自粛など人と物の動きが制限されている状況ですので、

  • ボーイング、ANA、JALなどの航空業界
  • ホテルなどの旅行業界
  • ディズニーなどの娯楽産業
  • マクドナルドなどの外食産業
  • 自動車などの製造業

などの業種は、業績は大きく落ち込むことが予想されます。

さらに、新型コロナウイルスの拡大が収束したとしてもリセッション(不況)入りする可能性が濃厚であることから、商社や金融などの景気敏感株についても売却候補になると考えます。

コロナショックで株価下落も、今後期待できる銘柄につて以下の記事にまとめてます。関心のあるかたは是非ご覧ください。

コロナショックで日本株が大暴落…この状況での買い銘柄とは?コロナショックで日本株が暴落していますが、この状況で買い銘柄を知りたいです。 どの業種がおすすめですか? このような疑問を持...

含み損対処法②:定期的に定額を積み立てる

コロナショックによって下落相場に入っていても定期的に株やETFを積み立てて行くことが有効な手段だと思います。

なぜなら、株価が下落している時は、株数を多く購入することができるので、上昇相場になった際に収益を最大化することができるんですね。

さらに、含み益が出ている時期に積立を行うことで、収益がプラスマイナス0になる損益点を下げることにもなるので、上昇相場になった際に収益プラスになる時期を早めることもできます。

株価の大底は誰にもわからないこともあり、時間を分散して積立購入していくのは有効な戦略です。

他方、株の積み立ては、購入回数も多くなるので手数料がばかになりません。日本株の場合、100株からなので、ある程度まとまった資金がないと購入できないんですよね。

なので、少額から積立を行いたい場合は、月額手数料200円で1株から少額投資ができるネオモバが圧倒的にお得で便利です。詳細は以下の記事にまとめてます。

ネオモバは儲かる?その評判と実際に1株投資して感じたメリットとは?Tポイント投資で評判のネオモバを使って投資すると儲かるんですか?実際にネオモバで投資すると、どんなイメージなのかメリットを具体的に知りた...

 

ちなみに米国株の場合は、1株から購入することができるので少額から積立を行うことが可能ですが、手数料が日本株に比べて高いです。そのため、米国ETFや米国の個別銘柄の積立を行うのであれば取引手数料がかからないDMM株が圧倒的にお得ですね。

DMM株で米国株の取引手数料0円! 評判とメリット・デメリットとは?DMM株が米国株の取引手数料を無料化すると発表! これまで日本株に比べて割高とのイメージのあった米国株取引手数料。この無料化は日本...

「株の含み損に耐える?」まとめ

今回は、株の含み損に耐える?ということで、コロナショックによる株価下落の状況、損切りした方が良い場合、含み損に耐える際の対処法について述べてきました。

今回のコロナショックは、新型コロナ拡大が収束したとしても、景気後退局面に入ることがほぼ確実と言われており、株価の低迷は長期化する可能性があります。

なので含み損を耐えて長期保有する場合は、定期的に積み立てることで、損益点を下げて、いずれ来るであろう上昇相場の際に収益を最大化することが可能です。

もちろん一旦撤退するのも判断ですが、相場から完全に退場しなければいずれ大きな収益を期待できるものと考えます。

それでは。

関連記事です。今回の記事をご覧になった方は、以下の記事も読まれています。

新型コロナウイルスの拡大を原因とした株価下落はいつまで続くのか、リーマンショックのケースなどを基に分析しています。

米国株の株価下落はいつまで続くの?コロナショックで今後どうなる?新型コロナウイルスの拡大を原因とした株価下落はいつまで続くのか不安です。影響が続いており、今後の株価はどうなるんですかね? このよ...

 

コロナショックのような暴落時、自動運用サービスのウェルスナビはやめた方が良いのでしょうか?解説です。

ウェルスナビは暴落時にやめたほうがいい?リーマンショックの実例で解説。現在のような株価の暴落時にウェルスナビを始めるか、やめたほうがいいか迷ってます。コロナショックで世界中の株価が下落していますがウェルスナ...

 

OwnersBookなら1万円からの不動産投資。株の暴落が気になりません!
OwnersBook

OwnersBook(オーナーズブック)は1万円から不動産投資!株のように値動きがないので相場の動きが気になりません。

リターンの高い投資先としてメジャーなのは日本株や米国株。だけど1日に5〜10%暴落することも

OwnersBookは、預金のように元本に値動きがありません。銀行預金にほとんど利息がつかない中、投資先として有力な選択肢といえます。

全ファンドの利回りの中心は4〜6%で全て担保が設定されています

なので、こんな方に特にオススメです。

  • 日々の相場の動きを気にしないで投資したい
  • 株の大暴落がコワイ
  • 銀行の預金金利は低すぎて使えないと感じている
  • 定期預金感覚で高い利回りを得たい
  • 1万円から不動産投資をしたい

 

詳しくは以下をクリック!

詳細ページ公式ページ