日本株

株初心者におすすめの銘柄5選は?2020年コロナ拡大でも期待大!

株初心者ですが、おすすめの銘柄を知りたいです。コロナショックで株価が大幅に下落していることもあり、このタイミングで投資したいと考えています。

ただ、このタイミングで投資しても大丈夫なのかどうか…ちょっと不安です。

このような疑問を持つ方に向けて記事を書きました。

今回の記事の内容
  • コロナショックで株価暴落…株初心者は投資すべきか?
  • 株初心者におすすめできない銘柄の特徴とは?
  • 株初心者におすすめする銘柄5選とは?
  • 株初心者が少額・積立投資を手軽に行う方法とは?

投資歴20年のかいまるです。日本株を中心に1千万円以上の資産を運用しています。

新型コロナウイルスの拡大に端を発したコロナショック。経済に与える影響懸念から世界同時株安が進行し、株式市場は大暴落です。日本株も連日のように暴落しており、一旦下げ止まったものの、未だ収束の気配は見えてません。

暴落した時こそ株を安く買うチャンスということかもですが、相場ですから確実に儲かるとは限らないし、さらに株式市場が暴落することも十分にあり得ます。

他方、過去のデータから優良銘柄を複数保有し、定期的に積立投資することで、長期的には収支がプラスになることは十分に期待できると思います。

そこで、日本株が暴落している状況を踏まえ、コロナショックで避けた方が良い銘柄の特徴や株初心者におすすめの銘柄について紹介します。

さらに少額・積立投資が可能なおすすめの方法も解説するので、これから投資を始めようと考えている方はぜひご覧ください。

コロナショックで株価暴落…株初心者は投資すべき?

2020年2月の”コロナショック”によって日本市場だけではなく世界同時株安が進行しています。ここでは、

  1. 日経平均大幅下落
  2. 株初心者は少額・積立投資すべき

について見ていきます。

日経平均株価が大幅下落

コロナショック以降の日経平均株価のチャートを見てみましょう。2020年2月24日に米国のダウ平均株価が1日で1030ドル急落、その影響で翌25日の日経平均株価が781円安となってから連日のように株価が大幅下落しています。

3月16日には一時16500円を割り込むなど、直近の最高値から株価が20%以上下がったことから、日本市場は完全に弱気相場入りしました。

株初心者は少額・積立投資すべき

2月25日から連日のように下落していた株価ですが、日銀のETF買いや米国による2兆ドルの経済対策期待から3月16日に一旦下げ止まり、反発しています。

しかし、今後も新型コロナウイルスの拡大が本格化することや、経済の悪化が指標として表れてくるのはこれからということを考えると、一本調子で株価が回復するかは微妙なところ。

株価が大幅に下落し、一旦下げ止まったことから投資を開始するには良いタイミングともいえますが、今後も下落傾向が続く可能性が高いため、株初心者の方は優良銘柄を少しずつ、ゆっくりと積立投資していく方が良いと思います。

株初心者におすすめできない銘柄の特徴は?

新型コロナウイルスが経済に与える影響を踏まえると、

  1. 人・物の動き制限の影響が大きい
  2. インバウンド需要激減の影響が大きい
  3. 原油などの資源大幅安の影響が大きい
  4. 不況時にも売り上げが落ちる

という銘柄は避けた方が良いですね。クイックに解説します。

①人・物の動き制限の影響が大きい

新型コロナウイルスの拡大を防ぐため、海外からの入国制限が実施されるとともに、国内でも人が集まるイベント開催の自粛や学校の閉鎖などが行われています。

また東京都などの首都圏でも住民に対して外出の自粛や、要請されるなど、人の動きが完全に制限されています。

また感染源とされる中国では工場の閉鎖などがあったことから、中国に生産ラインを持つ日本の製造業などが影響を受けてますね。

ここまで人の動きが自粛・制限されると、JRなどの鉄道株、外食関係の内需株、そして輸出による売り上げが多い自動車や電器メーカーなどの製造業の打撃は大きいと予想されます。

②インバウンド需要激減の影響が大きい

これは人の動きの制限と同じですね。新型コロナウイルスが中国で拡大して以降、外国人旅行客が完全にいなくなりました。

2020年は東京オリンピックが開催され、年間4000万人の旅行客を見込んでいましたから、JALやANAなどの航空や観光産業、中国人の爆買いで売り上げを伸ばしていた化粧品などの売り上げへの影響は大きいと考えられます。

③原油などの資源安の影響が大きい

コロナショックとは直接関係ないのですが、世界経済に影響が出始める絶妙のタイミングでサウジアラビアが原油の安売り競争を仕掛けてきました。

これは中東各国やロシアとの原油協調減産の交渉が決裂したため、急遽サウジアラビアが原油を増産すると発表。1日で原油価格が25%も下落するなど大きく市場が動きましたね。

実は、最大の産油国は米国なんですよね。シェールオイルの産出により一気に原油の生産量を伸ばしましたん。なので、サウジの安売り競争は米国経済に深刻な影響を及ぼすことが予想されます。

なので当然ながら原油採掘する国際石油開発帝石や、石油権益を保有する商社株などは避けた方が無難です。

④不況時にも売り上げが落ちる

新型コロナウイルスの影響で、これだけ経済が停滞してしまうと、コロナ拡大が収束したとしてもその後のリセッション(不況)入りは避けられないです。

なので自動車やリース、金融関係などの景気敏感銘柄は不況時に業績が悪化する傾向があるため投資しない方が良いです。

株初心者におすすめの銘柄5選は?

具体的に株初心者におすすめする銘柄は、

  1. KDDI
  2. イオン
  3. 花王
  4. テルモ
  5. 日本たばこ産業(JT)

の5つです。クイックに理由をみていきます。

おすすめ銘柄①:KDDI

2020年に本格的に始まる5Gの大本命銘柄です。

業績も鉄板、配当利回り3.5%程度と高配当、不景気時にも強いディフェンシブ銘柄。携帯事業に参入する楽天が、地方通話についてはKDDIの回線を利用することもプラス材料です。

NTTドコモでも良いのですが、KDDIは優待銘柄としても人気。100株で3000円相当のカタログギフトの株主優待がもらえるということもあり、こちらをおすすめとしました。

KDDIの株主優待と配当は超魅力的!その内容と株の購入方法は?KDDI(9433)の株を株主優待と配当を目的で購入したいのだけれども、いつまでに投資する必要がありますか? カタログギフトはいつ...

おすすめ銘柄②:イオン

言わずとしれた小売業界のガリバー。

業績に波があるものの、新型コロナの影響が拡大する中、買いだめ需要で食料品や日用品の需要は堅調なことが予想されます。

優待銘柄としても知名度が高く、100株でイオンの買い物が3%安くなったり、イオンシネマで映画が1000で見れるなど、優待のお得感が高いです。

https://leverage-investment.com/2019/06/12/ion-stockprice-down/

おすすめ銘柄③:花王

日本株の中で連続増配株と言えば花王の右に出る銘柄はないでしょう。

配当利回りは1%台と低いものの30期連続増配中。コロナ拡大で石鹸やシャンプーなどの日用品需要はむしろ高まっています。

不景気時にも売り上げの落ちない、生活必需品ディフェンシブ銘柄の大本命です。

花王の株価を分析!株主優待、配当やチャートから株は買いなのか?花王(4452)の株価の推移や特徴について知りたいです。 連続増配で人気の銘柄ですが、チャート、配当の実績や株主優待、今後の予想に...

おすすめ銘柄④:テルモ

医療機器最大手のテルモ。コロナ拡大や不況入りしても医療機器の需要は落ちることがありません。

日本の人口は減少しますが、高齢者数の増加は2020年以降も確実な未来。医療機器は安売り競争になりずらいので業績が極めて安定しているのもプラス材料です。

テルモの株価が急騰する理由とは?10年連続増配の隠れ優良銘柄!テルモ(4543)の株価の推移や配当について知りたいです。株価は絶好調で過去最高値を更新したようですがなぜですかね? チャートや株...

おすすめ銘柄⑤:日本たばこ産業(JT)

高配当ディフェンシブの代表銘柄ですね。新型コロナが拡大しても、不況入りしたとしてもタバコの売り上げは落ちません。

好き嫌いが別れる銘柄ですが、配当利回り7%超えと非常に魅力的。株価は大きく下落していますが、配当目的で長期保有するのはありだと考えます。

JTの配当金と株主優待の総合利回りがスゴイ!配当金推移も驚異的!  JT(日本たばこ産業)は、配当と株主優待を含めた総合利回りがものすごく良いですよね。配当金はいつ支払われますか?配当金の推移も知りたいで...

株初心者には少額投資できるネオモバがおすすめ!

コロナショックによる株価暴落で、株式投資の関心が高まりネット証券の新規口座開設者数も激増しているようです。

株価は下落している今がチャンスだと考える方が多いということなんですよね。

しかし、これから株に投資をしようとする株初心者の方に絶対に知ってほしいのが

・資金を一気に突っ込まない

・銘柄を分散して投資する

ということ。なぜなら集中投資はリスクが高いからです。

いまだに新型コロナ拡大は収束していないこともあり、さらに株価が下落することは十分にあり得ます。今回紹介したおすすめ銘柄でも、短期的な売り上げ減により大きく株価を下げることも…。

そこで、このようなコロナショックによる暴落時の投資法として自分は、SBIネオモバイル証券(通称:ネオモバ)で少額・積立投資をすることを推奨しています。

投資資金が少なくて複数の銘柄に投資なんてできない!

このような株初心者の方も多いと思います。特に若い世代のかたは、株式投資に多くの資金を回す余裕はないですよね。

しかし、ネオモバを活用すれば

ネオモバで少額積立

1株から購入できる

月額50万円までの投資なら手数料が200円で定額(毎月Tポイントが200もらえるので手数料が実質タダ)

Tポイントを利用して株が買える

なんです。

例えば今回おすすめした花王やKDDIを100株の単元株で購入する場合、それぞれ約85万円、35万円必要ですが、ネオモバなら8500円、3500円程度から購入可能です。ネオモバの特徴については以下の記事にまとめています。

ネオモバは儲かる?その評判と実際に1株投資して感じたメリットとは?Tポイント投資で評判のネオモバを使って投資すると儲かるんですか?実際にネオモバで投資すると、どんなイメージなのかメリットを具体的に知りた...

 

実はこのネオモバ、20代から30代の若者に圧倒的な支持を受けていて新規口座開設者の半分が初めて株式投資をする”株初心者”なんです。

口座開設はカンタンです。この機会にぜひ口座を開設しませんか?いま登録しておけば、みんなから遅れることがありません。

SBIネオモバイル証券▼カンタン口座開設▼

口座開設はコチラ

即行動が大事です!どうするか迷っている方は、以下の動画を見てください。中国で最も成功した起業家ジャックマーのスピーチです。

行動しなければ成果は出ないということです。