ネオモバ・少額投資

1株から買えるおすすめ証券会社とは?あの優良銘柄も少額で買える!

1株から買える証券会社や銘柄を知りたいです。株式投資はしてみたいけど、手持ち資金が少ないし、損をするのが怖くてなかなか手を出せません…。

このような疑問を持つ方に向けて記事を書いています。

ここにタイトルを入力
  • 優良銘柄を1株から買えるの?
  • 1株から買えるメリットとデメリット
  • 1株から買える証券会社:おすすめランキング

投資歴20年のかいまるです。日本株を中心に1千万円以上の資産を運用しています。最近1株投資で定期的に積立投資もしていますね。

株を買うとなると、ある程度まとまった資金が必要というイメージを持つ人も多いと思います。実は、証券会社によっては1株単位からの取引を行うことができるので、銘柄によっては500円未満で買うこともできるんです。

そこで今回は、これらの1株から買えるメリットとデメリット、おすすめの証券会社ついてランキング形式で見ていくとともに、特徴を比較します。

優良銘柄を1株から買えるの?

証券会社によっては1株から購入することが可能です。ネット証券大手だとSBI証券やマネックス証券、最近若い人に人気が高いのはSBIネオモバイル証券、LINE証券ですね。

そもそも日本の株式市場で取引をする場合、最低売買単位というのが決まっていて通常の場合は100株となっているんです。なので1株2,000円の銘柄の場合、最低でも20万円のお金が必要ということ。

例えば、日本を代表する企業であるトヨタの株を買いたいと行った場合、株価は6,525円(2020年4月13日終値)となっているので100株単位で購入する場合には約65万円の資金が必要ということなります。

その他の人気銘柄の株価も

・花 王:8,725円

・ブリヂストン:3,255円

・三菱商事:2,186円

・NTTドコモ:3,287円

となっていて100株単位で購入するには、それなりの資金が必要ということですね。

投資にまわすお金がたくさんある人は問題ないですが、これから始めようとする人やまずは少額から購入したい人にとっては、株価の高い優良銘柄に投資するにはハードルが高くなる。

そんな時に役に立つのが1株から買えるという投資方法なんです。

1株から買えるメリットとデメリットは?

ここでは1株から株を購入するメリットとデメリットを簡単に見ていきます。

メリット:手軽に少額・分散・積立投資

1株から購入する最大のメリットは少額の資金で株を購入できることですね。100株単位では資金的に手の届かなかった優良銘柄が少額で購入できる。

さらに様々な優良銘柄に分散投資を行ないやすいこともメリットですね。1株から多くの銘柄に投資することで、資金が少なくても分散投資ができる。

例えば、自分はSBIネオモバイル証券で1株投資を実践していますが、2020年3月下旬の段階でも投資状況は以下のとおり。

銘柄 投資額 株 数
大和ハウス 3490 3
JT 14154 8
旭化成 3396 4
三菱ケミカル 4049 7
花王 8075 1
JXTG 1484 3
ブリヂストン 12063 4
三菱商事 5484 3
KDDI 2833 1
NTTドコモ 5780 2
合 計 60808円 36

100株単位で購入した場合、約610万円の資金が必要ということになるけど、1株投資だとこれらの銘柄を約6.1万円で36株購入して分散投資を行うことができるということ。

これらは一度に投資した訳ではなく、時間を分散させて積立投資感覚で購入しています。自分は長期保有目的なので、1株投資することで手軽に「長期・積立・分散」を実践できます。

デメリット:タイミングに制限・優待が受けられない

この1株から買えるサービスにはデメリットもあります。

それは多くの場合に売買タイミングが制限されるということ。普通の取引の場合は買い注文を出せば、取引時間中であればいつでも約定(購入)します。

しかし1株取引の場合、証券会社によって違いがあるものの、注文した翌日や午後の取引開始時に約定するなど、タイミングがズレるんですよね。なのでデイトレのように短期売買を繰り返したいというのには全く向かないということです。

その他にも100株の単元未満なため、株主優待が受けられないというデメリットもあります。

1株から買える証券会社:おすすめランキング!

第1位:SBIネオモバイル証券(ネオモバ)

1株取引できるサービスで圧倒的におすすめの証券会社はネオモバです。

主要ネット証券で取引する際、約定金額✖️0.5%の手数料がかかりますが、ネオモバは月額200円で取引放題(月額50万円までの取引)となります。

しかもTポイントが毎月200ポイント還元され、このポイントを利用して株の購入も行うことができるので“実質”無料で取引ができます。

注文は24時間可能で、実際に購入(約定)するタイミングは

約定のタイミング

・前日21:30~10:30 → 約定:後場の始値

・10:30~21:30 → 約定:翌日前場の始値

となっています。主要ネット証券と比較したデメリットはNISA口座で1株取引することができないことですね。詳細については以下の記事にまとめています。

ネオモバは儲かる?評判と実際に1株投資して感じたメリットとは?Tポイント投資で評判のネオモバを使って投資すると儲かるんですか?実際にネオモバで投資すると、どんなイメージなのかメリットを具体的に知りた...

>>ネオモバ公式ページはコチラ

第2位:SBI証券・マネックス証券

SBI証券ではS株、マネックス証券ではワン株という名称で1株取引サービスを取り扱っています。もちろんほとんどの銘柄が1株単位で購入できます。

サービスを比較したのが以下の表になっています。

SBI証券 マネックス証券
名 称 S株 ワン株
注文時間 24時間 17時から翌日11:30まで
購入のタイミング 1日2回(前場、後場) 1日1回(後場)
手数料 約定代金×0.5%(税抜)

最低手数料:50円

約定代金×0.5%(税抜)

最低手数料:48円

購入のタイミングの前場というのは日本の市場が開始する9:00、後場というのは午後の取引が開始する12:30のことです。

>> SBI証券の公式ページはコチラ

>> マネックス証券の公式ページはコチラ

マネックス証券の評判は?実際に10年利用して感じたメリットを解説!マネックス証券の評判ってどうですか?米国株の取引がしやすいと聞いていますが…実際の利用者の感想なども知りたいです。 こんな疑問を持...

第3位:LINE証券

LINEが野村証券と組んで設立した証券会社ですね。

LINEアプリからLINEポイントでも投資できるのがメリットです。取引銘柄が厳選されていて株300銘柄とETF15本。ETFは米NYダウや金も取引できます。

注文可能時間は9:00〜21:00に行うことができ、即時に購入することができ、売買コストは料率で0.05%(日中)と0.5%(夜間)となっています。

こちらもネオモバと同様にNISA口座で取引はできません。

>> LINE証券の公式ページはコチラ

「1株から買える証券会社」まとめ

今回は1株から買える証券会社ということで、メリット・デメリット、おすすめ証券会社について述べてきました。

1株投資の最大のメリットは、少額の資金で株を購入できるので手軽に分散・積立投資を行えることですね。100株単位だとどうしても多くの資金が必要になりますから、まずは1株から少額で始めて、それから本格的に株式投資を行うといった使い方もできると思います。

まずは1株から株式投資を始めてみてはいかがでしょうか?

それでは。

 

関連記事です。この記事をご覧になった方は、以下の記事も読まれています。

1株投資で、しかもTポイントで投資できるSBIネオモバイル証券ネオモバ)。自分もネオモバ活用しています。詳細は以下の記事にまとめてます。

ネオモバは儲かる?評判と実際に1株投資して感じたメリットとは?Tポイント投資で評判のネオモバを使って投資すると儲かるんですか?実際にネオモバで投資すると、どんなイメージなのかメリットを具体的に知りた...

 

1株投資でおすすめする銘柄についてまとめています。500円未満でも投資することが可能なんです。ぜひご覧ください。

ネオモバで投資すべきおすすめ株は?500円以下のおすすめも紹介!ネオモバで株式投資するにあたって、おすすめ株は何ですか?1株から買えて、色んな銘柄が購入可能なので迷っちゃうんですよね。 500円...

 

米国株の取引は1株から購入することが可能です。しかし、手数料の高さがネック。その点、DMM株は取引手数料ゼロなので圧倒的にお得です。特徴をまとめました。

DMM株で米国株の取引手数料0円! 評判とメリット・デメリットとは?DMM株が米国株の取引手数料を無料化すると発表! これまで日本株に比べて割高とのイメージのあった米国株取引手数料。この無料化は日本...