米国株

アルファベット(グーグル)の株価と今後の見通しは?コロナの影響は?

米国株のアルファベット(GOOGL)への投資を考えています。グーグルの株価の見通しや予想を知りたいです。新型コロナ拡大の影響で株価は下落しているようですが…。

株価の推移やチャートの特徴はどんな感じですか?アルファベットの株は買いですか?

このような疑問を持つ方に向けて記事を書いています。

今回の記事の内容
  • コロナショックでアルファベット(GOOGL)の株価急落!
  • アルファベット(グーグル)って何の会社?
  • アルファベットの株価の推移(チャート)と特徴は?
  • アルファベット(グーグル)の今後の予想は?成長期待で株は買いか?

投資歴20年のかいまるです。米国株を中心に1,000万円以上の資産を運用しています。アルファベットといえば検索エンジンのグーグルの親会社であり、You TubeやスマホOSのAndroidなど利用者が世界中で10億人を超えるサービスを展開しています。

新型コロナ拡大で企業からの広告収入の減少が見込まれますが、外出制限でグーグル検索やYou Tube利用は逆に増えています。最近では自動運転技術や量子コンピューターなどの新たな収益源となる事業にも力を入れていることもあり、長期的な成長も期待大の銘柄です。

今回は、そんなアルファベットについて銘柄分析です。

コロナショックでアルファベットの株価急落!

新型コロナウイルスの拡大による、経済への影響によって世界同時株安が進行。いわゆる”コロナショック”により米国株式市場も大暴落となり、ダウ平均株価も2週間程度で37%も下落する異常事態となりました。

そのような状況の中、以下のチャートのようにのグーグルの親会社であるアルファベットの株価も大きく下落。

2月19日の直近高値からわずか1ヶ月程度で

・2月19日:1,524ドル

・3月17日:1,054ドル(🔻30.8%

となり、30%以上の急落となりました。

株価は3月23日にの安値を付けてから一旦反発しており4月の段階で1200ドル台まで回復しているものの、下落傾向が止まったのか予断を許さない状況です。

新型コロナ拡大による外出制限でグーグル検索の需要は増えているものの、売り上げの大半を企業からの広告収入に依存しているんですよね。なので、経済活動の停滞により企業業績の悪化が見込まれていて、広告収入が減少することが予想されます。

新型コロナ拡大によって、株価が急落しているアルファベットですが、今後に期待できるのでしょうか。以下、アルファベットの会社概要、株価の状況、業績などを見ていきます。

アルファベット(グーグル)ってどんな会社?

アルファベット(Alphabet)は、2015年に設立されたグーグル及び他のグループ会社の親会社(持株会社)です。グーグル(Google)は、世界最大の検索エンジン”Google”を運営している会社。世界シェアは80%を超えて圧倒的ですね。

このブログをご覧になっている方で、Googleを利用したことのない人はいないでしょう。

ラリー・ペイジとセルゲイ・ブリンが1998年にグーグルを共同で創業。今でもアルファベット株の16%を保有しています。アルファベット設立の過程で創業者のラリー・ペイジはアルファベットのCEOに就任し、代わりにサンダー・ピチャイがGoogleのCEOに就任。

検索エンジン”Google”が圧倒的な知名度を有していますが、これ以外にも様々なサービスを提供しています。主要なものだけでも、

グーグルの主なサービス
  • Google(検索エンジン)
  • YouTube(動画配信サービス)
  • アンドロイド(スマホ用OS)
  • Chrome(Webブラウザ)
  • Google Play(コンテンツ配信)
  • G-mail(メールサービス)
  • Google Map

などで、これらのサービスは全て無料で利用者がそれぞれ10億人を超えています。とにかく利用者を増やしてネット広告収入で利益を上げていくビジネスモデルです。

後述するように売り上げの85%は広告収入となっていますが、最近ではグーグル広告以外の収益源となる事業の開発に力を入れています。

例えば、アルファベットの傘下には自動運転開発会社のウェイモや、アンチエイジングのCalico、量子技術コンピューターのXなど先端技術を開発する企業がひしめいていて、成果を上げつつあります。

また、最近では、クラウド上でビデオゲームのプラットフォームとしてStadia(スタディア)を2019年に公開。ゲーム機を必要としないで楽しめることから、爆発的な普及が期待されています。

今回は、ITセクターのガリバーであるアルファベットの株価や今後の動向などについて見ていきます。

アルファベット(GOOGL)の株価の状況は?

では早速ですが、グーグルの親会社アルファベットの株価の状況をみていきましょう。ここでは株価データと銘柄の特徴について取り上げます。

アルファベットの株価データ(2020年4月15日現在)を簡単にまとめました。

アルファベットの株価データ
  • 株価:  1,257.3ドル
  • PER:   24.41倍
  • 配当金:   − ドル
  • 配当利回り:− %

PERは、ITのグロース銘柄ということを考えるとそれほど高くないといえるのでは。米国株の平均レベルよりは高いですが、競合のフェイスブック(グーグル)が27倍なので同じ水準といえます。

株価は大きく上昇していますが、売り上げもしっかり伸びていることもり、実力を伴ったものと言えそうです。配当金を出していませんが、今は株主還元よりも成長に力を入れているということでしょう。

アルファベットの株価の推移(チャート)は?

次にアルファベットの長期チャート(10年)を見ていきます。以下が過去10年のチャートで、比較のためにS&P500も掲載しています。

赤:GOOGL 水色:S&P500

コロナショックでアルファベットの株価が大幅下落しましたが、10年間で株価は約4倍になっており、S&P500と比べても圧倒的に大きく伸びていることがわかります。長期的には綺麗な右肩上がりで、文句なしのパフォーマンスだと思います。

ただ、フェイスブックは10年で6倍近く上昇していることを考えると、配当金を出さないITのグロース株の割には、ちょっともの足りない感じもします。

近年、各国政府は、膨大な個人情報を独占するアルファベットを含む巨大IT企業に対して、個人情報保護の強化や独占禁止法適用など厳しい措置を実施しています。

今後は個人情報保護やセキュリティ対策、各国政府からの制裁金対応などにコストがかかるため、これまでのような高い成長は難しいかもしれません。

アルファベットの売上高や利益は?

次にアルファベットの業績をみていきます。以下のグラフは、売上高、営業利益、純利益、営業利益率の推移となっています。

インターネットやスマートフォンの普及とともに検索エンジンの利用者が爆発的に増加し続けていることもあり、業績も右肩上がりの急成長となっています。特に最近では、2006年に買収したYou Tube利用者の増加が著しいですね。

利用者の大半が欧米ということもあり、チャイナショックのあった2016年ごろでも業績への影響は全くないですね。各国政府による個人情報保護強化が行われているものの、インターネットやYou Tubeなどの利用者が増えているうちは売り上げは伸び続けるということでしょう。

ちなみにアルファベットの売り上げの内訳は以下の通りとなっていて、グーグル検索した際の企業広告による収入が7割りを占めています。

You Tubeやブログなどのグーグル以外の広告収入は14.6%ですので、アルファベットの売り上げの85%は広告収入となります。広告以外の収入は、クロムブックなどのノートパソコンやスマホやスピーカーの売り上げによるもの。

なので、現在アルファベットが力を入れている自動運転や量子コンピューターなどの新規事業の売り上げは1%にも満たない状況です。

今後、個人情報保護などの情報セキュリティに対する利用者や各国政府からの要求も厳しくなり、その対応にもコストがかかることから、短期的な業績はわりと厳しいものになると考えられます。

なお、株式投資で勝率を高めるためには、しっかりとした投資理論を身に着けることから。以下の記事では、初心者向けのものから古典まで、おすすめの米国株投資本を紹介しています。

米国株の投資本でおすすめの10冊は?150冊から厳選!初心者向けも米国株に関する投資本でおすすめなのは何ですか?全部購入すると結構お金がかかりますよね。何かお得な方法はありますか? このような疑問...

アルファベットの2020年4〜6月決算の結果は?

アルファベットの4〜6月期(2Q)の決算概要をまとめると、

2020年2Q決算の概要
  • 売 上 高 :382.9億ドル(前年同期比2%減
  • 純 利 益 :  69.6億ドル(同30%減

となっています。要因は、コロナ拡大で企業の広告が減ったため。

もともと1Q決算の段階で、企業の広告出稿が激減することが予想されていたの4−6月期業績はかなり悪化することが見込まれていたんですよね。

以下がセグメント別の売り上げとなっていますが、Google Search(検索)&otherの広告収入が213億ドルと236億ドルから8%近い減収になっています。

ただグーグルが現在主力事業として育てようとしているYoutubeとGoogleクラウド事業の収益は、

・YouTube :36億ドル→38億ドル

・Google クラウド:21億ドル→30億ドル

と増益となっていて、堅調に成長していることが確認できます。

グーグル検索による広告収入の成長は鈍化。これらの次期主力と期待されている事業が、コロナ拡大の状況下でも堅調に伸びているのは朗報と言えるでしょう。

なおグーグルの業績・決算の概要については以下の記事にまとめていますので、ぜひご覧ください。

アルファベット(グーグル)の業績・決算は?新型コロナ直撃の影響は?米国株のアルファベット(GOOGL)への投資を考えていますが、新型コロナウイルス拡大の影響が気になります。2020年1月〜6月決算の結果...

アルファベットの株価の予想は?

短期的には株価が大きく下げるかもですが、長期的にはこれまで同様に大きく株価は成長すると予想します。

というのは、新型コロナ拡大の経済影響が未だ見通せない状況も、経済活動の停滞により企業広告は減少することが予想されます。アルファベットの売り上げ85%は広告収入ですから、これらが大きく落ち込み、業績が悪化する可能性があるからです。

他方、コロナ拡大による外出や移動制限があったとしても、グーグルの検索需要やYou Tubeなどのサービス利用者は減らず、むしろ増えることになると思います。なので、新型コロナ拡大が収束すれば業績はすぐに回復しますね。

他にも、自動運転のウェイモや量子コンピューターなどの事業実用化が間近に迫っていることもあり、これらが次の収益源になることが期待されています。

なのでアルファベット株は、短期的には下落するかもですが、長期的にはかなり期待できるものと考えます。

なお、米国株への投資を考えている方には”取引手数料ゼロ”のDMM株が圧倒的にお得でおすすめです。

米国株は、大手のネット証券であるSBI証券、楽天証券、マネックス証券で購入することが可能ですが、手数料は3社横並びで約定代金の0.45%(最大20ドル)。

日本株の売買手数料よりも、かなり割高な状態なんですよね。

その点、DMM株なら取引手数料ゼロで米国株を購入することが可能です。詳しくは以下の記事にまとめています。

DMM株で米国株の取引手数料0円! 評判とメリット・デメリットとは?DMM株が米国株の取引手数料を無料化すると発表! これまで日本株に比べて割高とのイメージのあった米国株取引手数料。この無料化は日本...

>> DMM株 公式ページはコチラ

アルファベット(グーグル)の株は買いか?まとめ

今回は、アルファベットの銘柄分析ということで、株価の推移(チャート)や特徴、株は買いかについて述べてきました。

グーグルやYou Tubeが絶好調のアルファベット。新型コロナの影響で株価は大幅下落していますが、外出制限もあり検索需要やYouTubeの利用は逆に増加しています。コロナの収束が見えてくれば、株価の回復は期待できると思います。

他方、新型コロナ拡大による経済の停滞から、企業業績が悪化することは確実。真っ先に削られるのは広告費でしょうから、売り上げの85%を企業広告に依存するアルファベットも大きな影響を受けることは間違いありません。

加えて、今後は個人情報保護などの対応にもコストがかかってきます。これまでのような高い成長を見込むのは難しいと考えます。

他方、ゲームプラットフォームのStadiaや自動運転技術、量子コンピューターなどの次世代技術の事業化は間もなくであり、近い将来新たな収益源になることが予想されます。アルファベットは、長期的に期待できる銘柄と考えます。

最後に米国株やETFに賢く投資するための方法について紹介しますので、ぜひ参考にしていただければと思います。

米国株に関する情報を効率よく収集するには?

日本ではアクセスしずらい米国株の情報を日本語で配信するモトリーフールメールアドレスを登録するだけで鮮度の高い情報が無料で送られてきます

自分も登録してみたところ、おなじみのバフェット銘柄に関する内容や、業績良好な医薬品株・機械株に関する内容などがタイムリーに送られてきます。モトリーフールの情報はエコノミスト誌のような海外メディアからも高い評価を受けているんですよね。

米国株の情報はどうしても乏しくなりがちなので、この機会に登録してみるとよいです。登録は無料です。

>> モトリーフール無料メルマガ登録はコチラ

なお、モトリーフールの特徴や無料メルマガのメリットについては以下の記事にまとめています。

モトリーフールが米国株の情報収集におすすめな理由?評判・口コミも紹介。米国株への投資を始めたけど、信頼できる情報をどこから集めたら良いですか?米国株の情報提供で有名なモトリーフールの評判を知りたいです。 ...

米国ETFに手間をかけずに自動運用する方法とは?

株式への資産運用が最もパフォーマンスが良いことは、過去のデータから明らかですが、コロナショックのように短期間で大暴落することも。

やはり資産運用の基本は米国株、日本株を保有しつつ、債券や金、不動産などに資産を分散して長期運用するというのが合理的な手法です。

自分でポートフォリオを作って運用するのも良いですが、THEO+docomo(テオ・プラス・ドコモ)を活用して長期投資すれば、ロボアドバイザーが世界中の市場の株、債券、金、不動産などの米国ETFに分散投資してくれます。

自分も活用していますが、口座にお金を振り込めば基本的に何もしなくても良いんですよね。特にNTTドコモユーザーには、ドコモ口座と連携させたり、dポイントを通常より1.5倍もらえるなどメリットがいっぱいです。

詳しくは以下の記事にまとめています。

THEO+docomoの評判と口コミは?儲かるの?運用実績から分析!THEO+docomoの評判や口コミを知りたいです。ロボアドバイザーで投資すると儲かるんですか? 安全性は大丈夫なんですかね?メリ...

関連記事・おすすめ記事

最後まで記事をご覧いただきありがとうございました。

この記事を読まれた方は、以下に紹介する記事もご覧になっています。皆さんに少しでも役に立つよう、米国株の個別銘柄に関連するトピックについて解説しています。ぜひご覧ください。

マイクロソフトの株価や配当の推移などに関しては以下の記事にまとめています。今後の株価の見通しは?

マイクロソフトの株価の今後は?新型コロナ拡大でも株は買いの理由は?米国株のマイクロソフト(MSFT)への投資を考えているので、株価の今後の見通しを知りたいです。新型コロナ拡大の影響で株価は下落しているよ...

 

圧倒的なブランド力を持つアップルの銘柄分析です。新型コロナ拡大で1〜3月期の売り上げ未達となるなど業績への影響が懸念されるところ。今後の株価の見通しについて分析です。

アップルの今後の株価を予想!コロナ直撃も上昇で推移する理由は?米国株のアップル(AAPL)への投資を考えています。Appleの株価の見通しや予想を知りたいです。新型コロナ拡大の影響で株価は下落してい...

 

米国のグロース銘柄の象徴”アマゾン”。しかし、アジア地域でのEC事業展開は苦戦が続いており、また期待されているクラウド事業も世界シェア首位の座から陥落。今後の見通しについてまとめました。

アマゾンの株価の見通しは?10年後の業績は新型コロナの影響で厳しい?アマゾン(Amazon)の今後の株価見通しについて知りたいです。インターネット通販がメインですけど、クラウド事業も絶好調ですよね。 ...

 

SNSの代名詞となっているフェイスブック。収益のほぼ全てを広告収入で占めており、事業多角化が喫緊の課題も、仮想通貨リブラ構想が頓挫。今後の株価の見通しについて分析です。

フェイスブックの株価とチャートの推移は?新型コロナで収益悪化か?米国株のフェイスブック(FB)への投資を考えています。facebookの株価の見通しや予想を知りたいです。新型コロナ拡大の影響で株価は下...

 

高配当・連続増配の定番中の定番、コカ・コーラの銘柄分析です。業績鉄板のコカ・コーラも2012年以降の売り上げが大幅に落ち込んでいます。その理由について分析です。

コカ・コーラの株価の状況は?57年連続増配”配当王”の株は買い?業績が安定している米国株コカ・コーラ(KO)への投資を考えています。これまでのKOの株価の推移やチャートの特徴はどんな感じですか? ...

 

米国株を取引するにあたり、日本株に比べて割高な手数料が気になるところです。主要ネット証券会社の手数料を比較。オススメの証券会社はどこか?

米国株の手数料を徹底比較!おすすめの証券会社はどこ?(2020年)最近、米国株の手数料の引き下げが行われているみたいだけど、これらを比較して見て、どこがオススメですか? できるだけ手数料の安いとこ...

 

DMM株なら米国株取引手数料が完全無料です!
【DMM 株】口座開設

米国株の取引手数料は、はっきり言って日本株よりも割高なんですよね。しかも大手ネット証券で横並び

少しでもコストを下げて取引したい…。

DMM.com証券のDMM株なら、他の証券会社に先駆けて米国株の売買手数料が無料です。

さらに以下の特徴も!

▼口座開設費が0円
その他口座管理・維持費、入金手数料、出金手数料も0円

▼充実の取引ツール・アプリ
初心者からプロまでさまざまなスタイルに対応した取引ツールを無料で取り揃えています。スマホアプリでも米国株の取引が可能です。

▼NISA(少額投資非課税制度)口座にも対応

詳細は以下をクリック!

詳細ページ公式ページ