米国株

IBMの株価は今後どこまで下がる?コロナ直撃も高配当利回りが魅力!

米国株のIBMへの投資を考えています。IBMの株価の見通しや予想を知りたいです。新型コロナ拡大の影響で株価は下落しているようですが…。

株価の推移やチャートの特徴はどんな感じですか?IBMの株は買いですか?

このような疑問を持つ方に向けて記事を書いています。

今回の記事の内容
  • コロナショックでIBMの株価急落!
  • IBMって何の会社?
  • IBMの株価の推移(チャート)と特徴は?
  • IBMの配当金の推移は?
  • IBM株は買いか?

投資歴20年のかいまるです。米国株を中心に1,500万円以上の資産を運用しています。

今回は、配当利回りが5%を超えているITセクターの名門企業IBMについて銘柄分析です。

※米国株取引手数料0円の証券会社という選択

米国株の取引手数料は日本株に比べて実は割高…。できるだけコストをかけずに取引したいならDMM株が良いかも。DMM株は米国株そして米国ETFの取引手数料0円なので、お得に取引するのもありですね。

>> DMM株の無料申し込みはコチラ

コロナショックでIBMの株価急落!

新型コロナウイルスの拡大による、経済への影響によって世界同時株安が進行。いわゆる”コロナショック”により米国株式市場も大暴落となり、ダウ平均株価も2週間程度で37%も下落する異常事態となりました。

そのような状況の中、以下のチャートのようにIBMの株価も大きく下落。

2月19日の直近高値からわずか1ヶ月程度で

・2月19日:150.86ドル

・3月23日:94.77ドル(37.2

となり、40%近い急落となりました。

株価は3月23日にの安値を付けてから一旦反発しており4月の段階で110ドル台まで回復しているものの、新型コロナウイルスの感染拡大の影響によってアップルの業績は悪化しており、下落傾向が止まったのか予断を許さない状況です。

新型コロナ拡大によてい、株価が急落しているIBMですが、今後に期待できるのでしょうか。以下、IBMの会社概要、株価の状況、業績などを見ていきます。

IBMってどんな会社?

IBM(正式名称:International Business Machines Corporation)は、主に企業や政府機関に対してコンピューター製品の販売やソフトウェア開発などのサービスを提供する会社です。特許取得数世界1位でATMやハードディスクなどIBMの発明は多岐にわたっています。

以前はThinkPadシリーズなどの個人向けのパソコンの販売も行っていましたが、中国のレノボに事業を売却。収益性の高い事業へ転換を進めていて、ソフトウェアやOSの開発、クラウド事業や、言語を理解・学習するAIのWatson(ワトソン)の開発など様々な事業を行っています。

しかし、最近の業績と株価はパッとしないですね。かつては米国内で時価総額1位だったこともある名門企業ですが、成長著しいクラウド事業を例にとってもアマゾンのAWSやマイクロソフトのAzuruにシェアを奪われている状況です。

”投資の神様”バフェットもIBM株を保有していましたが、業績低迷していることから2018年に全て売却。IBMも、クラウド向けのソフトウェア開発のRedHat社を2019年に買収して事業のテコ入れを図っているところですが、成果が出るかはもう少し様子をみる必要がありますね。

次に株価や最近の動向について見ていきます。

IBMの株価の状況は?

では早速ですが、IBMの株価の状況をみていきましょう。ここでは株価データと銘柄の特徴について取り上げます。

IBMの株価データ(2020年10月28日現在)を簡単にまとめました。

IBMの株価データ
  • 株価:  106.74ドル
  • PER: 12.08倍
  • 配当金:  6.52ドル
  • 配当利回り: 5.90%

情報技術セクターというとGAFAなどの成長企業をイメージしてしまいますが、PERや配当利回りを見る限りは、もはや成熟企業に近いですね。

競合のアップルやマイクロソフト、グーグルなどのPERは20倍を超えている中、IBMは11倍ですから、他のIT企業に比べて成長性が期待されていないということ。また、配当利回りも5%を超えていて、ITセクターの中ではずば抜けて高いです。

クラウド事業やAIなどの成長分野にも力を入れているものの、既存事業でしっかりと稼ぎ、株主に還元を行うというスタンスのようです。

IBMの株価の推移(チャート)は?

次にIBMの長期チャート(10年)を見ていきます。以下が過去10年のチャートで、比較のためにS&P500も掲載しています。

赤:IBM 水色:S&P500

10年間でほとんど株価が上がっておらず停滞です。S&P500と比べてもパフォーマンスが大きく劣っています。このチャートを見るとバフェットじゃなくても株を手放したくなります。

配当利回りが6%近い高配当なのは、株価がほとんど上昇していないことも要因の一つ。IBMの事業は新型コロナ拡大の影響を受けずらいと考えられるため、わりと買いやすい水準まで株価は下落していますね。

IBMの配当実績は?

次に配当実績をみていきましょう。IBMは、1996年以降から連続増配となっており24年連続増配となっています。1916年以降、100年以上の間にわたって配当を支払い続けているんですね。

IBMの配当金は、

・連続増配:24年

・5年平均増配率:8.17%

となっています。配当利回りが5%を超えていることを考えると十分すぎる実績と言えます。情報技術セクターは、配当金を出さない企業も多いことを考えると、この実績は出色で、既存事業でしっかりと稼げてるということでしょう。

ただ、配当金の増加とともに配当性向も上昇していて近年では50%を超えています。さすがに増配率は低下していて、2018年増配率は5.3%、2019年増配率は3.5%。キャッシュフローに問題がないので減配はないと思いますが、ちょっと苦しくなって来ていますね。

IBMの売上高や利益は?

次にIBMの業績をみていきます。以下のグラフは、売上高、営業利益、純利益、営業利益率の推移となっています。

売上、利益ともに右肩下がりの状況で、収益性の高い事業への転換が軌道にのっていないと感じます。営業利益率も下落傾向であり既存事業の収益性も落ちているようです。ここが事業転換に成功した、マイクロソフトやコカ・コーラとの大きな違いといえそうです。

IBMの事業の内訳は、ザックリいうと

・クラウド・コグニティブ:約30%

・テクノロジー・サービス:約55%

・その他ファイナンス等:約15%

となっています。クラウド・コグニティブがAIのワトソン、量子コンピューター、クラウド事業となっていて営業利益率も30%超えるなど稼ぎ頭になっています。業績も伸びていることもあり、IBMが最も力を言えれている事業と言えるでしょう。

一方、企業や政府機関にコンピューター関係のサービスを提供しているテクノロジーサービスの売り上げは年々減少。競合企業との競争も激しいことから、営業利益率も10%以下となっていて苦しいですね。

なお、今から米国株の投資を始める方には”取引手数料ゼロ”のDMM株が圧倒的にお得でおすすめです。

米国株は、大手のネット証券であるSBI証券、楽天証券、マネックス証券で購入することが可能ですが、手数料は3社横並びで約定代金の0.45%(最大20ドル)。

日本株の売買手数料よりも、かなり割高な状態なんですよね。

その点、DMM株なら取引手数料ゼロで米国株を購入することが可能です。詳しくは以下の記事にまとめています。

DMM株で米国株の取引手数料0円! 評判とメリット・デメリットとは?DMM株が米国株の取引手数料を無料化すると発表! これまで日本株に比べて割高とのイメージのあった米国株取引手数料。この無料化は日本...

IBMの株は買いか?まとめ

今回は、IBMの銘柄分析ということで、株価の推移(チャート)や特徴、株は買いかについて述べてきました。

企業や政府機関向けのサービスが低迷しているものの、クラウド、AI、量子コンピューターと将来を期待できる事業の業績が堅調であることもあり、ITセクターとしては高い配当利回りであることを考えると、株価が下落しているタイミングで買うのは面白いですね。

さらに新型コロナウイルスの感染拡大による影響は、他のセクターに比べて大きくないため、コロナ収束に伴い、株価上昇も期待できると思います。

最後に米国株やETFに賢く投資するための方法について紹介しますので、ぜひ参考にしていただければと思います。

米国株に関する情報を効率よく収集するには?

日本ではアクセスしずらい米国株の情報を日本語で配信するモトリーフールメールアドレスを登録するだけで鮮度の高い情報が無料で送られてきます

自分も登録してみたところ、おなじみのバフェット銘柄に関する内容や、業績良好な医薬品株・機械株に関する内容などがタイムリーに送られてきます。モトリーフールの情報はエコノミスト誌のような海外メディアからも高い評価を受けているんですよね。

米国株の情報はどうしても乏しくなりがちなので、この機会に登録してみるとよいです。登録は無料です。

>> モトリーフール無料メルマガ登録はコチラ

なお、モトリーフールの特徴や無料メルマガのメリットについては以下の記事にまとめています。

モトリーフールが米国株の情報収集におすすめな理由?評判・口コミも紹介。米国株への投資を始めたけど、信頼できる情報をどこから集めたら良いですか?米国株の情報提供で有名なモトリーフールの評判を知りたいです。 ...

米国ETFに手間をかけずに自動運用する方法とは?

株式への資産運用が最もパフォーマンスが良いことは、過去のデータから明らかですが、コロナショックのように短期間で大暴落することも。

やはり資産運用の基本は米国株、日本株を保有しつつ、債券や金、不動産などに資産を分散して長期運用するというのが合理的な手法です。

自分でポートフォリオを作って運用するのも良いですが、ウェルスナビを活用して長期投資すれば、ロボアドバイザーが世界中の市場の株、債券、金、不動産などの米国ETFに分散投資してくれます。

自分も活用していますが、口座にお金を振り込めば基本的に何もしなくても良いんですよね。忙しい会社員や主婦の方に特におすすめです。詳しくは以下の記事にまとめています。

ウェルスナビは儲かるの?評判・口コミ・実際にやってみた結果とは?WealthNavi(ウェルスナビ)ってどうなんですかね。資産運用ならウェルスナビが良いって聞いたけど、、、果たして本当に儲かるの? ...

なお米国株や資産運用に関連するお得な情報について、以下にまとめました。よろしければご覧いただければと思います。

関連記事・おすすめ記事

最後まで記事をご覧いただきありがとうございました。

この記事を読まれた方は、以下に紹介する記事もご覧になっています。皆さんに少しでも役に立つよう、米国株の個別銘柄に関連するトピックについて解説しています。ぜひご覧ください。

SNSの代名詞ともいえるフェイスブックの銘柄分析です。個人情報漏洩問題や仮想通貨リブラ構想の頓挫など逆風が吹き荒れますが、今後の株価の見込みについて分析です。

フェイスブックの株価と今後の見通しは?SNS利用者急増で10年後は?米国株のフェイスブック(FB)への投資を考えています。facebookの株価の見通しや予想を知りたいです。 新型コロナ拡大の影響も...

 

マイクロソフトの株価や配当の推移などに関しては以下の記事にまとめています。今後の株価の見通しは?

マイクロソフトの株価の今後は?クラウド”Azure"で10年後も成長!米国株のマイクロソフト(MSFT)への投資を考えているので、株価の今後の見通しを知りたいです。新型コロナ拡大の影響で株価は下落しているよ...

 

高配当・連続増配の定番中の定番、コカ・コーラの銘柄分析です。業績鉄板のコカ・コーラも2012年以降の売り上げが大幅に落ち込んでいます。その理由について分析です。

コカ・コーラの株価の状況は?57年連続増配”配当王”の株は買い?業績が安定している米国株コカ・コーラ(KO)への投資を考えています。これまでのKOの株価の推移やチャートの特徴はどんな感じですか? ...

 

米国のグロース銘柄の象徴”アマゾン”。しかし、アジア地域でのEC事業展開は苦戦が続いており、また期待されているクラウド事業も世界シェア首位の座から陥落。今後の見通しについてまとめました。

アマゾンの株価の見通しは?10年後の業績は新型コロナの影響で厳しい?アマゾン(Amazon)の今後の株価見通しについて知りたいです。インターネット通販がメインですけど、クラウド事業も絶好調ですよね。 ...

 

日本ではアクセスしずらい米国株の情報を日本語で配信するモトリーフール。その情報はエコノミスト誌のような海外メディアからも高い評価を受けています。メリットをまとめました。

モトリーフールが米国株の情報収集におすすめな理由?評判・口コミも紹介。米国株への投資を始めたけど、信頼できる情報をどこから集めたら良いですか?米国株の情報提供で有名なモトリーフールの評判を知りたいです。 ...

 

米国株を取引するにあたり、日本株に比べて割高な手数料が気になるところです。主要ネット証券会社の手数料を比較。オススメの証券会社はどこか?

米国株の手数料を徹底比較!おすすめの証券会社はどこ?(2020年)最近、米国株の手数料の引き下げが行われているみたいだけど、これらを比較して見て、どこがオススメですか? できるだけ手数料の安いとこ...

 

DMM株なら米国株取引手数料が完全無料です!
【DMM 株】口座開設

米国株の取引手数料は、はっきり言って日本株よりも割高なんですよね。しかも大手ネット証券で横並び

少しでもコストを下げて取引したい…。

DMM.com証券のDMM株なら、他の証券会社に先駆けて米国株の売買手数料が無料です。

さらに以下の特徴も!

▼口座開設費が0円
その他口座管理・維持費、入金手数料、出金手数料も0円

▼充実の取引ツール・アプリ
初心者からプロまでさまざまなスタイルに対応した取引ツールを無料で取り揃えています。スマホアプリでも米国株の取引が可能です。

▼NISA(少額投資非課税制度)口座にも対応

詳細は以下をクリック!

詳細ページ公式ページ