日本株

JTの株価はどこまで下がる?新型コロナ直撃で今後の見通しを分析!

JT(2914)の配当や株主優待に興味があるけど、株価はどこまで下がるんだろう?今後の見通しについて知りたいです。

JT(日本たばこ産業)の最近の業績や株価の推移(チャート)も知りたいです。

このような疑問を持つ方に向けて記事を書いています。

今回の記事の内容
  • JT(日本たばこ産業)の株価推移(チャート)と株価の下落について
  • JT(2914)の株価はどこまで下がる?チャートから分析
  • JTの株価が下落し続けている3つの理由とは?
  • JTの最近の業績は?
  • 株価下落によりJT株は買いか?今後の見通しは?

投資歴20年のかいまるです。日本株を中心に1千万円以上の資産を運用しています。配当目的でJT株も保有中です。

JT(日本たばこ産業)は、国内で唯一、たばこの製造を許可されている”独占企業”ですね。安定的な業績と高配当を期待できる銘柄として個人投資家からの人気が極めて高く、雑誌やネットでも取り上げられることが多いです。

他方、JTの株価が下落し続けていて、2015年から2016年ごろに4000円を超えていた株価は半値以下にまで落ち込んでいます。業績はそれほど悪くないんですけどね。

もちろんコロナショックの影響もあるでしょうが、世界的なたばこ離れと「ESG投資」拡大に伴う外国人投資家離れが主な要因。世界の主要たばこメーカーと比べて加熱式たばこの出遅れも響いています。

今回の記事では、JT(日本たばこ産業)の業績などから、株価がどこまで下がるか、JT株は買い時なのかどうかについて分析します。なお、JTの配当金や株主優待については、以下の記事にまとめていますので、ぜひご覧ください。

JTの配当金と株主優待の総合利回りがスゴイ!配当金推移も驚異的!  JT(日本たばこ産業)は、配当と株主優待を含めた総合利回りがものすごく良いですよね。配当金はいつ支払われますか?配当金の推移も知りたいで...

また、資産運用に関連するお得な情報や役に立つ情報のページについて、以下にまとめました。よろしければご覧いただければと思います。

JTの株価はどこまで下がる?短期チャートで分析!

まず新型コロナ拡大の影響で大きく下落している短期の株価チャートを分析して、どこまで下がるか分析していきます。

以下が2019年末からのチャートです。25日移動平均線を抵抗線として教科書通り綺麗に下落しています。特にコロナショックで株式市場が大きく暴落した2月下旬以降の下げがきついですね。

チャート的には支持線になりそうなラインが無いので、3月に反発した1900円付近が短期的な下値めどといえそうです。

株式市場は経済再開期待や日銀による金融緩和もあり上昇局面に入っていることもあり、JTの株価も一時的に2000円を回復しました。短期的には、この2000円の大台を挟んだ攻防が続きそうです。

JT(日本たばこ産業)の株価の状況は?

JTは、日本たばこ産業株式会社法に基づき設置された、たばこ、医薬品並びに食品などを製造・販売を行う会社。たばこ事業の世界展開にも積極的で、世界シェアは第4位、年間の売上高が2兆円を超える規模の企業ですね。

JTに関しては、法律で3分の1以上を日本国政府が株を保有しなければならないことになっています。たばこ製造の独占権が認められており、国内で唯一たばこを製造しています。

そんな、JT(日本たばこ産業)の株価データ(2020年5月1日現在)を簡単にまとめました。

JTの株価データ
  • 株 価:1,981円
  • P E R :11.5倍
  • R O E:13.1%
  • 自己資本比率:47.96%
  • 配当利回り:7.8%

株価の指標はかなり良いですね。正直言ってここまで株が売られるのが不思議なぐらいです。注目すべきは配当利回りの高さで、コロナショックで株価が大幅に下落していることもあり8%近いということもあり、日本株の中では圧倒的な高配当株といえます。

自己資本比率も50%近くあり、ROEも10%超えています。財務面も強くや経営効率も高いということですね。

JTの長期的な株価の推移(チャート)は?

次に、JTの長期的な株価推移をみていきますね。以下のチャートは過去10年の株価推移です。

チャート画像

2011年後半に1500円程度であった株価は、アベノミクスの影響で株価は大きく伸びたのがわかりますね。2015年後半から2016年にかけて4,800円程度まで株価は上昇していました。しかし、その後は株価の下落傾向が続いています。

2018年中ごろに3,000台で踏みとどまっていましたが、最近では2,000円台前半まで下げ、またコロナショックにより2000円を割り込む水準にまで急落していますね。

業績が安定している高配当のディフェンシブ株は底堅いイメージがありますが、JTの株価に関しては、まったく下げ止まらない状況ですね。

このように、株はリスクが高い、コロナショックみたいな株価暴落が怖い…という方もいると思います。そういう方は1株価からの少額投資から初めてみてはどうでしょう?少額投資でリスクを低く運用を行うことが可能です。詳しくは以下の記事にまとめています。

単元未満株のメリット・デメリットは?おすすめの証券会社も解説!単元未満株への少額投資なら気軽に株式投資を始められそうですが、どんな時に活用すれば良いですかね?評判やメリット、デメリットについて知りた...

高配当ディフェンシブ銘柄の代表格JT。なぜここまで株価は下落するのでしょうか?以下、その理由について見ていきます。

JTの株価が下落する3つの理由とは?

JTの業績自体は悪くないんですが、株価は下落し続けているんですね。これは、

  1. 世界的なたばこ離れ(喫煙率の低下)
  2. ESG投資の浸透(外国人投資家離れ)
  3. 加熱式たばこの出遅れ

であるため。以下、詳細に見ていきます。

理由1:世界的なたばこ離れ(喫煙率の低下)

先進国全体に言えることですが、健康志向の高まりにより喫煙率が年々下がってきています。

以下の図は、日本国内の「性別・年代別喫煙率の推移」ですが、全体的に喫煙率が大幅に下落傾向であることがわかると思います。

出典:JT全国喫煙者率調査より

2018年の成人男性の平均喫煙率は27.8%で、ピーク時(昭和41年)の 83.7%と比較すると、約50年間で56ポイント減少したことになります。

喫煙率は減少し続けていて、現在約1,500~1,600万人程度が喫煙していると推定されています。自分の職場でも、20年前に比べて、たばこを吸う人がだいぶ減ってきていますね。

この減少傾向というのは変わらないのではないでしょうか。

また、世界保健機構(WHO)は世界の喫煙率と今後の見込みについて調査を行っており、その結果以下となっています。

出典:WHO報告書より

世界全体の喫煙率は、2000年26.9%から2015年20.2%まで減少していますね。

2025年には17.3%まで減ることを予想していますから、喫煙率の低下は世界的な傾向と言えるのでしょう。

理由2:ESG投資の浸透(外国人投資家離れ)

2016年を境に株価の下落傾向が続いているJTですが、株主の構成に占める外国人の比率が下がっていることも要因と考えられます。

以下がJTの資料から、株主の構成比を抜粋したもの。

個人 法人 外国 金融
2014年 13.7 1.3 33.6 15.9
2015年 14 0.6 32.1 17.2
2016年 14.8 0.8 30.9 17.3
2017年 16.3 1.0 27.4 18.6
2018年 22.4 1.1 20.0 19.9

出典:JT有価証券報告書より

外国人の比率が、2014年の33.6%から2018年20.0%まで落ちてますね。

外国人投資家が海外の機関投資家がJT株を売りまくっているのがわかります。

この要因としては、外国人投資家や海外機関投資家にESG投資が浸透していることがあげられます。

ESG投資とは(GPIFより)

ESGは環境(Environment)、社会(Social)、ガバナンス(Governance)の英語の頭文字を合わせた言葉です。投資するために企業の価値を測る材料として、これまではキャッシュフローや利益率などの定量的な財務情報が主に使われてきました。それに加え、非財務情報であるESG要素を考慮する投資を「ESG投資」といいます。

なので、たばこ、アルコールやカジノなどの企業には資金が流れづらくなっているということですね。

この流れは今後も続くでしょうから、業績にかかわらずJTなどのたばこ企業の株は売られやすくなっているということです。

理由3:加熱式たばこ市場への出遅れ

煙がほとんど出ない加熱式たばこの分野では、フィリップモリスのアイコスが大きく先行していて、JTは大きく出遅れています。

野村証券の推計によると、日本国内の加熱式たばこのシェア(2018年)は

加熱式たばこのシェア(2018年)
  • フィリップモリス(アイコス):71.8%、
  • ブリティッシュ・アメリカン・タバコ(グロー):20.1%、
  • JT(プルーム・テック):8.1%

と推計されています。

JTはプルーム・テックで追い上げていますが、シェアは10%にも満たない状況です。今後、世界的にも加熱式たばこや電子たばこなどのシェアは伸びていくと考えられているので、この出遅れは手痛いですね。

株価の下落が続くJT。最近の業績は?

株価の下落が続いているJT。他方、2018年の業績は増益となっているんですね。ここでは、

  1. JTの業績推移
  2. 国内たばこ事業の状況
  3. 海外たばこ事業の状況

についてクイックに見ていきますね。

JTの業績推移

JTの業績推移は以下のとおりとなっています。2019年も営業利益が13.4%も減少するなどパッとしないですね

売上高は2015年からほぼ横ばい圏ですが、営業利益が年々減少しているのが気になるところです。実は、プルームテックなどの加熱式たばこの売り上げや紙タバコの国内需要が減少していることもあり、利益が伸びない状況です。

ちなみに2020年1〜3月期の決算は、前期に計上した医薬品事業の一時金収入がなくなったため純利益は29%減となりましたが売上高は海外事業が好調だったこともあり、プラス3%と伸びています。

やはりたばこ事業に関しては新型コロナウイルス拡大による影響は限定的といえそうです。

参考記事:JT、純利益29%減1~3月医薬品事業の一時金収入なくなる(日経新聞)

2019年の国内たばこ事業

JTの国内事業は特に厳しいですね。調整後営業利益が-10%以上低下しています。

2019年10月からたばこ1箱あたり10円値上げしたこともあり利益上昇要因となりましたが、紙たばこの販売数量と加熱式たばこのデバイス販売台数が減少したこともあり、苦しいですね。

国内の紙たばこ市場は頭打ちなので、JTの国内業績は、プルームテックの売上げがどこまで伸びるかですね。

2019年の海外たばこ事業

国内たばこ事業と比較すると海外はわりと堅調ですね。調整後の営業利益がマイナスとなっていますのは為替の影響を大きく受けたからで、たばこ価格の値上げにより売上高は上昇しています。

 

株価下落によりJT株は買いか?今後の見通しは?

JTの株価は下落を続けており2015年の最高値4,800円から半値以上まで下げていることもあり、ちょっと売られすぎですね。非常に買いやすい水準になっています。

たばこ株は不人気銘柄の代表ですので、値上がり益を狙うのではなく配当目的で長期保有を前提とするのであれば、”買い”を検討しても良い水準と思います。

  1. 世界的にたばこ離れが進んでいる中、業績が堅調
  2. たばこ売上げ減を値上げで補填
  3. 高配当利回りと着実な増配
  4. 新型コロナウイルス拡大の影響警備

上記のとおり。以下、クイックに見ていきますね。

理由①:海外事業の業績が堅調

日本国内も含め先進国を中心にたばこ離れは急激に進んでいる中、海外事業が堅調なJTの業績は意外と落ちていないですね。

確かに日本の人口は今後増えていきませんが、

・世界的には人口が増えることは確実

・発展途上国の経済発展で貧困層⇒中間層が増える

ということ。2019年は為替差益の影響で海外事業の業績が落ちましたが、売り上げ自体は伸びています。

JTの事業の6割近くは海外の売り上げが占めていることもあり、今後の業績は底堅いと予想します。

理由②:高配当利回りと着実な増配

これは細かい説明不要ですね。現時点で配当利回りは7%超え。

配当実績ですが15年連続で増配していましたが、今期は前年同の1株あたり154円となりました。しかし減配はしていないこともあり、安定高配当株として魅力的な銘柄といえるでしょう。

JTの株主優待も含めたトータル利回りはスゴイ水準まで上がってきました。詳細は以下の記事にまとめています。

JTの配当金と株主優待の総合利回りがスゴイ!配当金推移も驚異的!  JT(日本たばこ産業)は、配当と株主優待を含めた総合利回りがものすごく良いですよね。配当金はいつ支払われますか?配当金の推移も知りたいで...

理由③:たばこ売上げ減を値上げで補填

以下は、JTの主力銘柄メビウス(旧マイルドセブン)1箱の価格推移ですが、ここ10年程度で1.5倍以上値上がりしているのがわかります。

価格
2006年7月 300円
2010年10月 410円
2014年4月 430円
2016年4月 440円
2018年10月 480円

増税の影響で値上がりしていると思っていましたが、下図のとおりたばこ税の値上り幅はここ10年で40円程度。増税分以上に値上げしているのがわかりますね。

たばこは依存性の高い商品ですから、一度吸い始めると止めるのが難しくて、一生吸い続ける人も珍しくありません。

なので、商品価格を値上げしても大幅に収益が下がらないというのがたばこ会社の強みと言えます。

理由④:新型コロナウイルス拡大の影響軽微

新型コロナ拡大で外出制限があったとしても、たばこの需要は落ちないですよね。

2020年1〜3月期の決算では売上高が伸びており、新型コロナウイルスの影響が限定的であることが確認されました。

外出制限に伴う経済活動停滞により多くの企業の業績が落ちこむなか、相対的にたばこ事業を行うJTの魅力は高まるものと考えます。

なお、少額からリスク控えめに投資したいなら、SBIネオモバイル証券で1株から少額投資を活用すると良いです。ネオモバなら格安な月額定額手数料で1株から何度でも売買できるからです。

日本株の通常の取引単位は100株(1単元)。例えば、JTの株価は1981円(2020/5/1終値)で、通常は約20万円くらいの資金が必要。失敗したときのダメージが大きくなるし、そもそも投資資金が豊富でないと買えないんですよね。

ネオモバは2019年4月に営業開始した新興ネット証券。しかし、ネット証券最大手のSBI証券とCCC(TSUTAYAやTポイントの運営会社)の合弁会社で、信頼感もあり安心して利用することができます。

詳細は以下の記事にまとめています。

ネオモバは儲かる?評判と実際に1株投資して感じたメリットとは?Tポイント投資で評判のネオモバを使って投資すると儲かるんですか?実際にネオモバで投資すると、どんなイメージなのかメリットを具体的に知りた...

 

「JTの株価が下落する理由と今後の見通し」まとめ

今回は、JTの株価が下落し続けているということで、その理由と最近の業績、JT株は買いかについて述べてきました。たばこ企業に逆風が吹いているのは間違いないですが、業績はそれほど大きくは落ち込んでいないことを考えると、少し売られ過ぎの感があります。

今のところJTの海外展開はうまくいっていると言えますので、世界的な人口増や途上国の中間層の厚みが増してくれば、喫煙率が落ちたとしても、喫煙者数そのものはそれほど影響をうけないと考えます。

まだ紙たばこの売上げがメインですが、今後、途上国も含めて健康影響の少ない加熱式たばこや電子タバコの売上げ比率が伸びていくのは間違いありません。

JTの将来的な業績は、世界展開がうまくいくか、加熱式たばこや電子たばこなどの新製品の売り上げを伸ばせるかにかかっていると言えるでしょう。

最後に賢く株式投資や資産運用するための方法について紹介しますので、ぜひ参考にしていただければと思います。

世界中の株、債券、金などに手間をかけずに自動運用

なおJTのような優良株への個別株投資もおもしろいですが、株式、債券や金、不動産などに資産を分散して長期運用するというのがリスクをおさえた合理的な投資手法です。

自分でポートフォリオを作って運用するのも良いですが、ウェルスナビを活用して長期投資すれば、ロボアドバイザーが世界中の市場の株、債券、金、不動産などの米国ETFに分散投資してくれます。

自分も活用していますが、口座にお金を振り込めば基本的に何もしなくても良いんですよね。忙しい会社員や主婦の方に特におすすめです。詳しくは以下の記事にまとめています。

ウェルスナビは儲かるの?評判・口コミ・実際にやってみた結果とは?WealthNavi(ウェルスナビ)ってどうなんですかね。資産運用ならウェルスナビが良いって聞いたけど、、、果たして本当に儲かるの? ...

相場を気にしないで年率1.5〜6%で運用する方法

コロナショックの大暴落をみてしまうと株式投資はちょっと…。相場を気にしないで運用したい方はソーシャルレンディングのFundsが最適な選択肢かもしれません。

Fundsの最大の価値は株やFXのように相場の値動きを常にチェックして売買を行う必要がないこと。日々の相場の動きを気にする必要がありません。

その特徴は、集めた資金を上場している大企業などに貸し付けること。なので比較的低いリスクの案件に投資できるので、手堅い運用ができます。

年利回りは1.5%〜6%(税引き前)が中心。銀行に預金するよりもかなり高い利回りを期待できますね。

詳しくは以下の記事にまとめていますのでぜひご覧ください。

Funds(ファンズ)の評判・口コミは?デメリットも正直に解説!Funds(ファンズ)で投資するってどうかな?評判やデメリットについて知りたいです。数ある金融商品の中でFundsを選ぶメリットはなんで...

関連記事・おすすめ記事

最後まで記事をご覧いただきありがとうございました。

この記事を読まれた方は、以下に紹介する記事もご覧になっています。読まれている方に少しでも役に立つよう、資産運用に関連するトピックについて解説しています。ぜひご覧ください。

新型コロナウイルスの拡大によって日本経済に大きな打撃が走っています。外出自粛やインバウンド消失など、この状況下でおすすめの銘柄についてまとめました

コロナショックで日本株が大暴落…この状況での買い銘柄とは?コロナショックで日本株が暴落していますが、この状況で買い銘柄を知りたいです。 どの業種がおすすめですか? このような疑問を持...

 

株初心者でも安心して投資できる業績鉄板の日本株銘柄をまとめました。新型コロナ拡大でも業績に期待できる銘柄です。是非ご覧ください。

株初心者におすすめの銘柄5選は?2020年コロナ拡大でも期待大!株初心者ですが、おすすめの銘柄を知りたいです。コロナショックで株価が大幅に下落していることもあり、このタイミングで投資したいと考えていま...

 

好業績、高配当銘柄の代表格である商社株の特徴をまとめました。景気敏感株で配当が安定しないという印象でしたが、安定配当を志向している会社が多く長期投資に向いているといえますね。

商社株が長期保有に向く理由とは?特徴やおすすめの銘柄3選を解説!商社株への投資を考えてますが、長期保有に向くのでしょうか?特徴や商社株でおすすめの銘柄についても知りたいです。 このような疑問を持...

 

こちらも、業績が安定していて高配当の銘柄の代表格である銀行株の特徴をまとめました。マイナス金利の影響で経営環境は厳しいものがありますが、株価の見通しはどのようなものでしょうか?

(2019〜2020年)銀行株の今後の見通しは?高配当は続くのか。銀行株への投資を考えてますが、長期保有に向くのでしょうか?今後の見通しや銀行株でおすすめの銘柄についても知りたいです。 このような...

 

アップル、マイクロソフト、アマゾン、グーグル、コカ・コーラ、マクドナルドなど米国には高い成長を続けるグローバル企業が多いです。米国株への投資を考えている方に向けて、買い方をまとめました。

米国株(アメリカ株)買い方や購入の方法は?証券会社の手数料も比較!米国株(アメリカ株)への投資を始めたいのですが、買い方や購入方法を知りたいです。 マネックス証券やSBI証券などの証券会社が米国株...

 

格安な定額手数料で取引し放題!1株からの少額投資ならネオモバ!

日本株の通常の取引単位は100株(1単元)。例えば、NTTドコモの株価は3294円(2020/4/23終値)で、通常は約33万円くらいの資金が必要。失敗したときのダメージが大きくなるし、そもそも投資資金が豊富でないと買えません。

少額からリスク控えめに投資したいなら、SBIネオモバイル証券で1株から少額投資を活用すると良いです。ネオモバなら格安な月額定額手数料で1株から何度でも売買できるからです。

ネオモバは2019年4月に営業開始した新興ネット証券。しかし、ネット証券最大手のSBI証券とCCC(TSUTAYAやTポイントの運営会社)の合弁会社で、信頼感もあり安心して利用することができます。

詳細は以下をクリック!

SBIネオモバイル証券

詳細ページ公式ページ

申し込みは公式ページから5分程度で完了、無料登録することができます。