米国ETF

VUGの魅力とは?GAFAMなどのグロース株に丸ごと投資できる!

米国ETF VUGの株価やチャートの特徴について知りたいです。

高配当ETFやS&P500に連動するETFもありますが、これらに比べてVUGに投資するメリットは何ですか?配当実績についても知りたいです。

今回は、このような疑問を持つ方にむけて記事を書いています。

今回の記事の内容
  • VUG:株価の基本データと特徴は?
  • VUGの構成銘柄とセクター比率は?
  • VUGのチャートとリターンは?
  • VUGの配当実績と増配率は?

投資歴20年のかいまるです。米国株を中心に1000万円以上の資産を運用しています。最近では、マイクロソフトやアップルなどのグロース銘柄にも投資しています。

今回はS&P500よりも大きな値上がり益を期待できるグロース株への連動を目指したETF VUGの株価や特徴について取り上げます。

なお米国株や米国ETFに関連するお得な情報や役に立つ情報のページについて、以下にまとめました。よろしければご覧いただければと思います。

グロースETF VUG:株価の基本データは?

VUGはバンガード・米国グロースETFという名称で、米国市場の大型グロース株で構成されるインデックス(CRSP US Large Cap Growth Index)への連動することをめざすETFです。

グーグル、アップル、フェイスブック、アマゾンそしてマイクロソフトのいわゆるGAFAMなどが構成銘柄に入っており、成長性の高い銘柄で構成されています。

日本ではあまり知名度の高くないETFかもですが、総資産総額が5兆円もある投資家からの人気も高いETFですね。

今回は、そんなアメリカ株式市場の大型グロース株全体に投資することができる米国ETF VUGについて分析していきます。

早速ですが、VUGの株価データを見ていきましょう。

VUGの株価基本データ
  • インデックス:CRSP US Large Cap Growth Index
  • 信 託 経 費 率 :  0.04%
  • 配 当 利 回 り :  0.90%
  • 配 当 実 績   :  1.70ドル
  • 組 入 銘 柄 数 :  280銘柄
  • 設 定 日:2004年1月26日

VUGの経費率は0.04%となっていて、2019年に0.05%から引き下げられました。かなり低い水準ですね。

配当利回りは1%を切っていて、やはり低いですね。グロース銘柄にはアマゾンやグーグル(アルファベット)のように無配のところも多いこともあり、配当金が低いのはしょうがないですね。

ちなみにグロース銘柄の選定にあたって、インデックスを作成しているCRSPはPER(株価収益率)やROE(株価純資産倍率)、EPS(1株あたりの利益)の成長率、ROA(株主資本利益率)といった指標を参考にしているとのこと。

VUGの構成銘柄とセクター比率は?

VUGの構成銘柄

構成銘柄上位10社(2020年4月30日現在)は以下の表のとおりです。

Top1〜6位をGAFAMが占めていますね。この5社だけで構成銘柄の35%を占めています。

意外なところでいうと、ホームセンターをチェーン展開しているホームデポが上位に入っていることですかね。大きく成長しているというイメージはないですが、グロース株扱いですね。

この構成銘柄を見ると、VUGは今後も高い成長が期待できるGAFAM、Visa、MasterCardに集中して投資できるETFということで利用価値は高いと思います。

VUGのセクター比率

続いてセクター比率です。

やはり米国成長の代名詞ともなっているテクノロジーの比率がかなり高くなっていますね。

厳密なセクター区分では、アルファベット(グーグル)とフェイスブックはコミュニケーションセクターに分類されますが、おそらくテクノロジーに集約されているのだと思います。

VUGのチャートとリターンは?

VUGの長期チャート

以下はVUGの設定来チャートです。比較のためにS&P500と米国の大型バリュー株に連動するVTVも載せています。

緑:VUG 赤:VTV 青:S&P500 

米国市場全体がリーマンショック後好調でしたから、VUGも長期的に右肩上がりのチャートとなっています。

やはり長期で見るとバリュー株よりもグロース株VUGへの投資の方がパフォーマンスが良いですね。

グロース株というと株価の値動きが激しく、経済危機などが起こった際には真っ先に売却されるというイメージがありますが、リーマンショックの際の値動きを見ると、S&P500やVTVとほとんど変わらないですね。

むしろ金融株の構成比率の大きいVTVが大きく下落しているのがわかります。なのでバリュー株に連動するVTVでもボラティリティ(=値動きの激しさ)はグロース株とあまりかわらないんですね。

ただ直近2年チャートを見ると、若干ですがグロースETFのVUGの値動きの方が大きくなっているのがわかります。

緑:VUG 赤:VTV 青:S&P500

2018年末の下落はアップルショック、2020年の大暴落はコロナショックによるものですが、下落幅でいくとVUGの方が大きくなっています。

しかしバリューETFのVTVに比べると、コロナショック後におけるVUGの株価回復が早いですね。これは、新型コロナ拡大による外出制限があっても、IT需要には影響がないことからグロース銘柄の方が業績も株価も堅調だからです。

株価のパフォーマンスの点で見ると、VUGは魅力的であるといえそうです。

このように、個別銘柄やETFの特徴をしっかりと把握して投資することで、投資の勝率を高めることにつながります。おすすめの米国株投資本については、以下の記事にまとめていますのでぜひご覧下さい。

米国株の投資本でおすすめの10冊は?150冊から厳選!初心者向けも米国株に関する投資本でおすすめなのは何ですか?全部購入すると結構お金がかかりますよね。何かお得な方法はありますか? このような疑問...

VUGのリターン

VUGの配当金も含めたトータルリターン(2020年4月30日現在)は以下のとおりです。

直近10年のリターンだと14%近くと申し分ないリターンといえますね。

リーマンショックをはさんだ設定来リターンでも9%を超えているので十分な結果と言えるでしょう。ちなみに先ほどのチャートは配当金が除かれたものとなっていますが、一般的にはバリュー株の方が配当利回りがグロース株よりも高いです。

なので、配当金を再投資すればグロース株よりもリターンが高くなるのではないか?という疑問を持つ方もおられると思います。

ということで暴落前のデータでVTVとVUGを配当金再投資した場合で2007年10月からバックテストを行ってみた結果が以下の図です。

約12年でVTVが2倍、VUGがなんと3倍ですから大きな差になっています。なので、配当金を再投資したとしてもグロース株のリターンが圧倒しているということですね。

なお現在はグロース優勢の状況が続いていますが、バリュー株も配当利回りが高く割安で放置されている銘柄なので、投資先としては面白いですね。バリューETF VTVについて、以下の記事に特徴をまとめています。

VTVの株価は魅力的?バフェット推奨のバリュー株投資はおすすめ?米国ETF VTVの株価やチャートの特徴について知りたいです。 高配当ETFやS&P500に連動するETFもありますが、こ...

VUGのこれまでの配当実績と増配率は?

VUGは他の多くのETFと同様に四半期に一度配当金が分配されます。配当実績は以下のとおり。

配当金はリーマンショックのあった2008年ごろまでは、落ち込んでいるものの、その後は綺麗な増配傾向です。

直近5年間の平均増配率は5.73%とまずまずの数字となっています。ただし、分配金利回りは1%程度なので、インカムを期待して投資するタイプのETFではないですね。

なお、ETFも配当に期待できますが、米国株に投資する魅力は高配当で長期間連続増配している個別銘柄が多いこと。中には7%を超える銘柄や60年以上連続増配している銘柄も。おすすめの銘柄について以下の記事にまとめています。

米国株は高配当・連続増配株への投資で勝つ!おすすめ銘柄とは?米国株は、高配当で連続増配している銘柄が多いと聞いていますが、これらの銘柄に投資するメリットは何ですか? 高配当の連続増配株でおす...

VUGへの投資:ちょっとだけ考察

投資先としてVUGを考えた時、バリュー株やS&P500と比べてもパフォーマンスが良いことがわかります。これは、GAFAMなどのIT銘柄の株価がリーマンショック後に絶好調だったことによるもの。

ただし、超長期でグロース株とバリュー株のどちらがパフォーマンスが良かったか見ると、わりとバリュー株が検討していることがわかります。

出典:野村アセットマネジメントHP

投資時期によってグロース株が良かったり、バリュー株が良かったりと交互に繰り返していいます。なので結局はS&P500の値動きに収れんしてくるのだから、長期投資の場合はバリュー株やグロース株というくくりで投資するのは意味があるのかという見方もできます。

ただ、今回のコロナショックによる株価大暴落の際も、外出制限の影響を受けないIT銘柄やアマゾンなどの銘柄の株価が堅調なんですよね。既にITが社会インフラ化していることもあり、しばらくはグロース銘柄が優位な状況は続きそう。

なので、S&P500よりも高い値上がり益を期待したいということであれば、成長性の高いVUGへの投資というのは面白いかと考えます。

なお、米国株や米国ETFにお得に投資をしたい方には”取引手数料ゼロ”のDMM株が圧倒的におすすめです。

米国ETFは、大手のネット証券であるSBI証券、楽天証券、マネックス証券で購入することが可能ですが、手数料は3社横並びで約定代金の0.45%(最大20ドル)。日本株の売買手数料よりも、かなり割高な状態なんですよね。

その点、DMM株なら取引手数料ゼロで米国株を購入することが可能です。詳しくは以下の記事にまとめています。最近人気が高まっているみたいですよ。

DMM株で米国株の取引手数料0円! 評判とメリット・デメリットとは?DMM株が米国株の取引手数料を無料化すると発表! これまで日本株に比べて割高とのイメージのあった米国株取引手数料。この無料化は日本...

「米国グロースETF VUGの株価」まとめ

今回は、米国グロースETF VUGの株価とチャートということで、その特徴と株価の推移(チャート)、配当金の推移等について見てきました。

VUGの特徴をまとめると、

・米国市場の大型グロース株への投資

・過去12年間で3倍のパフォーマンス

・配当利回り1%程度で増配傾向

ということですね。

長期的にもS&P500より大きな値上がり益を期待できる優秀なETFであることには間違いありません。

新型コロナ拡大による外出制限で、多くの企業業績が悪化する中、GAFAMの業績は堅調そのもので、むしろ追い風が吹いていると言っても過言ではありません。

アマゾンのEコマースやマイクロソフトのクラウド、Visaの金融決済システムなど、もはや日常生活をおくる上で不可欠な技術になっているということです。

しばらくは、GAFAMを中心にグロース株優位の状況が長く続きそうです。

最後に米国ETFや米国株に賢く投資するための方法について紹介しますので、ぜひ参考にしていただければと思います。

米国株に関する情報を効率よく収集するには?

日本ではアクセスしずらい米国株の情報を日本語で配信するモトリーフールメールアドレスを登録するだけで鮮度の高い情報が無料で送られてきます

自分も登録してみたところ、おなじみのバフェット銘柄に関する内容や、業績良好な医薬品株・機械株に関する内容などがタイムリーに送られてきます。モトリーフールの情報はエコノミスト誌のような海外メディアからも高い評価を受けているんですよね。

米国株の情報はどうしても乏しくなりがちなので、この機会に登録してみるとよいです。登録は無料です。

>> モトリーフール無料メルマガ登録はコチラ

なお、モトリーフールの特徴や無料メルマガのメリットについては以下の記事にまとめています。

モトリーフールが米国株の情報収集におすすめな理由?評判・口コミも紹介。米国株への投資を始めたけど、信頼できる情報をどこから集めたら良いですか?米国株の情報提供で有名なモトリーフールの評判を知りたいです。 ...

米国ETFに手間をかけずに自動運用する方法とは?

株式への資産運用が最もパフォーマンスが良いことは、過去のデータから明らかですが、コロナショックのように短期間で大暴落することも。

やはり資産運用の基本は米国株、日本株を保有しつつ、債券や金、不動産などに資産を分散して長期運用するというのが合理的な手法です。

自分でポートフォリオを作って運用するのも良いですが、WealthNavi(ウェルスナビ)を活用して長期投資すれば、ロボアドバイザーが世界中の市場の株、債券、金、不動産などの米国ETFに分散投資してくれます。

自分も活用していますが、口座にお金を振り込めば基本的に何もしなくても良いんですよね。特に投資初心者の方で、かつロボバイザーも初めて利用するような方には、WealthNaviが圧倒的におすすめです。

詳しくは以下の記事にまとめています。

ウェルスナビは儲かるの?評判・口コミ・実際にやってみた結果とは?WealthNavi(ウェルスナビ)ってどうなんですかね。資産運用ならウェルスナビが良いって聞いたけど、、、果たして本当に儲かるの? ...

関連記事・おすすめ記事

最後まで記事をご覧いただきありがとうございました。

この記事を読まれた方は、以下に紹介する記事もご覧になっています。皆さんに少しでも役に立つよう、米国株や米国ETFに関連するトピックについて解説しています。ぜひご覧ください。

成長著しいITセクターに連動するETF XLKの銘柄分析です。構成銘柄数が80程度なので、よりアップルやマイクロソフト、Visaあたりに集中投資したい時におすすめできるETFです。

XLKの株価は高成長のITセクターに連動!新型コロナも影響軽微?米国情報技術セクターETF XLKの株価やチャートの特徴について知りたいです。 高配当ETFやS&P500に連動するETF...

 

圧倒的なブランド力を持つアップルの銘柄分析です。新型コロナ拡大で1〜3月期の売り上げ未達となるなど業績への影響が懸念されるところ。今後の株価の見通しについて分析です。

アップルの今後の株価を予想!コロナ拡大でも上昇で推移する理由は?米国株のアップル(AAPL)への投資を考えています。Appleの株価の見通しや予想を知りたいです。新型コロナ拡大の影響で株価は下落したよ...

 

減配や業績悪化などの個別株リスクを回避したい場合は、高配当の米国株ETFに投資するという方法もあります。詳しくは以下の記事にまとめています。

米国の高配当ETFのおすすめランキング4選とは?デメリットも解説!米国の高配当ETFへの投資はどうですかね?メリットやデメリット、おすすめの高配当ETFランキングについても知りたいです。 このよう...

 

米国ETFの中で自分がおすすめするETFをまとめました。株価指数に連動するETFは、鉄板商品ですが長期的に見て大きなリターンが期待できます。

米国ETFでおすすめは?人気ETFを徹底比較(2020年最新)米国ETFの中でおすすめのものを知りたいです。リターンや分配金利回りなどを比較すると、どのETFが良いんですかね? このような疑問...

 

米国ETFの中でおすすめのセクターETFについてまとめました。S&P500に比べてパフォーマンスの良いセクターもあるんですね。必見です。

【米国株】セクターETFに投資するメリットは?おすすめ3選を解説!米国株のセクターETFの中でおすすめのものを知りたいです。セクター別に色々なETFが出ていますが、どのETFのパフォーマンスが良いのでし...

 

米国株を取引する際のおすすめ証券会社を比較してみました。横並びだった米国の売買手数料にも変化が出てきています。おすすめの証券会社はどこなのか解説しています。

米国株の手数料を徹底比較!おすすめの証券会社はどこ?(2020年)最近、米国株の手数料の引き下げが行われているみたいだけど、これらを比較して見て、どこがオススメですか? できるだけ手数料の安いとこ...
ウェルスナビの自動運用でほったらかし投資が可能!
WealthNavi

ウェルスナビは「長期・積立・分散」の資産運用を全自動でお任せできる資産運用サービス。手数料は1%のみで、国際分散投資を自動運用します。

▼ロボアドバイザーの自動運用で、時間も手間もかかりません
投資の学習、投資商品の選定、資産配分、運用、リバランス、全てロボアドバイザーにおまかせ。

▼安全資産の債券や金にも投資
株が大幅に暴落した際には、安全資産の債券や金が上昇するのが一般的。リスク許容度に応じてより安全な運用も可能です。

▼国際分散投資を自動運用
約50カ国11,000銘柄以上に国際分散投資を行うことで、世界経済の成長を資産に取り入れます。

▼手数料は預かり資産の1%のみの中立な資産運用
手数料は預かり資産の1%のみ。

▼世界水準の金融アルゴリズムでポートフォリオを構築
ノーベル賞受賞の理論をベースとした世界の富裕層や機関投資家が利用する資産運用アルゴリズムで運用。

詳細は以下をクリック!

詳細ページ公式ページ