日本株

どこまで上がる?オリエンタルランドの株価がコロナでも上昇する理由は?

オリエンタルランド(4661)の株価はコロナ拡大も上昇していると聞いてますが、株価の推移(チャート)はどうなっているんですか?

どこまで上がるか予想を知りたいです。株は買い時ですか?

今回は、このような疑問を持つ方に向けて記事を書いています。

今回の記事の内容
  • オリエンタルランド(4661)の株価と推移(チャート)は?
  • どこまで上がる?オリエンタルランドの株価が上昇する要因とは?
  • オリエンタルランドの業績は?
  • オリエンタルランドの株は買い時?

投資歴20年のかいまるです。日本株を中心に1千万円以上の資産を運用しています。

自分は、オリエンタルランドの株価と推移(チャート)に関して、以下のツイートをしています。

オリエンタルランドはディズニーリゾートの運営会社で、株価は直近5年で3倍まで爆上げ中。
要因は
・ディズニーブランド
・客足・客単価伸び
・エリア拡大・新アトラクション
という所。米国DISのフランチャイジーで経営基盤弱いとの見方もありますが、株主優待も合わせれば魅力的な銘柄と言えます。

上記を深掘りします。

新型コロナウイルス拡大による外国人旅行者の渡航制限や東京ディズニーリゾートが臨時休園で業績悪化に追い込まれているオリエンタルランド。

しかし豊富なキャッシュとブランド力の高さ、2020年の新エリアオープンなどの期待もありコロナショックによる急落を乗り越えて、株価は上昇傾向です。

今回は、東京ディズニーリゾートを運営するオリエンタルランドの株価はどこまで上がるのか、株は買い時かについて分析です。

また、資産運用に関連するお得な情報や役に立つ情報のページについて、以下にまとめました。よろしければご覧いただければと思います。

オリエンタルランドは何の会社なの?

オリエンタルランドは、米国のウォルト・ディズニー(DIS)とフランチャイズ契約により東京ディズニーランド、東京ディズニーシーを中心とする東京ディズニーリゾートを運営する事業持株会社ですね。京成電鉄が株式の20%以上を保有する筆頭株主です。

ポイントは米国DISとの”フランチャイズ契約”ということ。オリエンタルランドは、ディズニーブランドを利用するライセンス料として、米国DISに対し年間売上高から7%程度(※非公表)を支払っています。

ちょっと話がそれますが、コカ・コーラやマクドナルドも日本の会社が米国の本社とフランチャイズ契約を行い日本での製造・販売を行っています。この場合も多額のライセンス料を米国本社に支払っているんですね。

オリエンタルランドの株価は?

オリエンタルランド(4661)の株価データ(2019年6月10日現在)は以下のとおりです。

新型コロナウイルス拡大の影響で東京ディズニーリゾートが休園に追い込まれたため、今期業績や配当は未定。

これまで、配当利回りは0.5%をきる水準でしたので、あまり高くないですね。集客やサービス向上のため新しいアトラクションなど巨額投資が必要になることや米国DISに多額のライセンス料を払う必要があることから、配当金は少なめです。

マクドナルドもそうですが、フランチャイズ経営をしている会社は、優待は人気がある一方で、配当や自社株買いなどの株主還元には消極的です。

株価が割高か割安かを示す指標であるPERの過去3年の推移は以下のとおりとなっています。

東京ディズニーリゾートのパスポートを株主優待でもらえるのと、成長期待で個人投資家に人気があることもあり、PERの平均が54倍と非常に高い水準にありますね。

PERの目安は13~15倍ぐらいですから、売上げに比べて株価が割高であるということ。本当に株価はどこまで上がるんですかね。

オリエンタルランドの株価の推移(チャート)は?どこまで上がる?

次に、オリエンタルランドの中長期の株価推移(10年チャート)を見ていきますね。

以下が、過去10年の株価推移ですが、堅調に株価が上昇しているのが分かります。10年で株価10倍以上と最高値を更新し続けていて、どこまで上がるか予想がつかないですね。

チャート画像

株価の推移としては、2015年3月に株式1株を4株に分割を行った際に利益確定の売りが入ったことや入場者数が停滞したことなどから、

・2015年3月終値:9,095円

・2017年3月終値:6,383円

と株価が大幅下落。

2年間で3,000円近く下落していますから、株価的にはこの時期は停滞期といえますね。

その後、2016年4~12月期の業績が良かったことが確認されたことから株価は上昇。2017年11月に初めて10,000円を超えて順調に株価は上昇。

しかし2020年に入って新型コロナウイルス拡大に伴う、外国人旅行者の渡航制限や東京ディズニーリゾートの休園により株価は急落しました。

チャート画像

ただ、コロナ収束によるディズニーランドの再開期待などもあり6月上旬には急落前の水準に戻っていますね。再び最高値を更新して上昇しそうな勢いです。

このように株は短期的に大きく下落するのでリスクが高い、コロナショックみたいな株価暴落が怖い…という方もいると思います。そういう方は1株からの少額投資はどうでしょうか?

少額投資でリスクを低く運用を行うことが可能です。詳しくは以下の記事にまとめています。

単元未満株のメリット・デメリットは?おすすめの証券会社も解説!単元未満株への少額投資なら気軽に株式投資を始められそうですが、どんな時に活用すれば良いですかね?評判やメリット、デメリットについて知りた...

オリエンタルランドの業績は?

続いてオリエンタルランドの売上高、利益の推移を見ていきましょう。

2019年までは順調に売上高も利益も順調に伸びているのがわかります。入園者の増加とともに業績も上昇したということでしょう。

しかし新型コロナウイルス拡大による外国旅行者の渡航制限、東京ディズニーリゾートの休園もあり2020年3月期は減収減益となっていますね。

ちなみに、この業績推移はマネックス証券の銘柄スカウターというツールを用いて確認しています。2007年からの業績を確認できるなど機能満載で便利です。詳しくは以下の記事をご覧ください。

マネックスの銘柄スカウターの評判は?米国株も分析可能で本当に無料?マネックス証券の銘柄スカウターの評判と特徴について知りたいです。銘柄分析を簡単にできるツールが欲しいんですよね。 米国株の分析にも...

オリエンタルランドの株価が上昇している要因は?

オリエンタルランドの株価は、長期的にも右肩上がりで上昇し続けてますが

  1. 東京ディズニーリゾートの入園者数増
  2. 東京ディズニーリゾートの客単価増
  3. 新アトラクションへの期待

ということ。以下クイックに見ていきますね。

株価の上昇要因①:東京ディズニーリゾート入園者数増

オリエンタルランドの強みは、開園から35年以上経過するにも関わらず、東京ディズニーリゾートの入園者数が落ちないことですね。

以下が2008年~2018年の入園者数のデータですが、増加傾向であることが見て取れます。

2013年に入園者3,000万人を突破してから、この水準をキープしていますね。最近では子供や若い世代だけでなく、

・アジア諸国などの外国人来園者の増

・40歳以上の来園比率の増

という傾向があります。

少子高齢化の日本において将来的にも来園者の増が見込まれることが、株価上昇の要因となっていますね。

株価の上昇要因②:東京ディズニーリゾートの客単価増

デフレ不況下にあると言われる日本で、入場料などの客単価の引き上げに成功していることが株価上昇の要因の一つですね。

入場料を例にとると、2006年に5,500円から5,800円に値上げしてから1dayパスの料金は、

値上げした年 1dayパスの料金
2006年 5,800円
2011年 6,200円
2014年 6,400円
2015年 6,900円
2016年 7,400円
2019年 7,500円
2020年 8,200円

と順調に値上げしています。

東京ディズニーリゾートの入場者数は3,000万人を超えていますから、100円値上げしただけで30億円の増収です。

さらに入場料だけではなく飲食やグッズの価格上昇にも成功しています。以下が入園者1人あたりの売上高ですが、順調に伸び続けているんですね。

外食産業や小売りセクターとは対照的ですね。彼らは人件費や材料費のコスト増を価格に転嫁できず苦しんでおり、株価も下落傾向が続いています。

価格を上げても客足が落ちない強固なブランド力。これこそが、オリエンタルランドの強さの源泉ということですね。

株価の上昇要因③:新しいアトラクションやイベントへの期待

2007年11月にオリエンタルランドの株価が10,000円の大台を突破しました。これは一部メディアで「東京ディズニーリゾートが、3000億円超の設備投資でエリアを3割拡張する」と報じたことがきっかけ。

東京ディズニーランドの前に広がる巨大な駐車場をテーマパークとして拡大する計画で、投資家の期待が一気に高まりました。

今後、東京ディズニーリゾートでは、以下のアトラクションのオープンや記念イベントが予定されています。

新アトラクションやイベント目白押し

〇2020年:エリアの拡張

  • 美女と野獣エリアをファンタジーランドに
  • ライブエンターテイメントシアターをトゥモローランドそばの新エリアに
  • ベイマックスの新アトラクショントゥモローランドのそばの新エリアに

〇2021年:ディズニーシー開園20周年

〇2022年:ディズニーシー新アトラクション

  • アナと雪の女王
  • ピーターパン
  • ラプンツェル

〇2023年:ディズニーランド開園40周年

ディズニーのブランド力だけではなく、イベントや新アトラクションなどの話題作りにも成功し、リピーターの獲得につながっているということですね。

オリエンタルランドの優待は?

オリエンタルランドの優待は「オリエンタルランドの株主優待は超魅力的!」にも書いたとおり、所有株式数に応じて東京ディズニーランドまたは東京ディズニーシーで利用できる1デーパスポートをもらえます。

保有株式数に応じて内容が拡充するタイプですね。

2020年6月現在で大人1枚が8,200円っと結構高額ですから、家族や友人と出かける際にもかなり助かります。

保有株式と配布枚数は以下の通りです。400株以上だと年2回もらえるということですね。

株価がどこまでも上がるオリエンタルランド。株は買い時?

長期投資を前提とするのであれば、株価は上昇を続けており、買いを検討しても良いと考えます。

理由としては、

・ディズニーのブランド力・集客力

・新アトラクション・イベント目白押し

・1day入場料という魅力的な株主優待

・新型コロナで休園も財務健全

ということ。株価が停滞している時が、買い時といえそうです。

新型コロナ拡大により東京ディズニリゾートが休園に追い込まれましたが、豊富なキャッシュを保有していることもあり、2020年のエリア拡張も今のところ予定どおり。経営的には問題なさそうです。

高すぎる株価と配当利回りが低いところが懸念事項ですが、ディズニーのブランド力と株主優待がこれらの欠点を完全に補ってますね。

ただ新型コロナが完全に収束するまでは、ディズニーリゾートが再開したとしても、入場制限などで来園者が限られることから、数年間は業績の停滞が予想されます。

長期にオリエンタルランド株を保有して、株主優待を楽しみつつ株価の値上りを待つ。良い結果が期待できると考えます。

「オリエンタルランドの株価と推移」まとめ

今回は、オリエンタルランドの株価ということで、株価の推移(チャート)、上昇の要因、株は買いかなどについて述べてきました。

オリエンタルランドは、米国DISとのフランチャイズ契約による運営ということで、経営基盤が弱いのではないかと気にする向きもあります。

しかし、ディズニーのブランド力を十分に活用して客足・客単価共に伸ばすとともに、新アトラクションやエリアの拡張など話題作りにも成功しています。

少子高齢化が進む日本で、40代以上のリピーターが増えていること、さらに外国人来園者が増えていることもオリエンタルランドの強みです。

東京ディズニーリゾートの将来性や1day入園券をもらえる株主優待を考慮すると、オリエンタルランドの株は非常に魅力的であるといえます。

最後に賢く株式投資や資産運用するための方法について紹介しますので、ぜひ参考にしていただければと思います。

世界中の株、債券、金などに手間をかけずに自動運用

なおJTのような優良株への個別株投資もおもしろいですが、株式、債券や金、不動産などに資産を分散して長期運用するというのがリスクをおさえた合理的な投資手法です。

自分でポートフォリオを作って運用するのも良いですが、ウェルスナビを活用して長期投資すれば、ロボアドバイザーが世界中の市場の株、債券、金、不動産などの米国ETFに分散投資してくれます。

自分も活用していますが、口座にお金を振り込めば基本的に何もしなくても良いんですよね。忙しい会社員や主婦の方に特におすすめです。詳しくは以下の記事にまとめています。

ウェルスナビは儲かるの?評判・口コミ・実際にやってみた結果とは?WealthNavi(ウェルスナビ)ってどうなんですかね。資産運用ならウェルスナビが良いって聞いたけど、、、果たして本当に儲かるの? ...

相場を気にしないで年率1.5〜6%で運用する方法

コロナショックの大暴落をみてしまうと株式投資はちょっと…。相場を気にしないで運用したい方はソーシャルレンディングのFundsが最適な選択肢かもしれません。

Fundsの最大の価値は株やFXのように相場の値動きを常にチェックして売買を行う必要がないこと。日々の相場の動きを気にする必要がありません。

その特徴は、集めた資金を上場している大企業などに貸し付けること。なので比較的低いリスクの案件に投資できるので、手堅い運用ができます。

年利回りは1.5%〜6%(税引き前)が中心。銀行に預金するよりもかなり高い利回りを期待できますね。

詳しくは以下の記事にまとめていますのでぜひご覧ください。

Funds(ファンズ)の評判・口コミは?デメリットも正直に解説!Funds(ファンズ)で投資するってどうかな?評判やデメリットについて知りたいです。数ある金融商品の中でFundsを選ぶメリットはなんで...

関連記事・おすすめ記事

最後まで記事をご覧いただきありがとうございました。

この記事を読まれた方は、以下に紹介する記事もご覧になっています。読まれている方に少しでも役に立つよう、資産運用に関連するトピックについて解説しています。ぜひご覧ください。

新型コロナウイルスの拡大によって日本経済に大きな打撃が走っています。外出自粛やインバウンド消失など、この状況下でおすすめの銘柄についてまとめました

コロナショックで日本株が大暴落…この状況での買い銘柄とは?コロナショックで日本株が暴落していますが、この状況で買い銘柄を知りたいです。 どの業種がおすすめですか? このような疑問を持...

 

株初心者でも安心して投資できる業績鉄板の日本株銘柄をまとめました。新型コロナ拡大でも業績に期待できる銘柄です。是非ご覧ください。

株初心者におすすめの銘柄5選は?2020年コロナ拡大でも期待大!株初心者ですが、おすすめの銘柄を知りたいです。コロナショックで株価が大幅に下落していることもあり、このタイミングで投資したいと考えていま...

 

好業績、高配当銘柄の代表格である商社株の特徴をまとめました。景気敏感株で配当が安定しないという印象でしたが、安定配当を志向している会社が多く長期投資に向いているといえますね。

商社株が長期保有に向く理由とは?特徴やおすすめの銘柄3選を解説!商社株への投資を考えてますが、長期保有に向くのでしょうか?特徴や商社株でおすすめの銘柄についても知りたいです。 このような疑問を持...

 

こちらも、業績が安定していて高配当の銘柄の代表格である銀行株の特徴をまとめました。マイナス金利の影響で経営環境は厳しいものがありますが、株価の見通しはどのようなものでしょうか?

(2019〜2020年)銀行株の今後の見通しは?高配当は続くのか。銀行株への投資を考えてますが、長期保有に向くのでしょうか?今後の見通しや銀行株でおすすめの銘柄についても知りたいです。 このような...

 

アップル、マイクロソフト、アマゾン、グーグル、コカ・コーラ、マクドナルドなど米国には高い成長を続けるグローバル企業が多いです。米国株への投資を考えている方に向けて、買い方をまとめました。

米国株(アメリカ株)買い方や購入の方法は?証券会社の手数料も比較!米国株(アメリカ株)への投資を始めたいのですが、買い方や購入方法を知りたいです。 マネックス証券やSBI証券などの証券会社が米国株...
格安な定額手数料で取引し放題!1株からの少額投資ならネオモバ!

日本株の通常の取引単位は100株(1単元)。例えば、NTTドコモの株価は3294円(2020/4/23終値)で、通常は約33万円くらいの資金が必要。失敗したときのダメージが大きくなるし、そもそも投資資金が豊富でないと買えません。

少額からリスク控えめに投資したいなら、SBIネオモバイル証券で1株から少額投資を活用すると良いです。ネオモバなら格安な月額定額手数料で1株から何度でも売買できるからです。

ネオモバは2019年4月に営業開始した新興ネット証券。しかし、ネット証券最大手のSBI証券とCCC(TSUTAYAやTポイントの運営会社)の合弁会社で、信頼感もあり安心して利用することができます。

詳細は以下をクリック!

SBIネオモバイル証券

詳細ページ公式ページ

申し込みは公式ページから5分程度で完了、無料登録することができます。