米国ETF

VWOの株価やチャートの特徴は?コロナ直撃で成長性に期待できる?

新興国ETF VWOの株価やチャートの特徴、配当実績について知りたいです。コロナショックで大きく下落したようですが…。

米国などの先進国に連動するETFもありますが、これらに比べてVWOに投資するメリットは何ですか?

今回は、このような疑問を持つ方にむけて記事を書いています。

今回の記事の内容
  • VWO:株価の基本データと特徴は?
  • VWOの構成国とセクター比率は?
  • VWOのチャートとリターンは?
  • VWOの配当実績と増配率は?

VWOの株価やチャートの特徴に関して、以下のツイートをしました。

米国ETFのVWOは新興国に広く投資できるETFですが
・中国、台湾の構成比率約50%と大きい
・パフォーマンスは株式の期待リターンより劣る
ので正直パッとしません。

2015年以降中国市場が停滞、その影響を強く受けているため。なので、地域分散を図る観点から少量を長期保有するといった使い方ですね。

上記を掘り下げます。

自分は、20年以上投資を続けていて米国ETFも保有しています。今回は、この経験も踏まえ記事を書きました。

なお米国株や資産運用に関連するお得な情報について、以下にまとめました。よろしければご覧いただければと思います。

新興国市場に投資する魅力とは?

新興国は、世界の国土面積の約8割、人口の約9割の規模を持つ巨大市場です。

現在では世界のGDPの約4割を占めていて、世界経済の中でも新興国の存在感・影響力が高まってますよね。

今後、新興国市場は成熟した先進国市場よりも早いスピードで成長することは控えめに言って確実ですね。

VWOは、この成長著しい新興国の株式市場全体に投資できるETFです。以下、その基本データや特徴、チャートなどを詳細に見ていきますね。

VWO:株価の基本データは?

VWOは正式名称を、”バンガード・FTSE・エマージング・マーケッツETF”といい、中国や台湾、ブラジルなどの新興国にある大型株、中型株、小型株を同じ投資成果を目指したETFです。

VWOの株価基本データ
  • インデックス: FTSEエマージング・マーケッツ・オールキャップ(含む中国A株)・イン デックス
  • 委 託 経 費 率 : 0.10%
  • 配 当 利 回 り : 3.30%
  • 配 当 実 績   : 1.09ドル
  • 売買回転率   : 約10%
  • 組 入 銘 柄 数 :約5000銘柄
  • 設 定 日:2005年3月4日

インデックスに採用されている”FTSEエマージング・マーケッツ・オールキャップ(含む中国A株)・イン デックス”は、新興国23ヵ国の大型・中型・小型株式およそ5,000銘柄で構成されるインデックスです。

なのでVWOに投資することで新興国の株式市場全体に投資しているのと同じことになります。新興国ETFといえば真っ先にVWOの名前が上がるぐらい知名度の高いETFですね。

VWOの特徴とは?

VWOの特徴は、

・特徴1:構成銘柄が非常に多い

・特徴2:信託報酬は若干高め

・特徴3:構成国に韓国が含まれない

ということです。以下クイックに見ていきますね。

特徴その1:構成銘柄が多い

VWOは新興国市場全体に投資するETFということで構成銘柄約5,000となっており、アリババなどの大型株だけじゃなく中型株、小型株も含まれています。

米国の代表的な銘柄であるダウやS&P500、日経平均は、それぞれ大企業を中心に30、500、225銘柄ですから、これらと比較してもVWOの構成銘柄数が非常に多いことがわかります。

一般的に言って新興国の企業のほうが収益基盤が脆弱と考えられますが、これだけ銘柄数が多くなれば1企業の業績が悪化して無配になったり株価が暴落したとしても、全体に与える影響はほとんど無視できるといえますね。

特徴その2:他のバンガード社のETFに比べ信託報酬は若干高め

VWOの信託報酬は0.10%と他のメジャーなバンガード社の米国ETFと比較すると若干高い水準ですね。比べてみると、

・VTI  :0.03%(米国市場全体)

・VOO:0.03%(S&P500)

・VYM:0.06%(米国の高配当銘柄)

となっています。

ただ新興国株でかつ5000銘柄以上に分散投資していることを考えれば、むしろ信託報酬は低いといえます。

まあ、日本のETFや投資信託と比べれば圧倒的に安いです。

特徴その3:構成国に韓国が含まれない

VWOのインデックスに用いられている”FTSEエマージング・マーケッツ・オールキャップ”には、構成国に韓国が入っていません。

実は、新興国市場のETFや投資信託には”MSCI エマージング・マーケット・インデックス”が良く用いられていて、こっちは韓国が含まれているんですよね。

どっちが良いかは好みの問題だけど、韓国は日本と同じで経済が成熟しつつあって経済成長も鈍化してますよね。少子高齢化も進んでいるし。

より新興国という市場にフォーカスするなら韓国を含まないVWOの方が優れていると個人的には思います。

このように投資するETFの特徴などを把握した上で投資を行うことが重要で、しっかりとした投資理論を知ることは投資の勝率も高まるということ。

おすすめの米国株投資本については、以下の記事にまとめていますのでぜひご覧下さい。

米国株の投資本でおすすめの10冊は?150冊から厳選!初心者向けも米国株に関する投資本でおすすめなのは何ですか?全部購入すると結構お金がかかりますよね。何かお得な方法はありますか? このような疑問...

VWOの構成銘柄とセクター比率は?

VWOの構成国

構成国上位10国(2020年5月31日現在)は以下の表のとおりです。

アジアだけでなく、アフリカ、南米、中東、ロシアと、幅広い地域の国で構成されているのがわかりますね。

あと、中国と台湾の比率が60%近いですね。他の新興国に比べて市場規模が圧倒的に大きく、証券取引所も整備されているということなのでしょう。

ただ中国も台湾も、高齢化が進み経済成長も鈍化しているんですよね。個人的には他の地域の比率を増やした方が新興国市場の成長性を取り込むという意味では良いような気がします。

まあ、好みの問題もあるでしょうが…。

VWOのセクター比率

続いてセクター比率です。

金融とテクノロジーの比率で45%近くを占めています。新興国でもIT関係の企業の規模が大きくなっているということですね。

組み入れ銘柄上位10社

VWOの組み入れ銘柄上位10社は以下のとおりです。

1位はアリババグループ。ソフトバンクグループが大株主になっていますね。中国国内でEコマース事業やネット検索サイトなどを運営している巨大企業です。

2位のテンセントは中国のゲーム会社でもありSNSやインターネット関連企業ですね。中国市場は人口が多いですから、アプリの収益では世界一の規模を誇る会社です。

3位の台湾セミコンダクターは、半導体やダイオードなどの電子部品を開発している台湾の製造メーカーですね。

その他、トップ10に入っているのは中国や台湾の企業が多くなっていますね。

VWOのチャートとリターンは?

VWOの長期チャート(10年)

以下はVWOの過去10年チャートです。S&P500と比較しています。

赤:VWO 水色:S&P500

この10年で株価はほとんど上昇していないですね。停滞していると言って良いと思います。反面、「S&P500ETF(VOO)の特徴」でもまとめたとおり米国市場の上昇はすばらしいですね。

VWOは中国の構成比率が大きいので、

・2015年の中国経済バブル崩壊

・2018年からの米中貿易摩擦問題

によって中国の株式市場は大きく売り込まれましたから、VWOもその影響を受けてパフォーマンスが悪くなっているということでしょう。

新興国の方が先進国よりも成長性は高いのは歴史的に見て間違いありませんが、株式市場の規模が大きくないため、投資された資金が引き上げられるのも早いということですね。

ちなみに2020年3月のコロナショックの際のチャートは以下となっています。

赤:VWO 水色:S&P500

やはり経済に不安が高まると新興国株の下落幅が大きくなっているし、回復もS&P500と比べて遅いですね。

VWOのリターン

VWOの配当金も含めたトータルリターン(2019年7月31日現在)は以下のとおりです。

一般的に株式の期待リターンは6〜7%と言われていますから、直近10年で3.95%、設定来で5.82%というのはちょっと物足りないですね。

やはり2015年以降の中国株式市場がパッとしませんから、その影響を色こく受けているということですね。

なお、米国ETFへの投資を考えている方には”取引手数料ゼロ”のDMM株が圧倒的にお得でおすすめです。

米国株は、大手のネット証券であるSBI証券、楽天証券、マネックス証券で購入することが可能ですが、手数料は3社横並びで約定代金の0.45%(最大20ドル)。

日本株の売買手数料よりも、かなり割高な状態なんですよね。

その点、DMM株なら取引手数料ゼロで米国株を購入することが可能です。詳しくは以下の記事にまとめています。

DMM株で米国株の取引手数料0円! 評判とメリット・デメリットとは?DMM株が米国株の取引手数料を無料化すると発表! これまで日本株に比べて割高とのイメージのあった米国株取引手数料。この無料化は日本...

VWOのこれまでの配当実績と増配率は?

VWOは他の多くのETFと同様に四半期に一度配当金が分配されます。配当実績は以下のとおりです。

配当金は、ほとんど横ばい傾向ですね。新興国市場は成長企業が多いことを考えると、配当金の伸びはあまり期待できないということですね。

VWOの配当も期待できますが、米国株の魅力は連続増配銘柄が多いことですね。個別銘柄の中にも素晴らしい銘柄が米国にはたくさんあります。以下の記事にまとめていますので、ぜひご覧ください。

米国株は高配当・連続増配株への投資で勝つ!おすすめ銘柄とは?米国株は、高配当で連続増配している銘柄が多いと聞いていますが、これらの銘柄に投資するメリットは何ですか? 高配当の連続増配株でおす...

「VWOの株価とチャートの特徴」まとめ

今回は新興国ETF VWOの株価とチャートということで、その特徴と株価の推移、配当金の推移等について見てきました。

VWOの特徴をまとめると、

・新興国市場の企業5000以上に幅広く投資

・インデックスに韓国は含まれない

・中国経済の影響を受けやすい

・パフォーマンスは株式の期待リターンより劣る 

ということですね。

過去の配当実績を踏まえれば基本的には値上がり益を狙うETFと言えるでしょう。が、あまりパフォーマンスは良くないですね。

経済危機や景気後退期になれば、先進国の機関投資家は真っ先に新興国から資金を引き上げますから、新興国の株価は値動きも激しいです。

ただ新興国市場は、長期的に確実に先進国よりも成長スピードが早いことは間違いありません。

なのでVWOは単独で集中投資すると言った投資法ではなく、地域の分散を図る観点からサテライト的に少量長期保有するという使い方をするETFと言えそうです。

最後に米国ETFや米国株に賢く投資するための方法について紹介しますので、ぜひ参考にしていただければと思います。

米国株に関する情報を効率よく収集するには?

日本ではアクセスしずらい米国株の情報を日本語で配信するモトリーフールメールアドレスを登録するだけで鮮度の高い情報が無料で送られてきます

自分も登録してみたところ、おなじみのバフェット銘柄に関する内容や、業績良好な医薬品株・機械株に関する内容などがタイムリーに送られてきます。モトリーフールの情報はエコノミスト誌のような海外メディアからも高い評価を受けているんですよね。

米国株の情報はどうしても乏しくなりがちなので、この機会に登録してみるとよいです。登録は無料です。

>> モトリーフール無料メルマガ登録はコチラ

なお、モトリーフールの特徴や無料メルマガのメリットについては以下の記事にまとめています。

モトリーフールが米国株の情報収集におすすめな理由?評判・口コミも紹介。米国株への投資を始めたけど、信頼できる情報をどこから集めたら良いですか?米国株の情報提供で有名なモトリーフールの評判を知りたいです。 ...

米国ETFに手間をかけずに自動運用する方法とは?

株式への資産運用が最もパフォーマンスが良いことは、過去のデータから明らかですが、コロナショックのように短期間で大暴落することも。

やはり資産運用の基本は米国株、日本株を保有しつつ、債券や金、不動産などに資産を分散して長期運用するというのが合理的な手法です。

自分でポートフォリオを作って運用するのも良いですが、WealthNavi(ウェルスナビ)を活用して長期投資すれば、ロボアドバイザーが世界中の市場の株、債券、金、不動産などの米国ETFに分散投資してくれます。

自分も活用していますが、口座にお金を振り込めば基本的に何もしなくても良いんですよね。特に投資初心者の方で、かつロボバイザーも初めて利用するような方には、WealthNaviが圧倒的におすすめです。

詳しくは以下の記事にまとめています。

ウェルスナビは儲かるの?評判・口コミ・実際にやってみた結果とは?WealthNavi(ウェルスナビ)ってどうなんですかね。資産運用ならウェルスナビが良いって聞いたけど、、、果たして本当に儲かるの? ...

関連記事・おすすめ記事

最後まで記事をご覧いただきありがとうございました。

この記事を読まれた方は、以下に紹介する記事もご覧になっています。皆さんに少しでも役に立つよう、米国株や米国ETFに関連するトピックについて解説しています。ぜひご覧ください。

米国株式市場全体に投資するETFであるVTI。その魅力は株価の上昇率だけに留まりません。このETFが極めて秀逸な理由とは?

VTIの魅力は株価やチャートの上昇だけじゃない!S&P500より秀逸な理由とは。VTIの株価はかなり上昇していると聞いてますが、株価の推移(チャート)や特徴はどうなっていますか?他のETFにはS&P500やダ...

 

世界で最も巨大な新興市場ナスダック。その指数に連動するQQQについてまとめた記事です。このETFが極めて秀逸な理由とは何か?

QQQの株価とチャートの特徴は?コロナショック米ETF直撃…影響は?ナスダックに連動するETF QQQの株価やチャートの特徴について知りたいです。コロナショックで大きく下落したようですが…。 S&a...

 

減配や業績悪化などの個別株リスクを回避したい場合は、高配当の米国株ETFに投資するという方法もあります。詳しくは以下の記事にまとめています。

米国の高配当ETFのおすすめランキング4選とは?デメリットも解説!米国の高配当ETFへの投資はどうですかね?メリットやデメリット、おすすめの高配当ETFランキングについても知りたいです。 このよう...

 

米国ETFの中で自分がおすすめするETFをまとめました。株価指数に連動するETFは、鉄板商品ですが長期的に見て大きなリターンが期待できます。

米国ETFでおすすめは?人気ETFを徹底比較(2020年最新)米国ETFの中でおすすめのものを知りたいです。リターンや分配金利回りなどを比較すると、どのETFが良いんですかね? このような疑問...

 

米国ETFの中でおすすめのセクターETFについてまとめました。S&P500に比べてパフォーマンスの良いセクターもあるんですね。必見です。

【米国株】セクターETFに投資するメリットは?おすすめ3選を解説!米国株のセクターETFの中でおすすめのものを知りたいです。セクター別に色々なETFが出ていますが、どのETFのパフォーマンスが良いのでし...

 

米国株を取引する際のおすすめ証券会社を比較してみました。横並びだった米国の売買手数料にも変化が出てきています。おすすめの証券会社はどこなのか解説しています。

米国株の手数料を徹底比較!おすすめの証券会社はどこ?(2020年)最近、米国株の手数料の引き下げが行われているみたいだけど、これらを比較して見て、どこがオススメですか? できるだけ手数料の安いとこ...
ウェルスナビの自動運用でほったらかし投資が可能!
WealthNavi

ウェルスナビは「長期・積立・分散」の資産運用を全自動でお任せできる資産運用サービス。手数料は1%のみで、国際分散投資を自動運用します。

▼ロボアドバイザーの自動運用で、時間も手間もかかりません
投資の学習、投資商品の選定、資産配分、運用、リバランス、全てロボアドバイザーにおまかせ。

▼安全資産の債券や金にも投資
株が大幅に暴落した際には、安全資産の債券や金が上昇するのが一般的。リスク許容度に応じてより安全な運用も可能です。

▼国際分散投資を自動運用
約50カ国11,000銘柄以上に国際分散投資を行うことで、世界経済の成長を資産に取り入れます。

▼手数料は預かり資産の1%のみの中立な資産運用
手数料は預かり資産の1%のみ。

▼世界水準の金融アルゴリズムでポートフォリオを構築
ノーベル賞受賞の理論をベースとした世界の富裕層や機関投資家が利用する資産運用アルゴリズムで運用。

詳細は以下をクリック!

詳細ページ公式ページ