投資信託

初心者におすすめの投資信託とは?厳選2シリーズ(2020年最新)

最近資産運用や投資を始めようかと考えているのですが、おすすめの投資信託について知りたいです。

まずは投資信託での運用を考えていますが損はしたくないですね。

このような疑問を持つ方に向けて記事を買いています。

今回の記事の内容
  • そもそも投資信託の種類や投資先はどんなもの?
  • 投資信託のコストはなぜ重要なの?
  • おすすめの投資信託のポイントは?
  • おすすめの投資信託は?

投資歴20年のかいまるです。日本株や米国株の個別銘柄を中心に1千万円の資産を運用しています。

自分もコストの安いインデックスタイプの投資信託で積立投資を行っています。

投資信託って、いっぱい種類があってどれを選べば良いかわからない!

かいまる
かいまる
おすすめの投資信託のポイントから、おすすめのものまで、わかりやすく解説します!

これから投資信託への投資を始めようとする人に向けて、おすすめの投資信託を紹介します。

投資信託は、投資の専門家が投資家から集めたお金で株や債券などの金融商品に運用を行うもの。その運用成果は投資額に応じて投資家に分配されます。

自分自身で運用を行わないで専門家が行うというのがポイント。どういうふうに運用を行うかという方針は投資信託ごとに決められているので、初心者でも安心して投資することができます。

そうは言っても、投資信託は何千も種類があるし、投資先や特徴も千差万別。どんな投資信託を選んで良いのか迷う方も多いと思います。

そこで今回は、ザックリとした投資信託の種類や、おすすめの投資信託についてご紹介します。

そもそも投資信託の種類や投資先は?

投資信託の種類は大きく2種類

投資信託の大きく分けて、インデックスファンドとアクティブファンドの2種類に分けられます。

インデックスファンドは日経平均株価やTOPIX、S&P500、ナスダックなどの「株価指数」や日本国債の指数であるNOMURA-BPI 総合「債券指数」などと同じ値動きをするよう運用される投資信託のこと。

なのでインデックスファンドに投資するだけで、日本や米国の株式市場を構成している銘柄全体や債券市場を構成している債券全体にまるっと投資できることになります。

一方、アクティブファンドは独自の方針で運用を行い、インデックスファンドよりも高い運用成績を目指すもの。

例えば、ハイテクセクターの成長銘柄や小型株へ投資を行うファンドや毎月分配金を出すものなどがあります。なので投資信託の成績は、ファンドの運用者の方針や”腕次第”ということになります。

過去の実績を確認することはできるものの、良いアクティブファンドを見分けるのは難易度が高いと言えます。

投資信託の投資先は多種多様

投資信託の投資先は、投資する金融商品と地域でおおまかに以下のように分類されます。

・投資商品:株、債券、リート、バランス

・投資地域:日本、海外(先進国、新興国)、全世界

・タイプ:インデックス、アクティブ

これらが組み合わさっているので、投資信託の種類は何千にものぼるんですね。

ただ、本当に初心者にとって良い商品は限られるので、後ほどおすすめ投資信託を紹介していきます。

投資信託のコストはなぜ重要?

コストが高いと自分の資産が減ってしまうんですね。

下のグラフを見れば運用にかかるコストの違いが、運用成績に大きな差を生むのがわかります。

例えば、500万円を10年間運用し年率3%の収益が得られたとした場合、コストの違いによって、

・コスト年率0.5%:639万円

・コスト年率2.0%:549万円

となり、約90万円も10年後の運用結果に差が出てしまうのです。特に長期で運用した場合には、最終的な利益に大きな違い出ることになります。

かいまる
かいまる
似たような投資信託なら、コストができる限り低い物を選んだ方が良いということ。

おすすめの投資信託のポイントは?

投資信託を選ぶ際のポイントは、

  1. コストが低い
  2. 分配金は再投資(毎月分配は選ばない)
  3. 資産規模が大きい
  4. インデックスファンド

の4つですね。詳細に解説していきます。

ポイント①:コストが低い

コストは確実なマイナスリターンになります。

投資信託を選ぶ際にもっとも重要なのは、コストの低いファンドを選ぶこと。さっきも説明した通り、コストが高いと自分の資産を圧迫するんですね。

投資信託は購入時、運用時、解約時に以下のようなコストがかかります。

①購入手数料
購入する際に販売会社に支払う手数料。購入手数料無料のノーロード投資信託を選ぶべきです。

②信託報酬
運用中に運用額に応じて◯%をかけた金額がかかります。

③信託財産留保額
中途解約手数料のようなもの。この費用がかからない投資信託も多いです。

①購入手数料と③信託財産留保額は、かからない投資信託も多いですね。

例外なく全ての投資信託にかかるコストは②信託報酬。運用が長期なればなるほどコストが資産を圧迫してくるので、できるだけコストの低い投資信託を選ぶことが重要です。

ポイント②:分配金は再投資する(毎月分配型ではない)

分配金は投資信託を運用益を投資信託を購入した投資家に支払うもの。

いまだに、分配金を毎月支払うタイプの「毎月分配型」ファンドの人気が高いですが、資産を長期的に増やしたいのなら絶対に手を出してはいけない商品です。

というのは、運用益から分配金が支払われていると思われがちですが、多くの場合、運用している元本を崩して分配金を支払っています。

さらに運用益から分配金が支払われる場合は、分配金に対して税金がかかる、ということになります。

さらに、ほとんどの毎月分配型ファンドの手数料は高い商品です。

なので、毎月分配型ではなく分配金を再投資して複利効果が得られる投資信託に投資が良いですね。

ポイント③:資産規模が大きい

資産規模が数億円や十数億円と小規模の場合、十分な分散投資できずにパフォーマンスが安定しないし、ファンドが途中で償還されることも。

特に日経平均株価やS&P500などの指数に連動するインデックスファンドの場合は、資産規模が小さいと指数からの乖離が大きくなる傾向があります。

なので似たような投資信託であれば、資産規模が大きいものの方が、安定した運用が期待できます。

ポイント④:インデックスファンド

投資初心者が投資信託を選ぶのであれば、インデックスファンドがおすすめです。それは、

  1. コストが安い
  2. 投資方針がシンプル
  3. 値動きがわかりやすい
  4. 大部分のアクティブファンドより成績が良い

というようなメリットがあるからです。

また過去のデータでは、20年間の運用で株価指数であるS&P500より良い成績を収めたアクティブファンドは18%程度。

投資方針が千差万別で、コストの高いアクティブファンドの中から将来的に成績の良い物を選ぶのはかなり難しいと思います。

なので多くの投資家にとって、コスト面や運用の分かりやすさ、運用成績を踏まえてもインデックスファンドの方が良いですね。

おすすめの投資信託は?

上記の投資信託のポイントを踏まえて、自分が自信を持っておすすめするのは

  1. SBI・バンガード・S&P500
  2. eMaxis Slimシリーズ

の2つですね。クイックに特徴を見ていきます。

おすすめ①:SBI・バンガード・S&P500

自分は米国株への投資を推奨していることもあり、おすすめはS&P500に連動する投資信託です。

今回おすすめする”SBI・バンガード・S&P500”、バンガード社が米国市場で販売するS&P500 ETFのVOOに投資し、米国の代表的な株価指数である、S&P500指数(円換算ベース)に連動する投資成果を目指すものです。

世界中の株式市場の中で最もパフォーマンスが良い市場は、間違いなく米国市場です。過去20年間のS&P500のチャートを見れば一目瞭然です。

SBI・バンガード・S&P500は、米国の資産運用会社であるバンガード社のETF VOOの買い付けを行っているだけの投資信託ということです。

このS&P500に連動するVOOはバンガード社の旗艦ETFとなっていて、運用総額も13.5兆円とバンガード社の中で2番目に大きく、流動性や実績共に文句なしの商品です。

この投資信託のコストは、

  • 買付手数料:ノーロード(0円)
  • 信 託 報 酬:0.0938%(税込み)
  • 信託財産留保額:0円

となっていてコスト面で文句なし。信託報酬は10万円の運用で年間94円しかかからない計算。

米国株式市場に投資する投資信託の中でも最も信託報酬の低い商品となっています。

なお、米国の代表的な株価指数であるS&P500に連動する投資信託について以下の記事でまとめています。

S&P500の投資信託おすすめ3選とは?ETFとの違いも解説!S&P500に投資できるおすすめの投資信託についてしりたいです。信託報酬の安い投信はありますか? S&P500の特...

おすすめ②:eMAXIS Slimシリーズ

次におすすめするのが、eMAXIS Slimシリーズです。

eMAXIS Slimシリーズは信託報酬の低さに定評があるインデックスファンドですね。全世界の株式市場に投資するものや、先進国や新興国に絞ったもの、債券やリートなどにも投資したバランスファンドなど、ラインナップも豊富です。

その中で特におすすめするのは、

  • eMAXIS Slim 全世界株式(除く日本)
  • eMAXIS Slim 先進国株式
  • eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)

の3本ですね。このeMAXIS Slimシリーズは業界最低水準のコストを目指し続けるというコンセプトなので、どの投資信託も信託報酬が同様のファンドと比べても安くなっています。

もちろんノーロードで信託財産留保額も0円ですね。

かいまる
かいまる
迷ったらeMAXIS Slimシリーズのインデックスファンドを選んでおけば間違いないです。

SBI証券ならTポイントを使って投資信託を購入可能

自分は証券口座を6社で開設していますが、主要ネット証券の中で1社選ぶのであればSBI証券が使い勝手が良くて断然おすすめですね。

もちろん今回紹介した投資信託も全て取り扱っています。SBI証券の投資信託は、

・投資信託の種類豊富(約2600銘柄)

・100円から購入が可能

という特徴・メリットがあります。

さらに投資信託の購入にTポイントを利用可能。投資信託や国内株式など、さまざまな商品のお取引に応じて、Tポイントを貯めることも。

楽天証券やマネックス証券でもポイントサービスを行っていますが、Tポイントを活用できるのはSBI証券だけですね。

なので資金の少ない方や、まずは少額から投資を初めてみたい人、複数の銘柄や投資信託に分散・積立投資したい人などにとってSBI証券はおすすめです。

自分もメインの証券口座として、投資信託はもちろん株式をNISA口座で取引しています。SBI証券のNISA口座は日本株の買付・売却の手数料が無料なんですよね。

証券口座の開設・保有は無料でできるので、複数社の口座を保有して用途に合わせて活用するのが良いです。

SBI証券の評判やメリットは以下の記事にまとめています。

SBI証券の評判・口コミは?実際に5年利用して感じたメリットを解説!SBI証券の評判や口コミってどうですか?ネット証券業界で最大手でサービスが充実していると聞いてますが…。 メリットやデメリットなど...

>>SBI証券の公式ページはコチラ

まとめ

今回は、投資信託のおすすめファンドはということで、選ぶ際のポイントやおすすめのファンドについて取り上げてきました。

投資信託は投資地域や投資商品に応じて多くの種類があるのでどれにしたら良いか、最初のうちは結構難しいと思います。

ただ、最近は信託報酬などのコストの安いインデックスファンドも増えてきているので、今回紹介したファンドから選べば間違いないと思います。

それでは。

格安な定額手数料で取引し放題!1株からの少額投資ならネオモバ!

日本株の取引単位は100株(1単元)。例えば花王の株価は7772円(2020/10/7終値)で、通常は約78万円くらいの資金が必要なんです。

失敗したときのダメージが大きくなるし、そもそも投資資金が豊富でないと買えないんですよね。

それがネオモバなら約7800円から購入可能。

少額からリスク控えめに投資したいなら、SBIネオモバイル証券で1株から少額投資を活用すると良いです。ネオモバなら格安な月額定額手数料で1株から何度でも売買できるからです。

ネオモバは2019年4月に営業開始した新興ネット証券。しかし、ネット証券最大手のSBI証券とCCC(TSUTAYAやTポイントの運営会社)の合弁会社で、信頼感もあり安心して利用することができます。

詳細は以下をクリック!

SBIネオモバイル証券

詳細ページ公式ページ

申し込みは公式ページから5分程度で完了、無料登録することができます。