日本株

SUMCOの株価はなぜ上がらない?半導体ウェーハで世界2位なのに…

SUMCO(3436)の株価はなぜ上がらないのですか?株価の推移(チャート)や株価の予想はどんな感じでしょうか?

最近の株価動向や配当の実績や株主優待についても知りたいです。

このような疑問を持つ方に向けて記事を書いています。

ここにボックスタイトルを入力
  • SUMCO(3436)の株価はなぜ上がらない?株価の状況は?
  • SUMCOの配当と株主優待は?
  • SUMCOの株価の推移(チャート)は?
  • SUMCOの株価が上がらない理由とは?

投資歴20年のかいまるです。日本株を中心に1千万円以上の資産を運用しています。

自分はSUMCOの株価がなぜ上がらないかに関して以下のツイートをしました。

半導体ウェーハ生産で世界2位のSUMCOですが、株価が大幅に下落してます。
理由としては
・世界経済の動向に影響を受けやすい
・半導体需要の悪化
ということ。
株価の値動きも激しくて2018年も1年足らずで50%以上下落しています。長期保有には全く向かない銘柄と言えますね。

上記を深掘りします。

今回は半導体用ウェーハメーカーであるSUMCOをとりあげます。

あまり馴染みのない会社かもですが、半導体用ウェーハ生産では世界シャア第2位の約30%を握る大企業です。

世界の大手半導体メーカーのほぼ全てに対して、半導体用ウェーハ製品を供給しており、日本国内だけでなく海外5箇所に製造拠点を有しています。

なお、日本株や資産運用に関連するお得な情報や役に立つ情報のページについて、以下にまとめました。よろしければご覧いただければと思います。

SUMCO(3436)の株価はなぜ上がらない?|株価の状況は?

では早速ですがSUMCOの株価データ(2020年7月6日現在)を見て行きましょう。

今期配当未定ですが、2019年の実績で配当利回りは減配の影響もあり約1%前後となっていて、日本株の中でも低い水準ですね。

PERも2019年で9倍程度ということもあり、目安の13~15倍よりも割安な水準。

同業他者と比べて見ても、

・信越化学工業:15.6倍

となっていたので半導体ウェーハメーカーとして割安な水準でした。

製造業の株価は景気の影響を受けやすいこともあり、株価的にはあまり人気のない銘柄ということでしょう。

SUMCOの配当実績と株主優待は?

続いて配当実績と株主優待を見ていきます。

以下がSUMCOの配当金の実績です。

業績悪化の影響で2016年に引き続き2019年も減配。

配当性向が過去5年間で8%〜66%と安定しないですね。利益が安定していないということでしょう。

SUMCOの配当方針を見ると、

各事業年度における利益水準、次期以降の見通し、設備投資に係る資金需要及び内部留保の状況等を総合的に勘案した上で、株主への利益配当を実施していく方針

としているので、業績に応じて設備投資と配当金を両立していくということですね。

無理をしてまで株主還元は行わない方針なのでしょう。

なおSUMCOの株主優待はありません。株主還元は配当を中心に行うということですね。残念です…。

SUMCOの株価の推移(チャート)は?割安水準か?

続いてチャートを確認していきましょう

導体用ウェーハ生産では世界シャア第2位のSUMCOですが、これまでの株価推移はどうなっているのでしょうか?

ここでは過去10年の長期チャートと短期チャートを見るとともに、チャート分析していきます。

SUMCOの長期チャート

以下は過去10年の長期チャートです。

チャート画像

この10年で株価をがほとんど上がっていないですね。

900円から1100円程度を底値として株価は反発・上昇しているものの、

・チャイナショックのあった2015年

・日中貿易戦争の影響がでた2018年

の時期に大きく株価が下落しています。

それぞれ1年程度で50%以上も株価は大幅下落しています。かなり値動きが激しい銘柄だといえますね。

SUMCOの短期チャート

以下が直近2年の短期チャートです。

チャート画像

だいたい1200円ぐらいが底値になっていて、株価が反発しています。コロナショックの際でもこの1200円のところで反発しているので、相当強いサポートラインですね。

一方、短期的には1200円〜1600円程度のレンジで株価は推移していて、方向感が出てないですね。

なお投資初心者の方には、株はリスクが高い、コロナショックみたいな株価暴落が怖い…という方もいると思います。そういう方は1株からの少額投資はどうでしょうか?

少額投資でリスクを低く運用を行うことが可能です。詳しくは以下の記事にまとめています。

単元未満株のメリット・デメリットは?おすすめの証券会社も解説!単元未満株への少額投資なら気軽に株式投資を始められそうですが、どんな時に活用すれば良いですかね?評判やメリット、デメリットについて知りた...

SUMCOの株価が上がらない理由とは?

SUMCOの株価が上がらない理由は、

  1. 2016年の業績が大幅に悪化
  2. 世界経済の状況や見通しに影響を受けやすい
  3. 2019年の業績が悪化

ということ。クイックに見ていきます。

理由①:2016年の業績が大幅に悪化

チャイナショックによる半導体市場の落ち込みで、2016年の業績が大幅に悪化したことが、株価が上がらない要因の一つです。

SUMCOの業績推移を見ていきましょう。売上高、営業利益、純利益の推移は以下のとおり(単位:億円)。

これらの推移を見ると

・売上高及び利益は2016年に大幅に悪化

・2017年から2018年は増収増益

というのがわかります。

チャイナショックの影響がでた2016年は営業利益および純利益が前年比で半分以下になっていますね。

配当金も20円から10円に減配。この時期の株価も1年で50%以上下落しています。

ここまで株価が下落してしまうと、株価が回復するのに時間がかかりますよね。

理由②:世界経済の状況や見通しに影響を受けやすい

半導体関連銘柄は、世界経済の状況や見通しに売り上げが影響を受ける景気敏感セクターというのも最近の株価が上がらない要因ですね。

例えば、2018年は米中貿易戦争の影響で世界的に

・スマートフォンの販売台数停滞

・データセンター向け半導体需要の減

となったこともあり、株価は2018年の1年足らずで50%以上下落しました。

業績は悪くなかったのですが、世界経済の先行き不透明感から株が大幅に売られたということでしょう。

理由③:2019年の業績悪化

対前年比で2019年の業績が悪化するのも株価が上がらない要因ですね。

例えば、以下の図はSUMCOの2019年上期の業績と3Q見通しですが減収減益となってますね。

出典:SUMCO株主通信(第21期中間期)

通期でも減収減益となっており、2019年に入っても世界経済の先行き懸念が根強く、半導体市況の回復が鈍いということです。

株価が上がらないSUMCOの株は買い?

さて株価が上がらないSUMCO。株は買いでしょうか?

自分の好みもあるかもですが、長期保有を前提だとSUMCO株は全く買えないですね。

理由としては、

・長期的に全く株価が上がっていない

・世界経済の動向に影響を受けやすい

・株価の値動きが激しい

ということ。

チャイナショックや米中貿易戦争など世界経済の減速が懸念が広がると、途端に株価が大幅下落しています。

1年足らずで50%以上も下落しており、値動きが凄まじく激しい。短期で株価の値幅を目的に売買するタイプの銘柄ですね。

株価も長期的に停滞していることもあり、ちょっと手が出せない銘柄と言えます。

月額実質20円で1株から取引し放題のネオモバ

なお、SUMCO株を少額からリスク控えめに投資したいなら、SBIネオモバイル証券で1株から少額投資を活用すると良いです。ネオモバなら格安な月額定額手数料で1株から何度でも売買できるからです。

日本株の通常の取引単位は100株(1単元)。例えば、SUMCOの株価は1640円(2020/7/6終値)で、通常は約17万円くらいの資金が必要。失敗したときのダメージが大きくなるし、そもそも投資資金が豊富でないと買えないんですよね。

ネオモバは2019年4月に営業開始した新興ネット証券。しかし、ネット証券最大手のSBI証券とCCC(TSUTAYAやTポイントの運営会社)の合弁会社で、信頼感もあり安心して利用することができます。

詳細は以下の記事にまとめています。

ネオモバは儲かる?その評判と実際に1株投資して感じたメリットとは?Tポイント投資で評判のネオモバを使って投資すると儲かるんですか?実際にネオモバで投資すると、どんなイメージなのかメリットを具体的に知りた...

>> ネオモバ公式ページはコチラ

「SUMCOの株価なぜ上がらない」まとめ

今回はSUMCOの株価がなぜ上がらないということで、株価の推移(チャート)、配当実績や今後の株は買いかなどについて述べてきました。

世界的な半導体ウェーハメーカーのSUMCO。半導体関連銘柄ということもあり世界経済の影響を受けやすく、株価の値動きが極めて激しいですね。

株価は長期的にも停滞しており、長期保有前提での投資には向かない銘柄と言えます。

最後に賢く株式投資や資産運用するための方法について紹介しますので、ぜひ参考にしていただければと思います。

世界中の株、債券、金などに手間をかけずに自動運用

株式への資産運用が最もパフォーマンスが良いことは、過去のデータから明らかですが、コロナショックのように短期間で大暴落することも。

やはり資産運用の基本は米国株、日本株を保有しつつ、債券や金、不動産などに資産を分散して長期運用するというのが合理的な手法です。

自分でポートフォリオを作って運用するのも良いですが、THEO+docomo(テオ・プラス・ドコモ)を活用して長期投資すれば、ロボアドバイザーが世界中の市場の株、債券、金、不動産などの米国ETFに分散投資してくれます。

自分も活用していますが、口座にお金を振り込めば基本的に何もしなくても良いんですよね。特にNTTドコモユーザーには、ドコモ口座と連携させたり、dポイントを通常より1.5倍もらえるなどメリットがいっぱいです。

詳しくは以下の記事にまとめています。

THEO+docomoの評判と口コミは?儲かるの?運用実績から分析!THEO+docomoの評判や口コミを知りたいです。ロボアドバイザーで投資すると儲かるんですか? 安全性は大丈夫なんですかね?メリ...

相場を気にしないで年率1.5〜6%で運用する方法

コロナショックの大暴落をみてしまうと株式投資はちょっと…。相場を気にしないで運用したい方はソーシャルレンディングのFundsが最適な選択肢かもしれません。

Fundsの最大の価値は株やFXのように相場の値動きを常にチェックして売買を行う必要がないこと。日々の相場の動きを気にする必要がありません。

その特徴は、集めた資金を上場している大企業などに貸し付けること。なので比較的低いリスクの案件に投資できるので、手堅い運用ができます。

年利回りは1.5%〜6%(税引き前)が中心。銀行に預金するよりもかなり高い利回りを期待できますね。

詳しくは以下の記事にまとめていますのでぜひご覧ください。

Funds(ファンズ)の評判・口コミは?デメリットも正直に解説!Funds(ファンズ)で投資するってどうかな?評判やデメリットについて知りたいです。数ある金融商品の中でFundsを選ぶメリットはなんで...

関連記事・おすすめ記事

最後まで記事をご覧いただきありがとうございました。

この記事を読まれた方は、以下に紹介する記事もご覧になっています。読まれている方に少しでも役に立つよう、資産運用に関連するトピックについて解説しています。ぜひご覧ください。

新型コロナウイルスの拡大によって日本経済に大きな打撃が走っています。外出自粛やインバウンド消失など、この状況下でおすすめの銘柄についてまとめました

コロナショックで日本株が大暴落…この状況での買い銘柄とは?コロナショックで日本株が暴落していますが、この状況で買い銘柄を知りたいです。 どの業種がおすすめですか? このような疑問を持...

 

株初心者でも安心して投資できる業績鉄板の日本株銘柄をまとめました。新型コロナ拡大でも業績に期待できる銘柄です。是非ご覧ください。

株初心者におすすめの銘柄5選は?2020年コロナ拡大でも期待大!株初心者ですが、おすすめの銘柄を知りたいです。コロナショックで株価が大幅に下落していることもあり、このタイミングで投資したいと考えていま...

 

好業績、高配当銘柄の代表格である商社株の特徴をまとめました。景気敏感株で配当が安定しないという印象でしたが、安定配当を志向している会社が多く長期投資に向いているといえますね。

商社株が長期保有に向く理由とは?特徴やおすすめの銘柄3選を解説!商社株への投資を考えてますが、長期保有に向くのでしょうか?特徴や商社株でおすすめの銘柄についても知りたいです。 このような疑問を持...

 

こちらも、業績が安定していて高配当の銘柄の代表格である銀行株の特徴をまとめました。マイナス金利の影響で経営環境は厳しいものがありますが、株価の見通しはどのようなものでしょうか?

(2019〜2020年)銀行株の今後の見通しは?高配当は続くのか。銀行株への投資を考えてますが、長期保有に向くのでしょうか?今後の見通しや銀行株でおすすめの銘柄についても知りたいです。 このような...

 

化粧品株の今後の見通しについてまとめました。インバウンド需要、アンチエイジング、男性化粧品など、化粧品は国内事業の伸びが期待できる数少ない分野。おすすめの銘柄は?

化粧品株の今後の見通しは?インバウンドも期待できるおすすめ3銘柄!化粧品株への投資を考えてますが、長期保有に向くのでしょうか?特徴や化粧品関連株でおすすめの銘柄についても知りたいです。 このような...

 

アップル、マイクロソフト、アマゾン、グーグル、コカ・コーラ、マクドナルドなど米国には高い成長を続けるグローバル企業が多いです。米国株への投資を考えている方に向けて、買い方をまとめました。

米国株(アメリカ株)買い方や購入の方法は?証券会社の手数料も比較!米国株(アメリカ株)への投資を始めたいのですが、買い方や購入方法を知りたいです。 マネックス証券やSBI証券などの証券会社が米国株...
格安な定額手数料で取引し放題!1株からの少額投資ならネオモバ!

日本株の通常の取引単位は100株(1単元)。例えば、NTTドコモの株価は3294円(2020/4/23終値)で、通常は約33万円くらいの資金が必要。失敗したときのダメージが大きくなるし、そもそも投資資金が豊富でないと買えません。

少額からリスク控えめに投資したいなら、SBIネオモバイル証券で1株から少額投資を活用すると良いです。ネオモバなら格安な月額定額手数料で1株から何度でも売買できるからです。

ネオモバは2019年4月に営業開始した新興ネット証券。しかし、ネット証券最大手のSBI証券とCCC(TSUTAYAやTポイントの運営会社)の合弁会社で、信頼感もあり安心して利用することができます。

詳細は以下をクリック!

SBIネオモバイル証券

詳細ページ公式ページ

申し込みは公式ページから5分程度で完了、無料登録することができます。